経営企画への転職は難しい?必要なスキル&経験をお教えします!

    経営企画への転職難易度について解説しています。必要なスキルや経験、向いている人の特徴など、他にも転職する具体的な方法やキャリアパスなどについてもお教えしていきます!

この記事を書いた人
末永 雄大
アクシス代表取締役社長。リクルートキャリアで様々な企業の採用支援を経験、MVP6回受賞。転職エージェントや有料転職相談サービス「マジキャリ」など複数サービスを展開。Youtubeの総再生数は200万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」

経営企画への転職難易度

経営企画への転職難易度は非常に高いと言えます。なぜなら、そもそも経営企画の募集ポジションが少ないからなんです。

それに加えて、会社の動きを左右する立場なので、会社のことや扱う商材、仕組みや競合他社のことを把握していなければなりません。

そこで以下の3つに分けて、経営企画への転職難易度をご紹介していきたいと思います。

上記の3つについて、次でそれぞれ詳しくお伝えしていきたいと思います。

経営コンサルタント経験がある人

経営コンサルタントの経験がある人は、経営企画へ転職できる可能性が比較的に高いと言えますね。

その理由ですが、大手企業の場合はM&A経験や中長期経営計画の策定の経験が求められるからなんです。そのため、経営コンサルタントとしての経験を活かして転職できる可能性は十分にありますね。

企業での経営企画経験がある人

企業での経営企画経験がある人も、経営企画へ転職できる可能性がありますね。

なぜなら、経営企画の求人票をいくつかチェックしてみると、必須条件として「事業計画から完成までの経験」や「経営企画の経験」と記載されているからなんです。

あなたが希望する企業と類似事業をおこなっている場所での経験を積んでおくと、より転職できる可能性を高められるでしょう。

経営企画の経験がない場合

経営企画の経験がない未経験者の場合も、経営企画への転職は不可能ではありませんが、とても難しい仕事であるからこそ難易度が高いですね。

未経験から経営企画へ転職したい場合は、まず営業経験を積んで非常に高い成果を達成し続ける必要があります。

なぜなら、営業数字など各事業や組織に関わる数字に強いことが求められるからなんです。経営層に対して自分の見解を伝えたり、提案や意見したりする機会が多いことも理由の1つです。

また、中長期計画の中の経営ビジョンや経営目標は、売り上げや営業利益率などの指数を元に立てていきます。そのため、営業経験を積み、社内の営業についての知識、加えて営業企画などの専門的な知識を身につける必要があります。

加えて、同時にマネジメント経験を積むのが望ましいですね。経営企画はステークホルダーとの関係を構築したり、調整などをしたりしなければなりません。そのため、マネジメント経験が求められます。

さらに加えて、各事業部から抜擢される可能性もあるので、自分が所属する事業部で業績を積んでおくことも重要なポイントだと言えます。

経営企画の求人情報は非公開求人とされているケースが多いため、転職エージェントに求人があるかどうか尋ねてみるのも良いでしょう。

おすすめの転職エージェントをまとめてみたので、ぜひ活用してみてくださいね。

大手企業への転職に強い転職エージェント

経営企画の業務内容

経営企画の業務内容は、会社によって内容が広く定義が様々となっています。その理由としては、社長と各事業部の間に入るパイプ役のような仕事になるため、事業部ごとに関わり方が変わってくることが挙げられますね。

そんな経営企画の業務内容は、主に市場や自社、競合他社などについてのデータを収集したり、分析したりします。そのデータを踏まえた上で経営戦略を立案して、経営会議を運営していきます。

また、目標達成のためにどんな施策を打つのか、具体的な対策や企画を経営陣に提案し、決定した経営戦略を全社で実施する際の管理も担います。

さらに経営企画の具体的な業務内容を以下にまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

  • 新規事業
  • 管理会計
  • 中長期経営計画の作成・目標設定・進捗管理
  • 事業課題の設定・事業計画の策定と推進
  • ガバナンス

新規事業の場合は、M&Aの知識や経験が求められるケースもありますね。また、会社全体の業績向上のための業務が多いので、会社内部のことはもちろん、市場や会社外部の環境を把握することも必要になってきますね。

経営企画に必要なスキル・経験

経営企画に転職する際にはどんなスキルや経験が必要なのか、きちんと知っておきたいところですよね。

そこで経営企画に必要なスキルと経験の2つに分けて、詳しく解説していきたいと思います。

経営企画に必要なスキル【場面別】

経営企画に必要なスキルは、大きく分けて以下の3つですね。

予算関係 ・数値分析力
中長期経営計画 ・多角的視点
・内部外部の環境分析力(PEST)
・戦略立案能力
経営会議 ・資料作成能力
・情報収集能力
・プレゼンテーション能力

上記3つのスキルが通常よりも高いレベルで求められる傾向にありますね。それは会社の動きを左右するポジションだからこそなんです。

経営企画の中でもさらに担当が分かれている場合があり、担当するものによっては上記の中でもとくに優れているスキルが必要になります。

経営企画に必要な経験

経営企画に必要な経験は、その企業の規模や事業内容によって変わってきます。

ただ、実際に求人サイトのリクナビNEXTや転職エージェントのリクルートエージェントに掲載されている経営企画の求人票に目を通してみると、以下の2つの経験が求められる傾向が強く見られました。

  • 戦略立案の経験
  • マネジメントの経験

経営企画は中長期経営戦略を作り、目標の設定や予算化からプロセス管理まで担うことになります。だからこそ、即戦力として企業に貢献してもらえるよう、戦略立案の経験やマネジメント経験がある人材を求めています。

経営企画に向いている人の特徴

経営企画に向いているのがどんな人なのか知っておきたいですよね。そこで、経営企画の仕事に向いている人の特徴を以下にまとめてみました。

  • スピード感があり、俯瞰して物事を見られる
  • タフさ・調整力
  • ビジネスへの深い興味関心と学習力

スピード感が求められる理由ですが、経営企画はクイックレスポンスが重視される仕事かつ、社長に対してはタイムリーな提案・資料作成をすることが求められるからなんです。

また、経営企画はあらゆる部署をまたいで仕事をするので、タフさや調整力といった部分も必要になります。

さらに、広い分野で業務をおこなうため、常にビジネスへの関心を持ちながら学ぶ姿勢も大きなポイントになってきますね。新規事業を立ち上げる場合には、自分の専門外のことを迅速に学ぶ必要が出てきます。

経営企画へ転職する方法をケース別に紹介

経営企画へ転職する際には、どの企業の経営企画に就きたいのかによって、転職する方法が変わってきます。

そこで会社の規模を以下の3つに分けてみました。

上記3つについて、次でさらに詳しくお話していきますね。

大手企業

大手企業の経営企画に転職するのは非常に難しいと言えます。

なぜなら、新卒入社の段階から非常に優秀な人材と判断して、その人材を会社側で育てているケースが多く見られるからです。

また、大手企業の場合はM&Aの経験や中長期計画の策定経験が求められます。

そのため、コンサルティングファームで経営コンサルの経験を積んでおくと、経営企画へ転職できる可能性を高めることができます。それに加えて、他の大手企業で経営企画の経験があるとなお良いと言えますね。

中小企業

中小企業の経営企画に転職するのは可能ですが、営業経験を積み高い実績をあげなければなりません。なぜなら、中小企業の中でも比較的昔からあるような中堅どころは、社員の登用に関して保守的なところがあるからなんです。

実際に経理の仕事をしていて高い実績をあげていた人が抜擢されて、経営企画として活躍するというケースもありますね。

ですので、中小企業やベンチャー企業など問わず、類似している企業での経営企画の経験を積んでおくと、なおのこと良いでしょう。

ベンチャー企業

ベンチャー企業の経営企画に転職する場合は、まず営業経験やマネジメント経験を積んでしっかりと実績をあげてから、経営企画に食い込んでいくのが良いでしょう。

そのベンチャー企業の規模にもよりますが、小規模だと各部署でマネジメントを任されると、そのまま経営企画のような業務をすることになるケースもありますね。

よりCEOとの距離が近くなるため、幅広く業務に携わっていくことになります。

経営企画の年収や今後のキャリアパス

経営企画の年収がどのくらいなのか、またどんなキャリアパスを描くことができるのか知っておきたい部分ですよね。

そこで、経営企画の年収とキャリアパスの2つに分けてご紹介していきたいと思います。

経営企画の年収

経営企画の平均的な年収ですが、20代であれば約500万円〜約700万円となっています。ただその企業によっても変わってきますので、約300万円後半〜約400万円という場合もありますね。

経営企画の中でもリーダーの場合は、約600万円〜約800万円まで上がります。ただし、リーダーになるためにはそれだけ高い実績をあげる必要がありますね。

また、経理などの上流にあたるような業務を担当することになる際は、年収1,000万円を超えるケースもあります。

経営企画のキャリアパス

経営企画のキャリアパスですが、多いのは経営企画室の中でマネジメントラインに上がることですね。

業務の中でM&Aや資金調達、管理会計や経理などの経験を積めるポジションのため、財務部長やCFOなどに進むケースも多く見られますね。

また、経営企画から事業企画へキャリアチェンジする人も多いです。高い実績をあげているような優秀な人であれば、取引先からヘッドハンティングを受けて、さらに良い条件を提示する企業先の経営企画として活躍している人もいますね。

さらに、経営に携わった経験を活かしてコンサルタント会社に進む人もいれば、フリーランスとして独立して活躍している人もいます。

経営企画への転職の選考対策

経営企画は自社が抱えている経営に関する課題を解決することが仕事です。

だからこそ、課題解決のためにどのようなデータ収集・分析をおこなうのが最適なのか、経営戦略や目標を立てるのに用いるビジネスフレームワークを駆使し、論理的思考を発揮させながら伝えるのが良いでしょう。

経営企画の経験がある人の場合は、これまで自分が具体的にどのようなデータ収集・分析をおこなったのか、分析には何を用いたのかビジネスフレームワークを明確にしつつ、自分のスキルレベルを伝えるのが良いですね。

経営企画の業務内容はその企業により変わってくるものなので、事前にきちんとその企業がどのような業務をおこなっているのか把握しておきましょう。

経営企画への転職を成功させるためには

経営企画は企業の重要なポジションのため、戦略立案の経験やマネジメント経験をはじめ、高度な経営視点が求められます。

それに加えて、経営企画の求人情報は企業情報にもなり得るため、転職エージェントに非公開求人として募集されているケースがあります。

また、転職エージェントでは、その企業に合わせた選考対策をしてもらえます。

さらに、キャリアアドバイザーが企業の詳細情報を把握しているため、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策も万全におこなえます。

ただ、キャリアアドバイザーによってサービスの質やスキル、保有している求人が異なるので、2〜3社複数登録をして利用する転職エージェントを決めるのがベストですね。

以下に筆者オススメの転職エージェントをご紹介しますので、ぜひ活用してみてください。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント