転職エージェントが教える!ワコールへの転職(中途採用)成功法!

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

創業以来、「女性が”美しくありたい”という願いの現実に役立つ」ことを事業の目的としてきたワコール。

その活動は半世紀以上に渡り、常に女性に寄り添い続けた企業ゆえに、そのファンも大勢いるでしょう。

「ワコールに転職したい」

そうお考えの方に向けて、今回はワコールの転職情報についてご紹介します。

ワコールの企業概要と事業詳細


ワコールは、「世の女性に美しくなって貰う事によって広く社会に寄与する」という目標のために、ワコールだからできることに取り組んでいる会社です。

「女性向けのインナーウェア」がイメージとしては最も認知されているでしょうか。テレビCMでもお馴染みですが歴史を振り返ると、戦後間もない1946年に京都で創業された繊維メーカーです。

ワコールの企業概要

詳細
本社所在地 京都府京都市南区吉祥院中島町29
設立 1946年
業種 繊維製品製造業
従業員数 21,675人(連結)
資本金‎ ‎13,260百万円(2018年3月末)
本社所在地 京都府京都市南区吉祥院中島町29

ワコールは現在では、50社以上の子会社・関連会社にて構成されており、日本だけにとどまらず海外にも事業を展開しているグローバル企業です。

ワコールでは事業領域を「ボディデザイニングビジネス」と定めています。

人間科学研究をコアコンピタンスとして、「美」ブランド事業、「快適」ブランド事業、「健康」ブランド事業、という3つの事業領域で顧客に価値を提供しています。

ワコールの事業内容と直近の業績

詳細
ワコール事業(国内) インナーウェア(ファンデーション・ランジェリー・ナイトウェア・リトルインナー)、アウターウェア、スポーツウェア、レッグニット他
ワコール事業(海外) インナーウェア(ファンデーション・ランジェリー・ナイトウェア・リトルインナー)、アウターウェア、スポーツウェア、その他繊維関連商品他
ピーチ・ジョン事業 インナーウェア(ファンデーション・ランジェリー・ナイトウェア)、アウターウェア、 その他繊維関連商品他
その他 インナーウェア(ファンデーション・ランジェリー・ナイトウェア・リトルインナー)、アウターウェア、 その他繊維関連商品、マネキン人形、店舗設計・施工他

直近の決算短信によると2018年度は前期比で売上高0.8%減、営業利益8.8%減、純利8.3%減少という結果となっています。

景気は雇用情勢の改善等もあり、個人消費が持ち直す兆しがみえましたが、国内のレディスインナー市場を取り巻く環境は消費者の節約志向が強く、厳しい状況です

海外に目を向けると、中国、欧州で好調な一方、米国で苦戦しているようです。全体的に、百貨店での店頭販売に苦戦している一方で、ECサイトでの販売が好調なようです。

ワコールの募集職種・求められる人物像


ワコールは新卒採用を重視しているようで、企業のコーポレートサイトや転職サイトで確認しても、販売職しか募集されていませんでした。

もしかすると、販売職以外はどこかの転職エージェントに採用を代行している可能性もありますので気になる方は一度相談してみてもいいかもしれません。

ワコールの職種紹介

仕事内容
販売職 女性用インナーウェアの接客・販売
営業職 法人営業、販売促進、販売員の育成、顧客ニーズの把握
企画職 ブランド対応・新商品のコンセプト立案
技術職 材料管理・技術設計・生産管理
スタッフ 経理、法務、システム開発、宣伝、人事

先述したように、中途採用では「販売職」にて複数の採用情報を確認することができます。商品案内にとどまらず、お客様がいかに美しくなるのかのお手伝いをするコンサルティング販売です。

ビューティーアドバイザー基本トレーニングなどの研修も充実しており、未経験でも応募できます。営業職や販売職などお客様に直接触れた経験がある方は、より業務には順応しやすいでしょう。

読者の中には「自分の好きなブランドに携わることができる!」と思っている人が多いでしょう。

ですが、配属によっては自分の希望するブランドを担当できない恐れがあるので注意が必要です。

ワコールで求められている人材

印象としては、古くからある日系企業で、一見華やかに見えますが体育会系です。そのため、社風が合わない方は入社してもすぐに辞めてしまっているようです。

現状、百貨店での販売が苦戦しているため、今後の流れとしてはECやネット広告などのデジタル人材の強化に進んでいくでしょう。

ただ文化面でのミスマッチが起こりうるので、外部からコンサルという形で引っ張ってくるほうが可能性は高そうです。

末永

先ほどもお伝えしましたが、ワコールは新卒文化なので総合職での中途採用は基本行われていません。(販売職は積極採用)

募集が行われているとしても、新卒が思ったよりも辞めてしまい、第二新卒(新卒入社から2〜3年経った人)を採用する補完的な意味合いが強いです。

もしくはスペシャリストをヘッドハンティング、または転職エージェントに採用を委託しているかですね。なので、ワコールに転職希望の方はスカウトサービスに登録か、一度転職エージェントに相談してみることをオススメします。

ワコールじゃなくてもいいから下着業界で働きたい

読者の中には、ワコールが一番最初に頭に浮かんだだけで、下着業界に関われるなら他のところも検討したい、とお考えの方もいるでしょう。

そういった方には業界第2位のトリンプ・インターナショナル・ジャパンがオススメです。創業130年を迎える外資系企業で、代表ブランドとして、「天使のブラ」があります。

総合職の場合、最低でも希望職種での経験を3~5年以上、ビジネスレベルの英語力など、求められる経験・スキルは高いですが、グローバルに活躍できるポジションが揃っております。

ワコールの待遇・福利厚生と年収

東証一部上場企業のワコールは福利厚生も充実しており、各種社会保険制度、自社製品の社員割引購入制度、従業員持株制度等を利用することが可能です。

ワコールの充実した休業制度

ワコールの休業制度 詳細
産前産後休業 産前が6週(多胎妊娠は14週)、産後が8週
育児休業 子供が満1才到達月の末日まで
育児短時間勤務制度 子供が小学校3年生の学年末に達するまで
介護休業 配偶者、父母、祖父母等の介護が必要な場合に最長で1年まで
ウェルカムバック雇用制度 退職時に登録した者で、諸条件を満たす人が対象

ワコールは創業以来、「相互信頼経営」と「人間尊重の経営」を掲げており、充実した研修制度や福利厚生を通じて、「活力ある企業風土の創造」を目指しており、その一部が上記のワコールの休職制度から読み取れます。

以下では、販売職・総合職に分けて、各職種の平均年収について触れたいと思います。

販売職・スタッフの年収(給料)

職種 平均年収
販売職 250~320万

採用基準が低く、大量採用していることもあって、給与自体は低いようです。入社数年後の昇格試験を合格すれば、昇給が望めますが、急激に給与が上がることはないようです。

そのため、「一人暮らしだと生活が厳しい」と退職される方が一定数おられるようです。

総合職(営業職・企画職など)の年収(給料)

職種 平均年収
総合職 350万〜900万

ある程度まで年功序列で、その後は役職によって年収は大きく異なります。ボーナスは年に2回支給され、大体30代で年収550万ぐらいが平均だとされています。

業界大手ということもあって、社内制度や住宅手当を考慮すると同業他社と比べても、給与は高めになっております。

ワコールへの転職を成功させるための最善の方法

ワコールは、国内最大手の下着ブランドであるだけでなく、世界中に事業を大きく広げているグローバル企業です。自分の好きなブランドを世界に広めることができるのは何物にも代えがたいやりがいだと思います。

国内市場はダウントレンドであるものの、次の一手を模索している歴史ある業界最大手でこれまでのキャリアを活かしてみませんか?

ただ、企業の文化と合わない可能性もあります。ワコールは体育会系ですので、下着という、キラキラしたイメージを持って入社されるとギャップを感じるかもしれません。

転職エージェントは業界や企業に精通しているので、自分の知りたい企業の情報や、あなたの希望を汲み取った求人を提案してくれます。

エージェントへの相談は無料ですので、「自分はまだ転職するつもりは、、、」といった方も利用することをオススメします。

女性の転職支援に特化した転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント
  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の求人が豊富な転職サイト
年収・求人の質ともに高い優良求人を多数掲載

ポイント
  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(BIZREACH)の評判は?利用者の口コミを公開!

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強み

ポイント
  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  2. 若手層の転職サポートやアドバイスに強み。

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!