既卒でも大手の内定をゲットできる?採用している企業一覧を大公開!

The following two tabs change content below.

末永雄大

新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

既卒だと大手企業に就職できないよな…なんて思いつつ、それでも大手企業へ就職したいな…って思っている人がこの記事を読んでいるのだと思います。

大手企業って新卒の就活すら大変なのに、それよりもマイナスの印象を抱かれやすい既卒だともっと大変なのでは?って諦めかけている既卒者も多いことでしょう。

そこで今回は「既卒者でも大手企業へ就職できるのか」「既卒者でも受け入れてくれる大手企業一覧」「既卒者が大手企業への就職を成功させるコツ」などについて、転職・就職のプロが徹底的に解説していきます。

既卒でも大手企業へ就職できる!

大手企業に就職できるのか悩んでいる女性
既卒は正社員としての就業経験がないため、就職弱者と呼ばれている既卒者ですが、大手企業へ就職することは可能です。なぜなら、既卒を採用する大手企業が、既卒者が思う以上に存在しているからです。

2010年に「青少年雇用機会確保指針」が改正され、厚生労働省が「卒業後3年以内の卒業者に対する新卒枠での応募の受付について更なる取組を要請」したことで、様々な企業で既卒者を採用するようになりました。大手企業もこの要請に対して、既卒の採用を増やしています。

これを読んで、既卒でも大手企業へ行くチャンスがある!?と思った人も多いと思いますが、いったん冷静になってください。厳しい話をするようですが、既卒で大手企業へ就職できるのは、一定の条件を満たした人だけです。

具体的には、学歴が高い人や就職しなかった理由が明確な人が大手企業の内定を獲得しています。

就職して1年未満の人は厳しい

大学を卒業後、1年未満だけど就業していた人も既卒に該当しますが、この場合は大手企業への転職は厳しいです。

そもそも既卒には「大学を卒業後、何らかの理由で就職しなかった人」と「大学を卒業後、就職したものの1年未満で退職し、今は就業していない人」の2つのパターンがあります。

前者であれば大手企業へ入社できる可能性はありますが、後者の場合は非常に厳しいと思ったほうが良いでしょう。

短期間で離職をした経験がある場合、「根気がない」「考え方が甘いのでは?」「うちの会社でもすぐ辞めてしまうのでは?」などのイメージや懸念を企業側に持たれやすく、書類選考でお見送りになってしまうというケースも多いです。

つまり、既卒者だからといって、誰でも大手企業の内定を獲得できるわけではないのです。

とはいえ、1年未満で退職してしまった既卒者や学歴に自信がない既卒者でも、大手企業へ入社できる方法はあります。それについては、後ほど詳しく解説していきますね。

次からは大手企業への内定を獲得できる既卒に向けた、より具体的な説明をしていきます。

大手企業へ就職したいのなら行動量が大切!

厚生労働省の要請により、既卒でも大手企業へ就職できるチャンスは増えてきています。そのチャンスを自分のものにするためには、まず行動することが大切です。

動かなければ、せっかくのチャンスを握りつぶすことになります。

就職に対する行動量ですが、学生モニター調査の調べるよると以下のようになっています。

2018年度の新卒と既卒の行動量比較

2018年度の現役学生のエントリー数は平均で26社だったのに対し、既卒者のエントリー数は14.6社になっています。

11.4社も違いがあり、既卒者は就職に対する行動量が少ないです。これはすなわちそれだけのチャンスを逃してしまっていることに他なりません。

大手企業への就職を成功させたいのなら、行動量を増やすことが大切です。1社でも多く応募し、内定を獲得できる可能性を引き上げましょう。

既卒を採用してくれる大手企業一覧

ビジネスマンが並んでいる画像
厚生労働省からの要請ですが、拘束力はないため、すべての大手企業で既卒が採用されるわけではありません。

当然、積極的に採用している大手企業があれば、まったく採用していない大手企業もあります。

そこで既卒者を受け入れている大手企業をいくつか集めてみました。自分が希望する大手企業が既卒者も採用してくれるのか、事前に把握しておくようにしましょう。

著名な大手企業を30社ほどご紹介しましたが、東証一部上場している企業であれば、既卒を受け入れているところはもっとあります。

大手企業は既卒なんて相手にしてくれないと思い込んでいる人も多いのですが、実はそんなことはないのです。現実的に多くの大手企業が既卒を受け入れているので、応募する前から諦めるのではなく、1社でも多く応募することが大手企業への就職を成功に導くのです。

既卒を受け入れている大手企業は職歴を気にしない

笑顔でOKサインを出している女性
既卒者のほとんどが不安に思っている「きちんとした職歴がない」ことについてですが、企業はそこもしっかり承知しているため、既卒に職歴の有無は求めていません

厚生労働省の通達はもちろんのこと、第二新卒に近い若手なので、職歴や経験で採用するというよりは「ポテンシャル」や「やる気」など、将来の伸び代に期待して採用をしています。

このポテンシャルですが、「コミュニケーション能力や自頭の良さ、論理的思考力の高さ、素直さ」を採用基準にしています。これらのポイントで評価している大手企業が多く、職歴に自信がない既卒でも就職できるというわけです。

とはいえ、ポテンシャル採用が期待できるからといって、しっかりと事前準備をしなければ内定を獲得することはできないので、事前準備は徹底的におこなうようにしましょう。

既卒が大手企業への就職を成功させるコツ

OKサインを出している男性
既卒が大手企業に受かるために、何を気をつけたら良いのかについてご紹介します。

とくに気をつけるのは以下の3つです。それぞれ、どういうところに気をつけるべきなのか、詳細も合わせてご説明しますね。

  • 希望する大手企業の募集要項を確認する
  • しっかりと自己分析はおこなう
  • 新卒で就職しなかった理由を答えられるようにする

今回紹介する気をつけるべき3つのことですが、2つ目と3つ目は大手企業以外を選択肢に入れたときにも気をつけておきたいポイントになります。大手に限らず、中小企業でも「自己分析」と「就職しなかった理由」は、面接で必ず確認されます。

希望する大手企業の募集要項を確認する

まず、就職を希望する大手企業の募集要項の中に「既卒可」が含まれているか、必ず確認するようにしましょう。

厚生労働省の通達により、多くの大手企業が既卒を新卒と同じ基準で選考するようになっているものの、中には新卒のみを受け付けている場合もあります。もし、既卒を受け付けていない場合、書類選考でお見送りになってしまうので、貴重な時間を無駄にしてしまいます。

ちなみに募集要項での記載方法ですが、「既卒可」だけでなく「3年以内に大学・大学院を卒業した方」も新卒枠として採用してもらえますよ。

しっかりと自己分析はおこなう

既卒だからこそ、自己分析はしっかりおこなうようにしましょう。

自分自身が会社で何をしたいのか」「今後、どういうキャリアを築きたいのか」など、自分の中ではっきりさせるようにしてください。

自己分析をしっかりおこなうことで、仕事に何を求めているのかが分かるようになるからです。実際、面接では「この会社で何をしたいのか」「将来はどうなりたいのか」を質問されることは非常に多いです。

自己分析がおそろかになってしまうと、この質問に対して明確に答えられず、残念ながら不採用になってしまいます。

新卒で就職しなかった理由を答えられるようにする

面接官が1番気になるのは、「なぜ新卒のときに就職しなかったのか」で、面接でよく質問されることでもあります。

なぜ、新卒のときに就職しなかったのか、自分の中でその理由を明確にし、はっきりと答えられるようにするのが大切です。

考えるときは、ただ「働きたくなかったから」ではなく、そこからもっと理由を深掘りしていきましょう。

既卒は第二新卒に近いため、大手企業も採用していますが、やはり「採用したとしても働くことが嫌になって辞めてしまうのでは?」といった不安を抱いていることが多いです。なので、その面接官の不安を払拭してあげることが何よりも大切です。

新卒で就職しなかった理由が「今はまだ働きたくない」だった場合、なぜ働きたくないのかを考え抜いてください。そこから「若いうちにいろいろとを見ておきたい」「そのために世界中を旅していた」といったように、踏み込んだところまで考えてみてください。

それと同時に「なぜ就職しようと思ったのか」「就職して、どういう仕事をして、どうなりたいのか」も一緒に明確にすると、就職後にやっぱり違った……というミスマッチを防ぐことができ、結果的にその会社で長く働けます。

大手企業へ就職したいのなら転職エージェントを利用すべし!

既卒から大手企業への就職を成功させる方法ですが、はっきり言ってしまえば「転職エージェントを利用して就職支援を受ける」のが1番の近道です。

転職ではなく、就職したいのだけど!?と思う人もいますが、実は転職エージェントでは既卒者の就職支援もおこなっているのです。

ちなみに転職エージェントとは、求職者の希望に合わせ求人を紹介し、そこから無事に入社できるようにサポートをするサービスのことです。専門家が一緒に自己分析をおこなってくれたり、職歴に自信がなくどう書いたら良いのか分からない履歴書や職務経歴書の書き方のアドバイスなどをしてくれます。

「無料」で専門家から転職アドバイスを受けることができるので、使っておいて損はないと思います。

とはいえ、大学を卒業してから3年以内の既卒なら、転職エージェントは利用せずに、コーポレートサイトから求人に応募したほうが新卒枠として内定を獲得しやすいので、こちらのほうが大手企業へ就職できる可能性は高いです。

大手企業の求人を多く取り扱っている転職エージェント


大手企業や大手メーカーはブランド志向の傾向があるため、特定の大手転職エージェント1社のみに求人を依頼していることが多いです。

先ほども述べましたが、内定獲得には行動量の担保も重要です。
1社でも多くの企業と接点を持つためにも、2~3社登録をしておくことをオススメします。

また、担当コンサルタントと馬が合わない、サポートが適当な感じがする・・・ということも結構あるので、その点からも複数エージェントに相談してみて、コンサルタントとの相性や、紹介してくれた求人を比較検討した上で、実際にサポートしてもらうエージェントを絞っていくのが良いです。

「とりあえず、相談だけ・・・」という人も、嫌な顔をされることはありませんので、一度相談をしてみてはいかがでしょうか?

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判を元社員が大暴露!【利用者の口コミ付】

2019.01.25

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

リクルートエージェントに並ぶ、国内最大級の転職エージェント!
多くの求人の中から、キャリアアドバイザーが厳選して求人を紹介するスタイル!
「自分に合ったオススメの求人だけを紹介して欲しい」という方はdodaへの登録がオススメ!

特徴
【メリット】
  1. リクルートと並ぶ豊富な求人数。他のエージェントでは取り扱いのない求人を多数紹介
  2. 面接対策などのサポートが手厚く、転職に自信のない方でも安心
  3. アドバイザーの提案力が高く、求人を一定数紹介するリクルートに比べ、キャリアアドバイザーが求人を厳選して提案
【デメリット】
  1. 求人の絞り込みの精度がキャリアアドバイザーごとにバラつきがあり、的外れの提案をされることも

こんな人がおすすめ!
  1. 大量の求人に目を通すのは大変で、求人をプロに絞り込んでもらいたい方
  2. 他の大手エージェントを利用したけど、自分に合わなかった方

dodaの評判って?利用すべき?現役の転職エージェントが徹底解説!

2019.02.20

大手への就職が厳しい既卒におすすめの方法

残念なことですが、大手企業は高学歴志向なところがあって、学歴が良くない既卒は就職するのが難しいです。

また、先ほど説明したように大学卒業後に、就職したものの1年未満で退職して、その後就業していない既卒も大手企業への転職するのは厳しいです。

さらに卒業して3年以上経ってしまった場合は、新卒として求人応募ができなくなることが多いです。そのため、中途と同じ土俵で選考を受けることになってしまい、お見送りになってしまうケースが多いです。

しかし、必ずしも大手企業で働けないわけではないのです。このような既卒者は、既卒に強い転職エージェントや就職・転職サイト、ハローワークを利用して、1度他の企業へ就職・転職し「そこで必要なスキルを身につけて」から大手企業を目指すのが良いと思います。

特にオススメなのが、IT業界や広告、人材領域での法人営業職です。

上記の業界での営業は、顧客に合わせて様々な商材を提案するという提案型の営業であることが多いです。

顧客折衝能力や、提案力、顧客の課題に寄り添うコミュニケーション力やビジネス理解といった転職時に評価されるスキルをバランスよく身につけることができるので、3年後にはあなたの市場価値は爆上がりし、見向きもされなかった大手企業へ手が届くようになります。

就職弱者と呼ばれる既卒が大手企業へ一足飛びに入社するのは難しいのですが、しっかり段階を踏めば不可能ではないです。

「営業はぶっちゃけやりたくない・・・」という方もいらっしゃると思いますが、実際、営業以外のマーケティングや人事といった職種は、「営業経験があること」という項目がエントリーの条件になっている会社が多く、営業経験がないとそもそも挑戦すら難しいです。

営業職を経験しておくことは、今後の自分のキャリアの選択肢を増やすことになるので、そういった観点からも営業職をオススメします。

既卒・第二新卒の転職に特化した転職エージェント

今回ご紹介する2社ですが、それぞれスキルアップ研修をおこなっており、ビジネスマナーなどを就業前に身につけることができます。しかも無事に研修を修了すれば、優良な企業の求人を紹介してもらえます。

それぞれ既卒の内定率が高いので、自分1人で求人に応募するよりも内定を獲得しやすいのもおすすめポイントです。

企業と相談者の両方から高い支持を得る、オリジナルのスキルアップ研修を無料で受講可能!
受講後に優良企業との面接をセッティング。
転職決定後も1年間のアフターフォロー付き。転職先での定着・活躍までサポートしてもらうことが可能。

特徴
【メリット】
  1. 独自のノウハウが詰まった研修を無料で提供。難易度の高い企業の内定獲得を狙える!
  2. 国家資格を保有した担当スタッフが1対1で個別サポート。いつでも気軽に相談可能!
  3. ブラック企業を徹底的に排除しており、転職後の定着率は94.3%!
【デメリット】
  1. 「研修 → 求人紹介」 という流れになる為、研修(無料)への参加が必須となります

こんな人がおすすめ!
  1. 経歴に自信がないのでプロの講師の研修を受けてみたい方
  2. 1人で転職活動するのが不安、転職のプロに伴走してもらいながら転職活動をやりたい方
  3. 大手の転職エージェントに登録したものの、転職活動に不安のある方
第二新卒者・既卒者で転職を検討している方は、圧倒的にサポート体制が充実しているジェイックへの登録がオススメです!

【担当者に取材!】ジェイック(JAIC)の評判を本音で聞いてみた

2019.02.13

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する就職支援サービス。
20時間以上にも及ぶ丁寧なサポートが特徴で、1年後の定着率は94.7%!

特徴
【メリット】
  1. キャリアアドバイザーも、元既卒や元第二新卒でより求職者に沿ったサポート
  2. オーダーメイド型就活サポートがあり、20時間以上の個人サポートがあるので、「どうすればいいか分かっていない人」でも安心
  3. 研修型の就活サポートも実施しており、スキルのない未経験でも一から就職できるまで教えてくれる
【デメリット】
  1. 研修型の就活サポートは4~7週間と一定の時間が求められる
  2. そもそも、第二新卒・既卒以外は対象にならない

こんな人がおすすめ!
  1. 未経験からチャレンジしたい既卒・第二新卒の方
  2. 正社員経験がない20代フリーター・既卒の方
  3. 長い時間かけて、より丁寧なサポートを受けたい方

ウズキャリ既卒(株式会社UZUZ)の評判からわかる5つの特徴

2018.12.19

既卒で大手企業への就職を目指している人におすすめの記事

既卒で大手企業への就職を目指している人におすすめの関連記事を集めてみました。

就職に役立つ記事ばかりなので、ぜひ目を通してみてくださいね!