2019.08.13

ベンチャー企業への転職にはリスクがつきもの!転職失敗を防ぐコツ

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

今回はキャリア相談を受ける中でベンチャー企業に転職して失敗してしまったという方の相談を受けた際に感じていること、お伝えしていることを記事にしてみました。

ベンチャー企業へ転職を考えているけど不安がある...という方は参考にしてみてください。

ベンチャー企業へ転職を検討をしているなら、ぜひ元リクルートの転職エージェントにご相談ください!

なぜベンチャー企業への転職で失敗してしまうのか

これまでキャリア相談を受けてきた方のお話から失敗事例をいくつか挙げてみました。

やりがいや働き方に対するイメージのギャップ

ベンチャー企業は実力主義で裁量もあり、自由な社風でやりたいことに挑戦しながら働ける環境があるというイメージをお持ちの方が多いです。実際ベンチャー企業では、高い目標や大きなビジョンを掲げている企業が多く、キラキラした魅力がありますよね。

プレイヤーにもマネージャーへ意見する機会が大企業に比べて多かったり、目標へのアプローチは個人に任せる、という企業も多いです。目標やビジョンについても組織の信じる世界が明確にあり、ワクワクするような会社が多いのも事実です。

しかし、入社してから思うように実力を発揮できなかったり、組織である以上全員が好き勝手にやりたいことを実際にはできないことに、ギャップを感じることがあるようです。

また、目標やビジョンがあるとは言え、現場ではどうしても数字を作らなければなりません。数字を伸ばそうと急げば、会社が本来目指そうとしている世界観やビジョンを見失ってしまうことも多く、気づけば入社時に志した想いはどこかへ...のようなケースもあるようです。

スキルが思ったより伸びない

ベンチャー企業では、リソースの不足や業務フローの未整備から自分の役割を超えて仕事をしなくてはならないことがよくあります。

そのため、気づけばメインの業務よりサポート業務や総務のような仕事の割合が多くなってしまい、思うように目指していたスキルを磨くことができないと悩むことも少なくありません。

人事制度労務制度の未整備

急成長ベンチャーの場合、有給制度・勤怠管理・評価制度についての整備、メンバーへの浸透がうまくできておらず、不満に感じてしまうこともあるようです。

特に労働時間に関しては、メンバー一人が抱えるタスクがキャパシティを超えることも多くなってしまい、残業・土日出勤があることも珍しくありません。

評価制度についても曖昧な企業も少なくなく、本当に評価させれているのか不安に思うケースもあるようです。

企業の成長・衰退についていけない

ベンチャー企業では、勢いに乗りすごく業績が伸びるタイミングや、大企業が競合として参入し、突然業績が悪くなったり会社の状態が短期間で大幅に変わることがあります。

そのため従業員は自社がどのような状態になろうとも常にベストの打ち手を考えなければなりません。

これまでやってきたこと、これまでの考え方をすべてリセットし0ベースで考えることが必要なのですが、自分が責任を持って進めてきたものが無に帰してしまうようなことは、耐えられないことがあるようです。

転職についてお悩みなら、年間2,000人以上の転職者からの相談を受ける転職エージェントのアクシスにご相談をください!

ベンチャー企業に転職して後悔する人の特徴

次にベンチャー企業の転職に向かない人の特徴についてまとめてみました。

自ら仕事を作り出せない人

ベンチャー企業では、大規模な企業に比べ研修や上司からの手厚いフォローが少ない傾向にあります。指示を待っていたり自分の今できる範囲しか仕事のできない人はどんどん置いていかれてしまいます。

やるべきことを見つけ自分でタスクを作り、会社を推進させていく力(気持ち)がなければ活躍することはまず難しいでしょう。

自分軸でなく周りの環境に影響されてしまう

ベンチャー企業は変化が多く、自分でコントロールできない仕事や状況が頻繁に起こります。そのような時に「大企業だったら..」.「経営陣がもっとこうであれば...」と考えてしまう人は向いてないと言えるでしょう。

他責にしてしまいしてやるべきことに取り組めない人は、環境に適応している周りのメンバーとのギャップに苦しんでしまいます。

こんなベンチャー企業はリスクが高い

会社を過度によく見せようとする

面接の際に自社の課題や問題点を伝えず、良い点だけを伝えている企業は入社してからのギャップに苦しむことがあります。

ベンチャー企業は、これまでにない市場や競合環境がめまぐるしく変わる状況にいることが多く、実際に入社してみると面接で聞いていた話以上に業務は大変だったと思うことが多いようです。

また、リソースが足りないため採用をかけているはずなのに「基本土日は休み、残業もほとんどありません」と言い切ってしまっているケースは、入社後に残業などがあるとギャップに戸惑ってしまいます。

事前に働くイメージを明確にできるようにして入社を検討するのが良いかと思います。

魅力だと思う点がやりがいやビジョンのみ

素敵なビジョンを掲げている企業は多いですが、入社への決め手がその一つのみである場合はとても危険です。

なぜなら人の感情や思考は時間とともに変化するからです。入社した時は素敵だと思っていたが、そのような感覚はどうしても時と、ともに薄れてしまいます。ビジョンに共感したからといって入社を即断するのは気をつけましょう。

働いている人が魅力的でない

面接にいった際に実際に働いている現場を見学させてもらいましょう。

成長している企業ではやはり社員も明るく生き生きと仕事をしています。雰囲気が悪かったり社員の顔が暗いと感じたら、現場の社員とも面談させてもらい、どのような課題を抱えているのか確認した方が良いでしょう。

それでもベンチャー企業へ行きたい!ベンチャー企業の魅力

これまでベンチャーへ転職する際の懸念点について多く挙げてしまいましたが、ベンチャーで働くことは悪いことばかりではありません。

経営者と近い距離で仕事をすることができる

1つ目に経営者と近い距離で仕事をすることが挙げられます。

会社の意思決定をしている人がどんな人なのか、その判断がどのような基準でされているのかについて間近で見て知ることができます。

将来独立を考えている人にとっては良い機会になるかと思います。

意見を言える雰囲気がある

大きな組織になると現場の意見が通りにくく、自分の思うように働けないと悩んでいる方も多いようです。

ベンチャー企業ではフェーズにもよりますが、みんなで会社を作っていこうという雰囲気があり、メンバークラスからどんどん意見を引き出したりむしろ求められます。

ただ任させた業務をやるのでなく、自分から課題や仕事を作っていくような仕事をしたい人にとって良い環境だと言えます。

会社の成長を自分事で喜ぶことができる

メンバーが少ない分一人一人の事業成長への貢献度は高くなります。自分の関わったプロジェクトが会社の成長に直結しメンバーと喜び合えるのは、ベンチャー企業の醍醐味だと言い切れます。

ベンチャー企業への転職をするなら

転職活動する際は大きく求人媒体を見て自分でエントリーするか、エージェントを使ってキャリコンサルタントに転職相談する二通りがあります。

どちらも登録は無料ですので一度試して見てはいかがでしょうか。

媒体

⒈ Green

インターネット業界では最大級の規模の転職サイトです。IT・web業界に強く、成長性の高いベンチャー企業の求人が豊富です。

大手の優良ベンチャー企業の求人も取り揃えており転職を考える際はまずGreenをみて業界について知るのも良いかと思います。

⒉ Wantedly

ベンチャー企業やスタートアップの求人が中心で、コンセプトは「はたらくを面白く」 いきなり書類選考があり面接を組む、という形でなくカジュアルに「話を聴きに行きたい」というエントリー方法で企業を訪れることができます.

おすすめメガベンチャー企業

「ベンチャーで働くことに憧れるけど、リスクを取る勇気がでない…」

そんな方におすすめしたいのがメガベンチャー。

どれも従業員数1000名以上、東証一部上場の大企業ですが、「新しきを生み出す」「挑戦する」というマインドを大切にしている企業です。

おすすめベンチャー企業

弊社がおすすめしている企業の中で、最近株式上場を達成したベンチャー企業の一覧です。

「大手企業の意思決定の遅さにはうんざり!事業と組織が同時に急成長していくスピード感を体感したい!」という方にピッタリの環境です。

おすすめスタートアップ企業

弊社がおすすめしている企業の中で、資金調達を果たしたアーリー・シードステージのスタートアップ企業の一覧です。

「事業づくりに深くコミットしたい!」「会社の組織やカルチャーをつくりたい!」という方におすすめです。

ベンチャーへの転職に強い転職エージェント アクシス株式会社

弊社も手間味噌ながら転職エージェントとして、転職希望者の支援をさせていただいております。

実際ベンチャー企業でより前線でやりがい持って働きたいという人が多いのではないでしょうか?しかし、実現したい目標やビジョンをちゃんと一致させておかないと、ミスマッチの原因にも繋がります。

またベンチャーならではのカルチャーもあるため、転職を検討している人は、転職エージェント等のサポートは受けておいて損はないと思います。

転職エージェントといっても、大中小合わせて数万のエージェントがあるため、相談をする際はいくつかを見て判断をすることをオススメしております!弊社も転職得にITやネット系のベンチャー企業への転職サポートを得意としております。

「ベンチャー企業に興味はあるけど、自分がやっていけるのか不安…」という方もぜひご相談ください!

ベンチャー企業の求人も多数扱っておりますのでベンチャー企業への転職を検討しているなら一度お話をしてみませんか?

年収350万から700万以上を目指す20代のための転職エージェント

弊社は、会社に依存せず、自分の実力や専門スキルでキャリアを築いていける人材のキャリア支援を提唱しています。
転職者のキャリア形成や自己実現を応援する上で、たとえ短期的にはしゃがんだとしても、その後にきちんとリターンを獲得できるキャリアプランを提案いたします。

企業ではなく徹底的に個人を向いたキャリアエージェント

ポイント

  1. 20代で年収350万から700万に届く最短ステップを伝授!
  2. 転職支援を通じて企業に依存しない自立した人材を目指す方の挑戦を長期に渡ってサポートします!
  3. 丁寧なカウンセリングと厳選された求人による、大手には出来ない圧倒的な内定獲得数を実現!

すべらない転職エージェントに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。