好きなことを仕事にするメリット・デメリット|具体的な方法や体験談を紹介

  • !

好きなことを仕事にするメリット・デメリット|具体的な方法や体験談を紹介

    「好きなことを仕事にして生きていきたい!」という方へ向けて、「好きなことを仕事にするメリットやデメリット」「実際に好きなことを仕事にした人の成功談/失敗談」「好きなことを仕事にして生きていくための具体的な方法」などを紹介しています。

この記事を書いた人
末永

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の中途採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

好きなことを仕事にするのは良いこと

転職エージェント末永 末永

私は「好きなことを仕事にするのは良いこと」だと考えています。


なぜなら、好きなことを仕事にすることで、知識やスキルの習得のための勉学が苦ではなくなり、成長スピードが早く、成果も上がりやすくなるからです。

ですが、中には「好きだったのにつらく感じるようになった」「実際にやってみたらイメージと全然違った」というような意見を耳にすることもあり、マイナスなイメージが拭えない人もいると思います。

確かに、様々な意見があるかと思いますが、後述する内容を参考にして、自分の適切なキャリアを見極め、後悔しないキャリア選択をしてくださいね。

好きなことが適職/天職であるとは限らない

「好きなこと=適職/天職」だと考えている方もいますが、実際は好きなことが適職や天職であるとは限りません。

まず『適職』と『天職』の特徴を見てみていきましょう。

【適職】の特徴

  • 本人の興味関心に関係なく性格や能力に適性がある仕事
  • 自分の得意なことや強みを発揮して取り組める仕事
  • 他者からの評価が高く優れた成果を残せるような仕事

【天職】の特徴

  • 情熱を持って取り組むことができて、ずっと続けていたいと思える仕事
  • 稼げるか稼げないかは関わらず、やりがいをもって取り組める仕事
  • つらいことや大変なことを含めてその仕事のことが好きだと感じる仕事

『適職』は「自分の性格や能力に適性があり、強みを活かして取り組むことができる仕事」ですが、『天職』は「稼げるかどうかではなく、やりがいを持ってずっと続けていきたいと思える仕事」のことを表しています。

好きなことを仕事にしてみたら天職だった、など、その仕事を経験してみて、「やっぱり好きなことが天職だったんだ」と感じることはあっても、必ずしも天職が「好きなこと」と一致するとは限りません。

好きなことと好きな仕事は違うということを理解しよう

好きなことを仕事にすれば楽しい・やりがいが持てると考えている人は「好きなこと」と「好きな仕事」は同じであるという勘違いをしていることがあります。

このような人は、好きなことを仕事にした時の大変さに目を向けられていない場合が多いです。

その結果「好きなはずなのに全然楽しくない」「好きなことを仕事にしてみたらイメージと違った」と感じてすぐに諦めてしまうこともあります。

例えば、以下のような例があります。

例1 年間300冊の本を読むほど本が好きな人が、実際に本を出版したら楽しいだろうと思って、本の執筆をしてみたら「全然楽しくない…」「書くのがつらい…」と感じてしまった
例2 「相談に乗ってアドバイスをすることが好きだから」という理由で、キャリアアドバイザーになった人が、実際に仕事で相談に乗ってみると人生に関わる話が多く、イメージと違って荷が重いと感じてしまった

上記のように、たとえ好きなことだったとしても、実際にサプライヤー(供給者)としてその仕事を「好きになれるか」「やりがいを感じるか」は全く別の話なんです。

転職エージェント末永 末永

とはいっても、サプライヤーとしてその仕事を好きになれるかを判断するにはその業務内容がわからないと難しいと思います。


弊社のキャリアコーチンサービスマジキャリのコーチは、転職エージェントの経験があるため、各業界の業務内容を理解しています。

ですので、あなたの悩みに寄り添いながら、業界・職種別の具体的なアドバイスができます。


現在、初回無料で面談を実施しているので、検討している人はぜひお申し込みください。

好きなことを仕事にしたい人へ

  • マジキャリ
    キャリアのプロが徹底的に相談者様のキャリアの悩みに向き合います!

好きなことを仕事にするメリット・デメリット

好きなことを仕事にしていくためには、メリットとデメリットを把握しておくことが大切です。

とくに好きなことを仕事にした時のイメージのギャップが大きいと後悔してしまうことになりかねません。

ですので、本項で紹介する内容を参考にどのようなメリットやデメリットがあるのかをしっかりと把握しておきましょう。

メリット1:成長しやすい

好きなことを仕事にすれば、熱心に取り組むことができるため、自己成長につながりやすいというメリットがあります。

仕事だからといって、普段から仕事のための勉強をしている人は多くありませんが、自分が好きなことであれば積極的に情報収集や勉強をしたり、振り返ってみてスキルを高めていくために何をすればいいかを考えたりする人は多いです。

好きだからこそ意欲的に仕事に取り組んでいくことができるため、成長の速度が早くなるのが好きなことを仕事にするメリットであるといえるでしょう。

メリット2:仕事に対するストレスが少なくなる

仕事をしていると、仕事や人間関係がどうしても上手くいかないこともあり、ストレスを溜めてしまっている人も多いでしょう。

ですが、自分が好きなことを仕事にしている人は、ストレスがあったとしても「好きで選んだ仕事だから大変でもちゃんとやる」と考えを切り替えることができます。

そのため、嫌々仕事をしていたり、割り切って仕事をしていたりする人よりもストレスを感じる機会が少なく、仮にストレスを感じたとしても上手く向き合っていくことができるのです。

メリット3:熱量が高いため成功する可能性が高まる

2017年の調査(※1)ですが、アメリカでは32%だった「熱意を持って仕事に取り組む社員の割合」が日本では6%程度で、やる気のない社員は70%、無気力な社員は24%だったという調査結果が出ています。

そのため、好きなことを仕事にして熱意を持って取り組んでいくことで、仕事に取り組む姿勢で周りと大きな差をつけることにもなるため、努力を積み重ねていけば成功する可能性も高くなるでしょう。

転職エージェント末永 末永

「好きこそものの上手なれ」ということわざがありますが「好きだからこそ熱意を持って取り組んで成長していき、多くの経験を積んで成長したからこそ成功につながる」というのはあながち的を射ているのかもしれませんね。

※1)日本経済新聞 「熱意ある社員」6%のみ 日本132位、米ギャラップ調査

デメリット1:仕事のために割り切らなければいけないことが出てくる

好きなことを仕事にしたとしても、仕事として取り組んでいれば割り切らなければいけないことも多いです。

  • こだわって質を高めるよりも納期を優先しなければいけない
  • クライアントや消費者が求めているものを出さなければいけない
  • 苦手な作業や裏方の仕事などもおこなわなければいけないこともある

上記のように、全ての仕事が自分の理想通りであることはほとんどなく、大変なことや割り切って取り組まなければいけないこともたくさんあります。

なので、理想やイメージとのギャップを感じてしまわないように、好きなことを仕事にする時にはしっかりと事前に大変な部分や仕事の全体像を把握しておくことが大切です。

デメリット2:収入が一時的に減ってしまう可能性がある

好きなことを仕事にすることで年収が下がってしまう可能性があります。

とくに実務経験や実績がない分野にチャレンジしていく場合には、一時的に収入が下がってしまう可能性があることもしっかりと考えておく必要があります。

転職市場では、即戦力の人材が採用される傾向にあります。そのためそのため実務経験や実績がない未経験者だと、ほとんどの場合で年収が下がってしまうんです。

なので、生活するためのお金を確保していくためには、ただ好きで仕事に取り組んでいくだけではなく、成果を出してしっかりと評価されるために何が必要かも考えて行動選択をしていくことが大切です。

デメリット3:好きだからこそこだわりすぎて上手くいかないこともある

好きなことだからこそこだわって仕事に取り組んでいきたいという人は多いでしょう。

ですが、仕事とはニーズを満たすことで対価として報酬や売上が発生する取引で、クライアントや消費者が求めるものを提供できるかどうかが全てです。

そのため、いくらこだわって仕事に取り組んでいき、良いものを作ったとしても、生産性が低く、期限を守れないのであれば仕事として続けていくことは難しいです。

どうしてもこだわって自分が作りたいものを作っていきたいと思う場合は、本業ではなく副業や趣味の延長として取り組んだ方が結果的にストレスをためずに楽しんで取り組むことができるでしょう。

好きなことを仕事にした人の成功談・失敗談

実際に好きなことを仕事にした人は、結果的にどうなったのか気になる人も多いと思います。

そこで、本項では好きなことを仕事にした人の成功談・失敗談をそれぞれ紹介していきましょう。

成功談

■Aさん 20代 男性

■IT企業 営業→カメラマンアシスタント→フリーランスフォトグラファー


大学の時から写真を取ることが好きで、いつか写真を撮る仕事にチャレンジしてみたいと思っていたのですが、就活では将来のことも考えてIT企業のシステム営業の仕事に就職しました。


一応会社員として仕事をしている時も、カメラに関する勉強や撮影して作品をSNSに掲載したりしていたのですが、改めて自分のやりたいことを考えた時に、いつかやるのであればできるだけ早く行動した方が良いと思い会社を退職してカメラマンのアシスタントのアルバイトをしていました。


カメラマンアシスタントを3年ほど勤めながら、副収入や実績作りのために、副業で撮影をしたり、作品を有料画像サイトに登録したりして生活をしていましたが、今ではフリーのフォトグラファーとして独立して、仕事も入ってきて収入も安定してきています。


元からカメラが好きで写真を撮ることは楽しいと感じていたので、大変なこともありますが、思い切ってカメラの世界に飛び込んで良かったと思っています。

■Bさん 30代 女性

■アパレル販売員→広告代理店 営業→Webマーケティング会社→総合広告代理店


私はCMや雑誌、アパレルなどキラキラした仕事に憧れていて、アパレルの販売員として働いていました。


ですが、本当はブランドの広報担当のような華やかな仕事がしたいと考えていたので、思い切って広告代理店の営業に転職しました。


転職後も営業として5年ほど仕事に取り組んで、売上を達成したり実績も残していたのですが、どうしても会社の雰囲気が合わないと感じていたので、今度はWebマーケティング会社に転職してマーケティングの経験を積んでいきました。


結果的にマーケティング会社も転職してしまいましたが、広告代理店営業やWebマーケティングの経験を積んでおこなったことで実績を作ることができて、今では総合広告代理店でCMや雑誌関係の仕事ができています。


経験を積むために遠回りしてしまいましたが、ずっと憧れていた業界で仕事ができているので、今はとても楽しくやりがいを持って働くことができています。

好きなことを仕事にして成功した人は、仕事とは関係なく勉強などの努力をしていたようですね。

転職エージェント末永 末永

好きを仕事にして成功する人は大変なことがあったとしてもしっかりと対策していたり、キャリアアップのためにしっかりと考えて仕事に取り組んで行く人が多い印象があります。

失敗談

■Cさん 20代 女性

■テレビ業界 AD


小さい頃からテレビっ子だったこともあって、テレビが好きでテレビ業界に入ったのですが、どんなに高学歴でもテレビ業界ではADからスタートするという決まりがあったようで、ADとして働いていました。


ですが、テレビ業界って思っていたよりも激務で24時間365日自分の時間が取れないくらい大変で、なんとか頑張ってみたのですが、体がついていかずに1年半で退職してしまいました。


ADは特殊な仕事だったので、他の業界で働こうとしてもキャリアはゼロ。オフィスワークに転職したいと思って求人を探しましたが、キャリアがゼロの状態だったので、転職活動は苦労しました…。

■Dさん 30代 男性

■派遣 サポート事務


大きな会社で働いてマーケティングなどの勉強をしたいという気持ちがあり、短期派遣で多くの会社に行って、サポート事務として働き続けてきました。


派遣だったから有名企業のマーケティングにも関わることができて経験を積むことができたのですが、実務としては短期派遣なので数ヶ月単位で契約が終了しますし、サポート事務という立場だったので、ちゃんと就職しようと転職活動をした時にはただのジョブホッパーだと思われて大変でした。


結局、希望する企業に転職することはできずに、なんとか生活をしていくために今も短期派遣を続けています。

好きなことや興味のあることを仕事にした人の中にも、キャリアの選択においてデメリットやリスクをしっかりと把握していなかった結果、苦労してしまったという人も多いです。

転職エージェント末永 末永

好きなことや興味のあることを仕事にしても失敗してしまう人もいるため、次に紹介する、好きなことを仕事にして成功した人と失敗した人の特徴をしっかりと把握して、最適なキャリア選択ができるようにしてくださいね。

好きなことを仕事にして成功した人と失敗した人の特徴

成功談と失敗談をみていただきましたが、成功した人・失敗した人には共通した特徴があります。

本項ではその特徴を紹介するので、「失敗した人の特徴」に当てはまった人は「成功した人の特徴」にシフトしましょう。

好きなことを仕事にして成功した人の特徴

自分の好きなことや興味のあることを仕事にして成功した人の特徴には以下のようなものが挙げられます。

  • 意欲的に勉強やスキル習得に取り組み、実績を作るための努力をしている
  • 大変なことやデメリットも含めてその仕事に取り組む覚悟がある
  • 自分の理想や目標のために着実にキャリアプランを考えて行動している

好きなことを仕事にして成功した人の多くは、自分のキャリアをしっかりと見据えた上で大変なことやデメリットも受け入れて好きなことを仕事にした人が多いです。

また、キャリアを実現するための努力をしていき、着実に理想や目標を達成するための行動を積み重ねているという特徴もみられます。

「ただ好きだから」「ちょっと興味があるから」という簡単な考えだけではなくしっかりと考えて行動している人が多いのが特徴でしょう。

好きなことを仕事にして失敗した人の特徴

好きなことや興味のあることを仕事にしたけれど、失敗してしまった人には以下のような特徴が挙げられます。

  • メリットだけを見てデメリットやリスクを把握できていない
  • 理想の実現や目標の達成のための努力をしていない
  • キャリアプランが曖昧で、最適なキャリアプランの選択ができていない

好きなことを仕事にして失敗してしまう人の中には、好きなことを仕事にするメリットしか見えておらず、理想のイメージとのギャップを感じてしまったという人も多いです。

また、いくら好きなことを仕事にしたとしても、理想の実現や目標達成のための努力をしていなければ「成果も出ないし、全然楽しめない」ということにもなりかねません。

その他にも、キャリアプランが曖昧で適切なキャリア選択ができなかったという人も、好きなことを仕事にしたとしても、失敗や挫折をしてしまうということもあるのです。

好きなことを仕事にして生きていく方法

ここからは、好きなことを仕事にしていきていくための具体的な方法について紹介していきます。

好きなことを仕事にする目的やメリット・デメリットを考える

好きなことを仕事にしていくためには、まず「好きなこと」「やりたいこと」を考えていきます。

好きなことややりたいことを洗い出したら、次に「好きなことを仕事にする目的」「メリット・デメリット」を確認していきましょう。

仕事にする目的 なぜ「好きなこと」「やりたいこと」を仕事にしたいのか明確にする
メリット・デメリット 好きなことを仕事にするメリットとデメリットを明確にする

上記についてまとめておくことで、自分の好きなこと・やりたいことを明確にした上で、目的やメリット・デメリットもしっかりと考えることができます。

下記の記事では「目的を明確化する」話を詳しく解説しています。興味のある人はぜひご覧ください。

自己分析をおこない向いていることや得意なことなどを明確にする

今までの経験から「自分がどのような仕事に向いているのか」「得意だと感じることがあるか」を自己分析して明確にしていきましょう。

なぜなら、「好きなこと」だからと言って、自分に向いてることや得意なことであるとは限らないためです。

「好きなこと・やりたいこと」だけではなく「向いていること・得意なこと」も考慮していくことで、より最適なキャリア選択ができるようになるのでしっかりと洗い出していきましょう。

自己分析は第三者とおこなうことをおすすめしています。客観的な視点を取り入れることで、より効果的な自己分析ができるからです。

転職エージェント末永 末永

プロと一緒に自己分析したいと感じたら、ぜひマジキャリにご相談ください。


弊社マジキャリのコーチはプロとしてこれまでに多くの人のキャリア相談に乗ってきた実績があるため、あなたが気付いていないあなたの「向いていること・得意なこと」を見つけることができます。

マジキャリでプロと自己分析

具体的なキャリアプランを立てて道筋を明確にしていく

好きなことを仕事にしようと考えた時、自分の選択を後悔しないためには、じっくりと考え、行動指針を立てる必要があります。

例え好きなことでも、仕事でやっている以上、大変なことや辛いことはきっとあります。キャリアプランは、そんな時進むべき道を示してくれるいわば地図のようなものです。

キャリアの選択をするためには、この行動指針となるキャリアプランが必須です。

キャリアプランを立てる際には、以下のような流れで進めていきましょう。

  • 人生のゴールとなる指標を明確にする
  • 「好きなこと」「やりたいこと」「得意なこと」などを参考にキャリアの方向性を決める
  • キャリアを実現するために必要になる目標の設定とタスクの洗い出しをおこなっていく
  • 目標の優先順位や期限を参考にキャリアプランを具体的に立てていく

キャリアプランを立てる際には、仕事をする目的や人生のゴール、目標の設定が何よりも大切です。

なので、いままで洗い出した「好きなこと」や「やりたいこと」「得意なこと」を参考にキャリアの方向性を決めた上で、しっかりと目標の設定とタスクの洗い出しをおこなっていきましょう。

キャリアプランの設計に迷ったら、キャリアコーチングサービスのご利用も検討してみてくださいね。

以下は転職の記事ですが、キャリアプラン設計について具体的に説明しているのでぜひご覧ください。

好きなことややりたいことを仕事にする上でのルールや基準を決める

「好きなこと」や「やりたいこと」を仕事にする時には、チャレンジする前に自分なりのルールをしっかり決めておくことで、余計なストレスを感じたり、挫折してしまったりするのを防ぐことにもつながります。

  • チャレンジしてから2年以上はどんなに大変なことがあっても続ける
  • まず3ヶ月程度個人で取り組んでみてできると感じたものだけに挑戦する
  • 〇〇年以上やってみて〇〇(成果)ができなければ切り上げて別のことに挑戦する

ルールや基準は人それぞれですが、設定する目的としては「その場の勢いや感情に左右されることなく取り組んでいくため」です。

好きなことを仕事にした人の中には、向いていなくても仕事を続けてしまう人も多いため、しっかりとルールを決めることで上手くいかなかった時に見切りをつけることができるようになります。

また、誰かに相談して具体的に良し悪しやその後のキャリアについて説明できないのであれば、まだ考えが足りない証拠なので、しっかりと計画を練り直すことをおすすめします。

計画に沿って必要なスキルを磨き、実績作りなどの準備をする

キャリアプランを立てて、これから好きなことを仕事にしようとしている人は、まず計画に沿って必要になるスキルを身につけたり、実績作りをしたりしましょう。

例えば下記のような取り組みがあります。

  • スクールを活用して資格やスキルに関する勉強をする
  • 個人でできる範囲で仕事に取り組んでみてポートフォリオを作成する
  • クラウドソーシングサービスを活用して実績を作ってみる

転職をしようと考えている人でも、しっかりと個人で活動してから転職をする方が真剣度も伝わり転職も成功しやすくなります。

業界や職種にもよりますが、事前に準備をしておいた方が仕事の良し悪しをみることができて、冷静な判断ができるようになり、転職後のギャップも少なくなるのでおすすめです。

以下の記事で具体的な取り組みをご紹介しています。参考にしてみてください。

好きなことを仕事にしたことを後悔しないために必要なこと

好きなことを仕事にしてから後悔しないためには、チャレンジする前に一つでもいいので、以下のことをやってみてください。

これらのことを事前にやっておくだけでも、好きなことを仕事にした時のギャップを減らし、ミスマッチも起こりづらくなるので、参考にしてみてくださいね。

好きなことを仕事にするメリットやデメリットを天秤にかけること

「好きなことを仕事にしたい!」と考えている人は、自分が好きなことややりたいことがわかったら、勢いでチャレンジしてしまう人も多いです。

ですが、いざ取り組んでみると理想とのギャップを感じてしまい挫折してしまうこともあります。

ですので、好きなことを仕事にする場合には、事前に「メリット」と「デメリット(リスク)」を明確にして天秤にかけることが大切です。

その上で「大変なことがあっても、やらない方が後悔する!」と感じるのであれば挑戦するようにしましょう。

逆に「挑戦したいけど不安が大きい」という場合には、今の選択でいいのか考え直す必要があるため、不安の原因を明らかにして解消するために何をするべきかを考えていくことが大切です。

副業から始めてみて仕事の良し悪しを実際に体験してみる

好きなことを仕事にしたいと思い、転職やフリーランスとして活動することを考えているのであれば、まずは一度副業として仕事に取り組んでいくのがおすすめです。

副業として仕事に取り組んでみることで、今の自分のスキルや経験で仕事を獲得することができるのかを知り、実際に仕事として取り組んだ場合の良し悪しを体験することができます。

また、副業に取り組むことで副収入を得ることができ、実績作りをすることもできるため、今の会社で副業ができるのであれば、以下のサービスを活用して副業から始めてみるのもよいでしょう。

【副業で仕事を探すならおすすめのサービス】

  • 国内最大級の案件保有数を誇るクラウドソーシングサービス『CrowdWorks
  • 良質な案件も多数取り扱い日本最大級のクラウドソーシングサービス『Lancers
  • スキルを売り買いできる日本最大級のスキルマーケット『ココナラ

転職エージェントやキャリアコーチなどのプロに相談する

好きなことを仕事にしたいという場合には、転職エージェントやキャリアコーチングサービスを活用していくことで、後悔のなく納得のいくキャリア選択ができるようになります。

転職エージェントは、転職活動を前提としていますが、転職のための求人紹介以外にも、キャリアに関する相談や転職活動に必要になる自己分析や面接対策のアドバイスを行ってくれます。

また、キャリアコーチングでは求人の紹介はできませんが、その分、相談者のニーズに応じた相談がしやすく「転職は考えていないがキャリアについて相談したい」という場合におすすめのサービスです。

転職エージェントやキャリアコーチなどのプロに相談することで「好きなことが仕事に向いているのか」「今の自分の状況で好きなことを仕事にしていくことが現実的に可能なのか」など、具体的な話をしていくことができます。

好きなことを仕事にするためには『覚悟』が必要

ご紹介してきた通り、好きなことを仕事にすると仕事が楽しく取り組めるはずです。

一方で仕事として取り組む以上基本的にはお客さんがいることですので相手の意見を聞き入れなければいけないなど大変なこともたくさんあります。

ですので、好きなことを仕事にするには「大変なことも含めて自分が決めたことだから中途半端なままで終わらせない」という『覚悟』が必要です。

ですがリスク分析が難しいと感じたり、そもそも自分がどのような条件を重視しているのかわからなくなることも多いかと思います。

その際は、選択を後悔しないためにも、自己分析を繰り返し、キャリアプランを立ててから実際に行動するようにしましょう。

一人でおこなうのが難しい場合はキャリアコーチングサービスの利用をおすすめしています。

弊社のマジキャリのコーチは、これまでに多くの人のキャリア相談に乗り、実際に好きなことを仕事にするためのキャリアプランの設計をお手伝いしてきました。

現在初回無料で相談を実施しているので、お困りの際はぜひご相談ください。

転職を前提としないキャリアコーチングサービス
徹底した自己分析からキャリアプラン設計まで、圧倒的な価値を提供します!

マジキャリ

ポイント

  1. 徹底した自己分析やキャリアの棚卸し
  2. 中長期的なキャリアプランの作成
  3. 自社の基準を満たしたキャリアのプロのみ対応

マジキャリ
に相談する

  • ツイッター
  • フェイスブック
  • はてなブックマーク

line

line

  • マジキャリ