既卒はdodaを利用できる?使うべきおすすめのエージェントを伝授!

既卒がdodaを利用するべきなのか、現役のプロが徹底解説します。

また、エージェントを使って就職するのなら何が良いのか、上手に活用するための方法などについてご紹介します。

既卒でもdodaは利用できるがおすすめしない

名称が同じで非常に分かりにくいのですが、パーソルキャリアが運営するdodaという人材紹介サービスは大きく「エージェントサービス」と「求人サイト」の2つに分かれています。

エージェントサービスはさらに「中途者向けの転職エージェント」と「新卒者向けの就職エージェント」に分かれます。

混同している人も多いのですが、dodaは同じ人材紹介サービスでも上記のように分かれています。

以下でそれぞれのサービスを既卒が利用できるのかを説明し、さらになぜおすすめしないのかその理由も一緒に解説していきます。

dodaエージェントは対応してもらえない可能性が高い

中途者向けの転職エージェントは、前提として正社員・派遣社員・契約社員のいずれかの就業経験がある人を対象としています。

既卒でもサービスに登録はできますが、場合によってはサポートが難しく対応してもらえない可能性が高いです。

せっかく電話や対面で面談をしても「紹介できる求人はない」と言われてしまい、サポートを断られてしまうのはよくあります。

断られるとまた振り出しに戻ってしまうので、既卒者は「dodaの転職エージェント」を利用しないほうが良いです。

doda新卒エージェントは既卒も対応してもらえる

dodaの新卒エージェントサービスでは、学校卒業後3年以内の既卒でもサポートをしてもらえます

しかし、doda新卒エージェントは「新卒」をメインにサポートしています。そのため、扱っている求人も新卒向けのものが多いです。

新卒には新卒枠があって、既卒がその枠で応募しても採用されにくいという現実があります。

なぜなら、求人企業としては同じ若手であっても経歴がクリーンな新卒を好む傾向があるからです。

上記のような理由があるので、doda新卒エージェントで既卒は対応してもらえるが、お見送りになってしまう可能性が高いです。同じエージェントを使うのであれば、dodaよりも既卒に特化したエージェントを利用したほうが良いです。

dodaの求人サイトは既卒でも利用できる

dodaの求人サイトは、以下のように既卒向けの求人も多数掲載されているので、利用すること自体はできます。

doda求人サイトの既卒向けの検索結果

ただ、求人サイトは自分で求人に応募をしたり、求人企業とのスケジュール調整、履歴書・職務経歴書の作成、面接対策など、すべてを自分でやらなければなりません。

doda求人サイトでは、上記の就職サポートを受けることができないので「本当にこの会社でも良いのか?」「ブラック企業の可能性は…?」といったような不安が残ります。

気軽に求人を検索できるのが最大のメリットですが、エージェントのような手厚いサポートを受けられないため、内定を獲得したい既卒者にはおすすめできないのです。

使うのならdodaよりも既卒特化のエージェントがおすすめ

既卒が正社員として就職したいのなら、dodaのエージェントサービスや求人サイトよりも「既卒に特化した就職エージェント」の利用がおすすめです。

なぜ、就職エージェントを利用したほうが良いのか、その理由を3つご紹介します。

ブラック企業を排除して求人を紹介してくれる

既卒に特化した就職エージェントは、一定の基準を満たした求人のみを紹介しています。

例えば、ハタラクティブは実際に取材をした企業の求人だけを取り扱っています。

ただ就職をさせるのが目的ではなく、就職後も長く働き続けられる企業を紹介したいと、既卒に特化した就職エージェントの多くが抱いている想いです。

そのため、離職率の高い業界やブラック企業の特徴に当てはまる会社は徹底的に排除しています。

内定率が上がる傾向にある

就職エージェントは、これまで多くの既卒を正社員にしてきた実績があります。実績に裏付けされたノウハウで就職をサポートしてくれるので、エージェントを利用した既卒者の内定率は80%を超えています

具体例をあげるとすれば、ハタラクティブの内定率は80%、UZUZの内定率は86%となっています。

ちなみに、エージェントを使わない場合の内定率は48.9%で、50%を切っています。この数字を比較しただけでも、エージェントを使ったほうが就職できることがわかると思います。

入社後もサポートしてくれるので定着率が上がる傾向にある

就職エージェントは長く働き続けられるように、入社後も気軽に相談できる体制を用意しています。

入社後に感じた不安や悩み、戸惑いを担当のキャリアアドバイザーに相談することができます。

就職のプロに相談することで、簡単に解決できた、というケースは非常に多いです。ちなみにUZUZは、入社後にも丁寧なフォローをおこなっており、入社後の定着率は95%となっています。

既卒の就職支援に特化したおすすめエージェント2選

既卒にぜひ利用してもらいたいエージェントは、UZUZハタラクティブの2社です。

先ほども何度か具体例と出しましたが、ハタラクティブとUZUZは既卒に特化したエージェントの中でもとくにおすすめです。

それぞれ特徴は異なるのですが、どちらも丁寧なサポートをおこなっているので利用者の満足度は高いエージェントです。

どちらを選ぶべきなのかは、ぶっちゃけ人によります。とりあえず、両方に登録してみて、自分と相性の合うところと一緒に就活を進めていくと納得のいく就職ができます

既卒・正社員経験が少ない人向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

18〜20代前半未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代前半未経験の方向けの求人2300件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒヤリングさせて頂きます

ウズキャリに
相談する

既卒が就職エージェントを上手に活用する3ステップ

就職エージェントを初めて利用する既卒が多いと思うので、上手く活用する方法を3つご紹介します。

それぞれについて、以下で詳しく説明します。

就職活動に専念できる環境を作る

案外、忘れている人も多いのですが、就職活動に専念できる環境を作ることは大切なことです。

就職活動は交通費やスーツの新調など、意外とお金はかかるものです。また、企業研究や履歴書・職務経歴書の作成、面接の練習など、選考に向けた準備には想定よりも時間がかかります。

エージェントを利用する場合もかかる時間は変わりません。例えば、UZUZの集団形式サポートでは、ビジネスマナーなどを基礎から学べる講座が用意されており、これには1週間ほどの時間がかかります。

1週間も時間を拘束されるの?とちょっと戸惑ってしまう人もいると思いますが、費やした時間だけビジネスマンとして必要なマナーやスキルは身につくので、その分内定率が上がる可能性があります。

複数の就職エージェントに相談して1社に絞り込む

就職エージェントは1社だけでなく、複数に登録し、その後面談をしてから1社に絞り込むと良いです。

なぜなら、就職エージェントによってサポートの特徴や得意な業界・職種が異なるからです。また、担当になるキャリアアドバイザーの経験やスキルによって、サポートの質も変わってきます。

最初から複数の就職エージェントに登録すれば、比較しながらキャリアアドバイザーを選べるので、優秀な人にサポートしてもらえる可能性が高まります。優秀なキャリアアドバイザーと出会えれば、さらに就職の成功率をあげられるので、面倒かもしれませんが、複数に登録することをおすすめします。

エージェントの複数登録について、さらに詳しく知りたい人は以下の記事も参考にしてください。

関連記事実は間違ってる?転職エージェントの複数利用法|本当の使い方を伝授!

面接対策を徹底的にサポートしてもらう

既卒の面接では「なぜ既卒になったのか」「学校を卒業してから何をしていのか」など、既卒特有の質問をされます。

本当のことを話しても良いのか、それともにごしたほうが良いのか、自分だけで面接対策をしていると、何が正解なのかわからなくなると思います。

そういうときに就職エージェントを利用していると、今までのノウハウからどう答えれば面接官の印象が良くなるのかをアドバイスしてもらえます。

どんなに優秀な人でも、面接の出来によって合否が左右されるので、就職エージェントでプロのアドバイスを受けながら、時間をかけて対策すると良いでしょう。

既卒の面接について以下の記事で詳しく書いていますので、是非参考にしてください。

関連記事既卒の面接でよくある質問|答え方や回答例などの対策をご紹介!

既卒の就職に役立つ関連記事

就職を目指す既卒に役立つ関連記事を載せておきますので、こちらも合わせて参考にしてください。

関連記事既卒必読!履歴書と職務経歴書の書き方をプロが伝授!【例文付き】
関連記事既卒面接の自己紹介は何を伝えればいい?質問内容や突破のコツを伝授
関連記事【例文付き】既卒の自己PRはどう書く?内定獲得できるポイントを伝授!
関連記事職歴なしの既卒でも正社員になれる!?おすすめの就職方法を大公開!
関連記事ホワイト企業に転職したい!探す方法や業種・職種をぶっちゃける!
関連記事既卒の就活は厳しいとは限らない?内定獲得までのプロセスを徹底解説!

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント