効率的な転職の手順を伝授!転職期間や退職手続きなどを解説!

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

「転職をしたいけど、進め方がわからない!」

そういった方は非常に多いことと思います。実際には働きながら転職を進めていくとなると、隙間時間を見つけるなど大変なことが多いのではないでしょうか?

職場を変えるのか新卒の時以来で、全くわからないという人も多いでしょう。今回はこれから転職活動を進めていく人向けに、「転職の手順」について分かりやすく紹介をしていきます。

転職の手順を考える前に、転職したい理由を今一度考える

転職を考えはじめると、「どんな手順で進めればいいの?」というところからスタートする方は多いことと思います。しかし、その前に今一度なぜ転職をしたいのかを考えることが大切です。

というのも衝動的に転職をしたいと思って、転職活動を進めてしまうと、面接でツッコマれることは勿論、仮に転職が上手くいっても仕事にやり甲斐を感じず、結果的に失敗だったという人も多くいます。

そのため下記のようなことをまず、自分で問いただしてみて、本当になんで転職をしたいのか?をよく考えてみるようにしましょう。

  • 転職で実現したいことは何か?
  • 一時的な感情で判断をしようとしていないか?
  • 現在の仕事や職場に不満がある場合、解決方法はないのか?
  • やりたい仕事は今の職場でチャレンジすることはできないか?

転職をしたいという考えに至ることは決して珍しいことではありませんが、一時的な仕事への不満や感情的になった状態での判断は危険です。特に仕事や職場への不満は、転職しても同様の問題に直面する可能性もあり、転職が解決策になるとは限りません。

冷静にこれまでのキャリア振り返り、転職の目的や、転職を通じて実現したいことを言語化した上で、本格的なスタートを切りましょう。

いつ転職をするか?どのタイミングが最適か?

転職の目的が整理されたら、次に考えるべきなのは「タイミング」です。

「いつまでに転職をしたいか」を明確にすると、そこまでにどのようなスケジュールで、どのような行動が必要になるのかが明確になります。転職活動にかかる期間は人によってさまざまですが、一般的には3〜6か月程度と言われており、その期間のうちに下記のようなことを行っていきます。

転職活動の一般的な流れ

  1. 転職手段や応募企業検討に関する情報収集
  2. 履歴書、職務経歴書の作成
  3. 求人へ応募する
  4. 選考(書類選考、面接、適性検査 など)
  5. 内定
  6. 在職中の場合には退職交渉や引き継ぎ
  7. 転職先へ入社

特に在職中の方にとっては、選考期間に重なるタイミングや退職タイミングは重要です。

繁忙期を避けるなどの配慮が必要な場合もあるはずですので、転職活動をスタートする際に暫定的に全体のスケジュールをイメージしておく方が良いでしょう。なかには一刻も早く転職をしたいんですという人もいるかもしれません。ですがちゃんと現職の仕事を次の人や社内で引き継ぐを上手く熟しておくことも、ポイントです。

サポートを受ける先を選ぶにあたって

ある程度、転職活動の流れを頭の中に描くことができたら、次に大切なのは転職の手段を選ぶことです。手段として代表的なのは転職サイト、ハローワーク、Wantedly、転職エージェントです。

それぞれの特徴は以下の通りです。

(1)転職サイト

《特徴》

  • 応募が簡単にできるので便利
  • 業界、職種、勤務地などさまざまな条件の求人がある
  • 業界特化や女性向けなど専門サイトがあるので自分にあった求人を探すのに便利

転職サイトの強みは、登録をするだけで様々な情報を取得することができます。自分で主体的に情報を取得できるため、まだ転職についての情報も多く収集したい人にオススメです。

しかし転職サイトは、主に自分で企業とやり取りをし、面接の日程を組むことをしなければならないので、少々時間に余裕がある人でないと活用は難しいかもしれません。

(2)ハローワーク

《特徴》

  • 地元に根付いた求人を見つけやすい
  • 経歴にブランクがあったり、自信がない場合などにも利用しやすい

ハローワークの良さは、やはり地元企業との繋がりは密であることです。地域に密着した仕事をしていきたいなと思っているならハローワークで転職のサポートを受けることも一つの手段としていいと思います。

最近ではUターン・Iターンのように都会で働くのではなく、地方に目を向け精神的に余裕のある生活を送ることを考えているといった人はハローワークで相談をしてみるのがいいのではないでしょうか。

採用を行う企業もほとんどの場合、いずれかの手段を利用して採用活動を行っています。それゆえに、また、このような手段を使わずに一人で転職活動を進めることは困難です。

それぞれ異なる特徴があるので、ご自身の状況や考え方に合う方法を選んで転職活動を進めましょう。 

 (3) Wantedly を利用する

  • ベンチャー企業が多数登録している
  • 面接のハードルが低い
  • プロフィールを埋めておくとスカウトが来ることも…

Wantedly の良さは何よりベンチャー企業の求人が多数載っていることです。

人材が欲しいけど、リクルートやマイナビなどの大手求人媒体はちょっと…というベンチャー企業や大企業が面接の採用ハードルを下げ、優秀な人材を獲得したい!という企業が利用しています。

プロフィールを埋めておくと、企業からスカウトが来ることもあります。

最後にWantedlyに登録している企業は、ビジョンや働いている人で自分たちを選んでほしい傾向があるので、年収や福利厚生を重視する方は、例えばLinkedinなどの別サービスを代わりに使用すると良いでしょう。

(4)転職エージェント

《特徴》

  • キャリアコンサルタントのサポートがあり、面接対策などを行ってくれる
  • 非公開求人を数多く有している
  • 企業と転職者を仲介してくれるので、聞きづらいことも確認しやすい
  • 面接の日程調整を代わりに行ってくれる

転職エージェントは転職者に代わって、企業の採用担当と連絡をとり、採用のお手伝いをしています。

特徴のところでも述べた通り、日程調節、職務経歴書の添削や面接対策、さらには退職の手続きまで代行します。仕事を続けながら転職活動することは、かなり負担がかかるので面倒なことを代行してくれることは助かりますね。

ただ、転職のサポートをしてくれるキャリアコンサルタントは、それぞれの経験やスキルもピンキリです。誰に当たるかで、サポートの質は大きく変わってしまいます。

優秀なキャリアコンサルタントに当たる可能性を高めるためには、1社だけではなく複数の転職エージェントに登録することを強くおすすめします

まずは登録して、直接キャリアコンサルタントに会ってみて、実際にサポートを受けてみてください。その中から自分と相性が合う転職エージェントと一緒に転職活動を進めていくことが、転職を成功させる近道です。

定番の大手エージェントの中から2~3社、特化型のエージェントを1社程度、
まずは登録して実際にキャリアコンサルタントに直接会ってみた上で、実際にサポートを進めてもらうエージェントを比較検討してみましょう。

まずはココ!全ての転職者にオススメの転職エージェント

末永

ここからは現役キャリアコンサルタントの私が、あなたの転職の成功に直結するエージェントについてご紹介いたします。

まず転職を考えたら鉄板で登録すべき転職エージェントが、リクルートエージェントマイナビエージェントdodaですね。
上記3社は共に業界最大手で、豊富な求人数があることから、年齢や職種、業界に関係なく、どんな人にもオススメできる転職エージェントです。

初めて聞くエージェントよりも、誰もが知る大手エージェントのサポートの方が安心感がある方も多いのではないでしょうか。

また、その安心感を感じるのは求人を出す企業も同じことで、大手メーカーなどにその傾向が強いですが、有名な業界トップのエージェントにのみ求人を出す、という企業もあります。

そのため、他のエージェントにはない求人が大手3社にはある、ということはよくあるのです。もしかすると、あなたの行きたい優良企業の非公開求人は大手3社にしかない、もっと言えば、この3社のどこか1つにしかないかも知れません。

つまり、転職を考える際、この3社のうち少なくとも1つには登録しておくのは、もはや必須事項だと言えます。

※以下からエージェントの応募ページに飛ぶことができますので、ご活用ください。

年収500万円以上のミドル層・管理職に強い転職エージェント

末永

前提として、ハイレイヤー層向けの求人はそもそも少ないため、転職サイトと転職エージェントを併用して転職活動を進めるのが最良の選択です。

35歳以上の方におすすめできる転職エージェントは、ビズリーチJACリクルートメントです。

ビズリーチは、企業から直接オファーをもらえる転職サイトです。

JACリクルートメントは、ハイレイヤー向けの求人が豊富な転職エージェントです。

ハイレイヤー向けの方は、ビズリーチJACリクルートメントには両方登録して、求人を網羅することをオススメします。

 

※以下からエージェントの応募ページに飛ぶことができますので、ご活用ください。

上記の方法以外には、企業主催のイベントや友人の紹介から入社するリファラル採用があります。ご自身の現状と将来のキャリアを考えた上で、自分に合った転職方法を選ぶことをお勧めします。

実際に受けたい企業を見つけたらどうしたらいいの?

次に、実際に中途採用試験を受けようと思う企業が出てきた場合、どのような流れで進むかを理解しておきましょう。

《一般的な選考の流れ》

  • 書類選考
  • 一次面接・適性検査
  • 二次面接
  • 内定

一般的にはこのような流れとなります。

面接回数は2〜3回というケースが多いです。面接官は企業によって様々で、部門責任者に採用決裁権があるケースもあれば、社長面接が実施されるケースもあります。

こうした点は事前に把握して対策が行えるとベストですので、入念に準備を行いたい場合には、情報を多く持っている転職エージェントの利用が安心です。

また、適性検査の実施タイミングはこの限りではありませんが、実施される場合には上述のタイミング、もしくは面接前の実施が多い傾向にあります。加えて、類似した選考フローであっても、選考結果が出るスピード感や日程調整の進め方次第で企業によってトータルでかかる期間が変動する可能性もあるので、あらかじめ理解しておきましょう。

後腐れのない退職の手続きをするには?

最後に気になるのが、無事内定を獲得した後の流れでしょう。退職に関わる流れは以下の通りです。

《一般的退職の流れ》

  • 退職の意思を上司へ伝える
  • 退職日の決定
  • 退職届を提出
  • 引き継ぎを行う
  • 退職日までに会社へ返却すべきものを全て返却
  • 退職・転職先へ入社

法律的には退職届を退職日の2週間前までに提出すれば、退職が可能です。

しかし、一般的には就業規則で退職の1か月以上前には報告をするようにと規定している場合が非常に多く、注意が必要なポイントとなっています。就業規則は企業によって異なりますので、事前に確認をした上での行動が必要となります。

また、繁忙期や組織の状況によってはこの限りではありませんので、状況に合わせて事前にできる限りの計画を立てた上で、円満に退社が実現するように進めていきましょう。

効率的で、満足度の高い転職をするために

「転職したいけど、本当に今の仕事を辞めても良いのか」
「現職が忙しくて、思うように転職活動が進まない・・・」
「転職、失敗したらどうしよう・・・」

こういった悩みを抱えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

転職活動に迷いや不安、悩みがある方は、転職エージェントを利用すると、強い味方になるかもしれません。

転職エージェントは企業や業界ごとのリアルな情報を把握していますし、何百人、何千人の転職者のサポートをしてきた転職のプロとして客観的な立場からあなたのキャリアについて棚卸し、壁打ちしてくれます。

あなたの経験やスキルを評価してくれる企業や、あなたの志向性に合った企業を紹介してもらえるので、入社後「こんなはずじゃなかったのに・・・」というミスマッチを防ぐこともできますし、「本当に自分にあった転職先はどこなのか?」という悩みの解消にも繋がるはずです。

さらに、応募書類の添削や、企業との面接日程調整の代行、面接突破率を上げるための面接練習、給与交渉に至るまで、転職にまつわる様々なサポートを「無料」で利用することができるので、登録しておいて損はありません。

とはいえ、キャリアコンサルタントは経験もスキルも正直ピンキリなので、担当になったコンサルタントとなんとなく馬が合わない、あまり志望度の高くない企業をプッシュしてくるといったリスクも想定されます。

自分と相性が合って、信頼できる優秀なキャリアコンサルタントに当たるためには、複数の転職エージェントに登録してみるべきです

定番の大手エージェントの中から2〜3社、特化型のエージェントを1社程度、
まずは登録して実際にキャリアコンサルタントに直接会ってみた上で、実際にサポートを進めてもらうエージェントを比較検討してみることをおすすめします。

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25

一般的な転職の流れ

①転職サービスへの登録

申し込みフォームに、転職希望時期希望勤務地職種年収などを入力し、申し込みを完了させます。

②求人状況の確認・サービスのご連絡

申し込み内容を見て、転職エージェントは保有している求人のなかから紹介可能な求人を調べます。申し込みから一週間以内で、転職エージェントからサービス内容や面談日程について電話やメールで連絡が届きます。

なお、求人の状況によっては、面談や相談サービスを受けることが難しい場合もあります。

③キャリアアドバイザーとの面談・相談

面談では、業界、職種に精通した専任のキャリアアドバイザーやコンサルタントが、これまでの経験や希望条件を確認し、求人の紹介やキャリアプランの提案を行います。

日程調整やキャリアアドバイザーと直接会えない場合は、電話面談も可能です。

④求人紹介・書類添削・面接対策

面談によって方向性が明確になったら、転職エージェントが保有している求人企業の紹介が始まります。お申込みいただいた方の力を最大限に発揮できる企業を中心にご紹介しています。

求人の9割は一般の転職情報サイトや求人誌には掲載されない非公開求人。いままで見つけることのできなかった求人に出会えるかもしれません。

採用担当者が思わず読みたくなるような職務経歴書の書き方や、「採用したい!」と思わせる面接テクニックのアドバイスもサポートのひとつです。

「模擬面接」を実施し、希望企業に「採用したい!」と思わせるような面接テクニックをレクチャーしています。

⑤応募・書類選考・面接

応募したい企業が決まったら、意思をしっかりと確かめた上で、キャリアアドバイザーが推薦状と共に推薦します。

また、面接日程の調整だけでなく、内定時期をできるだけ揃えるといった調整もキャリアアドバイザーが行います。

⑥内定・退職交渉・入社

内定が決まったあとの、入社日の調整や円満退社のための手続きのアドバイスなども、キャリアアドバイザーがサポート。入社や退職にあたり、困ったことがあれば遠慮なくキャリアアドバイザーに相談しましょう。

〈まとめ〉

いかがでしたか?転職活動中は行うべきことがたくさんあり、準備が何より大切になります。

今回のような転職の手順を理解した上で自分に合った計画を立て、着実に転職活動を進めていきましょう!

転職エージェント に絶対相談すべき10個の理由