経営企画に転職(キャリアパス)!押さえておくべき5ポイント!

The following two tabs change content below.
末永 雄大

末永 雄大

新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

経営企画って?

経営企画とは、社内の経営コンサルタントのような仕事をします。

経営層の掲げる「こうしたい、こうありたい」を、事業の中で実際に「どうやって実行していくか」を策定する仕事です。

人材不足が進み、商業規模も縮小傾向にある日本では、その打開のために海外進出や新規事業の立ち上げといった未知の領域に拡げていこうとする動きが高まっています。

未知の領域の有効な情報や専門家の意見も必要になります。

このことから、外部の経営コンサル企業の存在感も高まっています。

社内にそのコンサル力(戦略力)を内製できれば、スピード遂行、コスト削減、機密保持といったことが期待できるのです。

現状の日本では、事業存続のみでなく、拡大を図るための重要なポジションとして、能力を満たす人材のニーズが高まっています。

【PR】国内外問わず大手企業への転職を希望するなら、高年収の求人が多いJACリクルートメントに登録をしましょう。

経営企画の役割・業務内容

経営企画は、自社の経営目標、ビジョン、意向に基づいて、経営に関わるすべて(財務、人事、情報システム、総務など)の側面を踏まえた実務レベルのコーディネートを行ないます。

一般的な業務に比べると長中期の視点が重要になるのも特徴のひとつです。

具体的な業務としては、市場、財務、人材に関するあらゆるデータの分析だったり、戦略立案・計画から実行に移したり。

実行前には経営陣の意見や理解が必要ですから、経営会議でのプレゼンや説明も行います。

長中期の計画を策定して、必要部署に割り振りを行なっていきます。

経営と現場の仲介役ともいえるかもしれないですね。

【PR】現在管理職やマネージャークラスで経営企画への転職を検討しているなら、ハイレイヤー層向けの転職サイトであるビズリーチに登録をしましょう!

どんな人が向いてる?

うすれば達成できるか、どうすれば良くなるかを考えるのが好きな人に向いていると思います

まずは、ここがはじまりだからです。

企業規模になるため、あれこれと試行錯誤する内容の、責任度や難易度も当然上がります。

プレッシャーよりも面白みを感じるくらいのタフさも必要かもしれません。

ものごとの中核を見て取り組むよりも、全体を把握してから「考えて」取り組む習慣がある人

つまり俯瞰してから思考する力のある人にも挑戦してほしいポジションです。

また、経営陣と同等に自社に対する熱意や意欲を持っていることは必須でしょう。

これが、外部コンサルタントでは満たしにくい企業ニーズであり、経営企画を配置する企業メリットでもあると思います。

【PR】国内外問わず大手企業への転職を希望するなら、高年収の求人が多いJACリクルートメントに登録をしましょう。

必要なスキルは?

データを収集し、分析する力が必要です。

見えていることから、どういうことが言えて、どうしていくことが最適なのかを抽出しなければならない業務だからです。

また、その最適解をうまく資料で表現できるという点も重要になってきます。

経営層の理解を得るため、そして、実際に現場で実行していく社員たちを動かすことができなければ成果につながらないからです。

周りを動かすことを考えると、見えてくる事柄の本質を見極め、かつ論理的に説明できることも重要となってくるでしょう。

【PR】現在管理職やマネージャークラスで経営企画への転職を検討しているなら、ハイレイヤー層向けの転職サイトであるビズリーチに登録をしましょう!

どうやったら経営企画に転職できる?

経営企画は、企業の重要なポジションで高度な経営視点が必要です。

経営視点というのはビジネス経験者でないと培うことが難しい部分。

社会人なりたての人や経営レベルの仕事に関与したことがない人は抜擢されることはないでしょう。

逆に、法人企業のコンサルティング的な仕事に携わっている人への受け皿は今後広がっていくと思われます。

経営企画の求人情報は企業情報にもなり得るため、非公開での採用活動が多いと思います。

ハイレベルの求人を扱う転職エージェントやヘッドハンティングを介して探すのが賢明です。

企業の重要ポジション、条件や要件のひとつひとつに重みがあります。

詳しい内容を確認できますし、有効な転職対策を取るためにもプロの支援を受けながらの活動をおすすめします。

以下でオススメの転職エージェントをご紹介しますので、ぜひご活用ください!

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

20代の登録者数No.1!
20代向けの非公開求人を多数保有し、サポートの丁寧さに定評あり!

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

※「すぐに転職するわけではないけど、市場価値は知りたい」という方にもオススメ。
登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント
  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(BIZREACH)の評判は?利用者の口コミを公開!

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント
  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント
  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?