【プロ直伝】転職成功率UP!絶対に内定が得られるコツを大公開!

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

転職を検討しているけど、成功するのかどうか不安に感じている方がいると思います。

「年齢を重ねれば重ねただけ転職って厳しくなるよね?」なんて思っている方もいるのではないでしょうか?

今回は、転職の成功率を上げるための方法、成功する人の特徴などについてご紹介していきます。

転職成功率ってどれくらい?

successと書かれた紙を持つビジネスマン
転職の成功率がどれくらいであるのか断言することができない…というのが現状です。

なぜなら、転職エージェントを経由しての転職なのか、それとも自己応募による転職なのか、その区別が様々だからなんです。

ただ、成功率を上げるポイントなどについては、バッチリお教えできますので、追ってご紹介します!

転職成功率が高い業界・職種

矢印の上を走る男性
転職成功しやすいのは、人手不足の業界です。例えば、「不動産」「接客販売」「飲食」「介護」が挙げられますね。人手不足の業界は採用率が高くなる傾向があります。

なぜなら、需要と供給のバランスの加え、採用人数が多いからです。

転職成功率が低い業界・職種

両手で頭を抱えて悩むビジネスウーマン

逆に転職成功しにくいのは、「大手金融」「総合商社」「大手メーカー」「大手広告代理店」「テレビ局」などです。

さらに具体的に言うと、管理部門や専門性の高い職種などがこれに当てはまります。

転職しにくい理由は、即戦力を最優先に考えて経験者を求めているからなんです。そのため、未経験者の採用率が非常に低いです。

転職成功率を上げるためには

赤ペンでグラフを記入
転職の成功率を上げるためには、大事なポイントが3つあります。それは「書類選考率を上げる」「面接対策をする」「転職エージェントを利用する」ことです。

それぞれについて、さらに詳しく解説していきたいと思います。

書類選考率を上げる

書類選考率を上げるためには、履歴書・職務経歴書を簡潔かつ具体的に書くようにするのがベストです。わかりやすい内容にすることで、忙しい人事が短時間で読めるように意識するのがポイントです。

また、アピールポイントはアピールしすぎないようにしましょう。自分の実力が伝わるよう、わかりやすく記入するのが良いです◎

あげた実績の数値を持っている場合は明確に入れ、逆に明確な数値を持っていない場合は、目標に対してどのくらい成果をあげたのか書くのがオススメですよ。

自己PRは感情的な部分よりも事実ベースにし、課題を乗り越えた経験エピソードを簡潔に書くのが良いです。

書類選考通過率や履歴書・職務経歴書の書き方について、さらに詳細を知りたいという方は、関連記事がありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
転職での書類選考通過率はどれくらい?成功率が上がる秘訣を大公開!
転職の履歴書はどう書く?書類選考で落ちないための完全マニュアル!
人事の目に留まる転職の職務経歴書の書き方完全ガイド

面接対策をする

面接対策をしっかりしておくことで、成功率を高められます。例えば自分のこれまでの経験や、どんな意思決定をしてきたのか明確に掘り下げるのが良いでしょう。

「なぜそう判断をしたのか?」という問いにしっかり答えられるよう、何度も練習するのがオススメですね。その経験を経て何をしたいのか、どうなっていきたいのか語れるようにすることも重要です。

また、企業研究は必須で企業のビジョンやビジネスモデル、仕事をやる上での大変さなど、きちんとイマジネーションを膨らませて準備をしておきましょう。

面接対策に不安を感じている方は、関連記事がありますので、ぜひ参考にして頂けたら嬉しいです。

転職面接でよく聞かれる質問集!成功率を上げる対策法を徹底解説

転職エージェントを利用する

自分だけで転職活動するよりも、転職エージェントを利用した方が成功率を高められます。

キャリアアドバイザーがあなたの希望を把握した上で、ぴったりの求人を紹介してくれます。履歴書や職務経歴書などの応募書類の添削をしてくれ、こんな風に書くと良いですよ、とアドバイスもしてもらえます。

嬉しいのはそれだけではなく、面接対策も徹底的にしてもらえます。キャリアアドバイザーは転職のプロなので、あなたが希望する企業がどんな質問をしてくるのか把握しています。

自分では面倒な面接日程の管理も、あなたの代わりにキャリアアドバイザーがおこなってくれるので、在職中でも安心して転職活動ができますよ。

転職エージェントについて、詳しくご紹介している記事がありますので、こちらもぜひ目を通してみてくださいね!

転職エージェントに使われるな、使え。〜成功のための3つのテクニック〜

これまで10年以上、現役の転職エージェント・キャリアアドバイザーとして多くの転職者をサポートしてきた私が対象者別にオススメなエージェント」をまとめました。

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

利用してみたら、担当になったキャリアアドバイザーと相性が合わなかった、自分の行きたい業界・職種の求人が少なかったというケースもあるので、2〜3社登録してみて比較検討するのがオススメです。

全員必ず登録すべき!大手エージェント

30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。そういった方は、幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  2. 若手層の転職サポートやアドバイスに強み。

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の求人が豊富な転職サイト
年収・求人の質ともに高い優良求人を多数掲載

ポイント
  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(BIZREACH)の評判は?利用者の口コミを公開!

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強み

ポイント
  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

既卒・正社員経験が少ない方向けの転職エージェント

大手の転職エージェントでは、正社員経験のある人が優先的にサポートされ、既卒の方や正社員経験が少ない方は対応もらえないケースもあります。ですので、既卒・フリーターの就職支援に強い『UZUZ(ウズウズ)』も登録しておくのがオススメです!

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

ポイント
  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!

ウズキャリ(UZUZ)の評判ってどうなの?現役の転職エージェントが徹底解説!

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント
  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ

ポイント
  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 業界に精通した専任のアドバイザーが転職サポート

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。
豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

ポイント
  1. IT・Web業界トップクラスの求人数とサポート実績!
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス両方のキャリア相談が可能。フリーランスも検討したい人にオススメ

レバテックキャリアの評判が悪いって噂は本当?IT業界に強い理由を大公開
レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

機械設計や半導体製造、生産管理、機械エンジニアの方は、業界特化のマイナビメーカーエンジニアへの相談がオススメ

※関東エリアの求人が中心となっているので、他エリアの求人は少なめです

ポイント
  1. メーカー、ものづくり業界に特化したエージェント
  2. ものづくり業界出身のキャリアアドバイザーがニーズにマッチした求人を紹介
  3. 大手だけではなく、中小の優良企業やベンチャー企業の求人も保有

転職に成功する人の特徴

ガッツポーズをとる女性
転職に成功する人の特徴としては、以下のポイントが挙げられます。

  • 仕事ができる
  • 納期を守って素早く行動できる
  • 相手の意図を汲んでコミュニケーションが取れる
  • 謙虚で素直
  • 成長意欲が高く、他責ではない

企業側としては活躍してくれる人材を求めているため、納期を守ってしっかりと行動できる方や、成長意欲が高い方のほうが転職の成功率が高いと言えますね。

これはあくまでも、私の個人的な感覚ですが、転職に成功する方の多くは、仕事ができる方である傾向が見られるような気がしました。

転職に失敗する人の特徴

左手を額に当てながら考えているビジネスマン
逆に転職で失敗しやすい人の特徴は、以下のポイントが挙げられます。

  • 納期を守って仕事ができない
  • 相手の意図を汲んでコミュニケーションが取れない
  • 入社して半年でキャッチアップできない
  • 成長意欲が低く、他責である
  • 条件面やネームバリューで選んでいる

簡単に言ってしまえば、成功する人の特徴と真逆のタイプですね。

納期を守れないのは社会人としてあってはならないことですし、入社して半年経ってもキャッチアップできない方は、実際に書類選考の通過率が悪い傾向が見られます。

条件面やネームバリューだけで選んでいる方も、書類選考でお見送りにされてしまう確率が非常に高いです。

転職の成功率を高めるためにも、失敗する人の特徴に当てはまる方は少しずつ意識改革をしていきましょう!