JR東日本の年収っていくら?残業代やボーナスについても徹底解説!

JR東日本の平均年収がどれぐらいなのか、転職のプロがズバリ解説します。

また、職種別や競合他社と比較した給与水準、残業代・ボーナスなどについても分かりやすく紹介します。

JR東日本の平均年収は719万円

2020年6月に公開された有価証券報告書によると、JR東日本の平均年収は約719万円です。

dodaの「平均年収ランキング最新版(業種別)」を見てみると、サービス業界の平均年収は367万円となっています。その中で陸運/鉄道/海運/航空の平均年収は388万円であるというデータが出ています。

JR東日本の平均年収は業界の平均年収よりも非常に高いことがわかりますね。鉄道業界は競合他社との競争が激しくなく、新規参入が難しいという点が特徴です。

また、関東や甲信越、東北までの1都16県の鉄道インフラを担っているということもあり、一定の収入基盤が確保されているので業績が安定しているという点も理由の1つとして挙げられますね。

ちなみに、JR東日本の平均勤続年数と平均年齢は以下の通りです。

勤続年数 16年
平均年齢 38.8歳

JR東日本の平均勤続年数は、国税庁が発表している「民間給与実態統計調査(平成30年度)」の平均勤続年数12.2年よりも長くなっていますね。

大手企業のJR東日本へ転職するには

JR東日本へ転職したいのであれば、転職エージェントを使うのがおすすめです。

JR東日本のような大企業の場合、リクルートエージェントdodaマイナビエージェントの大手エージェントに人材紹介を依頼するケースがほとんどです。

また、ハイクラス向け転職サイトのビズリーチに登録しておくと、JR東日本の求人を保有しているヘッドハンターからスカウトしてもらえる可能性がありますよ。

大手エージェント3社と一緒にビズリーチを登録しておくのがおすすめです。

大手企業への転職に強い転職エージェント

また、転職するべきか迷っている人は、JR東日本のような大手企業から直接スカウトされる可能性があるビズリーチに登録するのがおすすめです。

エリア職と総合職での年収の差

まず、JR東日本の職種は大きく「エリア職(一般職)」「総合職」の2つに分かれています。どちらも現場第一線の業務からキャリアスタートします。

「エリア職」は、東日本の各エリアを軸にしたビジネスフィールドで地域社会の発展に深く貢献しつつ、エリア全体のマネジメント業務に携わります。

一方、「総合職」は、海外事業を含めたあらゆるビジネスフィールドで経験を積んで、JR東日本グループが持つ経営資源を最大限に活用しつつ、グループ全体のマネジメントに携わります。

そんな「エリア職」と「総合職」での年収の差について、Openworkのデータを元にご紹介します。
職種 年収
エリア職 約495万円
総合職 約532万円

エリア職・総合職ともに給与水準は若干低めとなっていますが、手当が充実していたり、昇給制度が設けられていたり、給与アップさせられる環境が整っているそうです。

とくにエリア職に分類されている車掌・運転士の場合は、係職から始まる職制度があり、昇進するたびに基本給が上がっていく、という口コミが多数見られました。

役職別の平均年収は出した成果にもよって異なってくるため、参考程度に見てくださいね。

JR東日本の職種別平均年収

2020年7月時点のLighthouse(旧カイシャの評判)に投稿されている年収データを元に、独自の方法で職種別平均年収を算出してみました。

営業系 約449万円
企画・事務・管理系 約673万円
電気・電子・機械系エンジニア 約529万円
建築・土木系エンジニア 約520万円
運輸・物流・設備系 約483万円

上記の職種別平均年収は現役社員・元社員の回答を元に独自で算出しており、もっとも高いのは企画・事務・管理系となっています。その逆にもっとも低いのは営業系ですね。

回答人数や回答者の役職などにもよって平均年収は変わってくるので、参考程度に見てもらえればと思います。

JR東日本と競合他社の年収比較

JR東日本と同じ鉄道業界「JR東海」「東京メトロ」「東急電鉄」「小田急電鉄」の4社との年収を以下で比較してみました。

各社とも2020年7月17日時点で提出されている最新の有価証券報告書の平均年収を元に比較しています。

東急電鉄 約770万円
小田急電鉄 約759万円
東京メトロ 約745万円
JR東海 約736万円
JR東日本 約719万円

この中でもっとも平均年収が高いのは東急電鉄で、もっとも低いのはJR東日本ですね。

東急電鉄の平均年収が高くなっているのは、東急株式会社という親会社の有価証券報告書を参考にしているためです。

この中ではJR東日本の平均年収が低いという結果になっていますが、約719万円なので十分高収入だと言えるでしょう。

ただ、平均年収は各企業の業務形態や事業内容などによって変わってくるため、上記の平均年収比較は参考程度で見てください。

JR東日本の残業代・ボーナス・昇給制度

JR東日本の残業代・ボーナス・昇給制度について、以下で詳しく紹介します。

JR東日本の残業代

JR東日本は基本的にみなし残業というものがなく、残業した際にはきちんと残業代が支給されるようになっています。

Openworkの口コミによると、残業代は1分単位で申請することができ、確実に支給してもらえるみたいです。ただ、昨今残業に関して厳しくなっているため、申請が認められないケースもあるとのことです。

また、36協定によって残業時間の上限が決められているという声がある一方で、企画部門ではサービス残業が多い傾向が見られるという声もありました。

JR東日本のボーナス・昇給制度

JR東日本のボーナスは年に2回あります。会社の業績や個人の業績によって評価され、金額が決定されるようです。

ボーナスは年間で約6ヶ月分支給されるようです。また、都心と地方で金額に違いが生じる、現場に出る頻度によって手当のつき方も違うという口コミが多数見られました。

一方、昇給は年に1回あります。定期昇給という仕組みになっており、昇進試験が設けられています。昇給は一般的に「係職」「指導職」「主任職」「主務職」「主幹職」「指定職」というように昇進していくそうです。

JR東日本の年収に対する評判・口コミ

JR東日本の年収に対する評価を集めてみました。

現役社員・元社員が年収に対して、どのように思っているのか、参考にしたい人はぜひ目を通してみてください!

良い評判・口コミ

主任運転士・50代

給与は55歳くらいまでは定期昇給ですね。ボーナスも年に2回あり約6ヶ月分もらえるので、良いほうだと思います。

残業代もやった分はきちんと支給してもらえます。手当についても都市手当が最高15%出るので満足しています。

ただ、勤務地によってかなり差が出るため、その点だけネックになるかもしれませんね。

営業・30代

はじめのうち基本給は低いですが、年功序列の風潮があり、定期昇進試験もあるので、安定した給与がもらえます。

残業代も申請すれば1分単位で支給されますよ。

技術系・20代

年功序列で給与が少しずつ上がっていきます。総合職で入社して40歳前後で一定の役職につければ、年収1,000万円も狙えると思います。

福利厚生も充実しているので、かなり良いほうではないでしょうか。

悪い評判・口コミ

車掌・20代

基本的に与えられた仕事をこなすのが当たり前であり、ミスすると全体への注意喚起だけでなく、減点評価の対象になります。

挽回するチャンスがほぼないので、減点評価はその年の昇進試験にも影響する可能性が高いです。

営業・30代

会社というよりは配属された駅によって、評価されている感じがします。

これが本当の評価なのか?という疑問点が多いですね。

何で評価されているかなど、詳しいことがわかりません。

間接部門・20代

基本給が低いのである程度残業をしないとキツイと思います。ただ、なかなか残業しにくい環境でもあるので厳しいです。

月に10〜20時間程度の残業が平均ですが、残業代のために残っている人も結構います。

JR東日本への転職を成功させるコツ

JR東日本への転職難易度は高いです。なぜなら、関東や甲信越、東北までの1都16県の鉄道インフラを担い、倒産する可能性が極めて低く安定している人気の大企業だからです。

そのため、中途採用の倍率が非常に高く、内定をもらって入社することが難しいんです。

だからこそ、自分1人で直接応募するよりも転職エージェントなどを利用して、転職サポートをしてもらいながら活動を進めるのがおすすめです。

ただ、そのキャリアアドバイザーによってサポート力やスキルに違いがあるので、2社〜3社に複数登録すると相性の良いキャリアアドバイザーと出会えるので、安心だと思います。

また、転職するべきか迷っている人は、JR東日本のような企業からスカウトされる可能性があるビズリーチに登録するのがおすすめです。

年収500万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

機械設計や半導体製造、生産管理、機械エンジニアの人は、業界特化のマイナビメーカーエンジニアへの相談がオススメ

※関東エリアの求人が中心となっているので、他エリアの求人は少なめです

ポイント

  1. メーカー、ものづくり業界に特化したエージェント
  2. ものづくり業界出身のキャリアアドバイザーがニーズにマッチした求人を紹介
  3. 大手だけではなく、中小の優良企業やベンチャー企業の求人も保有

マイナビメーカーエンジニアに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント