在職中に転職活動を進めていくには?何が必要か解説します

男性 スーツ 靴 身だしなみ

転職活動は在職中に?それとも退職後から?と迷う人も多いでしょう。転職のプロからすると働きながら転職活動をすることをおすすめします。

退職をしてしまうと収入がなくリスクがあるためです。忙しいなかで転職活動を進める方法を紹介します。

在職中に転職活動を進めるべき

転職活動は、働きながら進めることをおすすめします。退職してから、転職活動をする人もいますが、その間は、いわゆる「無職」になるので、一定の収入がある在職中に転職活動をするのがいいです。

東京・名古屋・大阪などの大都市圏内は、家賃も高く転職先が決まるまで家賃を払えない経済的リスクは、大きいでしょう。収入のない期間があるのは心理的にもいいとはいえないですね。

また、通常週5日フルで働くなかでの転職活動になるかと思います。限られた時間のなかで、「なぜ今回の転職をしようと思ったのか?」「転職をして自己実現のキャリアを描けるか?」などの転職理由転職軸を明確にすることが必要です。事前の対策をおこなうことで内定を得られる確率は、高まります。

そのため転職は「準備がとても大事!」です。在職中に転職理由の棚卸しして進めていくことは、大変なことです。そのため転職活動を一緒にサポートしてくれる転職エージェントは、頼りになる存在でもあります。

オススメの転職エージェント

在職中に転職活動を進める5つの方法

働きながら、転職活動を進めていくには、応募企業の選定、履歴書・職務経歴書などの準備、そして最低でも1度は、面接を受ける必要があります。

1つの企業に応募して、はい「採用!」となるケースは、非常に稀です。ではほかに転職活動を進めていくにあたり、どのような方法があるのかを紹介していきます。

転職活動は大きく分けて以下の5つの方法があります。以下ではそれぞれのメリット・デメリットも合わせて紹介します。

縁故

縁故はいわゆるコネ、リファーラル採用などと言われるものですね。

知り合いからや取引先などの紹介から採用に繋がることがあります。応募の手間が省け、人物像など人と成りを理解していることなどからお互いの満足度が高い採用方法です。

メリット

推薦者と企業の間に信頼関係ができていて、採用のハードルが下がっている可能性が高くなります。

つまり内定がもらえる可能性が高いのです。入社後のミスマッチも少なく、面接などもとんとん拍子に話が決まっていくことが多いです。

デメリット

転職希望者も採用企業側も、入社・採用を吟味しないことがあります。そのことで「思っていたのと実は違っていた…」というミスマッチが両者に起こりやすくなります。

偶発的なものも多く、ステップアップなどを描いていないままの転職なので将来的なキャリアプランに悩むこともあります。

企業のコーポレートサイト

企業のコーポレートサイトから、中途採用の募集をおこなう会社も多くあります。

求人サイトや転職エージェントを使うと費用がかかるので、通年通して募集をしていることもあります。

メリット

知名度が低い企業などは、応募者が殺到することもないので、ライバルとなる候補者が少なく、採用、内定をもらうまでのハードルが下がる可能性があります。

デメリット

知名度のある企業、人気企業に応募が殺到する可能性があります。また通年募集のページがあると、採用担当者が応募者の対応をしていく中で、放置されたり、無視されたり、あまり吟味されなく弾かれたりもします。

企業のコーポレートサイトから応募する際は、吉と出るか凶と出るかは、相手企業に依存します。

求人サイト

リクナビNEXTビズリーチなどがあります。

求人サイトごとに様々な特色を活かして、様々な特集を打ち出しています。企業から掲載料をもらっており、転職希望者は基本無料で閲覧できます。

メリット

多数の求人情報を同じ掲載フォーマットのもとで閲覧ができるため、比較検討ができます。たとえば同業種・業界のA社とB社が同じような職種を同時に募集を出していた際両社を比べることが簡単にできます。


また求人サイトを眺めているだけで、さまざまな業界・職種情報の相場観がつかめます。


「20代でこの職種だとこのくらいの年収が提示される」「現在世の中で求められている能力や人材なのかな」などです。


ほかにも写真や動画で社内雰囲気や勤務している人のインタビューなどもあるので、勤務前のイメージを膨らませられます。

デメリット

応募が殺到する可能性が高いです。また離職率の高い一部業界では、大量募集で人材集めるため、採用コストを抑えるため求人サイトで目立つように募集を出すこともあります。


たとえばですが、採用予定人数が「1名」に対して応募が50人あったとします。その際に採用担当者は、無意識的にどうしても選べる状態になります。そうして会う人数は少数で、あとは書類選考で落としてしまうこともあります。


実際には、経験・能力なども面接でアピールさえできればと悔しい思いをすることも起こりえます。


また求人サイトは、求人情報1件につき広告費を払って掲載をしています。そのため1名採用しようが、複数名採用しようが、支払う金額は同じになります。


たとえば、採用コストを100万として求人広告の掲載をした場合1名採用も100名採用も同一です。そのため大量採用募集(生命保険、不動産の営業、飲食のチェーン、小売チェーンのスタッフ)が多くなりがちな傾向があります。必ずしもそうとは言い切れないですが、常に大量募集を出している企業は、成長著しい場合を除き、離職者を多く出している可能性があるからです。

関連記事【2020年最新】おすすめの転職サイト紹介!成功の秘訣教えます!

ハローワーク

厚生労働省が管轄する、国が運営する職業紹介所です。通称は「ハローワーク」です。日本全国に500ヶ所以上あります。

企業は、採用情報を無料で掲載ができます。またハローワーク経由で採用が決まると国から補助金がでます。採用にあまりコストをかけられない中小・零細企業の求人を多く取り扱っています。

メリット

地方都市部のハローワークでは、「転職をしてステップアップしたい」などの前向きな転職を成功しやすい求人が、でていることが多いです。


理由は、地方都市部の人は、退職してから新しい転職先を探しても経済的なリスクは、それほど抱えずに済むからです。いってしまえば、仕事を辞めても家賃なども払ってでもゆっくりと転職先を探すことが可能な傾向があリます。


つまり会社を辞めてから失業手当てをもらい、ハローワークに登録をして仕事を探す流れがあるからです。地場で大きなシェアを占める企業であったり、老舗企業であったりです。


東京、名古屋、大阪など以外では「ハローワークでいい求人情報あり」と思いましょう。

デメリット

採用コストをかけずに、「誰でもいいから採用をしたい」と考える企業なども一定あるという傾向を理解しておくといいです。


また東京、名古屋、大阪などの大都市では、「転職をして成功したい」というニーズをもって転職活動をする人には、あまり利用は、おすすめできないです。

関連記事ハローワークで良い転職はできる?流れや特徴なども紹介!

転職エージェント

採用をしたい企業と転職希望者を仲介する存在です。転職が決まった場合に企業から年収の30%程度の成果報酬を受け取り、収益を得ています。

転職サポートの過程で、履歴書・職務経歴書の書き方のアドバイス、面接対策などさまざまな転職のサポートをおこなってくれます。

転職エージェントもリクルートエージェントマイナビエージェントなどの業界の大手から、業界に特化しているエージェント、個人規模のエージェントなどに分類をできます。

特定の業界、職種に絞り、自前のネットワークを駆使して独自の求人情報を集めて仲介をしている中小規模のエージェントも多数存在します。また自らの人間関係で集めた非常にニッチな分野を得意とするエージェントもいます。

転職エージェントといっても、状況などに応じて適切なエージェントが変わってくるのでいくつか検討をしましょう。

メリット

転職エージェントには、一定期間活躍をしてくれる期待値の高い人材をよく見極めて少数を採用したい企業の情報が集まってきます。成果報酬で高い金額を支払うため大量に採用をしたい企業には、割りに合わないからです。


また求人情報をだす企業の理念や経営体質が、ある程度保証されてくることです。そして転職希望者のサポートをおこなうことです。


忙しく働いているなかで、転職活動をするのは、大変なことです。そのときに転職者を支援するエージェントは、頼みになります。


そして転職エージェントでしか取り扱っていない非公開求人をたくさんもっていることです。中途採用の多くは、期間が決まっているなかで、採用予定人数を設けていることが多く、転職サイト、コーポレートサイトで、幅広く求人募集をだして、採用の手間をかけずに、エージェントに頼んで一定面接をするかしないかの振りわけることもあります。

デメリット

一方、転職エージェントを使って転職活動をする際には、企業側の採用ハードルが上がっていることが高いことです。採用単価を企業側が考えたときに、極力予算は、抑えつつと考えることが多いからです。


また、ある程度内定がでやすい人でないと相手にされないことです。転職エージェントは、成果報酬型のビジネスモデルです。つまり転職希望者が、採用決定をして、入社をしてはじめて利益がでるからです。転職市場で応募をしても厳しい人は、サポートは受けられない可能性があります。

関連記事人材エージェントとは?メリット・デメリットをプロがぶっちゃける!

在職中に時間がないけど転職活動をする方法

転職エージェント利用の流れ

仕事をしながら転職活動を進めていくなら、転職エージェントに1度相談をしてみましょう

転職活動をする方法をいくつか紹介しましたが、転職活動を満足なものにするなら、転職のプロのサポートを受けたほうが、ミスマッチも少なく済みます。新卒採用の時は、学校側がガイダンスを開いてエントリーシートの書き方教えてくれたり、企業が合同説明会を開いてくれたりと横並びスタートで一緒に活動ができたと思います。

しかし、転職活動を自分で進めていく場合、企業選び、志望動機の整理、面接の日程調整、履歴書の添削、退職時には引継ぎなどやるべきことが多々あります。仕事をしながらでは、大変ではないでしょうか。

実際に転職サイトや企業のコーポレートサイトなどを見て、 転職活動をして納得のいくこともあるでしょう。ですが、今回転職をしようと思ったきっかけを客観的にアドバイスをくれる転職エージェントの存在は、大きいのです。

決して自分が、転職エージェントとして仕事をしているからというポジショントークではありません。年間数百人という転職希望者から相談を受けたからこその考えです。

転職エージェントは複数登録の登録がおすすめ

では、「転職エージェントってどこがいいの?」ということですが、筆者としては大手などの転職エージェントを1社、専門領域に特化をしている転職エージェントを1社、個人の転職エージェント1社の合わせて3社が、上手な使い方です。

なぜ3社なのかと言うと、各エージェント毎に持っている求人数などにも差がある可能性があるからです。また利用をするとエージェントとの相性など一部属人化する傾向があります。1社に偏ってしまっても満足のいく転職が成功するとは限らないので、複数を使い分けることが理想だと思います。

関連記事実は間違ってる?転職エージェントの複数利用法|本当の使い方を伝授!

転職活動が現職にバレてしまった時の対応

転職活動が、バレてしまった時は、引き留めをされることがあります。その際は、面談などを通じて「なぜ転職をしようと思ったのか」などを素直に伝えるべきでしょう。また転職先がもう決まっているならば、有給を使い一定の距離間を保つのも1つの方法です。

ですが、この記事を読んでいる人のなかには、まだ転職先が決まっておらずという人も多いでしょう。その際バレて現職の人と気まづい思いをすることがつらいと思います。

仕事で、上司や同僚との接点は、どうしても起きてしまいます。在職中に転職活動をしていて、クビになるのは、労基法では法的拘束力は持っていません。しかし転職をしようと思っている人に対して、周囲の人は、良い印象を持たないのが、現状として多く見られます。

だからといって、上司や同僚との関係性が拗れることを恐れて、仕事を辞めてから転職活動をしよう!というのも危険です。生活費や次の仕事を見つけられる可能性があるわけではないからです。

そのため、やはり水面下での転職活動という選択を取らざるを得ないです。

在職中の転職面接の組み方

働きながらの面接の組み方としては、勤務終了後の18時以降、最近では土日におこなってくれる企業もあります。

他にもリモートワークが、推奨をされる時代になったこともあり、希望すればオンラインで実施する企業も増えてきています。とはいえ職種によっては、定時で仕事が終わらないこともあるかと思います。

面接先に時間の調整や現職の状況を伝えることで理解をしてくれる企業もあるので、事前の調整をお願いすることは問題ないです。

在職中に転職の面接を進めるテクニック

さまざまな職種があるなかでも、外出する機会の多い「営業職」は、比較的に勤務しながらでも面接の調整をしやすくなっています。

営業職を例に実際の進め方を紹介していきます。

  • 外周りのタイミングで
    外出の機会を使って、面接を組む人も多くいます。

  • クライアントのアポの合間に
    アポとアポの合間の時間を有効活用して、面接をしていたというのも、よく聞きます。

  • 直帰のスケジュール調整
    アポが終わる時間を定時間際にして、そのまま直帰にして面接に行くということも営業職ならではできる方法の1つです

  • 有給・半休を使う
    有給を上手に使って、面接を組むことが、理想です。有給取得率が年々上がってきているとはいえ、まだなかなかの気軽に取れる雰囲気の会社でないと難しいかもしれません。

  • オンライン面接 場所を問わずできるということで、「ZOOM」「Google Meat」などのビデオオンラインツールを使って面接対応をする企業もあります。

上記のようにいくつかの方法があります。あくまで現職に迷惑をかけない範囲で活動をすることをおすすめします。

転職は退職後ではなく在職中がおすすめ

次に仕事を辞めたあとに転職先が決まる保証がないならば、働きながら転職活動をするのが現実的です。

もちろん働きながらだと時間の確保が難しい、現職の人にバレたらなどのリスクはあるのは当然だと思います。ですが、今回の転職を思ったのはなぜでしょうか。転職をすることによって、現状の課題や悩みが解決をするためには、行動をするべきだと思います。

退職してからの転職をおすすめできない理由としては、とくに大都市圏内では「高い家賃を払えない」などの経済的理由や収入のない期間が続くと生活できなくなるからです。

転職活動をうまく進めていくためには、協力してくれるサポートが多いほうがいいでしょう。そのためにも転職エージェントと一緒に内定を得られるまでサポートを受けてみてはいかがでしょうか。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

既卒・正社員経験が少ない人向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

18〜20代前半未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代前半未経験の方向けの求人2300件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒヤリングさせて頂きます

ウズキャリに
相談する

女性におすすめの転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

Type女性の転職エージェントに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、お電話にて転職活動のご状況をヒアリングさせて頂きます

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数(未経験の人は対応不可)
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェント。
求人企業と強いコネクションがあり、求人票では分からない企業情報も教えてもらえる人材紹介会社です。

ポイント

  1. IT・Web・ゲーム業界の非公開求人は約10,000件!(2019年12月時点)
  2. 新規事業・経営企画・クリエイター等のハイクラス求人を多数保有

ギークリーに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント