転職を成功させるために必要な4つの条件!見れば失敗しない!

The following two tabs change content below.
アクシス(株)代表  末永雄大

アクシス(株)代表  末永雄大

新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

今の会社を辞めて他の会社に転職したいな、と感じることは誰にでもあります。しかし、辞めた後どのような会社に入社したいのか、転職には何が必要なのか。
初めて転職するときは不明点ばかりで、不安がいっぱいです。

転職で失敗したくない!

転職するからには、成功したい!

と皆さんも考えると思いますが、

今回は転職を失敗しないために、最低限必要なことをお話していきたいと思います。

 

本当に転職をしたいのか?転職の必要性

仕事を辞め新しい環境で、仕事をしたいと考える事はあると思います。

しかしまず本当に転職をするにあたって、何故転職するのか?やその必要性をしっかりと今一度考えてみるのも重要です。

転職を失敗してしまう事を避けるにも、自分自身でも目的を考えておくことが重要ですし、最初にやっておくべきです。

 

では、転職のメリット・デメリットって?

転職のメリット

転職することのメリットは、大きく3つあります。

  • 自身のキャリア向上
  • 待遇面での変化
  • 気持ちを入れ替えられる

それぞれについて説明していきましょう。

 

1. 自身のキャリアアップが可能となる

転職先の企業や業界がはっきりとしていれば、自身でやりたい事についてさらに追求する事が出来ますね。専門的なものであれば採用をする側もより詳しい人材を求めているので、上手くニーズが合えば採用までのスムーズに運ぶかもしれません。

2. 待遇面が良くなる

前職の企業より、福利厚生などが良くなったということも大いにあります。例えばですが、現在企業で勤めていて、評価も良いが給与面ではあまり反映されていなかった際に転職をし、給料が上がったと言ったこともありますし、職場が近く出勤がしやすくなることもあるでしょう。

3. 心機一転が出来る

職場環境が変化するのは、あなたにとって大きく変化をもたらしますね。緊張などは勿論あるかとも思いますが、現在の職場環境では得られなかったことに対して新しい環境になることで、より自身のスキルが活かせるなども新しい発見も出来るかもしれません。

 

転職のデメリット

一方転職と言ってもデメリットもあります。

  • 退職金が不利になる
  • 社内雰囲気などが合わない
  • 環境が改善されるとは限らない

1. 退職金が不利になる

同じ会社にいれば、退職金もその分勤続年数に応じてもらう事が出来ることが多いと思いますが、転職をしたとなるとその分のカウントがゼロからになることもあります。

若い方の転職なら、大きく影響は及ばさないですが年齢が上がれば上がる程退職金が少なるのは、一つ懸念点として考えておきたいです。

2. 社内雰囲気などが合わない

転職した先の人間関係や、経営理念が考えていたものとの齟齬があるなどと感じた人もいます。
例えば自身のキャリアアップなどを考え、大きな企業に入ったが社員同士の張り合いがないや、逆のパターンではギスギスした雰囲気があり合わないといった事もあります。

3. 環境が改善されるとは限らない

給料や福利厚生の面で、前の会社の方が良かったと感じてしまう事もあります。
また出勤に関しても、前職よりも通勤手段などが手間のかかるようになってしまい、精神的な余裕があまりないと感じてしまう方も中にはいます。

他にも残業時間が多いなども転職して失敗だったと感じる事もあります。

 

自分に合った企業を見極めるには

転職にも良い面と悪い面があるのは、当然ではありますが、でもやはり転職をしたいと改めてお考えになった時にどのようにしたら、自分にあった企業を見つけられるかが重要になってくるかと思います。

その際に重要な事は、自分が何故転職をしようと思ったのかという理由をしっかりと持っている事です。
そうして自分がやりたい事などの目的意識を持つことで、今の自分は、給与面でのアップをしたいので、今より給与が上がる企業を探すことも可能になります。

他にも今の企業にいても自分のキャリアを考えた時にさらに刺激を求めて今よりも自分を活かせる企業を探す道筋が描けてくると思います。

ですが目的を持ったはいいが、今の生活では自分の知り得る情報に限りがある時にエージェントを使い企業を紹介してもらい自分に合った企業を見つけることも出来ると思います。

それでは次に実際に転職を決めた時に何したら良いのかを考えていきます。

 

転職するときに必要なこと4つ

いざ転職を決意した時、いきなり退職しても直ぐに次の仕事が決まるかは分かりません。転職をする際には以下のようなことが必要になります。

1.在職中に次の転職先を決めておく

時間的に余裕があるのなら、退職する前に転職先を決めておきましょう。退職してから、希望通りの会社に入社できるとは限りません。転職先を事前に決めておくことで、収入源を失うリスクを避けることができます。

2.退職の意思を1カ月前には上司に伝えておく

退職を決めたら、早めに上司に報告しておきましょう。会社側はあなたが退職する為の手続きや、後任の選抜などの処理をしなくてはなりません。

円満退職をするためにも、いきなり抜けるというのは避けた方が良いでしょう。転職先で今の会社が取引先になるかもしれません。

3.転職したい理由と、転職先でしか出来ないことを考える

転職しなくてはならない理由を明確にしておきましょう。

部署異動などの変化で解決できないことなのか、また転職先でしかできないことなのか。その理由が現職でも解決できることなら、改善に取り組んだ方が良い場合もあります。

4.転職によるメリットとデメリットを理解しておく

転職をすることで必ずしも状況が好転するとは限りません。

給与や役職は下がり、人間関係も今よりも都合の悪い物になるかもしれません。逆の可能性もありますが、転職をする際のメリットとデメリットは理解しておきましょう。

転職で求められる能力・スキルとは?

実際に転職をした時に必要な能力、スキルや資格は何だろうと悩む人も多いのではないでしょうか。

結論から言うと、「このスキルさえあれば、どの企業にも必ず転職できます!」と言えるスキルはありません。

なぜなら、企業によって求められる能力は違いますし、職種によっても求められる専門スキルは全く異なるので一概には言えないからです。

 

ただ、「これらのことを準備しておけば、転職活動を有利に進めることができる」という意味であれば、現役の転職エージェントとしてアドバイスすることができます。

転職活動を有利に進めたい方は、以下の3点についてしっかり考え、準備しておくことをオススメします。

  • 転職理由を明確にする
  • 今回の転職で実現したいことを明確にする
  • 将来のキャリアプランを明確にする

これらの3つの項目は、「自己分析」と言われている部分で、面接でもよく聞かれる項目になります。

上記の項目を明確にできていなければ面接を突破することは難しいですし、「そもそも何のために転職するだっけ。。」と後から悩んでしまう方も多いです。

納得感のある転職にする為にも、上記の3つの項目に、自己分析を徹底的にやっておくことをオススメします!

 

ただ、「自己分析ってどうやれば良いんだろう。。」と不安に思った方もいるのではないでしょうか?

 

そこでオススメしたいのが、転職エージェントに自己分析をサポートしてもらうという方法です。

 

転職エージェントは、数千人の転職者の自己分析をサポートしてきた転職のプロです。

あなたが納得できるまで自己分析に付き合ってくれますし、希望する条件に合った求人を紹介してくれます!

 

自己分析に不安のある方は、まず転職エージェントに相談してみることをオススメします!

 

そこで、現役の転職エージェント・キャリアコンサルタントとして多くの転職者をサポートしてきた私が「対象者別にオススメなエージェント」を紹介してみたいと思います。

 

まず前提として、

「転職エージェントによって、得意な領域や業界が異なる」

「担当コンサルタントは基本的に選べないため、馬が合わなかったり、納得のいくサポートを得られない可能性もある」

いったリスクが想定されるので、転職エージェントには2~3社同時登録して、比較検討してみることをオススメします。

 

必ず1社は登録しておくべき!総合型大手エージェント

末永

まず転職を考える際、全ての方が鉄板で登録すべき転職エージェントが、リクルートエージェントマイナビエージェントdodaといった業界最大手のエージェントです。

大手のエージェントに登録しておくメリットは大きく2つあります。

1つ目は、特に大手メーカーなどにその傾向が強いですが、特定の大手エージェント1社のみに求人を依頼しているという企業もあり、大手エージェントに登録をしていないと紹介を受けられない求人が存在するという点です。

そのため、大手メーカーや上場企業などへの転職を検討されている方は、大手エージェントは必ず押さえておくべきです。

2つ目は、全業界・職種の求人を網羅しているので、幅広いキャリアの提案が可能という点です。

「自分の進むべき業界・職種が定まっていない」という方は、まず大手エージェントに登録してみて、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談してみると良いと思います。

※以下からエージェントの応募ページに飛ぶことができますので、ご活用ください。

年収500万円以上のミドル・ハイレイヤー層に強い転職サイト・エージェント

末永

前提として、年収500万円以上の求人は絶対数がそもそも少ないため、転職サイトと転職エージェントを併用して転職活動を進めるのが最良の選択です。
そこでオススメするのが、ビズリーチ(転職サイト)JACリクルートメント(JACリクルートメント)の2つです。

ビズリーチは、掲載社数5000社以上、年収500万円以上の良質な求人が豊富に掲載されている転職サイトです。
登録しておくと、あなたの経歴に興味を持った企業やビスリーチに登録している中小エージェントから直接オファーをもらうことができます

JACリクルートメント年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有している、ハイレイヤー向けの転職エージェントです。
30〜40代のマネジメント層やスペシャリストの採用にも強みを持ちます。

※以下からエージェントの応募ページに飛ぶことができますので、ご活用ください。


エンジニア・デザイナーに特化した転職エージェント

末永

エンジニア・デザイナーでの転職をお考えの方は、マイナビITレバテックキャリアをオススメします。

マイナビITとレバテックキャリアはIT/Web業界のエンジニアに特化したエージェントで、専門性の高さにおいてはエージェント界隈ではトップレベルと言えます。

他のエージェントでもエンジニアやデザイナーといった求人の取り扱いはもちろんありますが、こうした特化型のエージェントを使うことで、実際にエンジニア経験のあるコンサルタントからの転職アドバイスを受けられる、最新のIT業界の転職事情などの濃い情報が得られるという点で、大手エージェントと合わせて検討しておきたいところです。

「転職するか分からないけれど相談だけ」という場合でも気軽に相談に乗ってくれますので、これからのキャリアに悩んでいる方は一度相談をしてみることをオススメします。

※以下からエージェントの応募ページに飛ぶことができますので、ご活用ください。

 

女性必見!事務系職種をはじめとする女性の転職に特化したエージェント

末永

Type女性の転職エージェントは、女性の転職に強みを持つ転職エージェントです。
アドバイザーも全員女性で、仕事とプライベートの両立や結婚・育児といった女性特有のキャリアの悩みも相談しやすい点がメリットです。

特に、女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人が豊富なエージェントですので、こういった職種を希望される方は、大手エージェントと合わせて登録しておくと良いでしょう。

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

※以下からエージェントの応募ページに飛ぶことができますので、ご活用ください。

 

転職に必要な資金は?

様々な事を考慮した上で、では転職する時にどれくらいお金を使うのだろうかと気になるのではないでしょうか。

転職エージェントを使う事であまりお金は掛かりませんが、かといって全くのお金が掛からないわけでもありません。転職も遠方地になった場合引っ越しなどの費用も必要となってきます。

そのような事を踏まえた上で、転職活動を実際にした人は、どれくらいの資金が必要だったのかを考えていきましょう。

最低限転職に掛かると考えられる費用や資金

  • 移動費(交通費などがメイン)
  • 衣服代(クリーニング費用など)
  • 生活費

この3つが、転職に最低限必要な資金や費用になってきます。多くの企業に行く場合その際に掛かる交通費、または遠方から来る場合などはその際に宿泊費用なども必要となってきますね。衣服代も新しくスーツなどが必要となってくる事も考えられますし、身だしなみについてはクリーニングしておく事も清潔感を感じさせられる事ができます。それ以外にも人によっては大きな出費として、生活費なども考えておかなければならないでしょう。

そして転職を経験した人がだいたい掛かった費用として、20万円以下で収まったと言った人が多いです。転職活動も3ヶ月以内で終わった人が多く転職活動が長ければ長い程、必要なお金も増えてくるので、考えておく必要がありますね。

転職に必要な書類は?

転職をすると言った行動だけでは、現在の職場を辞めれないのは当然のことですね。しかし転職の際に必要な書類って全て何が必要なの?とわかっていない方もいるのではないでしょうか?

転職先を決めて、退職する時には多くの書類を提出しなければいなりません。気持ち良く新しい職場でスタートをするためにも以下の必要な書類等を理解しておきましょう。

退職先に提出する必要書類

  • 退職願
  • 健康保険
  • 雇用保険被保険者証
  • 健康診断書
  • 源泉徴収票
  • 年金手帳
  • 退職証明書

(※全て提出が求められる場合とそうでない場合があります)

転職先に必要な書類

  • 入社承諾書(入社誓約書)
  • 雇用契約書
  • 扶養控除等申告等
  • 給与振込先の届書
  • 健康保険被扶養者異動届
  • 住民票記載事項証明書
  • 身元証明書(身元保証書)
  • 従業員調書

(※全て提出が求められる場合とそうでない場合があります)

以上のようなものが、必要となってきます。他にも前職で借りていた会社の物、例えばパソコンなども勿論ですが返却しなければならないので、細かい物もしっかりと常に管理しておく癖を持っておいた方が良いですね。

何かと細かい書類等は忘れがちになり、退職後も前職場とやり取りをするよりは、まとめて全て完了させたいと思いますので、よく見ておきましょう。

転職で失敗しないためには?

転職は人生の大きな転機と言えます。

「次の職場こそ失敗をしたくない!」と思われる方はぜひこの記事の内容を頭に入れた上で転職活動してみてください。

ですが、正直なところ、この記事を読んで、失敗しないためのコツを知ったとしても、

「頭ではなんとなくわかったけど、実際に転職するとなると、ぶっちゃけ不安だよ・・」

という方がほとんどなのではないでしょうか。

このように思うなら、転職エージェントのサポートを受けることを強く勧めます。

転職エージェントは企業や業界ごとのリアルな情報を把握していますし、何百人、何千人の転職者のサポートをしてきた転職のプロとして客観的な立場からあなたのキャリアについて棚卸し、壁打ちしてくれます。

あなたの経験やスキルを評価してくれる企業や、あなたの志向性に合った企業を紹介してもらえるので、入社後「こんなはずじゃなかったのに・・・」というミスマッチを防ぐこともできますし、「本当に自分にあった転職先はどこなのか?」という悩みの解消にも繋がるはずです。

また、応募書類の添削やスキルの棚卸し、企業との面接日程調整の代行、面接突破率を上げるための面接練習、給与交渉に至るまで、転職にまつわる様々なサポートを「無料」で利用することができるので、登録しておいて損はありません。

とはいえ、キャリアコンサルタントは経験もスキルも正直ピンキリなので、担当になったコンサルタントとなんとなく馬が合わない、あまり志望度の高くない企業をプッシュしてくるといったリスクも想定されます。

自分と相性が合って、信頼できる優秀なキャリアコンサルタントに当たるためには、複数の転職エージェントに登録してみるべきです

定番の大手エージェントの中から2〜3社、特化型のエージェントを1社程度、
まずは登録して実際にキャリアコンサルタントに直接会ってみた上で、実際にサポートを進めてもらうエージェントを比較検討してみることをおすすめします。

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18