旧リクルート住まいカンパニーへの転職 |面接対策や年収を大公開!

旧リクルート住まいカンパニーへの転職 |面接対策や年収を大公開!

    転職のプロの視点で、ポジショントークなくぶっちゃけで転職者の人の疑問にお答えしていきます。

    私の経験を元に、SUUMOで有名な旧リクルート住まいカンパニーの選考対策や年収、評判、福利厚生について、解説していきます。

この記事を書いた人
末永雄大

末永雄大

新卒でリクルートエージェント(現リクルート)に入社。数百を超える企業の中途採用を支援。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして人材紹介サービスを展開しながら、年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeチャンネル「末永雄大 / すべらない転職エージェント」の総再生回数は1,800万回以上。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック
詳細プロフィールはこちら
株式会社リクルート住まいカンパニーは、組織再編により2021年4月以降、株式会社リクルートとなっております。

旧リクルート住まいカンパニーの転職難易度

基本的に、リクルート住まいカンパニーへの転職難易度は高いと言えます。

というのも、下記でも紹介しますが、経験者を採用している職種がほとんどで、3年以上の経験を求められることが多いためなんです。

また、リクルートグループは転職で面接を重視していて、それは統合後も変わりません。

旧リクルート住まいカンパニーへの転職可能性を上げる方法

リクルート住まいカンパニーを筆頭に、転職難易度が高いとされているリクルートグループですが、実は転職可能性を上げる方法があるんです。

少し唐突ですが、皆さんは以下の質問に答えられますか?

  • あなたがリクルート住まいカンパニーで達成したい目標はなんですか?
  • あなたは前職で、何をモチベーションにしていましたか?今後のキャリアに活かせる部分はあるでしょうか?
  • (職務経歴書を見て)不動産営業は未経験のようですが、どのような業務に携わりたいと思っていますか?

転職エージェント末永 末永

上記は実際にリクルート住まいカンパニーの面接でされた質問例です。


リクルートは端的に、論理的に話すことのできる人材を求めているので、これらの質問を対策せずに面接通過するのは、まず難しいと思ってください。

このような、少し意地悪にも思える質問に、転職者一人で太刀打ちできるでしょうか。そもそもどのような質問がされる傾向にあるのかわからないと、少し厳しいですよね。

そこで私は転職エージェントの利用をおすすめしています。転職エージェントは転職者は無料で利用できるように法律で定められているのに、選考対策だけでなく、スケジュール調整や給与交渉を代行してくれるサービスなんです。

特にリクルートグループへの転職を検討しているのであれば、リクルートへの転職ノウハウが豊富にあるエージェントを選びましょう。弊社のすべらないキャリアエージェントもその一つです。

リクルートへの転職をお考えの人は、ぜひ以下からご相談ください。

弊社エージェントのポイント

❐リクルート人事とのつながりで選考対策が充実
❐書類通過率は大手の6倍、内定率は4倍
❐リクルート面接に強い自己分析サポートも豊富

すべらないキャリアエージェント
に相談する

すべらないキャリアエージェントについてさらに詳しく知りたい方は以下の記事もご覧ください!

旧リクルート住まいカンパニーの企業情報

旧リクルート住まいカンパニーについての企業情報をまとめます。

会社名 株式会社リクルート住まいカンパニー
本社所在地 東京都港区芝浦3-12-7 住友不動産田町ビル
設立 2012年10月1日
資本金 1億5千万円
代表取締役社長 淺野健
従業員数 2,269名(男性764名、女性1,505名)※2020年4月1日現在
事業内容 住宅領域に関わる商品、サービスの提供

旧リクルート住まいカンパニーの事業内容

旧リクルート住まいカンパニーは、リクルートの中で不動産を扱う会社です。

テレビCMで知名度があり、実際に利用したことのある人もいるかもしれませんが「SUUMO」が代表的なサービスとなっています。

賃貸やWebサービスだけでなく、リフォームや介護も手がけており、実店舗で相談カウンターや住宅展示場を運営しています。

旧リクルート住まいカンパニーの売上推移

売上業績 売上高 営業利益 当期純利益
2017年3月期 非公表 非公表 27億3162万円
2018年3月期 非公表 非公表 35億6873万円
2019年3月期 非公表 非公表 39億0581万円
2020年3月期 非公表 非公表 48億5906万円

リクルート全体の売上業績は毎年増収しており、旧リクルート住まいカンパニーの場合も、業績は好調に伸びています。

好調の要因としては、分譲マンションの住宅着工件数が増えていたことで、収益に影響が及んでおり、営業の成績が伸びていることで業績が伸びています。

今後の課題として日本は空き戸数が増加傾向にあり、今後も増えていくことが予想されるので、どのように顧客のニーズに応えていくのかが大切になってくるでしょう。

また、分譲マンションの着工件数が減少しており、今後の収益源が減っていくので、シェアの維持増加も課題になります。

旧リクルート住まいカンパニーに転職するコツ

旧リクルート住まいカンパニーは面接を重視する会社なので、面接対策を入念におこなうことをおすすめします。

旧リクルート住まいカンパニーが面接を重視する理由は、人間性や仕事に対するスタンスなどを、高い視座から評価・ジャッジするためです。

具体的に見られる点としては以下の3つです。

  1. 課題との向き合い方
  2. 主体性
  3. 成果を出すためのやり抜く力

この3つを対策するためには、小手先の努力ではなく、自分との内省からしっかりおこなう必要があります。

具体的には、これまでのキャリアの棚卸しとともに、徹底的な自己分析が必要です。

キャリアの棚卸しとは

キャリアの棚卸しとは、これまでの仕事上の経験やスキルを掘り下げることを指します。これまでの仕事の実績はもちろん、なぜそのような結果に至ったのか、どのような業務が得意・不得意なのかなどを時系列で書き出していきます。

転職エージェント末永 末永

弊社のすべらないキャリアエージェントは、リクルートグループへの内定実績が豊富で、転職者一人ひとりの自己分析、キャリアの棚卸しをご支援しています。


これは、転職者一人に対してより多くの時間をかけられる、中小エージェントならではの強みです。


とくに弊社はリクルートの内部事情に詳しいアドバイザーが多数在籍しており、闇雲に自己分析を進めるよりも内定率を高めるためのノウハウをお伝えすることができます。

転職エージェント末永 末永

リクルートグループへ転職をお考えの人は、ぜひ以下からご相談ください!

リクルートに転職したい方へ

旧リクルート住まいカンパニーの選考情報

旧リクルート住まいカンパニーだけに限らず、リクルート全体に言えることですが、経験やスキルよりも人物面を高い目線で選考しています

旧リクルート住まいカンパニーの選考情報について以下の2点を解説します。

旧リクルート住まいカンパニーの選考フロー

職種によって面接回数などは変わってきますが、選考フローは以下の通りになります。

選考フロー

  1. 書類選考
  2. 面接(2~3回)・SPI
  3. 内定

基本的には面接を重視するので、書類選考で通過する確率は高めです。

学歴や職歴に自信がない人でも、落とされることはあまりない印象ですが、将来的な伸びしろがあまり期待できない30代後半以降だと、落とされることもあります。

履歴書・職務経歴書の書き方や、SPI対策については、以下の記事を参考にしてください。

リクルート独自の質問例

リクルートの面接は独特で、正直に言えば面倒臭い質問をしてくる企業なので、面接対策が重要になってきます。

以下は、旧リクルート住まいカンパニーで聞かれる質問の例です。

  • 中小規模の不動産屋を相手にコンサルティングをおこなうが適性はあると思うか?
  • 苦手なクライアントに出会ったらどうするか?
  • 今後5年間で不動産業界はどのようになると思うか?

さらに、以下のようなリクルート独自の質問もあります。

  • なぜそうなの?それを主張する背景や理由、動機付けは?
  • 他にはないの?本当にそうなの?それを主張する前に、他の選択肢と比較し吟味した上での結論なのか?
  • 具体的に言うと?それに対して自己なりの解釈や定義、言語化ができているのか?

上記の質問を繰り返すことで、本気度や価値観をあぶり出そうとしてきます。

自分の主張を論理的に説明するために、しっかりと選考対策しておくことがおすすめです!

転職エージェント末永 末永

だんだんお分かりいただけたかと思いますが、リクルートグループの面接は他の企業と比べて少し独特です。それに合わせた選考対策をしなければなりません。


選考対策をするにあたっては、リクルートグループの中途採用に詳しい、弊社のすべらないキャリアエージェントのご利用がおすすめです。

転職エージェント末永 末永

偏った知識のもと、一人で他者と同様の選考対策をすると、リクルートの面接には対応しきれません。


弊社のすべらないキャリアエージェントは、リクルート出身の私のノウハウを活かし、転職者一人ひとりに合わせた選考対策を実施しています。


リクルート住まいカンパニーへの転職をお考えの際は、ぜひご相談ください!

リクルートに転職したい方へ

旧リクルート住まいカンパニーが求める人材

旧リクルート住まいカンパニーが求める人材は、リクルート全体で共通しています。

共通で求められることは、以下のような要素です。

  • 明るくガッツがあり、エネルギーレベルが高い人
  • 当事者意識が高い人、他責や環境依存的ではなく自責性が強い人
  • ロジカル・論理的・合理的な人、わかりやすく、論理的なコミュニケーションがとれる人
  • 自分の根源欲求を言語化できていたり、自分を正当に客観評価できる人、メタ認知力の高い人
  • 自分のありたい姿が明確な人
  • 本気度の高い人、口だけでなく自らアクションできる人
  • 素直で柔軟な人、本音で腹を割って話せる人
  • チームワークを大事にする人

上記のそれぞれのポイントが、高いレベルで求められます

旧リクルート住まいカンパニーのキャリア採用情報

旧リクルート住まいカンパニーで募集している職種は以下の通りです。

以下では、ネットビジネスとソリューション営業について紹介します。

その他の職種が気になるという人は、旧リクルート住まいカンパニーのコーポレートサイトを参考にしてください。

ネットビジネス(企画・マーケティング・データ・デザイナー)

ネットビジネスの職種からは、ネット事業戦略担当を紹介します。

SUUMOの各領域における戦略立案や企画・開発・効果測定まで、プロダクトマネジメントを担当します。

【必須スキル・経験】

  • Webサービスの企画立案からサービスのリリースまでのマネジメント経験が3年以上ある人
  • 事業戦略立案やKPI設定・モニタリング経験がある人
  • Webマーケティング及び開発の理解や経験がある人
  • ユーザー視点に立ち、調整やコミュニケーションを推進してきた経験がある人

【歓迎スキル・経験】

  • Webへの強い興味関心がある人
  • ロジカルな論理展開ができ、数字に強い人
  • 国内最大級のトラフィックを持つWebサービスの責任者として成長いきたい、経験を積みたいという意欲のある人

ソリューション営業

ソリューション営業は、取引のあるクライアント(マンションデベロッパー・ハウスメーカー・工務店様・賃貸仲介・管理会社様など)の経営課題解決に向けて、提案していきます。

成長していけば、リーダーポジションを目指すこともできます。

【必須スキル・経験】

※以下、いずれかのスキル・経験がある人

  • 営業経験
  • 戦略コンサルティング
  • 事業会社の経営企画・営業企画・マーケティングの経験
  • コーポレートスタッフの経験
  • その他それに準ずる企画職の経験

【歓迎スキル・経験】

  • 法人営業経験
  • 自ら課題を設定し、打ち手を考え実行し、結果を出した人
  • 社内外多くの関係者を巻き込み、何かの推進主体となった経験のある人
  • 自己変革の為に努力を継続できる人

短期間で成長したいならキャリアデザイン職(契約社員)

ソリューション営業にはキャリアデザイン職(契約社員)というものがあり、最長3年契約という、期間を限定して働ける制度があります。

3年間という短い期間で、集中して働き、ノウハウを吸収することで、キャリアアップができます。3年間の契約終了後、転職決定率は98%となっており、広告業界・住宅業界・ホテル業界などに就職をしています。

旧リクルート住まいカンパニーに転職した人の実例

実際に、弊社に転職相談をした人が旧リクルート住まいカンパニーに内定をもらった実例を紹介します。

どういったことを聞かれたのか、どういった対策をしたのか、参考にしてみてください。

人物 営業に転職した男性

最初はスーモのイメージが強く、働く人は若くて勢いのある人が多い印象で、リクルートについて色々調べていくと、明確な業務と目的があり、働きがいがありそうだなと思い転職を決めました。


前職や現職を志望した点について聞かれ、転職理由などを簡潔で明確に言えた部分を評価されました。


しかし、質問の回答に対して深掘りをされるので、自分を売り込むことに結びつけるのが難しかったです。


回答に対してたくさん深掘りをされても、自分自身を売り込むことを心がけた回答をするようした方が良いです。

人物 営業に転職した女性

キャリアアップができ、女性でも活躍できるイメージが強かったので、旧リクルート住まいカンパニーを選びました。


営業経験はありましたが、不動産に関する知識はないので、その部分が少し不安ではありました。


ですので、営業の経験を生かして、旧リクルート住まいカンパニーでこうなりたい!というビジョンについてしっかり伝えました。


未経験だとしても、どんなキャリアプランを立てていて、そのためにどうなっていきたいのか?をしっかり伝えられると良いと思います。

旧リクルート住まいカンパニーの平均年収

旧リクルート住まいカンパニーの平均年収

2018年3月31日の有価証券報告書によると、株式会社リクルートホールディングス全体での平均年収は、約958万円です。

リクルート以外の競合他社である、マイナビ・doda(パーソルキャリア)・JAC(ジェイエーシーリクルートメント)・パソナの年収を比較してみると、リクルートは1番年収が高いことがわかりました。

旧リクルート住まいカンパニーの場合は職種によって平均年収が変わりますが、求人票によると、だいたい以下のような年収になるようです。

平均年収
ネットビジネス
約720万円~840万円
ソリューション営業 約485万円~720万円
住宅アドバイザー 約340万円
コ-ルスタッフ 約340万円
アシスタント 約340万円
編集 約590万~720万円
コーポレート・事業スタッフ 約670万~760万円

リクルートの年収について詳しく知りたいという人は、以下の記事を参考にしてください。

旧リクルート住まいカンパニーの評判・口コミ

旧リクルート住まいカンパニーに転職をした人が、実際に働いてみてどう思っているのかを聞いてみました。

人物 営業・男性

大きな仕事でも若い人に任せる傾向があり、結果を残せばしっかりと評価はされます。仕事は任せっぱなしなわけではなく、きちんとアドバイスをもらえます。


上司やメンバーに対し、はっきりとイエス・ノーを言わせるところはリクルート独自のルールかなという感じです。

人物 企画・女性

女性がたくさん活躍していて、福利厚生もしっかりしているので、仕事とプライベートをしっかりと分けて働けます。


長く働くかどうかに関しては、リクルート自体、ステップアップのために転職前提で入社している人が多いので、辞めていく人はもちろんたくさんいます。とはいえ、結婚や出産などのプライベートな事情で退社する人はあまりいません。

旧リクルート住まいカンパニーの福利厚生

旧リクルート住まいカンパニーの福利厚生には、以下のようなものがあります。

  • STEP休暇
  • キャリアウェブ
  • 産休・育休制度

たくさんの福利厚生があるので、気になる人は旧リクルート住まいカンパニーのコーポレートサイトを参考にしてください。

また、リクルートの社風や福利厚生をまとめた記事がありますので、以下もぜひ参考にしてください。

旧リクルート住まいカンパニーへ転職したい人へ

旧リクルート住まいカンパニーの選考では、考え方や価値観・スタンス・意欲などの人物面を大切にしています。そのため、面接を重視しており、転職難易度が高いということをお伝えしました。

旧リクルート住まいカンパニーの面接法は独特なので、ノウハウがない人が面接対策をするのは難しいです。

転職エージェント末永 末永

リクルート住まいカンパニーの内定率を向上させるためには、すべらないキャリアエージェントを利用することがおすすめです!


弊社では独自に作成をしたオリジナルの質問シート(*1)で選考対策をおこない、多くの転職者様をリクルートへお繋ぎしています。

転職エージェント末永 末永

上記のようなサポートで、リクルートの契約エージェント200社以上から、最も手厚い支援をしている「リーディングエージェント」と評価されました。


リクルートグループへの転職を手厚くサポートしておりますので、転職をお考えの人は、ぜひすべらないキャリアエージェントもご検討ください。

リクルートグループへの転職支援が得意なエージェント

ポイント

  1. 希望や適職にあった厳選した求人のみを紹介するので利用者満足度91%!
  2. 一人一人に向き合った丁寧なサポートにより内定決定率30%以上!(業界平均6%)
  3. 元社員が作成した過去の面接出題傾向を対策したシートによりリクルートの内定獲得率UP!

【無料】転職サポート申し込み

*1:
この質問シートは、リクルートへ多数の紹介決定実績があり、リクルートの中途採用面接官の経験もある著者自身が、面接で質問される事が多い内容をまとめたものです。

質問シートは、弊社にご相談された転職者のみにお渡ししておりますが、一部内容をこちらの記事「転職は自己分析が決め手!」にて公開しております。

弊社の転職支援サービスに興味がありましたら、よろしければご一読ください。

※弊社経由でリクルートを応募した場合のみ、質問シートのお渡しをしております。

リクルートについてさらに詳しく知る

リクルートへ転職を検討している人は、以下の記事もご覧ください。リクルートへの転職を考えている人が欲しい情報をご紹介しています!

line

line

  • すべらないエージェントとは
  • すべらないエージェントの強みとは
  • 弊社のイチオシ自律型人材とは
  • すべらない転職Q&A