転職に成功する人の特徴!年代別に内定を得るコツ・秘訣を徹底解説

  • !

    転職を成功させるコツについて、転職のプロが徹底解説します。

    まず、転職における成功を以下の3つに定義します。

    1. 自分が納得できる会社に転職できる
    2. 転職先での定着と活躍ができる
    3. 中長期的なキャリア形成・自己実現に近づいている

    この定義を前提に、転職で成功する人と失敗する人の特徴、年代別で転職を成功させるコツ、女性が転職を成功させるコツについて、レクチャーしていきます。

この記事を書いた人

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

転職で成功する人の特徴

今までプロの転職エージェントとして、たくさんの転職者を支援してきた筆者が「転職で成功する人の特徴」を大きく6つに分類しました。

以下で詳しく紹介するので、自分が当てはまるのかチェックしてみてください。

それぞれについて次で解説していきたいと思います!

1.転職する理由が明確

転職理由が明確な人は、転職後に実現したいことも明確です。そのため、転職先の選定なども迷いがないので非常にスピーディーです。

また、転職に成功する人は前向きな転職理由を面接官に伝えています。

「御社に入社をして、こんな経験を活かして貢献したい」と明確な転職理由なら、成功する確率も上がります。

転職理由の伝え方のコツを以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ合わせてご覧ください!

関連記事転職理由を面接で上手く伝えるコツを解説!答え方の例文付き

2.転職先に求める条件が明確

まず、転職先に求める項目の優先順位をつけましょう。なぜなら、優先順位を考えることで、どの条件なら妥協できるか判断できるようになるからです。

何が自分にとって最優先なのか考え、「なぜその条件が自分にとって優先順位が高いのか?」と自問自答してみてください。

転職する際の仕事・会社選びの方法について以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ合わせてご覧ください!

関連記事【必読】WHAT(何をしたいか)にとらわれた転職は失敗する!

3.企業の採用ニーズを考えている

企業は闇雲に中途採用をしているわけではなく、明確なニーズがあります。

だからこそ、「なぜこの企業は現在この職種で採用活動をしているのか」を考えることが大切です。

企業がどのようなニーズを求めているのか知ることができれば、志望動機や自己PRを工夫して面接官に伝えることができます。

志望動機や自己PRを考えるコツについて、さらに詳しく知りたい人は以下の記事も参考にしてください。

関連記事転職面接での志望動機の考え方を解説|面接官に響く回答例つき
関連記事履歴書の自己PRってどう書く?書き方とポイントを例文付きで伝授!

4.自分に足りていない部分を素直に認識し反省できる

自分に足りていない部分や弱い部分があるかどうか、冷静に考えることが大事です。なぜなら、冷静に考えなければ、また同じ失敗をして後悔する可能性が高いからです。

そのため、上司や知人、あるいは面接官や転職エージェントのキャリアアドバイザーなどに指摘された部分は、しっかり受け入れて自己反省しましょう。

たとえ面接で失敗してしまっても、ただ落ち込むのではなく、その反省を活かして克服する姿勢を身につけていくのがよいです。

5.年収や待遇にこだわりすぎない

転職する際、目的を明確に定義づけし軸がブレない人は、結果として入社後も活躍する可能性が高いです。

待遇は入社後の活躍で改善できるため、まずは自分自身の転職目的からブレずに入社先を決定することをオススメします。

転職と年収の関係性について、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせてご覧ください!

関連記事転職で年収が上がる?下がる?失敗しないためのポイントを伝授!

6.十分な面接対策をしている

上記の1〜5をすべてクリアしていても面接対策を怠れば、転職が成功する確率は下がる可能性が高いです。

面接対策と一口に言っても、自己分析から企業のビジネスモデルや仕事内容の理解、企業ごとの重視ポイントの違いなど多くの対策が必要です。

それにも関わらず、現職の仕事が忙しく十分な準備ができないまま「就活の時と同じ感じで大丈夫だろう」となんとなく面接に臨んでしまうと、優秀な人でもお見送りになるケースが非常に多いです。

そんなときに役立つのが転職エージェントです。面接対策は1人でもできますが、複数の業界・職種に対する知見と面接のコツを熟知した転職エージェントを利用したほうがより確実です。

とくにおすすめなのは、サポート実績が豊富にある大手転職エージェントです。転職エージェントによって得意な領域やサポートが違うので、どちらか1社ではなく、両方に会員登録することをおすすめします。

おすすめの転職エージェント

どこの転職エージェントが自分に合っているか分からない人や転職を成功させたい人は、以下の記事も合わせてご覧ください!

関連記事間違った相手に転職の相談してない?あなたのベストをプロが紹介
関連記事転職を成功させるために必要な4つの条件!見れば失敗しない!

転職に失敗する人の特徴

逆に転職に失敗する人も多く見てきました。

その人たちに共通する特徴について、以下の3つを紹介します。

それぞれについて、次で詳しく解説していきますね。

1.転職の意思や軸が不安定な人

転職をしてその後の人生をどのように送っていきたいのかなど、「転職の軸を明確に持っていない人」はほとんどの場合、転職に失敗します。

内定を無事に獲得できたとしても、転職先にミスマッチを感じ、何度も転職を繰り返してしまうのです。

例えば、転職をしたいとは考えていても経験やスキルなどの能力が不足している場合があります。

他にも、自分が進みたいと考えている業界についてあまり把握できておらず、転職理由がキャリアと一致しなかったというケースもあります。

転職軸がしっかりしていないと転職が厳しくなる理由について解説している記事をご紹介します。こちらもぜひ、目を通してみてくださいね!
関連記事自分なりの転職軸の考え方を徹底解説!【転職軸例付き】

2.転職をしようと思ったキッカケや根拠が曖昧

「人間関係が悪い」「同じ会社にいても満足感が得られない」など、根拠が曖昧なまま転職をしてしまうと失敗のリスクが高まります。

「なんで現職を辞めようと思ったのですか?」は、面接で必ず聞かれる質問なので答えられるように準備をしておきましょう。

確かにきっかけ自体は十人十色ですが、「転職をして自分がその企業で何をしていきたいのか」という点が人事にとっては重要なんです。

ここでマイナスの発言をしてしまうと、面接官は「ウチに来てもすぐ辞めてしまうのでは?」と採用に躊躇してしまいます。

この場合は、リクルートエージェントdodaなどの転職エージェントを利用し、模擬面接を繰り返すことで、面接官が納得する回答ができるようになります。

3.他責思考な人

他責思考な人は、うまくいかないのは周囲の人の責任だと考え、自分に非があることを認めようとしないため、転職で失敗しやすいです。

他責思考型に多いのは「上司や職場の人が無能だから転職したい」「自分は頑張っているのに評価されない」というものです。

そのままでは転職先でも同じ不満を抱える可能性が高いので、1度自分自身を見つめ直し、かえりみる必要があります。

もちろん、きちんと成果や実績を上げているのに評価されない場合は、転職理由が明確なので、きちんと伝えられれば転職を成功させられます。

年代別で転職を成功させるコツ

どうすれば転職を成功させられるのかを年代別に分けてご紹介します。

転職は年齢によって、難易度が異なります。なぜなら、年齢によって求められていることや採用目線が違うからです。つまり、30代の人が20代と同じ転職活動をしても、なかなか内定を獲得できないのです。

自分の年代が中途採用で何を求められているのかを確認し、それに合った方法で転職活動をおこなえば、転職を成功させやすくなります。

また、年齢だけでなく、性別によっても転職するコツは異なります。女性が転職するコツについても合わせてご紹介します。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

20代前半が転職を成功させるためのコツ

20代前半で社会人経験が1〜2年といった第二新卒の場合は、なぜ短期離職してしまったのか反省すべき点をしっかりと反省しましょう。

なぜなら、企業の人事は「すぐ辞めちゃうんじゃないの?」と懸念を抱くからです。

この懸念を払拭するためには、これまでの反省をきちんとして、今後頑張っていきたいという気持ちをしっかり伝えるのがベストなんです。

また、企業側の心理状態をきちんと把握することも非常に大切だと言えますね。

既卒・第二新卒向けの転職のポイントを以下の記事で詳しく解説しているので、合わせてご覧ください!

関連記事第二新卒で転職を成功させたい人必見!体験談や内定を得るコツを紹介
関連記事既卒の就活は厳しいとは限らない?内定獲得までのプロセスを徹底解説!

20代後半が転職を成功させるためのコツ

20代後半の場合は、自分のキャリアを棚卸しした上で、転職の方向の明確性を持つのがポイントです。

その理由は、一定の経験があり転職市場として選択できる求人数が多いため、転職軸を決めなければブレてしまうからです。

ちなみに、選択肢は増えますが、それでも未経験ジャンルへの転職は厳しいと言えます。

20代後半で転職を成功させるコツについて、さらに詳しく解説している記事があるので、ぜひこちらも参考にしてみてくださいね!

関連記事25歳の転職はチャンス? 転職すべきでない人の特徴や注意点も解説
関連記事27歳の転職はまだ間に合う?プロが企業の目線をぶっちゃける!

30代が転職を成功させるためのコツ

30代の場合は、接しやすい人、柔軟に対応できる人と分かってもらえるような面接をおこなうのがポイントです。

なぜなら、年下の人とも関わるのでコミュニケーションの取りやすさ、親しみやすさなどを企業側が求めているからです。

なぜ30歳を過ぎて転職しようと思ったのか、それを自分の口で説明できるようにすることも重要ですね。

今すぐ転職すべきか悩んでいる人は、30代以上向けの求人情報サイト(転職サイト)であるビズリーチに登録してスカウトを待つ方法がおすすめです。

30代の転職を成功させるためのコツを解説している記事もあるので、こちらも読んでみてください!

関連記事30代の転職って不利?成功を掴むコツをプロが徹底解説!
関連記事35歳からでも転職できる!成功するためのポイント詳しく解説

40代が転職を成功させるためのコツ

40代の場合は、急がず慎重に自分の市場価値を見極めた上で、一定数期間をかけてきちんと選考に進めるように準備するのがポイントです。

その理由は、40代になると圧倒的に書類選考の通過率が低くなり、抵抗感を持つ企業が多くなる傾向にあるからなんです。

30代よりもスキルを重視されるので、マネジメント経験はあったほうが良いです。

もちろん、素直さも見られるため、「この人なら入社しても大丈夫だろう」「馴染めるだろう」と面接で思わせるのもポイントです。

また、家族がいる場合は事前に相談をし、次が決まる前に今の会社を退職しないようにしましょう。

「条件が良いオファーがあれば転職したい」と考える人は、ビズリーチに登録して好条件のスカウトを待つのがおすすめです。

40代の転職は、求人企業の採用目線も高くなるので、難易度が非常に高いです。そのことを理解して、転職活動を進めて行くと良いと思います。40代の転職でよくあるQ&Aも以下でご紹介します。

女性が転職を成功させるためのコツ

女性の場合は年齢だけでなく、面接官が抱く女性特有の懸念点をどのように納得させられるかが重要なポイントになります。

女性の人生に大きく影響する結婚、妊娠、出産、子育てといったライフイベントに対し、求人企業は懸念を抱くことが多いです。

例えば、採用をしたのにも関わらず、数ヶ月で結婚・妊娠で退職や休職をしてしまう場合、企業はまた採用活動を始めなければなりません。余計なコストもかかってしまうので、女性の採用に慎重になる企業も一定数あります。

企業が懸念すること

  • 結婚によってすぐに辞めないか
  • 産休・育休をすぐに取得する可能性はないか
  • 育児で早退や欠勤が多くなるか

企業はとくに上記の3点を懸念しているので、面接では「長く働く続ける意志」があることを明確に伝えるようにすると、企業の心配を払拭することができます。

転職活動に不安がある人は、女性の転職にも対応しているリクルートエージェントに相談するのがおすすめです。

女性の転職について、さらに詳しく知りたい人は以下の記事も参考にしてください。

関連記事20代女性の転職はチャンス?成功させる方法&体験談をご紹介!
関連記事【女性必読】未経験でも正社員に転職できる!?成功のコツを伝授!
関連記事50代女性でも転職できる?成功しやすい職種や内定獲得の秘訣を解説

業界・職種別で転職を成功させるコツ

希望する業界・職種によっても転職を成功させるコツは異なります。

それぞれの業種で面接官が求める人材が多少違うので、自分が転職したい業界・職種に合わせて対策をおこなうようにすると良いでしょう。

今回は7つの業種をピックアップして、それぞれの転職を成功させるコツを紹介します。

営業

営業職への転職を成功させるコツですが、経験者であれば現職・前職で出した実績を具体的な数字でアピールすると面接官にスキルが伝わりやすくなります。

また、数値目標を達成するために、どのような努力をしたのかも一緒に話せるようにすると、結果と過程をアピールできるため、より説得力が増します。

営業経験がない場合は営業を積極的に採用している業界を狙うと良いですね。例えば、製薬メーカー(MR)や生命保険業界、不動産業界がありますが、筆者がとくにおすすめしたいのは以下の成長段階の業界です。

  • 人材業界
  • 広告・メディア業界
  • インタネット業界
  • IT業界

上記の業界は営業として高く評価される無形商材の法人営業を取り扱っているのが特徴です。無形商材の法人営業は難易度が高い営業ではありますが、経験をしておくとその後のキャリアの幅が広がる魅力的な仕事です。

どの業界の無形商材の法人営業を経験したのかにもよって変わってきますが、マーケティングや人事、企画、広報といった職種へ転職できるようになります。

営業職への転職を考えている人は、様々な業界の求人を保有しているリクルートエージェントdodaに将来のキャリアプランを含め相談してみると、希望にあった企業を紹介してもらえます。

エンジニア

エンジニアで転職をさせるには、今の会社で開発・プログラミングの経験を2〜3年ほど積んでおく必要があります。なぜなら、エンジニアはいずれかの言語を使って、実際に開発をおこなった経験が何よりも大切だからです。

大手企業や人気企業など、応募者が多い企業は最低でも3年、それ以外の企業であれば1〜2年程度は必要です。

経験年数が1年未満の場合は、面接官に学習意欲がどれだけあるのかをアピールすることが重要です。実際に独学で言語を習得し実際に開発をしていたり、侍エンジニアなどのプログラミングスクールに通っているなど、具体的にやっていること話せるようにしておくと良いですね。

また、チーム開発経験のあるエンジニアはGitHubのIDを持っているのが常識で、選考時のアピールにもなるので履歴書・職務経歴書にIDを書いておくようにしましょう。GitHubには趣味で書いたプログラミングやソースコードをアップしておくと、自分のスキルがどれぐらいのレベルなのかをアピールできるのでおすすめです。

GitHubなどを使ったアピール方法などは、エンジニアの転職に特化したレバテックキャリアマイナビITエージェントを利用するとアドバイスしてもらえます。

デザイナー

デザイナーもエンジニアと同様に、転職を成功させるためには2〜3年の実務経験が必要です。

PhotoshopやIllustratorを使用してのUI設計や素材作成の能力、HTLM、CSS、Javascriptでのコーディングスキルが必須ですが、この中でとくに重視されるのはデザイン能力です。自分のデザイン能力をアピールするために、テイストの違う作品を載せたポートフォリオを用意しておくと良いです。

また、現役で活躍しているWebデザイナーの多くはデザインやコーディングはできても、UI/UXの設計ができる人は意外と少ないです。他のスキルは当然のようにあり、さらにUI/UXの設計を高いレベルでやれる人は転職を成功させやすいです。

デザイナーの転職の場合はIT・Web業界に強いレバテックキャリアマイナビITエージェントがおすすめです。ポートフォリオに何を入れれば良いのかなど、詳細なアドバイスを受けられます。

人事

人事への転職を成功させるには人材業界の営業経験が必要です。人事の業務には営業のように数字を追う必要があるからです。例えば、採用戦略をおこなう際には、数値を元にどれだけ採用すれば良いのかを考えます。

そのため、人材業界の営業経験があると、その経験を実際の業務に活かせるのです。

また、人事として転職したいのなら「IT業界」と「人材業界」を狙うと良いでしょう。IT業界は常にエンジニアが不足している、人材業界は未経験採用が活発だからです。

様々な業界の企業と取引のある大手転職エージェントのリクルートエージェントdodaは人事の求人を豊富に取り扱っている可能性があります。

ハイクラス

管理職や事業企画、経営幹部など、ハイクラスへの転職を成功させるコツですが、いかに多くの求人と出会えるかが重要な鍵となります。

というのもこれらの職種は経営陣に近いため、ポジションが限られています。さらにその少ないポジションはヘッドハンターが他社から優秀な人材を引き抜いて採用してしまうため、求人が少ないのが実情です。

ハイクラス向けの求人はあまり出回らないので、特化した転職支援サービスを利用すると良いでしょう。とくにおすすめなのがビズリーチJACリクルートメントです。

この2つのサービスは年収1,000万円以上で、経営幹部などの求人を多く取り扱っています。他の転職エージェントには掲載されていない求人を取り扱っているのが特徴です。また、海外企業の求人も取り扱っているため、グローバルで活躍したい人は利用すると良いでしょう。

ちなみにハイクラス人材を求めている企業は、主に以下のような企業が多いので、これらを中心に探すのがおすすめです。

  • 既存事業拡大を目指したスペシャリストの募集
  • 急成長企業における経営・役員層の強化
  • 業績好調に伴うマネジメントポジションの増員
  • 日本国内における新規事業・新拠点の立ち上げ
  • 海外における新規事業・新規拠点の立ち上げ

金融業界

中途採用で金融業界への転職を成功させたいのなら、銀行や証券会社よりも保険会社を狙うと良いです。

というのも銀行や証券会社は新卒を一括で採用しているため、中途採用がそもそも少ないのです。中途採用があったとしても、求めているのは専門職でかつ即戦力として活躍できる優秀な人材で、難易度は非常に高いです。

一方で保険会社、とくに営業職は入社時に特定の資格を求めていない場合が多く転職しやすいのが特徴です。とくに個人向けの営業経験や販売経験があると選考が有利に働きます。

金融業界経験者は金融に特化した部門があるマイナビ金融エージェントがおすすめです。

コンサル業界

コンサル業界への転職を成功させるには、自分の年齢に合わせたアピールが大切になってきます。

なぜなら、20代であれはポテンシャルで採用してもらえますが、30代以上になるとコンサル業界出身者でかつ高いレベルの実績が必要だからです。また、クライアントの課題を見つけ、解決策を提案して実施していくのがコンサルの仕事なので、地頭の良さも重要です。

面接ではこれらのアピールをするのだけで、論理的であることが大切です。面接官と話すときは「なぜなら」などの言葉を口癖のようにし、さらに「理由とファクト」を一緒に話せるようにすると良いです。

また、コンサルは面接の回数が多いのも特徴です。面接で話したことの辻褄が合うように、徹底的に自己分析をしておくようにしましょう。他にもコンサルならではのケーススタディ面接があるので、その対策も忘れずにしておくと良いですね。

コンサル業界特化エージェントのアクシスコンサルティングアサインを利用するとコンサル特有の面接対策を受けることができます。

地域別で転職を成功させるコツ

地域によって転職市場は異なるので、まず始めに「その地域の転職市場はどうなっているのか」を調べてみてください。

例えば、IT企業へ転職したいと思っていても、その地域が第一次産業が盛んだと希望する求人となかなか出会えない可能性が高いです。その地域の主要産業を調べることで、どのような企業が多いのかを知ることができます。

これらの情報はハローワークや転職エージェントを利用すれば教えてもらえるので、積極的に利用すると良いですね。ハローワークと転職エージェントでは取り扱っている求人やサポートにも違いがあるので両方を併用し、自分が利用しやすいと思ったほうを最終的に選ぶとスムーズな転職活動ができます。

ハローワークの利用の流れなど、さらに詳しく知りたい人は以下の記事も参考にしてみてください。

関連記事ハローワークで良い転職はできる?流れや特徴なども紹介!

転職エージェントの利用を考えている人には、都道府県別に転職情報をまとめた記事を用意しています。6つの分類別に紹介するので、気になる人は目を通してみてください。

  • 北海道・東北
  • 関東
  • 中部
  • 近畿・関西
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄
 もっと見る
北海道・東北 北海道のおすすめ転職エージェント
青森のおすすめ転職エージェント
岩手のおすすめ転職エージェント
宮城のおすすめ転職エージェント
秋田のおすすめ転職エージェント
山形のおすすめ転職エージェント
福島のおすすめ転職エージェン
関東 茨城のおすすめ転職エージェント
栃木のおすすめ転職エージェント
群馬のおすすめ転職エージェント
埼玉のおすすめ転職エージェント
千葉のおすすめ転職エージェント
東京のおすすめ転職エージェント
神奈川のおすすめ転職エージェント
中部 新潟のおすすめ転職エージェント
富山のおすすめ転職エージェント
石川のおすすめ転職エージェント
福井のおすすめ転職エージェント
山梨のおすすめ転職エージェント
長野のおすすめ転職エージェント
岐阜のおすすめ転職エージェント
静岡のおすすめ転職エージェント
愛知のおすすめ転職エージェント
近畿・関西 三重のおすすめ転職エージェント
滋賀のおすすめ転職エージェント
京都のおすすめ転職エージェント
大阪のおすすめ転職エージェント
兵庫のおすすめ転職エージェント
奈良のおすすめ転職エージェント
和歌山のおすすめ転職エージェント
中国・四国 鳥取のおすすめ転職エージェント
島根のおすすめ転職エージェント
岡山のおすすめ転職エージェント
広島のおすすめ転職エージェント
山口のおすすめ転職エージェント
香川のおすすめ転職エージェント
徳島のおすすめ転職エージェント
愛媛のおすすめ転職エージェント
高知のおすすめ転職エージェント
九州・沖縄 福岡のおすすめ転職エージェント
佐賀のおすすめ転職エージェント
長崎のおすすめ転職エージェント
熊本のおすすめ転職エージェント
大分のおすすめ転職エージェント
宮崎のおすすめ転職エージェント
鹿児島のおすすめ転職エージェント
沖縄のおすすめ転職エージェント

転職を成功させる秘訣!

転職を成功させるための秘訣は「転職活動を1人でおこなわないこと」です。

転職エージェントを利用すれば求人情報の提供はもちろんのこと、希望する転職先企業のリサーチもキャリアアドバイザーと一緒にできます。

履歴書や職務経歴書の書き方や添削、面接官に刺さる志望動機を考えるコツなどの面接対策もバッチリサポートしてもらえるので、転職の成功率も高められます。

注意点としては、転職エージェントは担当のキャリアアドバイザーによって、サポートの質が大きく変わってきます。

そのため、下記で紹介している大手転職エージェントの中から2〜3社、特化型エージェントを1社程度複数登録することをおすすめします。

そこで、筆者がおすすめする転職エージェントをいくつかご紹介します。

転職に悩んでるのであれば、まずは相談からでも大丈夫ですよ!気になるものがあれば、ぜひ登録してみてください!

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェント
に相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

doda
に相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェント
に相談する

ハイクラス特化型エージェント

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメント
に相談する

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)
に相談する

現役コンサルタントの転職支援数No.1!
ファーム to ファーム、事業会社、フリーコンサル、未経験からコンサルなどコンサル職への転職に強みをもつ転職エージェント!

ポイント

  1. 大手コンサルティングファームへの転職決定実績多数
  2. 平均の転職サポートの期間は3年!
  3. 各コンサルティングファームのマネージャーから入手した独自の企業動向を提供

こんな人がおすすめ!

  • コンサル業界で働いている人
  • しっかり時間をかけて転職をしたい人
  • 企業毎の書類・面接対策をご希望の人

アクシスコンサルティング
に相談する

コンサル転職に特化したエージェント!
他社の2倍!圧倒的な内定獲得率を実現する質の高いサポートに強み

ポイント

  1. Bizreachにて実績上位3%となる最高ランク認定の信頼性
  2. 大手コンサルティングファームへの転職決定実績多数
  3. 転職決定者の平均年収は約850万円

アサイン
に相談する

既卒・正社員経験が少ない人向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

18〜20代未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代未経験の方向けの求人2300件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブ
に相談する

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 既卒・早期離職経験のあるカウンセラーが同じ目線でアドバイス
  2. 平均20時間の丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は96.8%!
  3. IT業界・Web業界の求人を数多く保有
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒヤリングさせて頂きます

UZUZ
に相談する

女性におすすめの転職エージェント

女性を積極的に採用したい企業の求人が多数!
業界最大手のリクルートが運営する女性向けエージェント!

ポイント

  1. 14,000件以上の事務職系求人を保有
  2. 女性のキャリアアドバイザーが多数在籍
  3. 育休・産休制度など福利厚生が充実した企業も多数

リクルートエージェント
に相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

ITエンジニア経験者支援に特化した専門エージェント

※登録完了後、お電話にて転職活動のご状況をヒアリングさせて頂きます。
※エンジニア未経験者向けの求人は保有しておりません。

ポイント

  1. 保有求人7000件以上の約8割が年収600万円以上のハイクラスIT求人
  2. 大手IT系・Web系企業からスタートアップまで幅広く網羅
  3. WEB・アプリエンジニア、インフラエンジニア、PM、ITコン、SEなど多様な職種に対応

レバテックキャリア
に相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビIT AGENT
に相談する

転職エージェントの概要や上手な活用法について以下の記事で詳しく解説しているので合わせてご覧ください!

関連記事転職エージェントに使われるな!おすすめの利用方法を徹底解説

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント