既卒だと人生終了するって本当?就活で内定率UPさせる方法を伝授!

落ち込んでいる

    既卒は人生終了なのか?といった不安を抱いている人に向けて、現役のプロが実際のところを紹介します。

    また、就活を成功させるポイントや正社員になる方法についても、あますことなく解説します。

この記事を書いた人

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

既卒=人生終了はまったくの嘘です

既卒者の多くの人が企業に応募をしても書類選考に通過できない、または通過しても面接でお見送りされてしまうという経験をしているかもしれません。

その結果「もう正社員にはなれない、人生終了した…」と感じている人もいると思いますが、決してそんなことはありません。

確かに新卒と比較すれば既卒の就活は厳しくなるものの、事前にしっかりと準備や対策をおこなえば、就職することができます

そこで書類選考や面接でお見送りになってしまい、人生終了した…と思っている既卒者に向けて、終わりではない理由をご紹介しますね。

上記2つについて、次でそれぞれ詳しくお話していきたいと思います。

毎年既卒の45%が就職している

既卒者の内定率についてですが、マイナビが公表している「2020年度マイナビ既卒者の就職活動に関する調査」によると、既卒者の内定率は以下のような結果になっています。

マイナビによる既卒者の内定率

参考:マイナビ既卒者の就職活動に関する調査

上記のデータでは、2019年までは45%程度で推移していることがわかります。

2020年は新型コロナウイルスの影響により、就職率が下がってしまっていますが、この調査以降は少しずつ回復してきています。確かに1年前と比べて厳しい状況ではあるものの、既卒者でも正社員への就職は十分に可能性があります。

求人数が全体的に減少したのではなく、需給の構造が変化しただけなので、例えば運送・配送業界など人手不足になっている業界もあるということを知っているのと知らないのでは全然違いますよ。

エージェントを利用すれば内定率が80%以上

既卒者で正社員になりたいと考えている人は、就職エージェントの利用をおすすめします。

なぜなら、一般的な既卒者の内定率が約34%〜45%であることに対し、就職エージェントを利用している既卒者の内定率が約80%を超えているからなんです。

数字からもわかるように、自分で就活するよりも就職エージェントを利用したほうが正社員になれる可能性が非常に高いです。少しでも正社員になれる確率を上げたいと考えている既卒者は、ぜひ就職エージェントを活用してみてください。

就職エージェントでは、丁寧な面談を実施してあなたの希望にあった求人を紹介してくれます。応募書類の作成に関するアドバイスや添削、面接対策などの手厚いサポートも受けられます。

ひとりひとりに合わせた手厚いサポートを提供してくれているからこそ、内定率が約80%を超えているというわけなんです。

既卒者向けのおすすめ就職エージェント

  • UZUZ
    20時間以上に及ぶ手厚いサポート体制で安心!IT業界やベンチャー企業の求人も有り
  • ハタラクティブ
    大手企業が運営している老舗の転職エージェント。未経験から挑戦できる求人多数

既卒が人生終了を回避するために考えるべきポイント

既卒が人生終了を回避して就職を成功させるためには、考えるべきポイントがあります。そもそも既卒とは明確に定義されているものではなく、企業によって条件が異なってきます。

そこで今回、すべらない転職では既卒を以下の2パターンに分けて、それぞれ解説していきます。

大学在学中に就職先が決まらず既卒になってしまった人

大学在学中に就職先が決まらず既卒になってしまった人の場合は、まず「なぜ既卒になってしまったのか」をしっかり考えて受け止めることが大事です。

例えば、新卒就活時に大手企業などのハードルが高い会社ばかり受けていたり、そもそも就職活動自体に真剣に取り組んでいなかったなどです。

就職先が決まらなかった原因を内省しないまま既卒として就職活動をすると、また同じことを繰り返してしまうかもしれませんよね。

このとき注意したいのは、環境のせいにしたり他人のせいにしたりしないことなんです。それは言い訳がましくなるほど苦しくなってしまうからです。また、仮に環境が原因だったとしても、100%全ての責任を押し付けるのはよくありません。

自分に甘さがなかったかどうか、あえて自責の念で振り返り、反省することが重要なポイントだと言えます。そこから今後はこうしようと改善思考できると、内定率を上げられる可能性が高まりますよ。

大学卒業後に1度就職したが1年未満で退職した人

大学卒業後に1度就職したが1年未満で退職した人の中には、パワハラを受けたり目の前のつらいことから逃げるために辞めた人もいるかと思います。

パワハラなどであれば仕方のないことですが、目の前のつらいことから逃げるために辞めたという人は、今と真逆の環境を選びがちになります。例えば、残業がつらいなら残業の少ない会社に入社したいとか、年収が低いならとにかく年収の高い会社にいきたいといった感じですね。

ただ、その結果会社選びを客観的におこなうことができず、ミスマッチに繋がり後悔してしまうケースがあります。

ミスマッチを起こさないためにも、自分が前職で感じていた不満や課題の根本的な原因が具体的にどこにあったのかを究明する必要があります。

例えば、営業職という仕事そのものが嫌になったわけではなくて、ノルマ未達で詰められることが嫌だったなど、より具体的に挙げてみましょう。

自分の不満や課題の根本的な原因がどこにあるのか自分1人で明確にするのは難しいことなので、転職エージェントを利用して相談してみるというのも1つの方法としておすすめです。

既卒から逆転して優良企業に入る方法

既卒から優良企業へいきたいと考えている人もいると思います。それがどのような方法であるのか、知っておきたいところですよね。

そこで既卒から優良企業へ入る方法としては、以下の3つが挙げられます。

それぞれの方法について、次で詳しくお話していきます。

新卒枠で既卒採用をおこなっている求人を狙う

既卒から優良企業へ入る方法の1つ目は、新卒枠で既卒採用をおこなっている求人を狙うことです。

2010年に厚生労働省が青少年雇用機会確保指針を改正し、学校卒業から3年以内の既卒者なら「新卒枠」で応募できる会社が増えているんです。

実際に「労働経済動向調査(2020年8月)」によると、2019年度の新卒採用枠で募集をおこなった企業のうち「既卒者も応募可能だった」と回答した企業の割合は70%となっており、そのうち「採用にいたった」のは46%であるというデータが出ています。

新卒の採用基準は経験やスキルよりもポテンシャル、今後の伸び代を評価してもらえる傾向が強く見られます。卒業後3年以内の既卒でもこの新卒枠で応募できるということは、ポテンシャルを見て評価してもらえることを意味しています。

しかし、3年以上経ってしまうと他の中途採用者と同じように経験やスキルで評価されてしまいますので、卒業後3年以内で就活を終えられるかどうかが大きなカギとなりますね。

新卒採用ではなく既卒採用枠で応募する

既卒から優良企業へ入る方法の2つ目は、新卒採用ではなく既卒採用枠で応募することです。

新卒枠で応募したほうがポテンシャル採用してもらえる可能性が高いと述べましたが、既卒枠があれば既卒枠で応募したほうがさらに採用してもらえる可能性が高まります。

新卒枠はあくまでも新卒がメインです。そのため、ポテンシャルや伸び代が同じくらいの新卒と既卒がいた場合、企業はキャリアが綺麗な新卒を優先して採用するケースが多いんです。

ただ、留学をしていてバイリンガルであるなど特別なスキルがある既卒者の場合は、大手企業の新卒枠でも採用してもらえる可能性が十分にありますね。

既卒から大手企業に入りたい!と思っている方は、ぜひ以下の記事も参考にしてみてください。

関連記事既卒でも大手企業の内定をゲットできる?採用している企業一覧を大公開!

既卒に特化した就職エージェントを利用する

既卒から優良企業へ入る方法の3つ目は、既卒に特化した就職エージェントを利用することです。

ここまで企業に応募する際のポイントをお伝えしてきましたが、正直自分に合った仕事や会社がわからないといった方もいらっしゃいますよね。

そんな方におすすめなのが、UZUZハタラクティブといった既卒に特化した就職エージェントです。

就職エージェントは求職者の適性や志向性から求人をピックアップし、あなたに合った仕事を提案してくれます。就職サイトには載っていない非公開求人を多数保有しているので、幅広い選択肢から求人を選ぶことができるのです。

さらに就職エージェントを利用しない既卒者の就職率が45%であるのに対し、UZUZの就職率は86%、ハタラクティブの就職率は80.4%にもなっているので、本気で就職したいと考えている既卒の方はぜひ1度登録してみてください!

既卒・正社員経験が少ない人向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 既卒・早期離職経験のあるカウンセラーが同じ目線でアドバイス
  2. 平均20時間の丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は96.8%!
  3. IT業界・Web業界の求人を数多く保有
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒヤリングさせて頂きます

UZUZ
に相談する

18〜20代未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代未経験の方向けの求人2300件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブ
に相談する

既卒の情報に関する関連記事

既卒から正社員を目指したい人に向けて、既卒の就職活動・転職活動に関する記事を以下にいくつかまとめておきました。こちらの記事にもぜひ目を通してみてくださいね。

関連記事新卒と既卒の違いは?企業によって採用基準が異なる理由をプロが解説!
関連記事職歴なしの既卒でも正社員になれる!?就職のプロが方法を大公開!
関連記事既卒の就活方法を紹介!採用してくれる企業や内定を得るコツも徹底解説
関連記事既卒に強い就職エージェント厳選!最新のおすすめをプロが紹介!
関連記事既卒が利用できる就活サイト10選!活用するポイントについても紹介

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント