未経験から人事への転職ってほんとに可能なの? 未経験から人事にチャレンジする方法

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

今回は、「未経験」×「人事」について解説していきます。専門職というイメージもあり、自分にはなかなか縁のない仕事だと思っていませんか。人事という仕事から特徴、そして未経験人事の可能性についてお話していきます。

【無料】現在転職のことでお悩みの方、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へぜひご相談ください!

人事という仕事について

人事の仕事というと、どのようなイメージを持たれますでしょうか。給与の支払いをやっている部署、福利厚生を整備している部署、採用をやっている部署、などなど。色々なイメージがあると思います。結論、どれも正解なのですが、まず、人事には攻め側と守り側がある、というのを覚えておくと良いです。

【無料】現在転職のことでお悩みの方、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へぜひご相談ください!

 人事の攻め側

まず、人事の「攻め側」は、営業職やマーケティング職に近い要素を持っています。

例えば、会社として採用したい人たち(ターゲット)に向けて、会社としてどのような発信をしていけば良いか。どのようなタイミングでその人たちとの接点を持ち、どのようなコミュニケーションを取っていくと会社に興味を持ってくれるか。

興味を持ってくれた後、どのようなステップを踏めば最終的に自社に入社をしてくれるか。このような思考は、こちら側から仕掛けていく「攻め」の思考と言えます。

【無料】現在転職のことでお悩みの方、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へぜひご相談ください!

人事の守り側

一方、「守り側」の人事は、経理職や総務職に近い要素を持ちます。例えば、従業員と会社側がトラブルのないように規則を定めたり、従業員が安心・安全に働けるように労働環境や職場環境を整えたりします。労働時間の管理や人件費の管理もこちらに含まれます。このような仕事が、人事の「守り側」になります。

上記を読んでいただいておわかりの通り、攻めと守りで、全く性質が異なります。あなたがチャレンジしたい人事は、攻め側と守り側、どちらでしたか?

【無料】現在転職のことでお悩みの方、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へぜひご相談ください!

これからの人事はどうなるか

従来の人事というのは、給与計算や福利厚生、制度設計など、業務に応じて組織を分けて、タスクをこなしていくという形態が主流でした。しかしながら、外部環境の変化スピードが大幅に変わったことや、人材を起点としたイノベーションが求められるようになったことから、よりビジネスに近い形で、人事の在り方が求められるようなっています。

例えば、最近になって「HRBP」というポジションが、新たに求人として出てくるようになりました。

このHRBPは、ビジネス目標を達成する為に、事業責任者や経営者に対して人材・組織面の提案を自ら働きかける仕事です。このようなミッションを実行する為には、ビジネスモデルを深く理解することや、組織を変革させる強いリーダーシップが求められます。このように、人事にはより攻め側の姿勢が求められるようになっています。

【無料】現在転職のことでお悩みの方、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へぜひご相談ください!

人事の志望動機は?

まず、あなたがなりたい人事は「攻め側」か「守り側」かで志望動機は大きく変わってきます。

攻め側の場合は、対人関係構築力をアピールすると良いでしょう。例えば、他人と気持ちの良いコミュニケーションを取れるか、論理的にわかりやすく物事を伝える力があるか、などです。その他としては、人の深層心理を理解する力、利害関係者を巻き込む力などもアピール材料になります。

守りの場合は、ミスなく、漏れなくタスクを遂行する力や管理能力が問われます。

その為、事務処理能力の高さをアピールすると良いでしょう。また、社員に関する個人情報は非常に機密性の高いものですから、絶対に漏洩があってはいけません。そのような情報管理も、「この人なら任せて大丈夫!」と思われるような人柄もアピール材料になります。

【無料】現在転職のことでお悩みの方、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へぜひご相談ください!

未経験人事は、可能なのか

結論から申し上げますと、可能です。非常に狭き門ではありますが、不可能ではありません。こちらも攻め側と守り側で解説していきます。

まず、攻め側に関しては、営業職の経験があれば、かなり可能性が高まります。

営業職の中でも、無形商材(人材・広告・ITなど)を扱う営業や、課題解決型の営業がベターです。ベストは人材会社の営業ですが、先ほどお伝えしたアピール材料を伝えられると、検討してくれる会社は少なくないはずです。

また、営業職以外ですと、販売系の経験も可能性があります。営業職ほどの可能性はありませんが、高い販売実績を出していた方や、マネジメント経験をお持ちの方は、可能性があります。

ただ、どうしても経歴上は書類選考で落ちてしまうケースが高いので、一定以上の応募数を担保することは非常に重要です。

守り側ですが、こちらは経理職や総務職の経験を持っていると、かなり可能性が高まります。

なぜなら、業務としての親和性が非常に高く、同時にこなしている方も多い為です。次に、営業事務一般事務をしている方です。経理職や総務職ほどではないですが、比較的、業務の親和性が高い仕事です。ただ、より専門性が求められる点や、新たな知識を学んでいく要素が強い点から、なかなか狭き門ではあります。

【無料】現在転職のことでお悩みの方、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へぜひご相談ください!

人事になる為には?

攻め側の人事になりたい方は、少し遠回りになるかもしれませんが、人材会社の営業を経験するのは王道のステップとして非常にオススメです。

企業側からすると、色々な会社の採用を見てきた人材営業経験者は重宝されます。現在、人材会社は積極的に営業募集をしているので、まず話だけを聞いてみても良いかもしれません。

守り側の人事になりたい方は、経理や総務といった仕事を経験するのは1つの方法です。

求人サイトを探してみると、総務・経理・人事といった管理部門の事務全般を任せたいという求人を見つけることがあります。このような仕事から守り側の人事に幅を広げていくというのも1つの方法です。

いずれにしても、まずはあなたの経験やスキルを棚卸しすることが非常に重要です。その棚卸しの中から、未経験人事としての可能性が見つかるケースは大いにあります。

アクシスでは、未経験人事の求人も取り扱っているので、いつでもご相談お待ちしております。

【無料】現在転職のことでお悩みの方、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へぜひご相談ください!