経営企画への転職は難しい?必要なスキル&経験をお教えします!

    この記事では、経営企画への転職が難しいのかどうか解説しています。必要なスキルや経験、転職する方法について、詳しくご紹介していきます!

この記事を書いた人
末永 雄大
アクシス代表取締役社長。リクルートキャリアで様々な企業の採用支援を経験、MVP6回受賞。転職エージェントや有料転職相談サービス「マジキャリ」など複数サービスを展開。Youtubeの総再生数は200万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」

経営企画への転職事情

ズバリお伝えしますが、経営企画への転職難易度は、非常に高く難しいです。

そもそも経営企画は、募集ボジションが少ないことが挙げられます。それに加えて、会社の動きを左右する立場なので、会社の事や扱う商材、仕組みや競合他社の事を把握していなければ意思決定ができません。

ちなみに、経営企画の仕事内容ですが、管理会計に近い内容や予算を各店舗などに落とし込む計画を立てることもあります。

他にも、経営する上でボトルネックになっているものを改善したり、新規事業企画をするなど、会社によって幅広くなっています。

未経験から経営企画に転職できるのか

未経験から経営企画への転職は、不可能ではありませんが難易度が高いです。それは、難しい仕事であることやその会社の中でトップセールス3年の人とかと比較されてしまうからなんです。

未経験から経営企画に進みたい場合は、まず営業経験を積んで非常に高い成果で達成し続ける必要があります。同時にマネジメント経験を積むのが望ましいですね。

マネジメント経験があれば、ベンチャー企業の経営企画にチャレンジできる可能性があります。

経営企画の平均年収

経営企画の平均年収は、20代なら500〜700万円くらいです。ただ、会社によりけりなので、年収300万円後半〜400万円という人もいます。

リーダーになると、平均年収は600〜800万円と上がっていきます。リーダーになるためにはコツコツと実績を上げるのが1番です。

また、経理の上流のような人になると、年収1,000万円を超える場合もありますね。

経営企画に必要なスキル・経験

経営企画に必要なスキルは、以下の5つです。

  1. 数値分析力
  2. 多角的視野
  3. 達成意欲
  4. ビジネス視点
  5. 経営観点

上記5つのスキル・経験が通常よりも高いレベルで求められる傾向にあります。なぜなら、会社の動きを左右するポジションであるからなんです。

他にも、経理財務系の知識もあるとなお良いですね。

経営企画に向いている人の特徴

経営企画に向いている人の特徴は、以下の3つですね。

  • スピード感があり、俯瞰して物事を見られる
  • タフさ・調整力
  • ビジネスへの深い興味関心と学習力

向いている理由として挙げられるのは、上記のようなスキルや能力がないと、経営企画の仕事ができないからなんです。

また、タフさ・調整力が求められるのは、経営層と現場のあつれきの狭間にいるからです。

経営企画へ転職する方法

経営企画へ転職したいといっても、どの企業の経営企画へ進みたいのかによって方法が変わってきます。

会社の規模を3つに分け、以下で詳しく説明していきます。

大手企業の経営企画

結論、大手企業の経営企画に転職するのは、非常に難しいです。なぜなら、新卒入社の段階から非常に優秀な人材と判断して、その人材を会社側で育てている場合があるからです。

また、似たような業態で経験者を競合他社・クライアント先から引っ張ってくる可能性があるからなんです。

大手企業の経営企画へ転職するなら、まず1度、大企業がやっているビジネスに近しいベンチャー企業の経営企画を経験しましょう。

しっかりと経験を積めたなら、大企業の経営企画に応募してチャレンジするのはアリです。

中小企業の経営企画

中小企業の中でも比較的昔からあるような中堅どころは、社員の登用に関して保守的なところがあります。だからこそ、経験や実績が必要になります。

中小企業の経営企画に転職するなら、営業経験を積んで高い数字を上げて登用してもらうのが良いでしょう。または、競合他社でトップセールスマネジメントを経験し、その後チャレンジするのが良いですね。

ベンチャー企業の経営企画

ベンチャー企業の経営企画に転職する場合は、営業からスタートしましょう。自ら積極的に実績を上げていき、経営企画のほうに食い込んでいくのが良いです。

ベンチャー企業なら、垣根を超えて参画できたり自分の意見を拾ってもらえたりするケースもあります。

具体的に経営企画へ転職する方法

経営企画へ転職するには、営業経験が何よりも重要になってきます。

どのような業界や会社で経験を積めば、経営企画への道が開けるのかは、なかなか自分では判断できないかと思います。

そんなときに役立つのは転職エージェントです。転職エージェントでは経験やスキルをヒアリングし、どうすれば経営企画へ転職できるのかをアドバイスしてくれるので、非常に心強いです。

おすすめの転職エージェント

また、転職するべきか迷っている人は、経営企画職としてのオファーをもらえる可能性があるビズリーチに登録するのがオススメです。

経営企画へ転職する際の志望動機

経営企画へ転職する際の志望動機ですが、経営企画を通じてどのように貢献や成長を促していくのか、細かく分析した結果を交えるのが良いです。

その理由は、経営の事をしっかり理解していなければならないからなんです。ですので、会社の財務状況やビジネスモデルをきちんと理解しておきましょう。

基本的な志望動機の考え方や書き方、伝え方について解説している記事があります。こちらも合わせてご覧になってみてくださいね!

関連記事【回答例付】プロが教える転職面接で面接官に響く志望動機の考えかた!

経営企画へ転職する際の注意点

経営企画へ転職する際の注意点は、実際にどのような仕事をしていくのか、面接を通じてきちんと理解することです。なぜなら、経営企画といっても会社によって業務内容が異なるからです。

経営企画を経験している人の場合は、自分がやってきた業務内容と違うことがあるため、事前に確認しておく必要があります。

きちんと理解できていないと、「こんなはずじゃなかった…」なんてミスマッチが起きてしまい、転職を繰り返す原因になってしまいます。

経営企画の今後のキャリアパス

経営企画のキャリアパスですが、多いのは経営企画室の中でマネジメントラインに上がることですね。他にも業務企画へ横滑りするという人もいます。

内部統制や経営層に進む人もいますし、転職をして自分がより携わりたいと思うビジネス分野で成果を上げていく人もいます。

経営企画への転職を成功させるためには

経営企画は企業の重要なポジションなので、高度な経営視点が求められます。そして、経営企画の求人情報は企業情報にもなり得るため、非公開での採用活動が多い傾向があります。

だからこそ、転職エージェントを介して探すのが良いと言えます。キャリアアドバイザーから企業の詳細情報を確認できますし、有効な履歴書や職務経歴書の添削、面接対策なども万全におこなえます。

ただ、キャリアアドバイザーの質やサポート力には差異がありますので、大手転職エージェント2〜3社、特化型転職エージェント1社への複数登録をオススメします。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

女性におすすめの転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

Type女性の転職エージェントに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、お電話にて転職活動のご状況をヒアリングさせて頂きます

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数(未経験の人は対応不可)
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビIT AGENTに
相談する

機械設計や半導体製造、生産管理、機械エンジニアの人は、業界特化のマイナビメーカーエンジニアへの相談がオススメ

※関東エリアの求人が中心となっているので、他エリアの求人は少なめです

ポイント

  1. メーカー、ものづくり業界に特化したエージェント
  2. ものづくり業界出身のキャリアアドバイザーがニーズにマッチした求人を紹介
  3. 大手だけではなく、中小の優良企業やベンチャー企業の求人も保有

マイナビメーカーエンジニアに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント