キャリアプランを持っていない転職は厳しい!知る方法を伝授します!

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

転職活動をしていて、5年~10年後のキャリアプランを明確にしている人はどれほどいるでしょうか?自分の中ではこれと思っていても、いざ言語化をしてみると自分の原体験ではなく、環境によって左右されたキャリアプランを自分のものと勘違いをしてしまう人も残念ながら一定数います。

またどんな転職理由であっても、それに伴う「キャリアプラン」を明確化しておくことは、転職希望先とのミスマッチを防ぎ、自分自身も納得する環境を探す道標となります。

そこで今回は、なぜキャリアプランがなぜ大切なのか、具体的なキャリアプランの整理の仕方、転職理由と結びつけるためにどのように考えたら良いのかなどのポイントをご紹介していきます。

 

「キャリアプランを明確に、転職を成功させたい!」と考えている方がいましたら、リクルートエージェントマイナビエージェントdodaへの無料相談をどうぞ!

転職ではキャリアプランを持っているか聞かれる?

実際のところ、転職の面接において「キャリアプラン」は合否の鍵となることは少なくありません。

  • なぜ自分のキャリアプラン上転職という選択肢が必要なのか
  • キャリアプラン実現のためになぜこの企業を志望するのか
  • 5年後、10年後どのようなキャリアを実現していたいか

など、キャリアプランを軸とする質問はさまざまなかたちで問われます。

企業側から見ると、志望者が具体的なキャリアプランを持っていることによって、

  • 入社後に求める働き方とマッチしているか
  • 自社が、候補者の抱いているキャリアプランが実現出来る環境にあるか
  • 入社後主体的に仕事に取り組んでくれそうか

など、さまざまな点を確認でき、入社後の活躍の可能性を見極めるためにも非常に重要な要素と言えます。

また、この点が曖昧なままでの転職は「こんなはずではなかった…」という結果を招きかねないですから、転職活動が本格的にスタートする前にしっかりと検討が必要です。

 

「キャリアプランを明確に、転職を成功させたい!」と考えている方がいましたら、リクルートエージェントマイナビエージェントdodaへの無料相談をどうぞ!

自分のキャリアプランを知るためには?

では次に、具体的な自分のキャリアプランの立て方はどのようにしたら良いのかご紹介していきます。

  1. キャリアの目標を考える
  2. 現状把握を行う(スキル・環境・働き方など)
  3. キャリアの目標を達成するためにするべきことを具体的に考える

基本のステップはこのような流れとなります。

これまでの経験を棚卸しすると同時に、今後目指すキャリアの目標を考え、どうしたらそれが実現できるのかの道筋が、キャリアプランとなります。

特に転職活動においては、⒊「キャリアの目標を達成するためにするべきことを具体的に考える」という点が転職理由にも直結する内容になりますので、この点を曖昧にせずに考える必要があります。

  • 「キャリアプランを実現するためになぜ転職が必要なのか」
  • 「現在の職場ではそれは実現できないのか」

などのポイントは必ず確認されますので、自分のキャリアプランが説得力のあるものとなるよう、さまざまな角度から考察し、自分のキャリアプランを自ら理解するというステップを大切にしましょう。

「キャリアプランを明確に、転職を成功させたい!」と考えている方がいましたら、リクルートエージェントマイナビエージェントdodaへの無料相談をどうぞ!

転職理由としてのキャリアプランとは?

転職理由は人によってさまざまかもしれませんが、転職によってキャリアに変化が起こるという点は転職者全員が必ず対峙する現実です。ですので、いかなる場合でも転職と今後のキャリアプランとの結びつきはあるものと捉えておく方が良いでしょう。

  • 転職することによってどのような経験を積んでいきたいか(職務内容はもちろん、どのような業界で、どのような商材を扱い、どのようなポジションで働くかなどの点も含めて)
  • 転職先ではどのような強みを活かしたいのか
  • 今後どのようなスキルを身につけていきたいのか
  • どのような働き方をしていきたいか(プライベートとのバランスなども含めて)

このような観点を踏まえて、自分の転職理由を伝えることによって今後のキャリアについてどのように考えているのか、採用担当者の立場からも理解がしやすくなります。

意識的にこのような内容を盛り込み、自らのキャリアプランがどのようなものかの意思表示を行うように心がけましょう。

〈まとめ〉

いかがでしたか?

キャリアプランは転職活動の結果を左右する大きなポイントです。また「こんな野望を実現したい!」というような大きなことを求められているわけではなく、あなたの考えているプランと転職先との相性を判断するためにもシンプルに必要な要素なのです。

転職活動を本格的にスタートする前にじっくりと考え、面接でも説得力のある自分の考えを伝えられるように準備をしてみましょう!

また正直今回の内容を読み、現在のキャリアプランでは不安という人は一度転職エージェントなどに相談をしてみるのもいいでしょう。将来描いているビジョンが、どの企業とマッチをしているのか詳細に情報を持っているため、転職エージェントへの相談をおすすめをしています。

転職エージェントは、日々様々な求職者と向き合い続けている「転職のプロ」です。専属のキャリアドバイザーが、上記のような様々な不安に対して無料で相談に乗ってくれます。

相談やアドバイスはもちろんのこと、履歴書・職務経歴書の添削面接対策など、転職活動に関わることをサポートしてくれます。

また、志望大手企業への推薦や年収・勤務条件の交渉なども代行してくれるので、少しでも転職の成功確率を高めたい!という人は、ぜひ1度登録してみてください。

ただ、担当するキャリアアドバイザーによって、サポートの質が変わってくる部分があるので、複数の転職エージェントに登録して、自分に合うものを使っていくのがおすすめです。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

20代の登録者数No.1!
20代向けの非公開求人を多数保有し、サポートの丁寧さに定評あり!

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント
  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?