転職成功率を上げるポイントは?プロが内定取得のコツを年代別に解説

成功 アップ UP ステップアップ ゴール

    転職の成功率を上げるポイントについて、現役のプロが年代別に解説します。

    その他、注意点や成功・失敗する人の特徴、内定を獲得しやすい業界・職種についても紹介しています。

この記事を書いた人
末永 雄大
アクシス代表取締役社長。リクルートキャリアで様々な企業の採用支援を経験、MVP6回受賞。転職エージェントや有料転職相談サービス「マジキャリ」など複数サービスを展開。Youtubeの総再生数は200万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」

転職の成功率を上げるポイント【年代別】

弊社が独自に調査したデータによると、約6%の人が転職を成功させています

この6%の成功率は、書類選考から最終面接の各通過率から算出したものになります。

平均的な書類選考通過率から最終面接通過率は、以下のようになっています。

書類選考〜最終面接通過率

  • 書類選考通過率:約30%
  • 1次面接通過率:約30~40%
  • 最終面接通過率:約30~50%

上記の確率で選考が進めば、30%×40%×50%=6%の内定獲得率ということになります。

内定獲得率を踏まえながら、年代別で転職の成功率を上げるポイントについて解説していきます。

20代の場合

20代は他の年代を比べると、様々な業界・職種へ転職しやすいです。中途採用の転職市場の中ではニーズが高い20代ですが、さらに転職の成功率を上げるには以下の3点を押さえておくことが大切です。

  • 転職理由をしっかり言語化できる
  • 転職後のビジョンを考えている
  • 自分のやりたいことが転職先と関連付ける

20代はあやふやな状態のまま転職活動をすることが多いので、上記の3点を自己分析で明確にしましょう。あやふやなまま転職をしたとしても、転職しようと思った要因を解消できず、また早期離職を繰り返してしまうことになります。

面接官の懸念を払拭するために、20代は将来のビジョンとそれがなぜ求人企業で実現できるのかをしっかり言えると、転職の成功率が高まります。

ただ、20代前半(22歳〜25歳)と20代後半(26歳〜29歳)では転職事情が多少変わってきます。

20代前半は新卒に年齢が近い第二新卒なので、ポテンシャル重視で採用がおこなわれますが、20代後半は職歴や専門性、実務経験も見られるようになるため、転職難易度は少し上がるので注意が必要です。

20代で転職を考えている人は、リクルートエージェントマイナビエージェントなどこれまで何千人もの転職を支援してきた転職エージェントに相談してみてもいいでしょう。

20代におすすめの転職エージェント

20代で転職を成功させたい人は、以下の記事も参考にしてみてください。

関連記事20代で未経験業界へ転職は可能?成功されるコツやよくある失敗を解説

30代の場合

30代はポテンシャルよりも実務経験やスキルなど、即戦力として活躍できる人材が求められています。

20代よりも転職難易度が上がった30代の転職を成功させるポイントは、主に以下の2点です。

  • 自分の市場価値を把握する
  • 会社に適応できることをアピールする

30代は前提として業界・職種経験があり、さらにマネジメント経験があると転職を成功させやすいです。そのため、今の自分の市場価値を正確に把握し、転職活動を進めていくのが良いです。

自分の市場価値を知る方法には、ビズリーチがあります。登録しておくだけで、スキルや経験に応じたオファーがくるので、市場価値を把握できるようになります。

また、会社に適応できることを志望動機に織り交ぜて伝えましょう。

採用担当者が気にするところは「社会人になってから10年以上経っており、なぜ30歳を過ぎてから転職しようと思ったのか?」という点なので、理由をしっかりと説明できるようにすると良いです。

30代におすすめの転職エージェント

  • ビズリーチ
    年収500万円以上の優良求人多数!会員制転職サイト

30代で転職を成功させたい人は、以下の記事も参考にしてみてください。

関連記事30代の転職って不利?成功を掴むコツを転職のプロが徹底解説!

40代の場合

40代の転職では高い専門性や経験が重視されるようになるので、基本的には書類選考通過率が下がります。

ですので、退職する前にしっかりと転職の準備をしておきましょう。

なかなか面接へ行きにくくなるのを把握した上で、転職の成功率を上げるポイントには以下の2点があります。

  • 同業界・同職種への転職
  • 現職に近い業界の新規事業責任者への転職

40代は未経験業界・職種への転職は厳しいため、これまでの経験を活かせる同業界・職種へ絞って転職すると良いです。即戦力として活躍できるため、年収も上がりやすい傾向にあります。

とくに、ライバル会社の管理職や経営に関わっていた人は、非常に貴重なので歓迎されます。

また、現在勤務している会社に近い業界の「新規事業責任者」への転職がおすすめな理由は、新規事業だからまだ役者が揃っていないため、ポジションがあるからです。

事業の知識だけではなく、ゼロベースで新しいものを生み出すノウハウ・能力も求められるので、非常に大変であるという点はきちんと認識しておく必要があります。

新規事業責任者や高収入の仕事に転職したい人は、ビズリーチJACリクルートメントなどハイクラスの転職支援実績が豊富な転職エージェントがおすすめですね。

40代におすすめの転職エージェント

40代で転職を成功させたい人は、以下の記事も参考にしてみてください。

関連記事ミドル層の転職は厳しい?上手くいかないケースから学ぶ成功術!

転職の成功=内定を獲得することではない

筆者である私が思う「転職の成功」とは、以下の2点が重要だと思っています。

  • 今ある中長期的な課題が解決できる
  • 長期的な課題やありたい姿に向けての課題が払拭できる

転職をしたあと、新しい職場で同じような不満や悩みが出てきてしまうことは、転職を成功させたとは言えません。

転職をしたことで、抱いていた課題や問題が解決に向かっているのかどうかが大切です。

ですので、内定獲得した先のことを考えておくことが、転職において必要不可欠となっています。

上記の点を踏まえて「筆者の私が思う転職の成功」を実現させるためには、以下の3つが絶対条件だと考えていますので、順に解説していきます。

自分が納得できる企業に入社する

まず前提として、ここで言う「入社する」というのは、内定を取って承諾をする意思決定をするところまでのことを言います。

自分が納得感を持った意思決定をするコツは以下の通りです。

  • 応募する前の段階で会社を絞り込む
  • 総合点ではなく、最優先事項で選ぶ

なんとなくたくさんの企業にエントリーするのではなく、自分の課題や問題が解決できそうな企業にエントリーを絞るべきです。

そうすることで、内定を取るための対策に集中することができます。

ただ、絞り込みすぎてしまうと内定が獲得できないので、一次面接に進む会社が5社くらいになるよう絞り込むのがおすすめです。

また、いくつかの企業から内定をもらったら総合点で決めるのではなく、自分にとっての最優先事項のみを重視して会社選択をしましょう。

自分はなぜ転職したいと思ったのか?を振り返り、内定をもらうことに集中しつつ、自分にとっての重要事項を絞り込むことが大切です。

入社後に定着・活躍できてキャリアアップが見込める

内定を獲得することはゴールではなくスタートであり、入社後に定着し、活躍をしていけることが転職成功の絶対条件となります。

転職先の会社に定着するためには、以下の2点がポイントとなります。

  • 自分がやりがいに感じることや強みを把握する
  • 過剰にないものねだりにならない

自分が何にやりがいを感じ、何が得意なのか、自分の特性を知らない限りは、定着・活躍できる環境を選べません。

まずは、前の職場で何が苦痛で、何にやりがいを感じたのかを振り返ってみましょう。

さらに、自分が得意だったり上手くできた業務や状況を分析し、自分の強みを見つけておくと良いです。

ただ「年収が今より高くて、土日は絶対に休みで、家賃補助が出る」など、多くの条件で絞り込みすぎてなかなか働ける企業が見つからないという声が多いので、過剰にないものねだりにならないよう注意してください。

あくまで入社後に定着・活躍できることが大切なので、企業を選ぶ際は最優先事項のみにこだわって見てください。

将来的に自分の理想に近づける

自分で企業に納得して入社し、定着・活躍してキャリアアップしていけたら、中長期的に自分がなりたい姿に近づけてることが3つ目の条件となります。

生活資金を稼ぐためだけに働くのではなく、長期的なキャリアの視点で先を見据えた選択ができることが成功の条件と言えます。

目先のことだけを考えて自分がラクできるような仕事を選んでしまうと、キャリアが積めずに、今後働き先がなくなってしまうリスクがあります。

また、自分がなりたい姿になれないまま働き続けると、不満や納得感のなさから精神的に限界を迎えてしまう可能性があります。

ですので、会社や働き方を選択し、今後どのようになっていくのか?を自分で決め、他人や環境ではなく自分自身で手繰り寄せる意識である「キャリアの主導権を自分が握る」という視点を大切にしましょう。

将来どうなっていきたいかは、自己分析で明確にしておきましょう。

転職の成功率を上げるための注意点

転職の成功率を上げるための注意点として、転職の軸をブレさせないように注意しましょう

転職軸とは「転職を志す際のコアとなる理由・動機」のことです。

「転職活動をしているけれどまったく内定をもらえない」といった悩みから、誰もが内定がもらえそうな、中途採用者を大量募集している求人に応募して内定をもらうことは、転職を成功させたとは言えません。

「自分が転職に求める最優先事項はなんだったのか?」を、しっかりと振り返りましょう。

転職軸を持つためには「自分がどのように働きたいのか」という考えを持つことが前提として必要です。

ですので「漠然と転職をしたい」というような場合には、1度立ち止まってあなたのキャリアの棚卸しをしましょう。

先ほど紹介してきた転職エージェントでは、キャリアアドバイザーに今後のキャリアについて相談することもできるので、転職するか迷っている人は一度相談してみるのも一つの手です。

転職軸について詳しく知りたい人は、以下の記事を参考にしてください。

関連記事転職軸がしっかりしていないと転職は厳しい!その理由とは?

転職に成功・失敗する人の特徴

転職に成功・失敗する人の特徴を、以下で順に解説していきます。

転職に成功する人の特徴

転職に成功する人の特徴としては、以下のポイントが挙げられます。

  • 仕事ができる
  • 納期を守って素早く行動できる
  • 相手の意図を汲んでコミュニケーションが取れる
  • 謙虚で素直
  • 成長意欲が高く、他責ではない

企業側としては活躍してくれる人材を求めているため、納期を守ってしっかりと行動できる人や、成長意欲が高いほうのほうが転職の成功率が高いと言えます。

これはあくまでも、私の個人的な感覚ですが、転職に成功する人の多くは、仕事ができる人である傾向が見られるような気がしました。

関連記事転職に成功する人の特徴!年代別に内定を得るコツ・秘訣を徹底解説

転職に失敗する人の特徴

逆に転職で失敗しやすい人の特徴は、以下のポイントが挙げられます。

  • 納期を守って仕事ができない
  • 相手の意図を汲んでコミュニケーションが取れない
  • 入社して半年でキャッチアップできない
  • 成長意欲が低く、他責である
  • 条件面やネームバリューで選んでいる

簡単に言ってしまえば、成功する人の特徴と真逆のタイプです。

納期を守れないのは社会人としてあってはならないことですし、入社して半年経ってもキャッチアップできない人は、実際に書類選考の通過率が悪い傾向が見られます。

条件面やネームバリューだけで選んでいる人も、書類選考でお見送りにされてしまう確率が高い傾向にあります。

転職の成功率を高めるためにも、失敗する人の特徴に当てはまる人は少しずつ意識改革をしていきましょう!

転職成功率が高い・低い業界や職種

転職成功率が高い職種と低い職種を、以下の順で紹介します。

転職成功率が高い業界・職種

転職が成功しやすい業界・職種は、以下のようになっています。

上記のような人手不足の業界は、採用率が高くなる傾向があります。

理由として、需要と供給のバランスや、採用人数が多いことが挙げられます。

ただ、仕事内容が激務な企業もあり、たくさんの人が退職してしまうので大量に中途採用を募集している場合が多く、企業の見極めが大切です。

転職成功率が低い業界・職種

逆に転職を成功させづらい業界・職種は、以下のようになっています。

  • 大手金融
  • 総合商社
  • 大手メーカー
  • 大手広告代理店
  • テレビ局

上記のような業界・職種や、専門性の高い職種、管理部門などが当てはまります。

転職を成功させづらい理由として、即戦力を最優先に考えて経験者を求めているからです。

また、古くからある大手企業は新卒主義で、中途採用が少ないです。そのため、未経験者の採用率が非常に低いです。

転職の成功率をアップさせたいなら

結論から言うと、転職の成功率をアップさせたいのなら転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職エージェントでは、あなたの応募先の採用基準に合わせて選考対策をしてくれるため、内定獲得率が上がるからです。

また、あなたのスキルや経験から今後あなたが活躍できる見込みのある求人を紹介してくれるので、年収アップも期待できますよ。

ただ、担当のキャリアアドバイザーによってサポートの質が異なるので、まずは2~3社複数登録して、そこから自分に合ったキャリアアドバイザーと転職活動を進めていくのがベストですね。

以下で、それぞれの特徴とオススメの転職エージェントを紹介していきます。

転職エージェントについて、さらに詳しく知りたい人は以下の記事も確認してみてください。

関連記事転職エージェントに使われるな!成功のための3つのテクニック

全業界・業種の求人を保有する大手エージェント

大手エージェントには、全業界・業種の求人が集まっています。大手企業や人気企業の非公開求人を多数保有しているのもこれら大手エージェントです。

複数検討する上では、必ずどちらかのエージェントは押さえておくべきですね。

「まだいきたい業界・職種が絞り切れていない」「多くの求人の中から比較検討したい」という人にオススメです。

全員登録すべき!大手総合型エージェント

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500万円以上を目指す人にオススメのエージェント

リーダー・マネージャーといった企業の中核ポジションや管理職、マーケティングなどの専門スキルを生かして年収アップしたい人には、以下で紹介するサービスがオススメです。

ビズリーチは年収500万円以上の優良求人のみを扱う会員制転職サイトです。

登録してレジュメを登録しておくと、企業の採用担当者や業界・職種に特化したヘッドハンターからスカウトメールをもらうことができます。

大手エージェントが保有していないような独自のコネクションを生かした非公開求人に出会うことができますよ。

年収500〜600万円以上の転職を目指す人向け

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

20代のフリーター・既卒・第二新卒向けのオススメエージェント

正社員経験が少ない方や未経験からチャレンジOKの非公開求人を多数保有しているのが、UZUZハタラクティブ などの就職エージェントです。

UZUZは未経験からチャレンジできるエンジニア求人やWeb業界の求人も保有しています。

20代既卒・フリーター・第二新卒向け

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 既卒・早期離職経験のあるカウンセラーが同じ目線でアドバイス
  2. 平均20時間の丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は96.8%!
  3. IT業界・Web業界の求人を数多く保有
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒヤリングさせて頂きます

UZUZに
相談する

18〜20代未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代未経験の方向けの求人2300件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

エンジニア・デザイナー経験者向けのエージェント

現在エンジニアやデザイナーの方で転職を検討している人は、優秀なエンジニアやデザイナーを採用したい企業の非公開求人を多数保有する以下の特化型エージェントがオススメです。

職種に特化しているので、より専門的なサポートを受けることができます。

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビIT AGENTに
相談する

エンジニア経験者向け専門エージェント
豊富な情報量×きめ細やかなサービスに定評アリ

※登録完了後、お電話にて転職活動のご状況をヒアリングさせて頂きます。
※未経験からエンジニアを目指す方は、プログラミング講座と転職サポートがセットになった「侍エンジニア」や「Tech Academy」の利用を検討ください。

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向け求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

医療従事者向けのオススメエージェント

医師・看護師・薬剤師の方で転職を検討している人は、以下の医療業界に特化したエージェントがオススメです。

電話で気軽に面談してもらえたり、メールやLINEでの相談体制も整っているので忙しい医療従事者の方にぜひオススメしたいサービスです。

医師向け転職エージェント

27万人の医師が利用する、医療従事者向けポータルサイト「m3.com」の運営元が展開する転職支援サービス。
利用者の96.1%が満足と答える質の高いサービスが魅力

ポイント

  1. 転職を希望する医師の登録実績 8年連続No1!
  2. 年間利用者数1万人以上!医師転職のスタンダード
  3. 医療経営士の資格を持ったコンサルタントが対応

エムスリーキャリアに
相談する

人材業界最大手のリクルートグループが運営する医師専門の転職支援サービス
常勤・アルバイト両方の求人紹介が可能!

ポイント

  1. 常時1万件を超える非公開の求人情報を保有
  2. 医師専門で30年。実績と実力のあるサービス
  3. 経験豊富な専任コンサルタントが親身にサポート

リクルートドクターズキャリアに
相談する


看護師向け転職エージェント

利用した看護師の満足度は業界トップクラス!
求人数も豊富で非公開求人を数多く取り扱っています。

ポイント

  1. 利用した看護師の満足度96%!
  2. 現場の看護師さんからヒヤリングしたリアルな情報が知れる
  3. 医療系転職サービスを複数展開しているので信頼できる

マイナビ看護師に
相談する

4年連続支持率No.1の転職サービス
転職成功実績は3万件以上!

ポイント

  1. 住まいの地域に関係なく全国の看護師をサポート
  2. 応援看護師、訪問看護師、イベントナースなど、幅広い求人を保有
  3. webカウンセリングを利用可能、コロナ禍でも安心

医療ワーカーに
相談する

6万件以上の求人数を保有!
全国の求人を取り扱い。

ポイント

  1. LINEで気軽に相談可能
  2. 職場環境の情報収集に強みあり。長く働ける職場を探したい人におすすめ
  3. 情報収集だけでも利用可能

看護のお仕事に
相談する


薬剤師向け転職エージェント

薬剤師の登録者数No.1!
医療業界専門のエムスリーグループが運営する薬剤師に特化した転職エージェント!
最短即日・最大10件の求人紹介が可能!

ポイント

  1. 薬剤師を専任でサポートする転職エージェント
  2. 全国各地で求人紹介が可能!
  3. コンサルタントの満足度95%

薬キャリ AGENT
に相談する

薬剤師の転職満足度は業界No.1!
6万件以上の豊富な求人からベストな職場をご紹介!

ポイント

  1. 20~40代薬剤師の転職支援に強み!
  2. 業界最大級の求人数を保有!
  3. 登録者には転職サポートブックをお渡し中!

マイナビ薬剤師に
相談する

業界No.1の求人数を誇る転職サイト!
豊富な紹介先があることによって薬剤師の転職成功率は90%以上

ポイント

  1. 東証一部上場の日本調剤グループが運営
  2. 一つひとつの紹介先に足を運んでヒヤリングしている
  3. 紹介先の良いところだけではなく懸念点も正直にお伝えする

ファルマスタッフに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント