ベンチャー転職で後悔したくない人必見!失敗しない方法を徹底解説

女性 悩み イライラ

ベンチャー転職で後悔しないために知っておきたいよくある失敗事例を紹介します。

また、ベンチャーで活躍できる人の特徴や転職する際の注意点、自分に合った企業を見つける方法なども分かりやすく解説します。

ベンチャー企業への転職でよくある後悔事例

結論、ベンチャー企業はイメージで転職をすると後悔します

実際、ベンチャー転職で起きる後悔の主な原因は、転職前のイメージと転職後の現実とのギャップです。たとえば、成長を求めてベンチャー転職したのに、実際は多量の業務に追われてやりたい業務に時間が割けず、成長を感じられない。こんな仕事なら大手に残っていたほうがよかった、といったケースはよくあります。

このようにイメージでベンチャー転職するのは危険です。下記で、よくある後悔事例を紹介するので、自分がイメージだけで転職を考えていないか確認してみてください。

思ったように成長できない

大手企業では思ったようにスキルアップができず、成長の機会を求めてベンチャー企業へ転職する人は多いです。しかし、成長に必要なのは環境ではなく、自分自身のマインドや人間性です。

実際、ベンチャー企業へ転職しなくても成長している人はたくさんいます。

たとえば「失敗を学びにできる人」と「失敗を恥ずかしい、怖い」と思ってしまう人ではどちらが成長するでしょう。

前者ですよね。後者のマインドでは大企業でもベンチャー企業でも大きな成長は見込めないです。逆に、前者であればベンチャー企業でも大手企業でも成長できます。

もし、あなたが成長できていないのを現職場の環境のせいにしているのであれば、転職を考える前に自己分析をして、自分は転職すれば成長できそうか、成長するために自分は変化できそうかを考えてみましょう。

社風が合わない

ベンチャー企業の社風が合わなくて転職を後悔する人は意外にも多いです。ベンチャー企業は若い社員が多いですし、インターン生が主力となっている会社も少なくありません。

そのため、職場の雰囲気やノリは会社によって様々です。上下関係が緩かったり、学生ノリのある会社も珍しくありません。

転職で後悔しないためにも、入社する前に社風をしっかり感じておきましょう。

会社訪問したり社員と話す機会を作るのも1つの方法です。また、社員や元社員が匿名で会社を評価できる口コミサイトも参考になります。ただ、口コミは信頼性に欠けるデメリットがあるので、参考程度にしておきましょう。

あらかじめ口コミサイトで調査してから、企業の人と話すときに「御社は〇〇な社風と聞いていたのですが、実際にはどんな感じですか?」と聞くと社風を把握できるのでおすすめです。

イメージとリアルの差異を確認できるので、転職後に社風で後悔することはなくなります。

大手企業との待遇面の差

ベンチャー企業は起業して間もない会社が多く、福利厚生などの制度が整っていないことが多いです。

大手企業よりも福利厚生や給与が下がるのを承知で転職したにも関わらず、転職後に後悔する人がいます。

「有給は取れると言われたが、仕事量が多すぎてなかなか有給を消化できない」「大企業にいたときは当たり前のように貰っていたボーナスがほとんど貰えなくなった」など、想像以上のギャップに困惑します。そして不満を抱きながら働いていた以前の会社が恵まれた環境だったことに転職後に気づくケースが多いです。

とくに家庭を持っている人はよく家族と相談してから転職活動するようにしましょう。勤務時間が増えれば家族と過ごせる時間は減り、収入が減れば家族の生活水準も変えなければいけないかもしれません。

【無料】ベンチャーへの転職に後悔したくないのなら、キャリア相談にも力を入れている弊社へぜひご相談ください!

ベンチャー企業への転職に向かない人の特徴

ベンチャー企業に向かない人がベンチャーへ転職してしまうと、後悔してしまう可能性が高いです。

ベンチャー企業へ転職してから後悔しないために、向いていない人の特徴に自分が当てはまるのか確認してみましょう。以下で、これまで多くの転職支援をおこなってきた筆者がベンチャー企業に向かないと感じた3つの特徴を紹介します。

自分軸を持っていない

自分軸を持たない人はベンチャー転職に向いていません。ベンチャー転職を検討している人は成長意欲が高い人が多いですが、自分軸を持たずに漠然と成長したいと思っていても成長できないからです。

転職における自分軸とは、転職先で「どのような仕事をしたいのか」「どのように成長したいのか」です。具体的には「営業部に入って1ヶ月の売上で1000万円を超える」「新しい事業を立ち上げて成功させる」「大手企業で受動的に仕事をしてきたが、転職先で能動的に仕事をしてチームを引っ張る人材になりたい」などです。

ベンチャー企業では変化が激しいです。仕事内容、経営状態、社内制度、など変化の起こる頻度は大手企業と比べると多いです。自分軸を持っている人「どのような結果を出したいのか」、「自分はどうなりたいのか」、といった目標や自身の成長像が明確です。そのような人は、周囲の変化や環境に影響されることなく求める成長や結果に向かって努力し続けられます。

しかし、自分軸のない人はそのような変化に対応できません。結果が出せなくなったこと、仕事が楽しくなくなったことを環境の変化のせいにしていては成長はありません。

成長を求めてベンチャー企業に転職したいと思っている人は、転職の自分軸を改めて考えてみてください。自分軸を深掘りして考えたことは転職面接でも活かせます。

ベンチャー気質じゃない

ベンチャー気質でない人がベンチャー企業に転職してしまうと、結果として、イメージとのギャップから後悔することが多いです。ベンチャー気質な人とは、安定よりも変化や刺激を求めている人です。

変化が苦手な人はベンチャー企業に向いてません。大手企業では、上司に言われたことをこなすのが基本で、ルーティン気味な仕事も少なくありません。

一方、ベンチャー企業は新入社員であっても事業を伸ばすためにあらゆる試行錯誤をしなければなりません。また、新規事業を始めたかと思えばすぐにやめたり、社長の考えが昨日と今日で違ったりと、会社としての変化も大手企業に比べて頻繁に起こります。

言われたことをやるタイプの人

指示されて動くタイプの人はベンチャー企業に向いていません。もし、あなたが主体的に仕事をするよりも課せられた業務をこなすほうが得意なのであれば、ベンチャー企業では苦労するかもしれません。

転職後は仕事について丁寧に教えてもらうというよりは、やっていきながら覚えるのが基本です。そのため、疑問点を自己解決する能力、わからないことを同僚に聞く勇気が必要です。

しかし、悪いことばかりではありません。主体的に仕事を続けることで、PDCAサイクルを効率よく回せるようになります。失敗から学び、次の行動に活かすというビジネスマンにとって超重要な基礎能力が急激に成長していきます。

【無料】ベンチャーへの転職に後悔したくないのなら、キャリア相談にも力を入れている弊社へぜひご相談ください!

ベンチャー企業で活躍できる人の特徴

ベンチャー企業で活躍できる人には、以下のような共通する特徴があります。

仕事を趣味のように楽しめる

これはベンチャーに限ったことではありませんが、仕事を楽しめる人は強いです。

ベンチャー企業は社員1人1人の裁量権が大きい分、仕事量も多いです。とくに、スタートアップ・ベンチャーであれば社員が少ないため、各々に膨大な仕事量が求められます。

毎日定時で帰ったり、都合よく有給を使うということは会社によっては難しいこともあります。

勤務時間の長さや仕事量が多いことに不満を抱き続けていくのは、会社にとっても社員にとってもよくありません。

勤務時間や仕事量が多いことによるマイナスな感情よりも、主体的に仕事できること、やりたい仕事ができていることに対する喜びのほうが大きくて仕事を楽しめる人こそ、まさにベンチャーで活躍できる人材です。

主体的に考えて行動できる

主体的な人は仕事においても当事者意識が強いです。

当事者意識が強い人は、プライベートな時間でも仕事のことを考えたり、生活の中での気づきをビジネスにつなげようとする思考回路ができ上がっています。

このような人は、業務の改善アイデアや、新規事業のアイデアなどを提案できる人です。誰でもできるようなことではないので会社から重宝される人材です。

1人で複数の業務をこなすことができる

ベンチャー企業で仕事ができる人は、1人で何役もの業務をこなしてしまいます。

先ほども説明したように、ベンチャー企業社員の仕事量は膨大です。社内でのポジションが高いとなお多いです。

ただでさえ多い個人の仕事に加え、部下の指導やフィードバックも役割に入ります。

また、会社が小さかったり成長期だったりすると、人材不足に悩まされることも少なくありません。

なので、1人で多くの業務をこなせる人は活躍できます。もちろん、最初から1人何役もこなせなければ活躍できないわけではありません。

日々の業務からスピード、効率を上げようと考え、改善し続けられれば自然と1人何役もこなせるようになっています。このことからも、先ほどお話した主体的に行動できる人が活躍できるのも納得ですね。

苦しい時でも逃げずにやりきることができる

ベンチャー企業で活躍したいのであれば、困難に立ち向かい打ち勝つ強さが必要です。

ベンチャー企業はチャレンジングな仕事ができる分、壁にぶち当たることもあります。

どんな事業でも課題解決し、目標を達成させるのは困難です。だからこそ、苦しい時に立ち向かい続けられる人が結果を出し、活躍できます。

また、苦しい時でも逃げずに成果を出しきるという経験は、将来的に起業を考えている人、自分を大きく成長させ市場価値を上げたいという人には、非常に大きな糧になるはずです。

チャレンジ精神・成長意欲がある人

たとえ、現時点で自分に自信がない人でも、チャレンジ精神・成長意欲がある人は将来的に活躍できるようになれます。

ベンチャー企業では主体的に仕事ができるので、成長意欲のある人はグングン成長していき、チャレンジ精神をもつ人は成功・失敗を重ねながら多くのことを学んでいくからです。

【無料】ベンチャーへの転職に後悔したくないのなら、キャリア相談にも力を入れている弊社へぜひご相談ください!

ベンチャー企業で働くことのメリット

ベンチャー企業で働くことには、キャリアの面でも働く上でもメリットがあります。

ここではベンチャー企業で働くメリットを2つ紹介します

結果を出せばキャリアアップが期待できる

どのような成果を出してきたのか数字で示せると非常に強いです。

とくに次の会社へ転職する際に有利に進むことが多いです。若いうちから役職についたり、経営に近い立場で採用されることもあります。

起業・独立を考えている人には良い経験になる

大きい裁量で仕事できるということは、自分で考えて仕事しなければならないということです。何をすべきか、どのように改善すべきかを考えてPDCAサイクルを何度も回し、結果を出した経験は個人の能力を大きく引き上げます。

また、経営者との距離が近いというのはベンチャー企業の特徴です。スタートアップ・ベンチャーであれば自分も経営に携われる可能性も高いです。わずかでも実際に経営経験ができたり、経営陣の直下で仕事することは、起業を考えている人にはこれ以上ない経験になるはずです。

ただ、ベンチャーだから経営陣の近くで仕事ができるとは限らないので、その点は事前に調べておきましょう。

ベンチャー企業の種類

ベンチャー企業は会社の規模によって分類できます。

以下では、ベンチャー企業を2つに分類し、それぞれの特徴について紹介します

スタートアップ・ベンチャーの特徴

まず、ベンチャー企業とは、時代のニーズに合わせた技術や製品を提供したり、新たな分野の市場などを開拓していくことで急成長する(していく)企業のことです。

つまり、スタートアップ・ベンチャーとは、上記のような経営戦略をとっているスタートアップ企業のことです。

メガベンチャー企業の特徴

メガベンチャーに関して明確な定義はありませんが、以上の2つが条件と言えます。

  1. 社員数が1000名を超えていること。
  2. 上場していること。

メガベンチャーは、ベンチャーとついてこそいるものの業態としては大企業です。

先ほど説明したスタートアップ・ベンチャーが大きく成長した姿がメガベンチャー企業です。

特徴としては、社会的信用が高いことです。大企業ですからね。

たとえば、サイバーエージェントはメガベンチャーと呼ばれている大企業です。上場していることもあり、社会的信用が高いです、また、継続的な業績をあげているので、雇用や給与が安定しています

しかし、組織が大きいということは会社の意思決定のスピードや仕事の自由度が低いということです。また、自分の仕事が与える会社への影響力もなくなります。

【無料】ベンチャーへの転職に後悔したくないのなら、キャリア相談にも力を入れている弊社へぜひご相談ください!

ベンチャー企業を決める上での注意点

ここまで読んで、自分はベンチャーで活躍できそう、ベンチャーで働きたいと思った人もいると思います。

ベンチャー転職検討中の人に是非チェックして欲しい注意点が以下の3つです。

スカウトされても吟味して決断すること

熱心にスカウトされたことで転職する人もいます。スカウトされると承認欲求が満たされ、気分がよくなってしまいます。

「この会社は自分を必要としてくれている」と思って転職してしまうのですが、それが後悔につながってしまうことがあります。

ですから、スカウトされたことやスカウトしてくれた人の話だけで判断するのはやめましょう。スカウトしてくれた会社で働いている人の話を聞いたり、インターネットを活用したりして情報収集し、自分が仕事に対して抱いている価値観に合う会社なのかどうかよく吟味して決めましょう。

あらかじめ社風を感じておくこと

やりたい仕事ができても、同僚と良い関係を気づけなければ幸せな社会人生活は送れません。

なので、転職候補の会社の社員がどのような人間性で仕事に対してどのくらいの熱量を持っているのかを知っておく必要があります。

その会社の社長と一部優秀な社員の情報だけ把握していても、あなたが転職後に関わるのは、あなたが知らないその他大勢の可能性が高いです。

もちろん、すべての社員について把握するのは無理な話ですが、全体の雰囲気やどのような人間性の社員が働いているのかは、事前に知っておきましょう。

企業の将来性を調査しておくこと

伸び悩んでいるベンチャー企業に転職してもあなたの成長は期待できないでしょう。

メインターゲットとしている市場でトップシェア維持し続けていれば、いずれは停滞、衰退していくかもしれません。

しかし、ベンチャー企業はトップシェアを目指している段階、もしくは、新たな市場を開拓している段階です。

まだ、ゴールよりもスタートラインに近い位置で行き詰まってしまっているということは会社の方針・戦略に問題がある可能性が高いです。

逆に急成長中のベンチャー企業であれば会社の戦略が間違っていないということを、結果(数字)が物語っています。

さらに、急成長中のベンチャー企業であれば優秀な社長や社員がいるはずです。その人たちと本気で仕事に取り組んだ経験があなたを大きく成長させてくれます。

転職エージェントを利用して質の高い情報を手に入れる

これまで、ベンチャー転職の後悔事例、注意点などお話してきましたが、これらの注意点や後悔のポイントを避けるためには企業の情報が不可欠です。

しかし、それらの情報を漏れなく個人で集めるには、特別な人脈でもない限りはかなり厳しいと思います。そこでおすすめなのが転職エージェントです

転職エージェントは転職の専門家ならではの情報を多く持っています。過去の転職者による膨大なデータや企業の新規事業などの社外秘密情報を保持していたりもします。

また、人間はそれぞれ独自のレンズを通して世の中を見ています。つまり、独自で収集した情報だけでは偏りが出てしまうのです。個人の先入観や偏見を抜きに情報を集めるには他人からも情報や意見をもらわないといけません。

他からの意見を求めるのに適しているのはやはり転職の専門家である転職エージェントです。

弊社アクシスはベンチャー企業への転職を得意としており、そのノウハウも持っています。ベンチャー企業への転職を考えている人は、まず弊社にご相談ください!!

営業職のキャリアアップを支援する転職エージェント

ポイント

  1. 会社に依存せず市場価値を高めたい営業マンに向けた転職支援!
  2. 営業職のキャリアアップを考えた無形商材法人営業の求人を多数保有
  3. あなたのキャリアに有利な企業・求人のみご紹介!

【無料】転職サポート申し込み

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

  • すべらないエージェントとは
  • すべらないエージェントの強みとは
  • 弊社のイチオシ自律型人材とは
  • すべらない転職Q&A