2019.12.06

営業転職でキャリアアップする方法・オススメの業界&職種

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

営業職は顧客との関係作りや社内の他部署との折衝を通して、ヒアリング能力や交渉力、プレゼンテーションスキルや目標達成能力などビジネスパーソンとして総合的に成長できる仕事です。

しかし、財務・経理職や専門職(エンジニアなど)と違い、資格がなくても業務がこなせるため、キャリアアップの道筋をイメージしにくい仕事でもあります。

そこで今回は営業職がキャリアアップする方法を書いていきます。

キャリアアップとは「市場価値を高める」こと!

「キャリアアップ」とは様々な使い方をされる言葉ですが、ここでは「自分の市場価値を高める」ことをキャリアアップとしたいと思います。

市場価値は「今の会社でなくても評価されるかどうか」=「他の企業でも同じ給料がもらえるかどうか」ということだと思います。

市場価値が高いということは、働く場所を問わず評価される(会社の看板に寄りかからずとも生き残れる)ということです。

つまり、会社が変わっても給料が変わらないのです。

私はこの「市場価値が高い」人材のあり方の一つに「自立型人材」というキャリアがあると考えています。

営業職のキャリアアップには2つの方向性がある

営業職のキャリアアップには、2つの方向性があります。

「マネジメントスキルを伸ばす」方向と「スペシャリストスキルを伸ばす」方向の2種類があります。

これらのスキルが高い人材は少ないですから、転職市場でも優位を築きやすいです。

マネジメントスキルを伸ばす

マネジメントは、部下をまとめてチームとしての成果を引き出す能力のことです。

仕事の振り分けや、業務・人間関係の部下フォローだけではありません。

会社の規模に合わせたワークフローの整備(仕事の仕組み化)や部下の採用・教育、業務の改善、社内制度の整備もマネジメントに当てはまります。

マネジメントスキルは、長く仕事をしていれば身につくわけではないのです。

スペシャリストスキルを伸ばす

スペシャリスト(専門職)とは、専門性の高いスキルを駆使して課題解決に貢献する職種のことです。

人事や財務、マーケティングやエンジニアなどが挙げられます。

マネジメントスキルを伸ばす方法

転職でマネジメントスキルを伸ばすには3つ方法があります。

①成長可能性の高い会社に早期から入る

成長性の高い会社(いわゆるベンチャー企業)では、会社の規模が小さく、ワークフローや社内制度も整っていないからこそ、採用・教育から仕事の仕組み化(=マネジメント経験)までを経験することができます。

また、成長性が高く、ポジションが空きやすい企業では、早期の段階でリーダーに抜擢されマネジメントを経験できる可能性が高いです。

ただ、ベンチャー企業は社風がはっきりしており、人によって合う・合わないが明確に分かれます。

さらに、大手企業に比べて社内制度(特に教育制度や福利厚生)が整っていない企業も多く、入社するハードルもそれなりに高いので誰にでもオススメできる方法ではありません。

ベンチャー企業は、社内情報が公開されていないことが多いので、ベンチャー企業を転職先として考える場合は、転職のプロである転職エージェントを利用してしっかりと社風や実際の仕事内容などの内情を理解することが必要です。

転職エージェントは何百もの会社を見てきていますので、成長が見込める企業かどうかを教えてくれます。

②新規事業に積極的な企業に入る

成長している会社では、新規事業を展開している場合があります。

大抵は新規事業のマネジメント職は、既存社員に担わせます。

例えば、私が在籍していたサイバーエージェントでは僕の部署は中途社員だらけでした。

新卒で入った人は新規事業を担う部署に異動になるからです。

既存社員を新規事業へ回していると、既存事業をまわすのに社員が足りなくなるため、即戦力となるキャリア採用を行います。

新規事業へ移ったマネジメント職のポストが空くので、短期間でマネジメント職につくことを前提としてキャリア採用をします。

ただ、こういった資金力を持ち、新規事業を展開していける急成長の会社は少ないので、転職して採用されるのは難易度が高いでしょう。

③ブラック企業に入って生き残る

特殊な方法ですがブラック企業は激務だからこそ人の出入りが激しくすぐに人がいなくなります。

生き残ることさえできればリーダー職が与えられ、マネジメントを経験することができます。

ただ、長時間労働の代名詞でもあるブラック企業は、健康を損なう危険性が高いため、この方法はあまりオススメできません。

スペシャリストスキルを伸ばす方法

スペシャリストスキルを伸ばすことで市場優位を獲得するには、以下の3つの要件を満たすキャリアを積むことが大切です。

①需要と客単価が大きな市場にいく

ビジネスは個人または法人のいずれかにお金を貰ってビジネスは成立します。

個人相手では1回の取引額が小さいため、多くの人に売らないといけないので、薄利多売方式となります。

そういった会社では激務な上に給料も高くなりずらいです。

一方で、法人との取引では、顧客単価が高いので生産効率性が高くなり、短時間で収入も高くなります。

1回の取引でで数千万円動くケースもあります。

なので、スペシャリストとして市場優位性を獲得したいなら、BtoB企業や会社相手の部署で働くことがオススメです。

法人向けのビジネスの中でも成長のための投資としてお金が使われる分野は、特に需要があります。

企業が成長投資を惜しまない分野として、具体的には以下の4つが挙げられます。

  1. 人材採用&育成
  2. 集客&販売促進
  3. IT&システム化による業務改善
  4. 資金繰り&財務会計

②希少性が高い職種につく

「希少性が高い=競争相手が少ない」ということです。競争相手は少ない方が勝ちやすいので、自分の力を試して、経験と知識を積むことができます。

具体的には「企画」「マーケティング職」「教育担当」「採用担当」などが挙げられます。

③熟練度を高める

熟練度とはスキルや経験のことです。

その業界での経験やスキルがあればあるだけ、市場優位な人材になることができます。

実は転職市場では、1つの会社で2年半以上勤務していないと「経験」とは認めません。

最低でも2年半以上勤務し、知識と経験と実績を増やしていくことがキャリアアップには重要です。

営業職のキャリアアップなら無形商材の法人営業職がオススメ

アクシス株式会社では、スペシャリストになる要件を満たした仕事として「無形商材の法人営業職」をオススメしています。

「無形商材の法人営業職」と言われても、ピンとこない方もいらっしゃるかもしれませんが、要は「形のない商材・サービスを、個人ではなく企業に提案する営業職」のことです。

具体的には以下のような業界になります。

  1. 人材業界
  2. 広告・メディア業界
  3. インターネット業界
  4. IT業界
  5. 金融業界
  6. コンサル業界

無形商材の法人営業職は「需要・客単価が大きい市場」であることはもちろん、以下の2つの理由でもオススメできます。

  1. 無形商材はビジネスが商品の質ではなく、営業自身の能力に依存するため、自分で提案できる幅が広くなり、やりがいが感じやすい
  2. 法人営業は組織的な決済となるため、複数の人を説得できる論理的・合理的な提案が求められ、営業スキルが高まる

・無形商材の法人営業職がオススメな理由は他にもあるのですが、長くなるので気になる方は下記の記事をお読みください↓↓↓

未経験でも営業職に転職できる?転職のプロがぴったりな業界を大公開

営業の方がキャリアアップをするには?

無形商材の法人営業でも人材・広告・コンサル・金融・ITなど様々な業界がある中で、どの業界に進むかを明確にさせたい方は転職エージェントの利用をオススメします。

どの業界に進むべきかは「どんなキャリアを描きたいのか」によって変わってきます。

例えば「将来的に人事を目指したい」という方の場合、人材業界での営業職を経験すべきです。

(というより、それ以外の業界の営業を経験しても人事になることは難しいです・・・)

また「メディアのマーケターを目指したい」という方の場合は、広告・メディア業界やインターネット業界での営業で似たような経験を積むことが大切です。

「やりたいことが漠然としている」という方こそ、転職エージェントの利用がオススメです。

ゴールから逆算した最適なキャリアプランのアドバイスを貰うことで、将来的なキャリアアップにつなげることができるからです。

*下記でおすすめの転職エージェントをいくつかご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は必ず登録しておきましょう。

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 10万件を超える求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントに
相談する

既卒・正社員経験が少ない方向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

未経験OKの若手向け求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは東日本(東京、神奈川、埼玉、千葉)と西日本(大阪、愛知、福岡)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 未経験OKの優良企業の求人が2,300件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

ポイント

  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!

ウズキャリに
相談する

女性におすすめの転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

Type女性の転職エージェントに
相談する

営業職の方にオススメの記事

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。