【必読】三菱電機へ転職するコツ!気になる評判や年収なども紹介!

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

三菱電機と言えば、日々新しい家電製品が発売され、CMで見ることも多いですよね。ちなみに三菱電機のCMと言えば、女優の杏さんを起用しているのが印象的ですよね。

今回はそんな三菱電機へ転職したい方向けに、気になる「三菱電機への転職難易度」「年収相場」「評判・口コミ」「三菱電機への転職を成功させるコツ」などを徹底的に解説していきます。

三菱電機へ転職するのは難しい?


三菱電機は世界にも通用する大手総合電機メーカーで、優秀な人材が多数集まっているため、転職難易度はとても高いです。

中途採用であれば、即戦力となる知識やスキル、実務経験が求められます。また営業職の場合は、世界で活躍することを見据え、英語力だけでなく中国語も求められるので、転職するのは非常に難しいと考えたほうが良いでしょう。

転職難易度が高い三菱電機ですが、しっかりと情報収集し、選考対策をすれば内定獲得率を高めることができます。高めるコツを記事全体を通してご紹介していきますね。

三菱電機はどんな会社?


三菱電機は日本の大手総合電機メーカーです。日本だけでなく、世界でも知名度が高いです。

総合電機メーカーなので、日常生活に関わる様々な電化製品から、街頭の大きなモニターやエレベーターなど幅広くモノづくりをしています。

三菱電機の製品は高品質と評判なのもあって、世界各国で使われているのも特徴の1つですね。

ちなみに三菱電機は三菱グループの中でも主要な企業になります。

12の事業分野

三菱電機では12の事業を展開をしています。

エレベーター大型家電が有名ですが、他にどのような事業を展開しているのかを以下でご紹介しますね。

主力製品 業務内容
ビル エレベーター
エスカレーター
ビル管理システム
国内の3台に1台は使われているエレベーターの開発・製造。
ビルマネジメントシステム事業では、セキュリティシステムやビル管理システムも開発など。
産業・FA シーケンサー
レーザー加工機
産業用ロボット
FA分野で世界トップクラス。FA技術とIT技術を活用し、開発・生産・保守など。
公共 水処理技術
航空管制システム
防災情報システム
社会インフラなど、生活基盤に関わる分野の技術開発・製造。
エネルギー タービン発電機
太陽光発電システム
電力インフラに関わる技術開発・製造。
交通 車両用主回路システム
車両用空調装置
列車運行管理システム
新幹線の車両やシステムの開発・製造など。
自動車機器 エンジン電装品
エンジン制御製品
電気自動車・ハイブリッド車の普及、自動運転の実現に向けた技術開発など。
宇宙 人工衛星
大型望遠鏡
人工衛星の設計・製造・試験や大型望遠鏡に関わる技術開発・製造など。
通信 光ブロードバンドシステム
無線アクセスシステム
光ブロードバンドサービスに対応した製品の開発・製造など。
半導体・電子デバイス パワーモジュール
光デバイス
家電製品や産業機器、鉄道分野などで活用できる製品の開発・製造など。
空調・冷熱 ルームエアコン
業務用空調機
住宅・ビル・産業用まで、ニーズに合わせたエアコンなどの開発・製造。
ホームエレクトロニクス 大型家電 冷蔵庫、液晶テレビなど、生活がより豊かになるような製品の開発・製造。
ITソリューション ターミナルレーダー情報処理システム
空港旅客案内情報システム
大規模セキュリティ―システム
金融機関、空港などの社会インフラなど、幅広い分野で活用できるIT技術の開発など

業績

三菱電機は増収増益になっており、業績は好調です。

とくに産業メカトロニクス事業の伸びが好調です。工場の設備投資をおこない、生産ラインに必要な機械の販売が進んだ結果のようです。

有機ELの事業も米国で好調な伸びを示しており、次世代スマートフォンに搭載される予定が決まるなども増収増益に寄与しました。

家庭電器の主力であるエアコン事業も中国で好調に伸びており、シェアを確実なものにしています。

三菱電機の仕事内容・職種


三菱電機は大きく分けると「事務系総合職」と「技術系総合職」の2つに分かれています。

職種によって仕事内容が大きく異なりますが、簡単に言うと事務系が資材の調達や製品の販売をおこない、技術系が三菱電機の製品を開発・製造をおこなっています。

事務系総合職

事務系総合職は営業、経理・財務、資材調達、人事、法務などに分かれており、さらにどの事業に携われるかによっても細かく分類されています。

中途採用のページで現在募集している分野や、事業所が選択出来るほど充実したポストが用意されています。

営業職は自社製品の販売促進が主で、とくに海外企画営業に注力しています。現在は巨大な市場である中国での販促活動が仕事内容となっています。

技術系総合職

技術職は、さらに細かく分類されており、工業系、情報システム系、ホームエレクトロニクス系、自動車系など幅広い分野で募集を行っています。

技術職は、一概に仕事内容を記載することが難しいほど、幅広い分野で募集をおこなっています。

三菱電機の年収相場を大公開


三菱電機の平均年収ですが、30歳前後で約600〜750万円なので、業界内でも高い水準と言えます。

役職につくまでは残業代が支給されるので、年収はコントロール出来ます。ただ、35歳を越えて中堅社員となると、専任という役職につくため残業代が支給されなくなります。

しかし、役職手当も用意されており、専任をマネジメントする立場になると、年収は900万円ぐらいまで上がるようです。

三菱電機の労働環境


三菱電機は労働組合が大きいので、福利厚生が非常に充実しています。

とくに住宅補助に関する制度は、若い従業員に喜ばれているとのことです。

また、女性の活躍を企業全体で推進しているので、女性の管理職も増えているようです。

他にも働く上で気になる福利厚生、仕事のやりがいについても詳しく説明していきますね。

福利厚生

長く働ける会社であることを目指し、三菱電機では従業員一人一人が豊かな生活が送れるように様々な制度を整えています。

三菱電機で用意されている福利厚生ですが、おおむね好評のようです。

どのような福利厚生があるのか、いくつかピックアップしてみました。参考にしてみてください。

寮制度
社宅・家賃補助制度
保養所・旅行費用補助
住宅融資
育児サービス・利用料補助
教育費用補助
介護サービス・利用料補助
ダイヤモンドプラン

ダイヤモンドプランは三菱電機独自の福利厚生になります。

59歳になると社員とその配偶者を対象に、長年の会社に対する貢献を感謝してハワイやオーストラリアなどへの海外旅行に参加してもらう制度です。

仕事のやりがい

三菱電機は日本のモノづくり産業の中核をになってきた企業なのもあって、技術開発に携われることにやりがいを感じている人が多いようです。

しかも自社製品が全世界で採用されるダイナミズムも感じられるため、モノづくりに対してこだわりがある人にとっては最高の環境です。

また、営業職であれば、世界を舞台に活躍できるのがやりがいに繋がっているようですね。

女性の働きやすさ

三菱電機では、女性が活躍できるような環境を整えています。

実際に技術職、営業職、事務職、管理職など、様々な職種で多数の女性が活躍をしています。

女性が長く働き続けられるように、「キャリア形成支援」と「仕事と育児の両立のための各種支援制度」がありますね。

キャリア形成支援では、女性従業員自身の自立的思考や行動の促進やネットワーク作りの支援をしています。

仕事と育児の両立のための各種支援制度では、法定水準を上回る育児休暇制度などが整備されており、出産しても安心して働けるようになっています。具体的な制度を以下で、いくつかご紹介しますね。

制度説明
託児施設 仕事に専念できるように、事業所内に託児施設を開設
妊娠短時間勤務 妊娠中は短時間勤務が可能
出産のための休業 出産前後の約4ヶ月間は有給で休める制度
育児休職 子どもが1歳になったあと、最初の3月末日までの間は育児のために休職できる制度
子の看護のための休業 子どもが小学校卒業までの間、看護のために有給で休める制度
セルフサポート休暇 子どもの看護や入学式・卒業式や授業参観など、学校行事参加のために休める制度
再雇用制度 育児や配偶者の転任などを理由に退職した社員を再雇用する制度

三菱電機の人材育成制度


三菱電機には、社員の成長に合わせた様々な研修制度が用意されています。

具体的にどのような人材育成制度があるのか、以下でいくつかご紹介します。

事務技術別研修
事務技術共通研修
課長研修・部長級研修
セルフディベロップメント支援制度

他にも新入社員研修基礎的育成期間が整えられており、新入社員の頃から業務に必要なスキルや知識が身につけられるようになっています。

三菱電機の評判・口コミ


三菱電機に興味がある、三菱電機へ転職したい、と思いつつも実際の労働環境ってよく分からないですよね。

そこで元社員や現在も働いている方からの評判を集めてみました。ぜひ、転職するかどうかの参考にしてみてください。

良い評判・口コミ

三菱電機への評判ですが、働きやすいという意見が多く寄せられていました。

日本だけでも海外でも名が通っている大企業だけあって、福利厚生や研修・育成制度がしっかり整えられていると評判です。

エンジニア・27歳
真面目で優等生タイプ、手堅く仕事を進めていく人が多い印象です。

周囲との強調が求められる社風である為、トゲのない、温厚で常識的な人が多いと思います。

生産技術・39歳
「人を育てよう」という風土が根付いているので、仕事ができない人に対しても、どう育てれば良いかを真剣に考える上司が多いです。

自分一人でやるよりも、周囲と協力して成果をあげることが重んじられます。

営業・26歳
有給や長期休暇は取りやすいです。大企業なので、産休や育休の制度も整っており、復職して活躍する女性もいらっしゃいます。

ワークライフバランスはかなり良い方なのではないでしょうか?

管理事務・29歳
様々な研修・育成制度が職種ごとに用意されているので、学習意欲さえあれば、自分のキャリアにおいてもかなり有意義なインプットができるのではないかと思います。

悪い評判・口コミ

一方で、悪い口コミとしては、大企業らしいものが多かったように思います。

従業員が多くなると企業の意思決定が遅かったり、なかなか昇進できないといった問題もあるようですね。

資材・35歳
典型的な大企業という感じ。部門数が多く、各部門が抱える社員の数もかなり膨大な為、縦割り感が強い。

所属する部門によって、雰囲気や働きやすさ、価値観が大きく異なる。

事務系・28歳
意思決定のスピードが遅く、やきもきすることも。また、日々の業務や会議ではいまだに紙の資料がメイン。

効率化の為にも、ITインフラをもう少し整備して欲しいと思う。

開発・30歳
働き方改革によって、残業時間が全社的に制限されているが、業務量が減っている訳ではないので、結果業務の質が悪くなってしまっているように感じる。
営業・25歳
年功序列で、最初の昇進まで10年かかります。若いうちに実力をつけて成長したいというタイプの人には向かないかもしれません。

三菱電機の選考情報


三菱電機では「末長く一緒に働けるのか」を重視しています。

研究・開発といった事業は、何年も時間をかけていく必要があるので、末長く一緒に働ける人材かどうかを大切にしているのです。

また、様々なチームと連携してモノづくりをおこなうため「チームワークを大切にしているのか」も選考では確認される部分でもあります。

ちなみに中途採用の窓口は通年でオープンとなっており、募集職種も多種多様なのでとくに理系の人は、自分の得意分野がある場合は応募しやすいでしょう。

選考フロー

三菱電機の選考フローは以下の通りです。

選考フロー

STEP1.エントリー

STEP2.書類選考

STEP3.1次面接

STEP4.2次面接・筆記試験

STEP5.内定

希望する職種にエントリーし、そこから書類選考に進みます。書類選考を突破したら、面接へと進んでいきます。

面接は1〜2回おこなわれることが多いです。

面接

営業職の場合はやはり、語学について質問されることがあるようです。とくに中国語は取得していると、歓迎されます。英語のレベルも問われるようです。

技術職の方は実務経験のレベルを問われます。とくに中途採用の場合は即戦力性が求められるので、募集しているポストにふさわしい職務経歴があるかどうかが重要なようです。

三菱電機への転職を成功させるコツ


三菱電機へ本気で転職したいのなら、転職エージェントを利用することをおすすめします。

なぜなら、三菱電機のように知名度が高い企業は、求人に応募が殺到することが見込まれるため、転職エージェントに対して非公開求人を出すことがあります。

非公開求人とは、転職サイトや求人情報誌などに掲載されておらず、一般に見ることのできない求人です。

ちなみに、転職エージェントが保有する8割の求人が非公開求人と言われています。

また、三菱電機に合わせた面接対策や書類添削など、様々なサポートをしてくれるので登録しておいても損はないでしょう。

三菱電機への転職におすすめな転職エージェント

末永

三菱電機への転職におすすめな転職エージェントをいくつかご紹介します!

大手の転職エージェントでも担当になるキャリアアドバイザーによって得意、不得意もあるので、まずは複数の転職エージェントへ登録をしてみて、自分に1番合うエージェントを見つけるようにすると良いですよ。

※転職エージェントは、平均して2〜3社登録することをおすすめします。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

20代の登録者数No.1!
20代向けの非公開求人を多数保有し、サポートの丁寧さに定評あり!

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

※「すぐに転職するわけではないけど、市場価値は知りたい」という方にもオススメ。
登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント
  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(BIZREACH)の評判は?利用者の口コミを公開!

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント
  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント
  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント
  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアの評判が悪いって噂は本当?IT業界に強い理由を大公開
レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント
  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人