ベンチャー企業への転職にはリスクがつきもの!転職失敗を防ぐコツ

ベンチャー企業への転職にはリスクがつきもの!転職失敗を防ぐコツ

    「ベンチャー企業に転職してみたいけど、失敗やリスクが不安」といったお悩みを解決していきます。

この記事を書いた人
末永雄大

末永雄大

新卒でリクルートエージェント(現リクルート)に入社。数百を超える企業の中途採用を支援。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして人材紹介サービスを展開しながら、年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeチャンネル「末永雄大 / すべらない転職エージェント」の総再生回数は1,800万回以上。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック
詳細プロフィールはこちら

ベンチャー企業に転職する際のリスク

転職エージェント末永 末永

転職にはリスクがつきものですが、ベンチャー企業に転職する際には特に転職に伴うリスクについて考える必要があります。

ここでは実際にベンチャー企業に転職するリスクはどのようなものがあるか、いくつか紹介していきます。

倒産するリスクが高い

ベンチャー企業に転職した場合のリスクとして第1に挙げられるのは転職先の企業が大手企業などと比べて倒産するリスクが高いことです。

もちろん大手企業でも倒産するリスクはありますが、大手企業と比べてベンチャー企業は資金も少なく企業として基礎体力が弱い傾向にあります。

資金力が弱いベンチャー企業では、景気が悪化した場合や事業の収益が著しく悪化した際に倒産してしまう可能性が高いです。

ベンチャー企業に上手く転職できたからといって、転職後数ヶ月・数年で倒産してしまったらまた転職活動を始めなくてはいけません。

そうならないためにもベンチャー企業に転職する際には企業の事前調査をしっかりとおこないましょう。

年収が下がる可能性がある

ベンチャー企業に転職した際の2つ目のリスクとして、年収が下がってしまう可能性があります。

先ほども述べたように、ベンチャー企業は大企業に比べて資金力が弱い場合や、事業を黒字化できていない場合もあります。

そういった場合、事業をかろうじて運営しており従業員に多額の給料を支払う余裕がないことも多いです。

このような状況の企業が多いため、前職ほどの収入を得ることができなくなってしまう可能性があります。

とはいえ、ベンチャー企業は上場する可能性やこれからの伸び代が大きいため長期的な視点で見ると収入が増える可能性もあります。

ベンチャー企業では実力主義の企業が多いため頑張った分だけ早く収入が増える可能性もありますしね。

またベンチャー企業ではストックオプションの制度を取り入れている企業もあるため、そういった収入も見込むことができます。

ただし、基本的には前職よりも収入が減るということを頭に入れておきましょう。

労働環境が整っていない

ベンチャー企業に転職した際の3つ目のリスクとして労働環境が悪い可能性があります。

ベンチャー企業は、組織体制・制度が整っておらず、業務管理や勤務時間も自己裁量になっていることが多いです。

ベンチャー企業は従業員数が少ない企業も多いため、一人当たりの仕事量が多くなってしまっている傾向にあります。

そのため残業時間が多くなってしまったり、休日出勤をしなくてはいけない場合もあります。

成長意欲があり沢山働きたい人には向いていますが、プライベートと仕事のバランスを取りたい人にはきつくなってしまう可能性もあります。

とはいえベンチャー企業でも労働環境が整っており、残業がほとんどない企業も存在するのですが、各ベンチャー企業の労働環境について自分で調べるのはかなり難しいです。

比較的小規模であるベンチャー企業は、その分社員数も少ないため内部情報が外部に出回りにくいんですよね。

実際に自分で調べてみると、ほとんど労働環境に関する情報がないベンチャー企業が多く見つかるはずです。

転職エージェント末永 末永

しかし、各企業と密接な関わりを持ち、直接企業へ出向くことが多い転職エージェントに聞けば各企業の労働環境を詳しく教えてもらうことができますし、労働環境がいい企業を紹介してもらうこともできます。


特に弊社のすべらないキャリアエージェントはベンチャー企業の求人を中心に扱ってきたため、各ベンチャー企業の環境の違いをより詳しく把握しています。


実際弊社では転職者の入社半年以内の離職率が1.5%となっており、これは業界水準の13.9%を大きく下回っています。自分が望む労働環境で働きたい人はぜひご利用ください。

弊社エージェントのポイント

❐企業とのつながりが密で豊富な情報を保有
❐企業別の徹底した選考対策が可能
❐書類通過率は大手の6倍、内定率は4倍

すべらないキャリアエージェント
に相談する

リスクの高いベンチャー企業の特徴

次にリスクの高いベンチャー企業の特徴について紹介していきます。

転職する際のリスクを少しでも下げるために参考にしてください。

採用人数が明らかに多い

リスクの高いベンチャー企業の特徴1つ目は常に人員を大量募集していることです。

採用人数は離職率と密接に関わっているため、社員の人数に対して採用人数が非常に多い企業は、何か問題がある可能性が高いのでやめておきましょう。

例としてはハードワークの社風が根付いていたり、社内の仕組みに問題があったりすることによって早期退職が後を絶たず、人材が定着していない場合があります。

しかし、大量採用を行っているからといって必ずしもリスクが高いとは言えないため、大量採用の背景を確認することが大切です。

掲げているビジョンや目標が漠然としている

リスクの高いベンチャー企業の特徴2つ目は掲げているビジョンや目標が漠然としていることです。

「世の中を変えていく」といったような漠然とした目標だけを掲げている企業では、これからの具体的なビジョンや目的がなく事業自体にも将来性がない可能性があります。

一方で堅実な事業拡張を行っているベンチャー企業では具体的なビジョンや目標を持っているため、「数年後の到達目標」が明確であったり、現実的な戦略立案を行っていたりします。

リスクが高い企業に転職しないためにも、その企業は長期的な視点で経営をおこなっているか確認しましょう。

働いている人が魅力的でない

面接にいった際に実際に働いている現場を見学させてもらいましょう。

成長している企業ではやはり社員も明るく生き生きと仕事をしています。

雰囲気が悪かったり社員の顔が暗いと感じたら、現場の社員とも面談させてもらい、どのような課題を抱えているのか確認した方が良いでしょう。

ベンチャー企業に向かない人の特徴

次にベンチャー企業の転職に向かない人の特徴についてまとめてみました。

ベンチャー企業には向き不向きがあるため、一度自分に当てはまっていないか確認してみましょう。

自ら仕事を作り出せない人

ベンチャー企業では、大規模な企業に比べ研修や上司からの手厚いフォローが少ない傾向にあります。

そのため、指示を待っていたり自分の今できる範囲しか仕事のできない人はどんどん置いていかれてしまいます。

やるべきことを見つけ自分でタスクを作り、会社を推進させていく力(気持ち)がなければ活躍することはまず難しいでしょう。

自分軸でなく周りの環境に影響されてしまう

ベンチャー企業は変化が多く、自分でコントロールできない仕事や状況が頻繁に起こります。

そのような時に「大企業だったら……」や「経営陣がもっとこうであれば……」と考えてしまう人は向いてないと言えるでしょう。

他責にしてしまい、やるべきことに取り組めない人は、環境に適応している周りのメンバーとのギャップに苦しんでしまいます。

安定思考の人

大手企業と比べてベンチャー企業はかなり早いスピードで変化していきます。

早いスピードで変化していく分企業としての成長は早いですが、働く上ではその変化についていかないといけないため変化を楽しめる人でないと苦しくなってしまいます。

安定思考の人であるとその変化に対して不安を感じる場合もあるでしょう。

変化を楽しむことがベンチャー企業で働く1つの魅力でもあるため、大手企業のような安定を求めたい人には向かない場合があります。

もちろん、変化が激しいベンチャー企業もあれば変化が少ないベンチャー企業もあるため、自分が働きやすいと感じる企業を選べばいいです。

ただ、変化が激しい企業と変化が少ない企業を見分けるのは、普段多くの企業情報に触れてないと分かりません。

転職後「こんな環境だとは思ってなかった」などと後悔したくないのであれば、普段から数多くの企業から直接ヒアリングをしている転職エージェントに相談してください。

転職エージェント末永 末永

特に弊社のすべらないキャリアエージェントはベンチャー企業の求人を中心に扱ってきたため、ベンチャー企業の違いを正確に把握しています。

弊社エージェントのポイント

❐企業とのつながりが密で豊富な情報を保有
❐企業別の徹底した選考対策が可能
❐書類通過率は大手の6倍、内定率は4倍

すべらないキャリアエージェント
に相談する

ベンチャー企業への転職で失敗する理由

次にベンチャー企業への転職でなぜ失敗してしまったのか紹介していきます。

これまでキャリア相談を受けてきた人のお話から失敗事例をいくつか挙げてみました。

やりがいや働き方に対するイメージのギャップ

ベンチャー企業は実力主義で裁量もあり、自由な社風でやりたいことに挑戦しながら働ける環境があるというイメージをお持ちの人が多いです。

実際ベンチャー企業では高い目標や大きなビジョンを掲げている企業が多く、キラキラした魅力がありますよね。

プレイヤーにもマネージャーへ意見する機会が大企業に比べて多かったり、目標へのアプローチは個人に任せる、という企業も多いです。

目標やビジョンについても組織の信じる世界が明確にあり、ワクワクするような会社が多いのも事実です。

しかし、入社してから思うように実力を発揮できないことや、組織である以上全員が好き勝手にやりたいことを実際にはできないことに、ギャップを感じることがあるようです。

また、目標やビジョンがあるとは言え、現場ではどうしても数字を作らなければなりません。

数字を伸ばそうと急げば、会社が本来目指そうとしている世界観やビジョンを見失ってしまうことも多く、気づけば「入社時に志した想いはどこかへ……」となってしまうケースもあるようです。

スキルが思ったより伸びない

ベンチャー企業では、リソースの不足や業務フローの未整備から自分の役割を超えて仕事をしなくてはならないことがよくあります。

そのため、気づけばメインの業務よりサポート業務や総務のような仕事の割合が多くなってしまい、思うように目指していたスキルを磨くことができないと悩むことも少なくありません。

しかしベンチャー企業では人手が少ないため実力以上のポジションを与えられることもあります。

そのため大手企業では年次を重ねてからでないとできないような仕事をできるチャンスがあります。

人事制度労務制度の未整備

急成長ベンチャーの場合、有給制度・勤怠管理・評価制度についての整備、メンバーへの浸透がうまくできておらず、不満に感じてしまうこともあるようです。

とくに労働時間に関しては、1人が抱えるタスクがキャパシティを超えることも多くなってしまい、残業・土日出勤があることも珍しくありません。

評価制度についても曖昧な企業も少なくなく、本当に評価されているのか不安に思うケースもあるようです。

企業の成長・衰退についていけない

ベンチャー企業では、勢いに乗りすごく業績が伸びるタイミングや、大企業が競合として参入し、突然業績が悪くなったり会社の状態が短期間で大幅に変わることがあります。

そのため従業員は自社がどのような状態になろうとも常にベストの打ち手を考えなければなりません。

これまでやってきたこと、これまでの考え方をすべてリセットし0ベースで考えることが必要なのですが、自分が責任を持って進めてきたものが無に帰してしまうようなことは、耐えられないことがあるようです。

ベンチャー企業で働く魅力

これまでベンチャーへ転職する際の懸念点について多く挙げてしまいましたが、ベンチャーで働くことは悪いことばかりではありません。

経営者と近い距離で仕事をすることができる

1つ目に経営者と近い距離で仕事ができることが挙げられます。

大手企業だと社長と会ったことがない人もいるでしょう。しかしベンチャー企業であると社長と同じフロア、あるいはすぐそばで一緒に働くことができます。

そのため会社の意思決定をしている人がどんな人なのか、その判断がどのような基準でされているのかについて間近で見て知ることができます。

将来独立を考えている人にとっては経営者の考え方や経営ノウハウを間近で感じることができ、良い機会になるかと思います。

意見を言える雰囲気がある

大きな組織になると現場の意見が通りにくく、自分の思うように働けないと悩んでいる人も多いようです。

ベンチャー企業ではフェーズにもよりますが、みんなで会社を作っていこうという雰囲気があり、メンバークラスからどんどん意見を引き出そうとします。

ただ任させた業務をやるのでなく、自分から課題や仕事を作っていくような仕事をしたい人にとって良い環境だと言えます。

会社の成長を自分事で喜ぶことができる

メンバーが少ない分、1人1人の事業成長への貢献度は高くなります。

またベンチャー企業では新規事業を立ち上げることも多く、新規事業の立ち上げに1から関わることもできます。

自分が立ち上げた事業が拡大することができた時には会社の成長と共に達成感も味わうことができます。

自分の関わったプロジェクトが会社の成長に直結しメンバーと喜び合えるのは、ベンチャー企業の醍醐味だと言い切れます。

裁量権が大きい

ベンチャー企業に転職する魅力4つ目は、裁量権が大きいことです。

裁量権とは、その人が自由に考えて判断し、行動できる権利を指します。

ベンチャー企業では1人1人が自分の考えで判断・行動できる範囲が広いため、責任が大きい仕事を任せてもらいやすいんですよね。

責任が大きい仕事をした経験は多くの人が持っていないため、市場価値を高めることができます。

ストックオプション制度

ベンチャー企業に転職する魅力5つ目は、ストックオプション制度です。

ストックオプションとは自社の株を低価格で購入できる権利のことを指します。

上場前の企業に限った話にはなるのですが、その企業で相応の活躍を見せればその見返りとしてストックオプションをもらえる可能性があります。

株を一定量持った状態でその企業が上場すれば、一気に数千万円の資産が手に入ります。

優良なベンチャー企業の特徴

では逆に優良なベンチャー企業にはどういった特徴があるのでしょうか。

以下で説明していきますね。

社員が優秀

優良なベンチャー企業の特徴1つ目は社員が優秀であることです。

ベンチャー企業の場合社員1人1人の裁量権が大きいため、社員がどれだけ優秀かによってその企業の将来性が大きく左右されます。

また、社員が優秀であれば学べることも多いですし、同僚と切磋琢磨して大きく成長することもできます。

ただ、外部の情報だと社員が優秀かどうかは分からないので、選考を通じて社員の雰囲気や逆質問によって見極めてください。

業績が伸びている

優良なベンチャー企業の特徴2つ目は業績が伸びていることです。

業績が伸びていれば、その企業の将来性に一定信頼を持てます。

また、業績が伸びているということはその分必要なポジションが増えているため、転職後にチャンスが回ってきやすいです。

安定した企業での成長を求めているのであれば、企業の業績の伸びは要チェックです。

ベンチャーキャピタルから投資を受けている

優良なベンチャー企業の特徴3つ目はベンチャーキャピタルから投資を受けていることです。

ベンチャーキャピタルとは将来的に高い成長が見込めるベンチャー企業に投資を行う企業のことです。

ベンチャーキャピタルから投資を受けているということは、専門的な視点で将来性を認められているということになります。

「企業名 資金調達」とか「企業名 資金源」で調べれば出てきますので、転職したいベンチャー企業があれば調べてみてください。

転職エージェント末永 末永

とはいえ、ベンチャーキャピタルから投資を受けている全ての企業が成長しているとは限りません。


成長できておらず資金が底をつきそうなところを投資によってなんとか存続させている企業も多いです。


実際、そういったベンチャー企業に入ってすぐに経営が破綻してしまい、苦労した人をたくさん見てきました。

しかし、弊社アクシスでは私が実際に各企業の経営状況や社内状況をヒアリングし、経営基盤が安定しており成長している企業の求人のみを取り扱っています。

安定した優良なベンチャー企業に転職したい人はぜひご相談ください。

弊社エージェントのポイント

❐企業とのつながりが密で豊富な情報を保有
❐企業別の徹底した選考対策が可能
❐書類通過率は大手の6倍、内定率は4倍

すべらないキャリアエージェント
に相談する

ベンチャー企業に向いている人の特徴

ベンチャー企業に向いている人には以下のような特徴があります。

起業や独立を目指している

ベンチャー企業に向いている人の特徴1つ目は起業や独立を目指していることです。

起業や独立をするとなると、自分で0から事業を作ることが必須になりますよね。

ベンチャー企業で働けばどのように事業が作られていくのかを間近で見ることができますし、場合によっては自分自身がその担い手になれます。

将来的に自分で事業を作っていきたいのであればベンチャー企業が一番の近道です。

成長意欲が高い

ベンチャー企業に向いている人の特徴2つ目は成長意欲が高いことです。

先ほども触れましたが、ベンチャー企業に入社すればそれまでより大きな裁量権を持って働くことができます。

裁量権が大きいということは、その分責任が重いうえに業務の幅が広いので、仕事の難易度が高くなるんですよね。

仕事の難易度が高ければ高いほどそれを乗り切った際の成長は著しいので、成長意欲が高い人には裁量権が大きいベンチャー企業がおすすめです。

仕事を優先できる

ベンチャー企業に向いている人の特徴3つ目は仕事を優先できることです。

ベンチャー企業には仕事にやりがいを持ち、好んで残業をする人も多いです。

特に小規模のベンチャー企業の場合、周りの雰囲気から半ば強制的に残業することになりがちです。

プライベートを削って仕事に従事する必要があるため、常に仕事を優先できる人が向いてます。

ベンチャー企業への転職のコツ

ここまではベンチャー企業に転職した際のリスクや失敗事例について紹介してきましたが、次は転職を成功させるコツについて紹介していきます。

ベンチャー企業に転職する目的をはっきりとさせる

ベンチャー企業への転職を成功させるコツとして初めにベンチャー企業に転職する目的 をはっきりさせておきましょう。

ベンチャー企業では労働時間が長かったりするので、必ずしも良い待遇を受けられるとは限りません。

厳しい環境に身を置くことになるためベンチャー企業で働いていたい明確な目的を持っていないと続けることが苦しくなってしまいます。

また転職活動をおこなう際にもベンチャー企業に転職する目的をはっきりとさせておくことで転職後のミスマッチを減らすことができます。

ベンチャー企業に転職を考えている場合はなぜベンチャー企業に転職したいのかという目的をはっきりとさせておきましょう。

事業内容と市場規模を確認する

ベンチャー企業に転職するコツ2つ目は、その企業がどのような事業をおこなっているのか確認することです。

事業内容だけでなくその事業の業界がこれから伸びる業界なのか、現在伸びている業界なのかも確認することが大切です。

伸びている業界の事業でないと企業の成長の可能性を狭めてしまいます。

ベンチャー企業はこれから伸びていく企業であり、資金力もあまりないため伸びていない業界の事業内容であると企業が倒産してしまう可能性も高くなりますしね。

また自分が興味のある事業内容であるか、自分のやりたいことと繋がる事業内容であるのかも大切です。

必ず気になっている企業の事業内容はきちんと調べてから決めましょう。

給与・福利厚生を確認する

次にベンチャー企業への転職を成功させるコツとして給与・福利厚生を確認しましょう。

ベンチャー企業に転職するリスクでも述べてきたように、ベンチャー企業はまだ資金繰りが上手くいっていないことも多く、従業員に十分な給料が払われないこともあります。

現在よりも年収が下がってしまうことも考えられます。後から後悔しないためにも給与は大体いくらくらいなのか調べておきましょう。

またベンチャー企業だと制度が整っておらず大手企業に比べると福利厚生が充実していない場合もあります。

しかし、ベンチャー企業には少し変わった福利厚生がある企業もあるので色々と探してみるといいです。

転職エージェントを利用する

最後にベンチャー企業への転職を成功させるコツとして転職エージェントを利用することもできます。

ベンチャー企業に転職後、仕事量が多かったり社風に合わず「こんなはずじゃなかった」と思う人は少なくありません。

ベンチャー企業は企業ごとの個性が強いため自分に合った企業を選ばないとせっかく転職をおこなっても辛いままになってしまいます。

そこで転職エージェントを利用することで、プロのキャリアアドバイザーがあなたに合ったベンチャー企業を紹介してくれます。

転職後のミスマッチを防ぐためにも転職エージェントを利用するのも一つの手です。

転職エージェント末永 末永

弊社アクシスのすべらないキャリアエージェントではベンチャー企業への転職サポートを得意としています。弊社では転職サイトなどでは扱っていない非公開求人も扱っているため転職者一人ひとりに合った求人を紹介することができます。

また弊社では自己分析を徹底的におこなうことで転職後のミスマッチを防いでいます。ベンチャー企業に転職したいけど悩んでいる人はぜひ弊社にご相談ください!

すべらないキャリアエージェントに相談する

ベンチャー企業とは

実はベンチャー企業には明確な定義が存在しません。新規事業や新しいサービスを生み出している企業のことをベンチャー企業と呼ぶ場合が多いです。

また、よくベンチャー企業と中小企業が混同されますが、両者は同じものではありません。

従業員数300人未満の企業が中小企業と呼ばれる一方で、新規事業を行っていれば規模によらずベンチャー企業と呼ばれます。

そのため、中小企業とも呼べるベンチャー企業もあれば、大手企業とも呼べるベンチャー企業もあります。

例えばリクルートやDeNA、サイバーエージェントなどは大手企業と言えますね。

「ベンチャー企業=規模に関わらず新規事業を創出している企業」と覚えていてください。

ベンチャー転職をお考えの人へ

ベンチャー企業に転職するためには、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

なぜなら、一般公募をかけているベンチャー企業の中には、転職者様がキャリアを築けないブラック企業が存在するにも関わらず、転職者様はどの企業がブラックなのか分からないことが多いからです。

転職後に初めてその企業がブラックであることに気づき、後悔するといった事態は避けたいですよね。

すべらないキャリアエージェントは、中小エージェントならではの強みを活かして、転職者に紹介する企業の選別を行い、ブラック企業の求人を弾いているので、実質的に優良求人しか保有していないのが特徴です。

他にも、以下のような他の転職エージェントに負けない強みがあります。

  • 転職サイトに載っていない優良求人を保有
  • 志望する企業向けにカスタマイズされた面接練習の実施
  • 転職支援のプロによる転職者の長期的なキャリア設計のコンサルティング

本気で転職を成功させたいと考えている人は、ぜひ一度すべらないキャリアエージェントに相談ください

キャリアを高めたい20~30代前半に向けた転職エージェント

ポイント

  1. 希望や適職にあった厳選した求人のみを紹介するので利用者満足度91%!
  2. 一人一人に向き合った丁寧なサポートにより内定決定率30%以上!(業界平均6%)
  3. 弊社の戦略的キャリアプランにより年収360万の人が年収700万のオファーで転職成功!

【無料】転職サポート申し込み

line

line

  • すべらないエージェントとは
  • すべらないエージェントの強みとは
  • 弊社のイチオシ自律型人材とは
  • すべらない転職Q&A