転職スケジュールは逆算で立てる!効率的な秘策を転職のプロがご紹介!

なぜ転職スケジュールは逆算で立てるのか、効率的な転職とは何なのかプロが解説します。

また、スケジュールを立てずに転職をうまく進められなかった人の経験もご紹介します。

転職スケジュールは逆算して立てるべし!

転職スケジュール

転職では「いつまでに転職をする」ということを明確にし、逆算してスケジュールを立てることが重要です。

例えば、上記の図のように9月1日に転職をしたい場合は、最低でも3ヶ月前の6月1日から転職活動を始めなければなりません。

中途採用は基本的に面接が2回あるので、並行して何社か受けると、応募から内定を得られるまで約1.5〜2ヶ月かかります。

とはいえ、最低でも約1.5〜2ヶ月ほどなので、場合によっては半年〜1年ほどかかる人もいます。

一般的な転職活動の期間は3〜6ヶ月

基本的に、転職活動の期間は約3〜6ヶ月と言われています。

あまりにも転職活動が長引いてしまうと「転職市場で評価されていない人なのでは?」と採用側に懸念を抱かれ、内定の獲得が難しくなります。

︎[完全無料]経歴や人柄、希望を考慮して、あなたに本当に合った企業を提案いたします!ぜひ弊社の転職のプロたちにご相談ください!

転職のスケジュールはなぜ必要なのか

逆算してスケジュールを立てることで、転職活動の進捗を自分自身で管理することができます。

また、スケジュールを考える際に以下の2点を考えられます。

  • スケジュールが遅れた場合、どんな問題が発生するのか
  • イメージ通りに進まなかったら、どう対策すべきか

「理想の転職の実現を不可能とする危機」を事前に回避できるという点に、メリットがあります。

スケジュールを立てることにより、多少の計画のズレが発生したとしても、行き当たりばったりで転職をせずに済みます。

スケジュール管理でおすすめなアプリ

スケジュールを管理する場合、常に使用しているスマホで管理すると便利です。

とくにおすすめなのが「Bizジョルテwith日経」という、スケジュール管理アプリです。

スケジュール管理ができるのはもちろんですが、日経電子版と連携しているので、登録した企業のニュースが見られる点が魅力です。

スケジュールを管理しながら、希望している企業のニュースを一緒に見られるので、企業の下調べがしっかりとできます。

App StoreGoogle Playの両方からダウンロードできるので、iPhone・Android(アンドロイド)のどちらを利用していてもスケジュール管理ができます。

3〜4月の転職活動は避けたほうが良い

一般企業では4月に新卒が増えるので、3〜4月は第二新卒や未経験歓迎の求人は少なくなってしまいます。

さらに部署異動の時期でもあるので、中途採用が少ないケースもあります。

ただ、6〜9月までは、比較的求人数が増加する傾向があります。

とはいえ、特別穴場な時期というわけではないので、良い求人と巡り合えるかどうかは運次第です。

どういう風に転職活動を進めれば良いか悩んでいる人は、以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事転職の進め方ガイド|働きながらバレないように内定を獲得する秘訣!

効率的な転職活動

転職活動をなるべくスムーズに、早く終わらせたいという人のために、効率的な転職活動をする方法を紹介します。

効率的に転職活動を進める方法としては、以下の3つがあります。

転職サイト

リクナビNEXTのような転職サイトの強みは、登録をするだけで様々な情報を取得することができます。

自分で主体的に情報を取得できるため、転職についての情報も多く収集したい人におすすめです。

転職サイトについては、以下の記事を参考にしてください。

関連記事【2020年最新】おすすめの転職サイト紹介!成功の秘訣教えます!

ハローワーク

ハローワークの良さは、地元企業との繋がりが密であることです。

地域に密着した仕事をしていきたいと考えているなら、ハローワークで転職のサポートを受けることも1つの手段としていいと思います。

ハローワークについては、以下の記事を参考にしてください。

関連記事ハローワークで良い転職はできる?流れや特徴なども紹介!
関連記事第二新卒はハローワークを使ったほうが良い?おすすめの転職方法は?

転職エージェント

転職エージェントは、日程調節・職務経歴書の添削・面接対策などをしっかりとサポートしてくれます。

ただ、転職のサポートをしてくれるキャリアアドバイザーは、それぞれの経験やスキルもピンキリで、誰に当たるかでサポートの質は大きく変わってしまいます。

弊社では、20代〜30代前半を中心に、年間3000人以上からのご相談をいただいています。

これまで、多くの転職相談にのってきた経験から、転職の際に気をつけるべきポイントや転職後のキャリアプランについて、より具体的で戦略的なお話ができると自負しております。

[完全無料]弊社独自の想定質問集・選考対策で、あなたの転職を徹底サポート。弊社への相談はこちらから

退職日の申請をするのにベストなタイミング

退職交渉をスタートして入社できるまでの期間は、約1.5ヶ月前後ということを頭に入れて、調整しましょう。

面接の際に入社時期を転職先の企業に聞かれますが、入社までに2ヶ月以上かかると、待てずにお見送りにするという企業が多いです。

内定が出てから承諾するまでに時間がかかってしまうと、内定が無効になってしまったといったケースもあります。

ボーナスはもらってから退職交渉しよう

ボーナスの出る企業に勤めている人は、ボーナスをもらう月から逆算して退職交渉をしたほうが良いです。

退職を申し出てから、ボーナスをくださいとお願いするのは難しく、揉めて退職になってしまう可能性もあります。

また、転職したい企業に内定をもらったにも関わらず「現職でボーナスをもらいたいから、入社時期を先延ばしにしてほしい」と伝えることは、とても印象が悪いのでやめましょう。

ボーナスをもらう前に転職活動をして、内定をもらった場合、ボーナスは諦めたほうが良いで す。

ボーナスと退職のタイミングに悩んでいる人は、以下の記事を参考にしてください。

関連記事ボーナスをもらってから退職できる?辞めるタイミングも伝授します!

スケジュールを立てずに上手くいかなかった人の体験談

スケジュールを立てずに転職活動をしてしまい、上手くいかなかった人の体験談を聞いてみました。

営業・男性

前職を早く辞めたかったので、とくにスケージュールを立てずに転職活動をしていましたが、かなり時間がかかってしまいました。

転職活動の疲労からか、現職では気合いが足りないと上司に怒られてしまい、現職と転職活動の両立ができず、結局転職できないまま今の会社にいます。

転職を始めるなら、事前にきちんと計画を練ってからするべきです!

広告・女性

「なんとかなるだろう」と勢いだけで転職活動をしていましたが、ちょうど現職が忙しい時期に、希望している企業の面接日が重なってしまいました。

どうしても現職の仕事が外せず、面接をキャンセルしてしまいました。

その後、面接調整のお願いをしましたが、人気の企業だったのですぐに内定者が出てしまい、自分を1度もアピールできず失敗に終わりました。

︎[完全無料]本当に自分にあった職種・業界の理解を深めるなら企業分析のプロに聞くのが1番!まずは弊社に相談してみませんか?

20代の大事な時期を逃さないためには

転職エージェントの立場から現実をお伝えすると、特定のスキルを持っていない人が30歳を超えて転職をするのはなかなか難しいのが実情です。

反対に、20代で仕事で実績を残しており、かつ前向きな思考を持っている人は市場価値を伸ばせるチャンスがあります。 なぜなら、前向きな思考を持っている人は想像以上に評価されるからです。

弊社エージェントサービスでは、市場価値を伸ばせる無形商材法人営業職の求人を多数保有しております。

また、これまで多くの転職を支援した実績から、的確なアドバイスをおこなえる自信があります。

20代というキャリアにおいて大事な時期は今しかないです。

本気で営業職でキャリアアップを目指しているという人は、ぜひ弊社へ相談してみてください。

営業職でキャリアアップしたい20代のための転職エージェント

ポイント

  1. 会社に依存せず市場価値を高めたい営業マンに向けた転職支援!
  2. 営業職のキャリアアップを考えた無形商材法人営業の求人を多数保有
  3. あなたの自己実現ビジョンを軸としたキャリア形成をサポート

【無料】転職サポート申し込み

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。