2019.08.14

日清食品へ転職するには?中途採用されるポイントを大公開!

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

受験勉強をしていた時によく夜食としてチキンラーメンを食べていたなと記憶しています。

今でもたまに残業をして遅くなってしまった時は急に食べたくもなります。

そんな今回はチキンラーメンやカップヌードルで有名な食品加工会社の日清に転職を検討している人向けに日清への転職ノウハウをレクチャーしていきます。

日清って何をしている会社?(事業内容・ビジネスモデル・ サービス内容)

日清は、世界中で即席麺、冷凍食品を製造・販売を行っている企業です。

誰もが知っている「チキンラーメン」「カップヌードル」や「明星チャルメラ」を軸としながらも、冷凍食品でも利益を上げています。

ビジネスモデルとしては、消費者のマーケティング調査を行い、それに基づいた製品開発をします。

そして、見込み製造・販売という流れで収益を得ます。特に直近の課題として、海外での市場シェアの確保があげられます。

中国・アメリカ・欧州などをターゲットにブランディング施策を行い、シェア拡大を図っています。

日清の直近の業績は?

堅調に伸びています。日本の緩やかな消費の回復基調に乗って、増収増益を果たしています。

今後は、海外市場でのシェア拡大を課題としています。日本での収益の伸び率より、中国・アメリカ市場での伸び率を懸念しており、その情報は株主にも公開されています。

成長の減速が懸念されていた中国市場に歯止めがかかったと判断しており、今後「国際的な人材の確保」を経営課題として掲げるほど、海外市場に打って出ようという姿勢が見られます。

日清の仕事内容・職種

新製品の開発が肝となっている業種なので、食品開発が仕事内容です。また、それを小売業者へ卸す営業も仕事となっています。

職種は大きく分けると技術職・営業職に分かれています。人事や財務などの職種もありますが、技術職の採用がメインのようです。(現在、コーポレートサイトでは機械開発の募集はされていません)

また上記の職種をザックリ分けると製品企画・製造工場勤務・営業この3つに分類されます。

製品企画

新製品の開発を行う技術者と、データを集めるマーケターがいます。

新製品の開発担当を目指す場合、食品メーカーでの商品開発経験が5年以上求められることから、経験者採用、転職難易度は高いと言えます。

製造工場

即席麺、冷凍食品の製造を行う作業員と、工数の管理や人員の配置を決める生産管理者、そして製品を製造するための機械開発をする技術者がいます。

こちらは理系大学または高専卒以上が必須なことから、大卒レベルの専門知識、そしてある程度の業務経験が求められています。

営業・マーケティング

小売業者に自社製品を卸す営業活動を行っています。

今のところ、メーカーでの営業経験と全国転勤が可能であれば、応募することができるようです。

日清食品に転職するために

もしかしたら、コーポレートサイトを見て、自分が希望している募集はなかったとがっかりされた人もいるのではないでしょうか?

実は日清食品だけでなく、日系の大手メーカー全般に言えることなんですが、基本的に中途採用の募集枠が少なく、さらに、HPなどで公に募集することも滅多にないんですよね。

というのも、競合に動きを見られたくなかったり、公に募集すると大量に応募がきてしまい、書類をしっかり見ることができない等の理由があり、そのため、大手の転職エージェントに求人を依頼しているケースがあります。

ですので、食品メーカーに転職を検討している場合は、以下で紹介する転職エージェントに1度相談することをオススメします。

必ず1社は登録しておくべき!総合型大手エージェント

末永

まず転職を考える際、全ての方が鉄板で登録すべき転職エージェントが、リクルートエージェントマイナビエージェントdodaといった業界最大手のエージェントです。


大手のエージェントに登録しておくメリットは大きく2つあります。


1つ目は、先にお伝えした通り、大手メーカーなどで、特定の大手エージェント1社のみに求人を依頼しているという企業があり、大手エージェントに登録をしていないと紹介を受けられない求人が存在するという点です。


そのため、大手メーカーや上場企業などへの転職を検討されている方は、大手エージェントは必ず押さえておくべきです。


2つ目は、全業界・職種の求人を網羅しているので、幅広いキャリアの提案が可能という点です。


「自分の進むべき業界・職種が定まっていない」という方は、まず大手エージェントに登録してみて、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談してみると良いと思います。



※以下からエージェントの応募ページに飛ぶことができますので、ご活用ください。
リクルートエージェント(業界No1の求人数・紹介実績)
マイナビエージェント(第二新卒や20代の転職サポートに強み)
doda(転職者満足度No1)

日清の面接・SPI など選考難易度

日清がどのような面接を行なっているのか、難易度がどのくらいなのか気になりますよね?

その気になる詳細について、ご紹介していきたいと思います。

選考フロー

日清の選考フローは以下の通りです。
  1. 書類選考
  2. 1次面接
  3. 条件面談
  4. 最終面接
  5. 内定

上記が選考フローとなっています。

日清は、人事部だけではなくて各部署の責任者が書類選考を行うそうです。

「専門性」・「指向性」の両側面からマッチングを確認されます。

1次面接は、基本的に東京本社で直接対面にて行われます。人事部及び各部署の責任者が同席します。

遠方にお住いの方は、スカイプなどで面接を実施するそうですよ。

条件面談では、入社後のミスマッチを回避するため、事前に入社後の待遇条件を説明してもらえます。

この際、何か気になることなど質問があるようでしたら、遠慮なくご質問されることをオススメします!

最終面接では、所属会社社長もしくは担当役員、及び人事責任者にて実施されるそうです。

東京本社での直接対面形式となるので、きちんと心の準備をしておきましょう。

面接での質問例

日清の面接では、どのようなことが質問されているのでしょうか?

その質問内容についてご紹介したいと思います。

  • 入社したらどんな商品を開発したいか
  • 日清食品の製品で最も好きなものは何か、その完成度は?
  • 学生時代どんなものに熱中したのか
  • 3分間で自己アピールをしてください

上記が質問されている内容です。

入社したらどんな商品を開発したいのか、こちらの質問は多くの方がされているみたいです。

入社したいという熱意だけではなく、入社してどんな商品開発を考えているのかについてもチェックされているようです。

また、どの商品が好きで、その商品の完成度がどれくらいであるのか。

少し答えにくい質問ではありますが、ご自身のアイデアを交えてお伝えするのが良さそうです。

もう1つ多かったのは、3分間で自己アピールをしてほしいというもの。こちらも突発的に言われたら焦ってしまいますよね。

そうなってしまわぬように、ご自身のアピールポイントをまとめて3分程度で答えられるよう練習しておくのが良いです。

SPI難易度

日清のSPI難易度は、非常に高いと言えます。

こちらの中途採用は、主に技術者の募集を行なっています。

機械開発・食品開発、青酸カリの経験者を求めているので、業界未経験が入社するのは至難の技だと言えます。

そして、即席麺の業界最大手の一つのため、志望者が多くなり、それだけ難易度も高いと言えるのです。

求めている人物像やスキルを事前に把握して、ご自分をその人物像に寄せていきましょう!

日清の評判・社風・カルチャー・クチコミ(転職会議)

日清の評判・社風、カルチャーがどうなっているのか知っておきたいとは思いませんか?

その評判などについて、お伝えしていきます。

どういう社風・文化があるのか

日清は、創業者精神を重んじている傾向にあるため、典型的なトップダウン耐性のある企業だと言えるでしょう。

実際に昔ながらの日本企業体質が色濃く残っている、という声が多数寄せられています。

上下関係が厳しく、体育会系文化の風潮があるとの声も寄せられていました。

熱い社員が多く在籍しており、典型的なトップダウンの社風だと言えるようです。

オーナー企業のため、意思決定が早くスピーディーとの声も。

会社としての勢い・発信力があり、新しいことに積極的に取り組む風土のようです。

近年はキャリア採用に注力しており、女性管理職も少しずつ増加しているみたいですよ。

また、在宅勤務制度の導入もしているのだとか。

日産の中途採用の年収(給与)は?

日清の気になる年収について、知っておきたいですよね?

年齢別・職種別の平均年収についてご紹介していきたいと思います。

年齢別の平均年収

まずは、年齢別の平均年収からご紹介していきます。

1.20~24歳
→平均年収・・・306.0~336.0万円

2.25~29歳
→平均年収・・・538.5~588.5万円

3.30~34歳
→平均年収・・・574.8~674.8万円

4.35~39歳
→平均年収・・・594.4~698.4万円

5.40~44歳
→平均年収・・・663.7~784.7万円

6.45~49歳
→平均年収・・・756.9~878.9万円

7.50~54歳
→平均年収・・・831.6~941.6万円

8.55~59歳
→平均年収・・・823.8~933.8万円

9.60~65歳
→平均年収・・・535.6~933.8万円

上記が年齢別の平均年収です。

年齢別の平均年収で高くなっているのは、50~54歳となっています。

55~59歳の平均年収が続くようにして高くなっています。

職種別の平均年収

続いては、職種別の平均年収についてご紹介していきます。

1.営業系
→平均年収・・・725万円

2.企画・事務・管理系
→平均年収・・・868万円

3.電気・電子・機械系エンジニア
→平均年収・・・750万円

4.医薬・化学・素材・設備系
→平均年収・・・700万円

上記が職種別の平均年収です。

職種別の平均年収で高くなっているのは、企画・事務・管理系です。

次いで電気・電子・機械系エンジニアの平均年収が高くなっています。

賞与・給与(評価)制度

日清の給与水準は、平均並みだと言えるでしょう。

新年度開始後に目標設定を行い、目標達成が認定されれば1〜2ヶ月分の特別賞与がもらえるそうです。

賞与が年2回用意されており、借り上げ社宅制度が用意され、実質上の給与に上乗せされるのだとか。

管理職になれば年収もアップしますし、他の福利厚生も大手メーカーらしく、充実しているとの声も挙げられていました。

ただ、年功序列が少し残っているようで、それが不満だという方もいらっしゃいました。

残業時間

気になる残業時間についてですが、多い傾向にあると言えます。

ただ、残業を強制されるということはないみたいです。

以前は残業が多く見られたが、スマートワークの取り組みによって残業が改善されているため、負担が少ないそうです。

働き方改革のもと労働時間が減少し、プライネートの時間が確保されているので、残業削減・有給促進の雰囲気があるみたいですよ。

また、残業時間が月20時間以内になるよう、仕事するように指導されている、という声も見られました。

残業が多い少ないに関係なく、近年正確に申告する風潮が高まっているとの声もあります。

日清食品へ転職をするには?

日清食品の求人は、コーポレートサイトから直接応募することも可能ですが、直接応募は、希望職種の募集が出ていないことや、面接対策を充分に行えず落ちてしまうことがあります。

転職先の人気企業なので、募集がかかった際に多くの方が応募をするため、書類選考の通過ですら狭き門となってしまいます。

なので転職の専門家である転職エージェントに求人の扱いや、転職相談することをオススメします。

※転職エージェントは、平均して2〜3社登録することをオススメします!

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は必ず登録しておきましょう。

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 10万件を超える求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントに
相談する

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

既卒・正社員経験が少ない方向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

未経験OKの若手向け求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 首都圏のIT/Web系企業への転職に強み
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

ポイント

  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!

ウズキャリに
相談する

女性におすすめの転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

Type女性の転職エージェントに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。