営業転職でキャリアアップする方法・オススメの業界&職種

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

営業職は顧客との関係作りや社内の他部署との折衝を通して、ヒアリング能力や交渉力、プレゼンテーションスキルや目標達成能力などビジネスパーソンとして総合的に成長できる仕事です。

しかし、財務・経理職や専門職(エンジニアなど)と違い、資格がなくても業務がこなせるため、キャリアアップの道筋をイメージしにくい仕事でもあります。

そこで今回は営業職がキャリアアップする方法を書いていきます。

キャリアアップとは「市場価値を高める」こと!

「キャリアアップ」とは様々な使い方をされる言葉ですが、ここでは「自分の市場価値を高める」ことをキャリアアップとしたいと思います。

では「市場価値」とは何でしょうか?
僕は、市場価値とは「今の会社でなくても評価されるかどうか」=「他の企業でも同じ給料がもらえるかどうか」ということだと思います。

市場価値が高いということは、働く場所を問わず評価される(会社の看板に寄りかからずとも生き残れる)ということですから、会社が変わっても給料が変わらないのです。

僕はこの「市場価値が高い」人材のあり方の一つに「自立型人材」というキャリアがあると考えています。

【無料】営業職への転職なら、元リクルートの転職エージェントにぜひご相談ください!

営業職のキャリアアップには2つの方向性がある

営業職のキャリアアップには、2つの方向性があります。
「マネジメントスキルを伸ばす」方向と「スペシャリストスキルを伸ばす」方向の2種類があります。

これらのスキルが高い人材は少ないですから、転職市場でも優位を築きやすいのです。

マネジメントスキルを伸ばす

マネジメントとは、部下をまとめて成果を出す能力のことです。

仕事の振り分けや、業務・人間関係の部下フォローだけではありません。

会社の規模に合わせたワークフローの整備(仕事の仕組み化)や部下の採用・教育、業務の改善、社内制度の整備もマネジメントに当てはまります。

マネジメントスキルは、長く仕事をしていれば身につくわけではないのです。

スペシャリストスキルを伸ばす

スペシャリスト(専門職)とは、専門性の高いスキルを駆使して課題解決に貢献する職種のことです。人事や財務、マーケティングやエンジニアなどが挙げられます。

マネジメントスキルを伸ばす方法

転職でマネジメントスキルを伸ばすには3つの方法があります。

①成長可能性の高い会社に早期から入る

成長性の高い会社(いわゆるベンチャー企業)では、会社の規模が小さく、ワークフローや社内制度も整っていないからこそ、採用・教育から仕事の仕組み化(=マネジメント経験)までを経験することができます。

また、そういった会社に早期から属していれば、長くいるとリーダーに抜擢されマネジメントを経験しやすいでしょう。

ただ、ベンチャー企業は社風がはっきりしており、人によって合う・合わないが明確に分かれます。

加えて、大手に比べて社内制度(特に教育制度や福利厚生)が整っていない企業も多く、入社するハードルもそれなりに高いので、「汎用的な方法」とは言えず、誰にでもオススメできる方法ではありません。

ベンチャー企業は、社内情報が公開されていないことが多いので、ベンチャー企業を転職先として考える場合は、転職エージェントを使うと良いでしょう。

転職エージェントは何百もの会社を見てきていますので、成長が見込める企業かどうかを教えてくれます。

②ブラック企業に入って生き残る

ブラック企業は激務だからこそ人の出入りが激しく、すぐに人がいなくなるので、生き残ることさえできればリーダー職が与えられ、マネジメントを経験することができます。

ただ、長時間労働の代名詞でもあるブラック企業は、健康を損なう危険性が高いため、この方法はあまりオススメできません。

③新規事業に積極的な企業に入る

成長している会社では、新規事業を展開している場合があります。大抵は新規事業のマネジメント職は、既存社員に担わせます。

例えば、僕がいたサイバーエージェント。僕の部署は中途社員だらけでした。なぜなら、新卒で入った人は新規事業を担う部署に異動になるからです。

既存社員を新規事業へ回していると、既存事業をまわすのに社員が足りなくなるため、即戦力となるキャリア採用を行います。

新規事業へ移ったマネジメント職のポストが空くので、短期間でマネジメント職につくことを前提としてキャリア採用をします。

ただ、こういった資金力を持ち、新規事業を展開していける急成長の会社は少ないので、転職して採用されるのは難易度が高いでしょう。

スペシャリストスキルを伸ばす方法

スペシャリストスキルを伸ばすことで市場優位を獲得するには、以下の3つの要件を満たすキャリアを積むことが大切です。

<1>需要と客単価が大きな市場にいく

ビジネスを考えたとき、相手となるお客さまは2種類あります。

  1. 個人
  2. 会社

このどちらかから、お金をもらってビジネスは成立します。

個人のお金は金額が小さく、会社のお金は金額が大きいものです。

会社との取引では、1回で数千万円動くこともありますが、個人相手では1回の取引額が小さいため、多くの人に売らないといけません。

そのため薄利多売方式となり、そういった会社では、激務な上に給料も高くはもらえません。

その点、会社相手のビジネスをやっている企業であれば、顧客単価が高いので生産効率性が高くなり、短時間で収入も高くなります。

ですから、スペシャリストとして市場優位性を獲得したいなら、BtoB企業や会社相手の部署で働くことがオススメです。

法人向けのビジネスの中でも、成長のための投資としてお金が使われるような分野は、特に需要が大きい市場です。

市場で生き残れるような成長性の高い企業は必要経費は削減する方向に向かうため、お財布=需要は小さくなっていきます。

ですから、企業が成長のためにお金を惜しまない分野の方が取引額が大きくなりやすいのです。

企業が成長投資を惜しまない分野として、具体的には以下の4つが挙げられます。

・人材採用&育成
・集客&販売促進
・IT&システム化による業務改善
・資金繰り&財務会計

<2>希少性が高い職種につく

「希少性が高い=競争相手が少ない」ということです。競争相手は少ない方が勝ちやすいので、自分の力を試して、経験と知識を積むことができます。

具体的には「企画」・「マーケティング職」、「教育担当」、「採用担当」などが挙げられます。

<3>熟練度を高める

熟練度とは経験のことです。その業界での経験が長いほど、市場優位な人材になることができます。

転職市場では、1つの会社で2年半以上勤務していないと「経験」とは認めませんので、最低でも2年半以上勤務し、知識と経験と実績を増やしていくことがキャリアアップには重要です。

営業職のキャリアアップなら無形商材の法人営業職!

アクシス株式会社では、スペシャリストになる要件を満たした仕事として「無形商材の法人営業職」をオススメしています。

「無形商材の法人営業職」と言われても、ピンとこない方もいらっしゃるかもしれませんが、要は「形のない商材・サービスを、個人ではなく企業に提案する営業職」のことです。

弊社でご案内できる無形商材の業界とは具体的には以下の4つです。

  • 人材業界
  • 広告・メディア業界
  • インターネット業界
  • IT業界

無形商材の法人営業職は「需要・客単価が大きい市場」であることはもちろん、以下の2つの理由でもオススメできます。

・無形商材はビジネスが商品の質ではなく、営業自身の能力に依存するため、自分で提案できる幅が広くなり、やりがいが感じやすい

・法人営業は組織的な決済となるため、複数の人を説得できる論理的・合理的な提案が求められ、営業スキルが高まる

無形商材の法人営業職がオススメな理由は他にもあるのですが、長くなるので気になる方は下記の記事をお読みください↓↓↓

弊社では「無形商材の個人営業職→無形商材の法人営業職」「有形商材の法人営業職→無形商材の法人営業職」などの転職成功実績が多々あります。

営業職でキャリアアップしたいという方はぜひ弊社エージェントサービスのご利用をご検討ください。

こちらから、相談のお申し込みが可能です!