JR東日本への転職方法!中途採用の難易度や求人・採用情報を徹底解説!

JR東日本への転職方法!中途採用の難易度や求人・採用情報を徹底解説!

    JR東日本(東日本旅客鉄道株式会社)へ転職するコツを就職・転職支援のプロである現役転職エージェントが徹底解説します。

    また、中途採用の転職難易度や求人情報、採用倍率の高い企業から内定獲得するためのポイントも紹介します。

    あわせて企業文化や採用大学、面接で聞かれる質問や社員からの口コミも分かりやすくまとめました。

この記事を書いた人
末永雄大

末永雄大

新卒でリクルートエージェント(現リクルート)に入社。数百を超える企業の中途採用を支援。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして人材紹介サービスを展開しながら、年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeチャンネル「末永雄大 / すべらない転職エージェント」の総再生回数は2,000万回以上。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック
詳細プロフィールはこちら

JR東日本の転職難易度

JR東日本(東日本旅客鉄道)は首都圏をはじめとした東日本エリアの鉄道インフラを担っていることもあり、倒産する可能性が低く、転職先として人気があるため倍率が高いです。

実際、dodaの「転職人気企業ランキング2022」の総合部門では23位、運輸・物流・エネルギー部門では3位にランクインしているほど、転職先として考えている人が多いです。

そもそもJR東日本の中途採用は年に1度しかおこなわれないため、いつでも求人に応募できるわけではありません。

また、応募資格や採用人数も総合職とエリア職では異なります。そこでJR東日本の採用HPを参考に、2022年度中途採用の総合職とエリア職の応募資格と採用人数を比較してみました。

総合職 【応募資格】
・募集職種の業務内容に関連した十分な経験および能力を有する人
・4年制大学を卒業した人または大学院を修了した人
【採用予定人数】
10名程度
エリア職 【応募資格】
・高等学校卒業以上
・職歴・年齢は不問
【採用予定人数】
160名程度

とくに総合職の採用人数は10名程度であり、よほど優秀な人材でない限り内定を獲得するのは難しいと言えます。

さらに新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、2020年以降コスト削減へ向けた動きが進んでいます。今後は募集人数が減る可能性があり、ますます倍率が高くなると考えられます。

JR東日本へ転職しやすい人の特徴

JR東日本(東日本旅客鉄道)はアクセンチュアNTTデータ日立製作所といった会社でJR関連の仕事を経験し、一定以上のスキルを持った人なら転職しやすいです。

たとえば技術部門で銀行のATMのシステムやガス・電気を使った動力の設備関係の専門職なら採用される可能性はあるでしょう。

ただ、総合職は採用人数も少ないので、エリア職を狙ったほうが内定は獲得しやすいといえます。

とくに20代若手の場合は、専門職や技術職ではなく、駅員や乗務員を希望したほうが採用される可能性はあるかもしれません。

採用HPを参考に、総合職とエリア職に求められる人材の特徴をそれぞれ以下にまとめたので、参考にしてみてください。

総合職 ・高い専門能力を持ちながらも、変革を恐れることなく、いかなる環境にも対応できる柔軟な思考力
・自ら課題を設定し、社内外のさまざまな関係者と調整を行いながら、プロジェクトをマネジメントし、目標を達成する能力。
・新たな領域に自ら進んで挑戦し、JR東日本グループの無限の可能性を率先して追い求める熱い探究心
エリア職 ・「究極の安全」の追求や「サービス品質」の向上に向けた不断の努力
・さまざまな関係者と協力関係を築き、鉄道事業を支える技術を継承するとともに、より良く改善していこうとする行動力
・視野を広げて、新たな領域にも積極的に挑戦する意欲

そんなJR東日本へ転職する方法

JR東日本は日本の鉄道を担っているので、当然知名度が高く転職でも人気の大手企業です。

実はこのような人気企業は、応募が殺到して人事がパンクするのを防ぐために、求人掲載を大手転職エージェントに依頼する傾向があります。そして、転職エージェント内で「非公開求人」として、利用している求職者のみに紹介されます。

転職エージェント末永 末永

そのため、JR東日本への転職を考えている人は以下の大手転職エージェントを利用して、非公開求人も含めて求人を探すと良いです。


転職先の選択肢が増えるほか、無料で履歴書・職務経歴書の添削や個別の面接対策もしてくれるので内定率も上げることができますよ。

それぞれのエージェントで保有する非公開求人が違うので、複数登録することで希望の求人に出会う確率を最大化できます。

おすすめの大手総合系転職エージェント

  • リクルートエージェント
    業界No1!転職者の8割が利用する最大手の定番エージェント
  • doda
    顧客満足度No.1!サポートが手厚い定番エージェント

JR東日本の面接傾向・選考対策

JR東日本(東日本旅客鉄道)の選考フローは総合職とエリア職によって、流れが若干異なります。

以下でそれぞれの流れを紹介します。

総合職 エリア職
1.エントリーシート登録
2.Webテスト受検
3.エントリーシート登録とWebテストの受検でエントリー完了
4.書類選考
5.面接
6.内定
7.処遇面談
8.入社
1.エントリーシート登録
2.Webテスト受検
3.エントリーシート登録とWebテストの受検でエントリー完了
4.書類選考
5.面接
6.適性検査・面接・健康診断
7.内定

エントリーシートの登録には60分ほどかかるので、余裕を持って応募するようにしましょう。

また、WebテストについてはSPI-G、クレペリン検査、鉄道総研の図形判断といった内容なので、事前にしっかりと準備・対策をし、万全の態勢で臨むようにすると良いです。

JR東日本の面接でよく聞かれる質問

キャリコネを参考に、JR東日本の面接でよく聞かれる質問をまとめました。

  • インフラの中でなぜ鉄道なのか
  • なぜ鉄道の中でJR東日本なのか
  • 会社にどのようなメリットを与えられるか?
  • 希望部署で実現したいことは何か?
  • 現在の仕事で安全のほかに大切に考えていること
  • いままでの仕事で1番やりがいを感じた仕事は?
  • 最近の海外のニュースを3つ教えてください

数あるインフラの中でなぜ鉄道なのか、鉄道の中でもなぜJR東日本なのかを問われることが多いです。志望動機を明確にし、しっかりと答えられるように準備しておくと良いでしょう。

今後どういう人になっていきたいのか?どう企業に貢献したいのか?を問われることも多いようです。

中には、時事問題を質問された人もいるので、最近のニュースや今起こっている出来事をチェックしておきましょう。

転職エージェント末永 末永

JR東日本の面接対策ではよく聞かれる質問を意識する必要があります。そのためには自己分析企業研究をしっかりとおこなうことが大切です。


自己分析と企業研究をしっかりおこなえば、JR東日本にマッチする志望動機自己PRが考えられるようになります。

転職エージェント末永 末永

自分で面接対策ができるか不安な場合は転職エージェントを積極的に利用してみましょう。


転職エージェントは企業の詳細な情報を持っているだけでなく、人事に刺さるポイントも把握しています。利用すれば選考通過率を高められますよ。

面接で見られているポイントやよく聞かれる質問について知りたい人は以下の記事も読んでみてください!

JR東日本の企業情報・事業内容

会社名 東日本旅客鉄道株式会社
East Japan Railway Company
本社所在地 東京都渋谷区代々木二丁目2番2号
設立 1987年4月1日
資本金 2,000億円
代表者 代表取締役社長 深澤祐二
従業員数 43,013
(2022年6月時点)
上場証券取引所 東京証券取引所プライム市場
(2022年4月時点)
事業内容 旅客鉄道事業
貨物鉄道事業
旅客自動車運送事業
索道業
旅行業
倉庫業
駐車場業
広告業
図書・雑誌の出版業
金融業
電気通信事業
情報処理及び情報提供サービス業
損害保険代理業その他の保険媒介代理業……など

ちなみにJR東日本の競合他社には、国鉄からJRへ分割されたJR西日本(西日本旅客鉄道)JR東海(東海旅客鉄道)が挙げられます。

さらに詳しい企業情報について、以下で紹介していきます。

事業内容

JR東日本(東日本旅客鉄道)の事業フィールドは、主に以下の3つに分かれています。

輸送サービス

  • 関東、甲信越から東北まで1都16県にまたがる鉄道
  • 東京圏鉄道ネットワーク、5方面に延びる新幹線ネットワーク

生活サービス

  • 大規模ターミナル開発、大規模複合型まちづくり、地域間流動の促進
  • 流通・サービス事業、不動産・ホテル事業等の展開

IT・Suicaサービス

  • 全国10の交通系ICカードによる全国相互利用サービス
  • 新しいビジネスプラットフォームの構築、Suicaの共通基盤化

身近な鉄道・新幹線やSuicaサービス以外にも不動産やホテル事業など、様々な事業を展開しています。

売上業績・事業展望

2021年3月期連結決算は新型コロナウイルスの影響で鉄道の利用者が大幅に減少し、駅ビルの商業施設やホテルの売上も落ち込んだことで、JR東日本は5779億円の赤字を計上しました。

しかし、2022年3月期連結決算では949億円まで赤字が改善し、年度末までに運輸セグメントでは100億円、連結では1530億円の営業黒字、600億円の最終黒字となる見込みです。

ただ、少子高齢化の流れからダイヤを見直して終電繰り上げなど運行本数を削減したり、ワンマンや無人運転、ローカル線などの乗務員を減らす取り組みも引き続きおこなっていくと発表しています。

支社・グループ会社一覧

東日本エリアを管轄とするJR東日本(東日本旅客鉄道)は、地域ごとに支社が設置されています。

東京支社 東京都北区東田端2-20-68
横浜支社 神奈川県横浜市西区平沼1-40-26
八王子支社 東京都八王子市旭町1-8
大宮支社 埼玉県さいたま市大宮区錦町434-4
高崎支社 群馬県高崎市栄町6-26
水戸支社 茨城県水戸市三の丸1-4-47
千葉支社 千葉県千葉市中央区弁天2-23-3
仙台支社
仙台支社 山形支店
仙台支社 福島支店
宮城県仙台市青葉区五橋1-1-1
山形県山形市香澄町1-1-1
福島県福島市栄町1-1
盛岡支社
盛岡支社 青森支店
岩手県盛岡市盛岡駅前通1-41
青森県青森市柳川1-1-1
秋田支社 秋田県秋田市中通7-1-1
新潟支社 新潟県新潟市中央区花園1-1-5
長野支社 長野県長野市栗田源田窪992-6

また、鉄道以外の事業も展開しているJR東日本では、様々なグループ会社と連携してサービスの提供をおこなっています。

グループ会社でも中途採用をおこなっているところがあるので、こちらも選択肢に入れるとキャリアの幅が広がる可能性があります。

以下では、分野別にグループ会社をいくつか紹介するので、参考にしてみてください。

運輸 ジェイアールバス関東株式会社
ジェイアールバス東北株式会社
東京モノレール株式会社
ショッピングセンター 株式会社アトレ
株式会社ルミネ
オフィス 株式会社JR東日本ビルディング
ホテル 日本ホテル株式会社
仙台ターミナルビル株式会社
盛岡ターミナルビル株式会社
秋田ステーションビル株式会社
エキナカ・小売・飲食 株式会社JR東日本クロスステーション
株式会社紀ノ國屋
JR東日本東北総合サービス株式会社
商事・物流 株式会社JR東日本商事
株式会社ジェイアール東日本物流
旅行・レンタカー 株式会社JR東日本びゅうツーリズム&セールス
JR東日本レンタリース株式会社
スポーツ・レジャー JR東日本スポーツ株式会社
株式会社ガーラ湯沢
不動産管理・不動産アセットマネジメント 株式会社ジェイアール東日本都市開発
JR東日本不動産投資顧問株式会社
情報・財務・人材サービス 株式会社JR東日本情報システム
株式会社JR東日本ネットステーション
クレジットカード 株式会社ビューカード
広告・出版 株式会社ジェイアール東日本企画(jeki)
JR東日本メディア株式会社
株式会社オレンジページ
駅・車内サービス・清掃整備・リネンサプライ 株式会社JR東日本テクノハートTESSEI
株式会社JR東日本運輸サービス
株式会社JR東日本環境アクセス
建設コンサルタント・設備保守 JR東日本コンサルタンツ株式会社
株式会社JR東日本建築設計
車両製造・保全 株式会社総合車両製作所
JR東日本テクノロジー株式会社
発電・地域冷暖房 JR東日本エネルギー開発株式会社

上記で列挙した通り、JR東日本のグループ会社は多くすべてを紹介するのは難しいので、他にどのような会社があるのか知りたい人は公式HPの本社・支社・グループ会社一覧から確認してみてください。

JR東日本の中途採用・求人情報

JR東日本(東日本旅客鉄道)の中途採用は前年に募集し、一括で採用するスタイルになっています。そのため、年に1度しか募集がなく、時期を見計らって応募する必要があります。

採用HPを参考に、2022年度4月入社の募集スケジュールを以下にまとめました。

総合職 応募締切:2021年10月3日
書類選考:2021年10月上旬頃まで
面接:2021年10月中旬以降
内定:2021年11月
エリア職 応募締切:2021年10月3日
書類選考:2021年10月下旬頃まで
面接:2021年10月29日〜31日、11月27日〜11月28日
内定:2021年12月

それでは実際に、総合職とエリア職の求人情報をそれぞれ紹介していきます。

JR東日本の総合職の中途採用・求人情報

JR東日本の総合職は、幅広い業務経験をもとにグループが持つ経営資源を最大限に活用し、環境の変化を取り入れた新たな価値を社会に提供していきます。

特定のエリアだけではなくグループ全体のマネジメントにも関わります。

採用HPに掲載されている総合職の募集部門は、以下の通りです。

募集部門

  • IT
  • MaaS・Suica
  • 国際事業
  • 研究開発
  • 営業戦略
  • 生活サービス
  • 法務
  • 列車制御システム・エネルギー・情報通信
  • 輸送・車両
  • 機械設備
  • 線路・土木
  • 建設
  • 建築

以下では、実際に募集している「Maas事業戦略」職の募集要項を一例として紹介します。

募集要項
職種 MaaS事業戦略
仕事内容 MaaS事業戦略、企業・自治体とのアライアンスづくり、アプリ開発・運営、UI/UXデザイン
応募資格 募集職種の業務内容に関連した十分な経験および能力を有する方
4年制大学を卒業した方または大学院を修了した方
勤務地 当社の事業エリア内
注1)ただし、必要によりグループ会社などへ出向する場合があります
注2)業務の都合上、上記日本国内に加え、海外駐在する場合があります。
勤務時間 勤務時間・始終業時刻、休憩時間は事業場、仕事により異なります
例:8:30~17:00(休憩1時間を含む)
※1)夜勤・一昼夜交代勤務がある事業場や仕事があります
※2)企画部門や一部事業場ではフレックスタイム制およびテレワークを導入しています
※3)2020年度の平均的な時間外勤務実績は年間153時間程度
給与 ご経験を考慮し、当社規定に基づいて決定します

これらの職種はJR東日本の中途採用ページからでも応募はできますが、転職エージェントを利用したほうが内定率を高められます。応募書類の書き方や企業別の面接対策などのアドバイスを徹底的にしてもらえるからです。

また、紹介していない職種も転職エージェント内で非公開求人として扱われている可能性があるため、チャンスを逃したくない人は尚更利用しておきましょう。

転職エージェント末永 末永

上記のようなMaas関連職が気になる人は、Maas関連の求人を千件以上扱っているリクルートエージェントを利用するのがおすすめです。


営業戦略や法務などその他の職種については、大手転職エージェントが全て網羅しています。希望の求人を逃さないためにも、dodaマイナビエージェントも併せて利用しておきましょう。

おすすめの大手総合系転職エージェント

  • リクルートエージェント
    業界No1!転職者の8割が利用する最大手の定番エージェント
  • doda
    顧客満足度No.1!サポートが手厚い定番エージェント

JR東日本のエリア職の中途採用・求人情報

JR東日本のエリア職はエリアで業務経験を積み、エリアの事業の中核を担います。特定のエリアで新しいサービスを提供し、さらに地域社会の発展に貢献していきます。

また、エリア全体のマネジメントに関わります。

採用HPに掲載されているエリア職の募集職種は、以下の通りです。

募集職種

  • 線路・土木・建設
  • 列車制御システム・エネルギー・情報通信
  • 車両・機械設備
  • 建築
  • 駅・乗務員、鉄道営業・観光開発
  • 国際事業
  • 技術事務
  • 事業用地管理

以下では、実際に募集している職種の募集要項を一例として紹介します。

募集要項
職種 機械設備
仕事内容 機械設備(ホームドア、券売機・改札機、エレベーター・エスカレーター、空調設備、消融雪設備など)のメンテナンス、工事計画、設計、工事監理、技術管理業務など
応募資格 高等学校卒業以上の方
職務経歴は問いません
勤務地 首都圏、高崎、水戸、仙台、盛岡、秋田、新潟、長野の各エリア内
※1) 首都圏エリアとは東京・横浜・八王子・大宮・千葉の各支社エリアを指します
※2)転勤は同一エリア内が基本となります。但し、新幹線に関わる業務を担当する場合や能力・意欲などに応じて、エリア外での勤務やグループ会社などへ出向する場合もあります
※3)正式な配属先については2022年3月に通知します
※4)屋内の受動喫煙対策 あり(喫煙専用室設置)
勤務時間 勤務時間・始終業時刻、休憩時間は事業場、仕事により異なります
例:8:30〜17:00(休憩1時間を含む)
※1)夜勤・一昼夜交代勤務がある事業場や仕事があります
※2)企画部門や一部事業場ではフレックスタイム制およびテレワークを導入しています
※3)2020年度の平均的な時間外勤務実績は年間153時間程度
給与 月額27万円程度
(30歳、東京23区内勤務の場合。平均的な時間外勤務手当を含む ※勤務時間参照)

JR東日本の平均年収・福利厚生

2022年6月に公開された有価証券報告書によると、JR東日本の平均年収は約639万円です。

鉄道業界は競合他社との競争が激しくなく、新規参入が難しいという点が特徴です。

ワンキャリアプラスには以下のような口コミが掲載されていました。

評判・口コミ

30代・女性<br>建設工事部門

30代・女性
建設工事部門

初任給は高いとは言えないのですが、毎年の昇給や住宅手当、残業手当などを換算すると年収ベースでは平均以上の給料を貰えていたのではないかと思います。

また、2022年度の夏季手当(ボーナス)は、2.3ヶ月分を支給すると公表されました。JR発足以来、過去最低水準となった2021年の夏季手当2.0ヶ月分から0.3ヶ月分増額されます。

福利厚生

JR東日本の福利厚生は「法律上定められている福利厚生」「法定外福利厚生」に分かれています。

法律上定められている福利厚生

  • 社会保険(健康保険、介護保険、厚生年金保険、雇用保険など)
  • 定期健康診断
  • 特定保健指導

法定外福利厚生

  • 財産形成
    JR東日本社員持株会・社員預金・財形貯蓄など
  • 育児支援
  • 介護支援
  • 住まい
    マイホーム支援・賃貸住宅支援・寮・社宅
  • 健康
    人間ドック・インフルエンザ予防接種・35歳未満婦人科検診など
  • 慶弔
    結婚祝金・弔慰金
  • その他
    業務特別補償など
  • 余暇
    旅行商品・宿泊施設・レジャー施設など
  • 自己啓発
    スクール支援・キャッシュバック支援
  • JR東日本グループ会社利用支援
    ホテル・ガーラ湯沢(スキー場)など
  • ベネフィット・ステーション会員メニュー
    ライフサポート・グルメ・リラクゼーションなど
  • JR東日本グループ会社など(JR東日本Gカフェテリア倶楽部)が提供する割引サービス
  • JR東日本独自の契約による割引サービス

上記の通り、JR東日本の福利厚生は非常に手厚いことがわかります。

転職口コミサイト「ライトハウス」には以下のような口コミが掲載されていました。

評判・口コミ

40代・女性<br>車掌

40代・女性
車掌

福利厚生はとてもいいです。JR東日本圏内なら電車も乗り放題です。新幹線も特急券半額プラス乗車券無料なのでとても安いです。


ベネフィットネスにも入っているので、上手く使えば色々とお得だと思います。映画が安く見れたり、観光施設が割引になったりします。本も安く変えたりなど、色々とお得に使えます。

ほかにも、JR東日本ではワークライフバランスを重視した働き方ができるように取り組んでいます。

とくに有給休暇は社員の90.7%が取得しており、有給休暇が取りやすい環境です。

JR東日本の年収・賞与・福利厚生について、さらに詳しく知りたい人は以下の記事も読んでみてください。

JR東日本の企業文化・働きがい

JRは国鉄の分割民営化により「JR東日本」「JR北海道」「JR東海」「JR西日本」「JR四国」「JR九州」「JR貨物」の7つから成り立っています。同じJRではありますが、それぞれのカルチャーは異なります。

以下ではJR東日本(東日本旅客鉄道)のJR東日本の社風・企業文化・働きがいについて、以下の順で解説していきます。

社風・企業文化

JR東日本(東日本旅客鉄道)では「ダイバーシティへの取り組み」と「人材育成」を積極的におこなっています。

「ダイバーシティへの取り組み」と「人材育成」について、以下で解説していきます。

ダイバーシティへの取り組み

「ダイバーシティへの取り組み」とは、以下のようなものになります。


  • 性別や年齢、国籍、障がいの有無にかかわらず、多様な人材を積極的に採用している
  • 女性が活躍できる環境を整えている
  • 仕事と育児・介護が両立できるよう支援をおこなっている
  • 研修・勉強会を実施している
  • ファミリーデーとして、家族の職場訪問をおこなっている
  • 福利厚生を充実させている
  • 駅型保育園や駅型学童の開設を通し、働く世代の生活をサポートしている

上記のように、JR東日本(東日本旅客鉄道)では多様な人材が活躍できる環境が整っています。

ダイバーシティへの取り組みについて詳しく知りたい人は、JR東日本のコーポレートサイトを確認してください。

また、JR東日本(東日本旅客鉄道)には「若いうちから経験を積むことで人は育つ」という考えがあり、人材育成にチカラを入れています。

人材育成

人材育成では、以下のようなことが実施されています。


  • 社内研修
  • 社外研修
  • 通信研修
  • 技術アカデミー
  • 技能教習所
  • 国内留学制度
  • グローバル人材の育成

人材育成を通じて企業全体を広い視野で見ることにより、スキルを身につけて、今後のキャリアについても考える人材になってほしいというJR東日本の考えがあります。

人材育成について詳しく知りたい人は、JR東日本の採用HPを確認してください。

成長・働きがい

JR東日本(東日本旅客鉄道)は総合職・エリア職ともに、様々なキャリア形成ができるので、働きがいがあります。

総合職では、現場第一線から仕事をスタートしていき、数年ごとに幅広い業務分野にわたってジョブローテーションをしていきます。

様々な業務を経験することで、経営を担っていくための経験や知識を蓄えられます。

エリア職では、現場第一線での業務を十分に積み重ね、専門知識や技術を身につけてエリアの事業の中核を担います。

その他、マネジメント業務にも活躍の場を広げることができます。

JR東日本の採用大学・就職難易度

マイナビ2025を参考に、採用実績校を紹介します。

JR東日本は採用実績校を公表していませんでした。

マイナビ2025を参照に、男女別の採用人数を紹介します。

年度 男性 女性 全体
2020年 945人 470人 1415人
2021年 642人 323人 965人
2022年 364人 181人 545人

JR東日本への転職を成功させるコツ

dodaの「転職人気企業ランキング(2022年)」の23位にランクインするほど人気があるJR東日本への転職を考えているのなら、転職エージェントを利用すると良いです。

なぜなら、転職エージェントではJR東日本の非公開求人を保有している可能性があるからです。また、JR東日本の選考に合わせた応募書類の添削、面接対策なども無料でおこなってもらえます。

ただ、転職エージェントによって保有している求人やサポートに違いがあるので、まずは以下で紹介する転職エージェントの中から2〜3社に複数登録をして、実際にキャリアアドバイザーに会ってみた上で、サポートを任せるエージェントを絞り込むと良いです。

また、転職するべきか迷っている人は、JR東日本のような企業からスカウトされる可能性があるビズリーチに登録するのがおすすめです。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。 幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

リクルートエージェント

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

doda

CMでおなじみ!顧客満足度トップクラス!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

doda

おすすめポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 20万件以上(2023年3月時点、非公開求人を含む)の求人から、厳選して紹介をしてくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

年収500万円以上の転職を目指す人向け転職サービス

年収700万円以上はハードルが高すぎる…そんな人におすすめの転職サービス!

ビズリーチ(転職サイト)

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ビズリーチ(転職サイト)

おすすめポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

JACリクルートメント

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

JACリクルートメント

おすすめポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

line

line

人気の転職エージェント