【保存版】中小の転職エージェントを使いこなせ!大手との違いも含め解説します。

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

転職エージェント選びは、あなたの転職活動の成功・失敗を決める重要な要素です。

転職エージェント最大手リクルートエージェント出身の現役転職エージェントが、ぶっちゃけ・本音でお勧めできる大手転職エージェントと、厳選オススメ中小エージェントをまとめました。

この記事で分かること

中小のエージェントと大手のエージェントの相違点を知り、あなたに合う大手エージェント、中小のエージェントが明確になるようになる。

そもそも転職エージェントと転職サイトの違いとは?

ところで、そもそも転職エージェントとは何かを、皆さんはご存知でしょうか?

転職サイトと転職エージェントを混同して理解されている方が多いと感じるため、一度こちらで違いを説明しておきますね。

転職サイトとは、求人サイトとか求人広告メディアと言い換えても良いと思いますが、求人企業がメディア上に自社の求人広告を掲載し、その掲載費用を徴収し、収益としているサービスです。

ですので、求人サイト経由で皆さんがエントリーをすると、基本的には転職エージェントは関与せず、直接、求人を掲載している企業にエントリーする事となります。ある意味、HPから応募・エントリーするのと大差はないと言えるでしょう。

それに対して、転職エージェントは、キャリアコンサルタントと言われる人と直接面談を行い、転職相談申し込みをします。

エージェントサービスは、求人サイトと違い、厚生労働大臣に認可を得て、有料職業紹介免許を取得した事業者だけがサービスを提供できます。(弊社ももちろん認可を受けてサービス提供しています)

転職エージェントと面談後に、転職活動のアドバイスを受け、方向性を相談し、転職エージェントが契約する求人を紹介してもらいます。

こうしたサービスを受ける上で、転職者は特に費用はかかりません。

紹介先の求人企業に転職者が入社した場合のみ、企業からフィーをもらう仕組みになっているためです。

また、エージェントが取引している求人は、求人サイトや企業のHPにも掲載されていない非公開求人が多い点も特徴です。

なぜ転職エージェントが非公開求人を持っているのかというと、中途採用は新卒採用と比較して、ピンポイントで厳選採用を行うケースが多いためです。

求人広告や自社HPに掲載してしまうと、対象とならない人からの応募が殺到してしまうリスクや、手間が発生してしまうのです。

大手との違いは?

大手転職エージェント中小転職エージェントの違いは、多くあります。
求人数やエージェントの質など、異なる部分が多いです。

では、この2つの違いについて、ご紹介していきたいと思います!

大手転職エージェント

大手転職エージェントは、百貨店型のビジネスモデルに例えることができます。

会社の規模や業界問わず、様々な企業にアプローチをして、採用ニーズがある場合に求人として受注していきます。

営業の数も非常に数が多いため、1人あたり担当する企業数も多くなることが予想されます。
つまり、それだけ、企業情報を得ることができるということになりますよね。

営業が様々な企業情報を収集し、求人を集めているため、様々な企業の求人が揃っている。
その点から百貨店と例えられているようです。

志望業界が定まっていない方、できるだけ多くの求人案件を紹介して欲しいという方は、大手転職エージェントが適していると言えるでしょう。

中小転職エージェント

一方、中小転職エージェントは専門特化型と言えます。
大手と比較して、中小の転職エージェントが非常に多くなっています。

なぜなら、業界や職種、専門性などに特化している人材紹介業を行うことで、大手転職エージェントより、さらに手厚いサービス提供が行えるためです。

大手転職エージェントとの差別化を図ることが可能なため、増加している傾向にあります。

専門職は業務内容やスキルへの理解などにも専門知識が求められます。
そのため、コンサルタントの質も大手とは異なります。

では、どのように特化しているのか、ご紹介していきますね。

①業界特化型
→IT、金融、メディカル、電気電子、自動車関連など

②職種特化型
→経理・人事など管理部門系、エンジニア、営業・マーケティングなど

③外資系特化型
→差別化するため、外資系企業に特化している

④ベンチャー企業特化型
→企業知名度が低く、採用に苦戦するベンチャー企業に特化している

⑤エグゼクティブ特化型
→年収1,500万円以上の人材に特化している

⑥その他
→女性特化型、シニア層や第二新卒に特化しているなど

それぞれ強みにしている分野が異なっているからこそ、ピンポイントで転職したい方にとっては、強い味方になってくれる存在だと言えますね!

中小エージェントの特徴


中小の転職エージェントは、職種や業界に特化しているのが特徴です。
独自のコネクションや情報を持っていることもあります。

特定の企業の経営層と人脈を持つエージェントがいる場合、コネが強ければ1次面接をせず、いきなり最終面接からスタートもあるようです。

大手転職エージェントに比べて求人数は劣りますが、親身に対応してくれますし、サービス力で勝負している傾向が強く見られます。

中小転職エージェントが行うサービスとは

中小転職エージェントのサービスは、大手と変わりありません。
転職エージェントの公式サイトの登録フォームから、自身の情報を入力して登録を行います。

その後、エージェントからメール、または電話にて連絡が来ます。
連絡後にエージェントとの面談を行う日程を決め、面談時に希望する職種や希望年収などを相談していきます。

自身の希望やスキルにあった求人を紹介してもらい、履歴書や職務経歴書などを作成・添削していきます。
この際、エージェントが丁寧に添削し、アドバイスもしてくれるので安心感があります。

もちろん、面接対策もしっかり行います。
本番で自分の良さや強みをアピールできるように、模擬面接を行いながら、その都度改善して仕上げていきます。

企業との面接日程や入社日調整といったことも、エージェント側が行ってくれますので、就業中の方でもスムーズに転職活動が進められます。

中小転職エージェントを利用するメリット・デメリットは?


中小転職エージェントを利用する際に、知っておきたいのがメリット・デメリットです。

良い面も悪い面も、両方知っておく方が良いと思いますので、まずはメリットからご紹介していきます!

中小転職エージェントのメリット

まずは、中小転職エージェントのメリットをお伝えしていきます。

メリット

  • 職種・業界に特化している
  • 書類添削・面接対策を丁寧にサポート
  • ひとりひとりを大切にする傾向がある

中小の場合は、得意分野を持っているケースが多いです。
IT業界専門、エンジニア専門にしていたり、扱う案件の業界を特化させていたり、様々となっています。

大手に比べて登録者数が少ないため、転職者ひとりひとりに対するサポートも非常に丁寧で親身にしてくれます。

中小転職エージェントのデメリット

続いては、デメリットをご紹介していきます。

デメリット

  • 求人案件数が少ない
  • 志望業界とエージェントの強みがマッチしない場合、案件を紹介してもらえないこともある

大手と比べて、どうしても求人案件数が少ないです。
その理由は、法人開拓営業を積極的に行なっていないので、大量の求人を用意することができないからです。

さらに、エージェントが強みにしている業界と、転職者の志望業界にズレが生じてしまうと、案件を紹介してもらえない場合もあるようです。

アドバイス
転職初心者の場合は、中小転職エージェント1本で転職活動するというのは心許ないと思うので、大手エージェントと組み合わせて利用するのがgood。

求人数も大事ですが担当者の質も重要なため、いくつか登録してフィーリングをチェックしてみましょう!

中小転職エージェントがオススメの人は?


以上、中小転職エージェントについて、ご紹介してきました。

中小転職エージェントは、求人案件数の少なさ・知名度の低さが欠点ではありますが、サポートや対応が親身で丁寧な傾向があります。

業界や職種に特化していることが多いため、志望業界が決まっている方にはぜひ利用を検討して頂きたいです。

なかなか自分に合致する求人がないという方、思うように求人を見つけられない方も、

中小転職エージェントの利用がオススメですよ。

まとめるとオススメなのは...

  • 志望業界/職種がはっきりしていて、特化したサービスを受けたい人
  • 大手の利用経験がありエージェントに慣れている人
  • 選考対策をみっちりやりたい人

オススメ中小転職エージェント

転職エージェント業界でも評判が良いオススメ中小エージェントを、いくつかご紹介していきたいと思います。

今回紹介させて頂く中で特にオススメなのが、ジェイックUZUZ(ウズウズ)です!

自分に合っていると感じた転職エージェントがあれば、気軽に登録してみることをオススメします。

プロコミット

株式会社プロコミットにより、運営されている転職エージェント。
ビジネスモデルや経営課題までを把握する」ことで、転職者に他愛な情報を提供することを強みにしています。

非公開求人が70%、幹部案件も多数保有しており、転職活動をサポートする誠実なコンサルタントが在籍しています。

ベンチャー企業スタートアップ企業などに興味がある方に、お勧めしたい転職エージェントです。

アクサス株式会社(前アクサスコンサルティング)

コンサルティング業界・IT業界に特化した転職エージェント。
システムインテグレーション事業と、テクニカルサポート事業の2つを軸にしています。

質・量ともに豊富な人材と充実したパートナーネットワークを構築し、転職者からの様々な要望に対し、迅速に対応できる体制を整えています。

中国の上海、ベトナムのホーチミンなどに開発拠点を構え、現地に多くの開発者やエンジニアを抱えているのも特徴だと言えます。

システムインテグレーションとは?
経営コンサルティングを通して経営課題や業務内容を分析し、課題解決に貢献するシステムの企画・構築・運用など。
これらを一括して提案・提供しているサービスのことです。

シンクセレクト

IT・インターネット領域に特化した転職エージェント。
2011年に設立されたのが株式会社シンクセレクトで、立ち上げた人物はスローガンアドバイザリー株式会社の代表取締役も担っています。

15年以上にわたり、人材紹介事業に携わってきた結果として、転職相談社数は累計5,000名を超えています。

クライスアンドカンパニー

コンサルティング業界ベンチャー、中堅のミドル・ハイレイヤー層の転職エージェント。

日本の転職エージェントの中では長い歴史を誇っており、全ての業界や企業との対比で考えれば、業績は少ない方だと言えるでしょう。

むやみに拠点を増やして大きな業績を目指すよりも、少ない業績だとしても、限られたエリア内で転職エージェントとして活動した方が長期的に存続できると考えているようです。

アマテラス

ベンチャー・スタートアップ領域の企業を得意とする転職エージェント。
厳しい審査を通過した企業のみが、掲載されているのが特徴です。

利用者は25〜34歳が70%以上、事業責任者・マネージャー経験者が88%となっています。

高い志を持ってスタートアップ企業に転職したい、そう考えている方にはぜひ検討していただきたいエージェントです。

キープレイヤーズ

IT・インターネット業界を得意とする転職エージェント。転職をゴールではなく、あくまでも通過点と捉えて、転職者のキャリアアップを第一に考えています。

転職者のみならず、ベンチャーやスタートアップ企業の3,000名を超える経営者と直接的なコミュニケーションを取るようにしているようです。

そのコミュニケーションを通じて得たノウハウを活かして、企業のフェーズに応じて、最適な採用のアドバイスも行なっています。

代表取締役の高野さんは、新卒で株式会社インテリジェンスへ入社し、人材エージェントとして活躍されてきた方です。

コトラ

金融業界に特化した転職エージェントです。

転職者や企業のことをよく知ることがサービスの根幹にあるとの考えのもと、業界出身者が多いコンサルタントで構成されているのが特徴です。

専門性の高いコンサルタントが組織として情報収集しているので、網羅性を実現しています。

複数の専門性の高いコンサルタントが特定の業界のプロにヒアリングをしているため、様々な角度からの情報も提供できるようになっています。

株式会社MAP

第二新卒を中心にした転職エージェント。
「ベストモチベーションチームアワード2018」を受賞!

メイン登録者層は、25〜35歳です。
転職者の相談内容をもとに、厳選した求人を詳細に提供しています。

独自に開発した専用のアプリにて、転職活動のスピードと質を格段に引き上げ、満足度向上に

繋げているようです。

キャリア インキュベーション株式会社

総合商社や外資コンサルなどに強みを持つ転職エージェント。
キャリア10〜20年以上、豊富な経験や深い知見、専門性を持つエージェントが的確なアドバイスを行なってくれます。

転職者決定者の70%以上が、年収1,000万円以上を獲得しているのも特徴です。
戦略的に状況を見極めて案件を紹介し、希望や適性を踏まえて本音でアドバイスをしてくれます。

転職者の90%以上が対応に満足していると回答しています。

株式会社プロフェッショナル・サーチ

人材業界に特化した転職エージェント。
運営しているのは、スタントンチェイス インターナショナル株式会社です。

現役で活躍している優秀な候補者に積極的なアプローチを行い、スペックに合致する経営層・専門職の人材を、業界に対する深い洞察とサーチ力で発掘しています。

世界45カ国、76オフィスのグローバルネットワークを駆使して、クライアントをサポートしているのも特徴です。

まとめ

中小エージェントは、大手と比べれば求人数が劣ってしまう反面、ひとりひとりの転職者に対してのサポートが丁寧で細かいところまで行き届いているのが特徴です。

業界や職種に特化している傾向がありますので、転職したい業界が決まっている方にはぴったりだと言えます。
強みにしている業界、得意にしている業界に違いがありますから、転職目的によって利用の仕方を分けてみる、というのもアリだと思います。

ご自身の転職を成功させられるように、中小エージェントをお試しに登録してみるのもオススメですよ!

オススメ記事