リクルート住まいカンパニーへ転職するには?気になる評判なども公開!

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは。自立型人材の転職・キャリア支援を行うアクシス・代表コンサルタントの末永雄大(すえながゆうた)です。

転職業界でも非常に人気のあるリクルートグループ。特に不動産など住宅関連の仕事を経験のしたことのある人は、リクルートの住まいカンパニーへ転職をしたいのですがと、ご相談をよくいただきます。

今回は、リクルートのなかで住宅関連事業を行っている「リクルート住まいカンパニー」への転職を検討している人向けに「リクルート住まいカンパニー」への転職ノウハウをレクチャーしていきます。

リクルート住まいカンパニーって何をしている会社?(事業内容・ビジネスモデル・サービス内容)

リクルート住まいカンパニーはリクルートグループの中で不動産を扱う会社です。「SUUMO」が代表的なサービスです。賃貸だけでなく、リフォームや介護も手がけています。Webサービスだけでなく、実店舗で相談カウンターや住宅展示場を運営しています。

▶︎リクルート出身のアドバイザーが徹底的に転職ノウハウをレクチャー。相談申し込みはこちら

リクルート住まいカンパニーの直近の業績や今後の事業課題

リクルート住まいカンパニーの業績は好調な伸びを示しています。住宅分野での収益が伸びています。分譲マンションの住宅着工件数が増えていたことで収益に影響が及んでいます。営業の成績が伸びていることで業績が伸びているともしています。

課題としては、日本は空き戸数が増加傾向にあり、今後も増えていくことが予想されます。顧客のニーズにアジャストしていかなければなりません。少ない顧客の要望にいかに応えられるかが課題になるでしょう。

また、分譲マンションの着工件数が減少しているので、ますますパイ自体が減っていきます。なので今後の収益源が減っていくので、シェアの維持増加が課題になります。

リクルート住まいカンパニーの仕事内容・職種

営業職中心の会社です。「SUUMO」を利用してくれる顧客の開拓が仕事内容です。大手企業から中小企業まで手広く営業活動を行います。

また、「SUUMO」を利用した集客を計画・立案することが出来ます。分譲マンションの販売促進も仕事内容の一つです。

リクルート住まいカンパニーの仕事のやりがい

リクルート住まいカンパニーではなく、個人として信頼関係を築けた時にやりがいを感じるようです。住宅販売は、少子高齢化と商材が増えているのでマイナスの要因が多いです。その中で結果を残せた時にやりがいを感じるようです。

リクルート住まいカンパニーの評判・社風・カルチャー・クチコミ(転職会議)

評判は良好です。仕事とプライベートのどちらも楽しむという社内文化があり、チームで動くことが重要視されるようです。

個人が表彰されることもありますが、部署が表彰されることもあるのでその時は、部署全体で海外旅行に行くこともあります。風通しが良く、若い人の意見も採用されることがあります。個人の意見が尊重される風潮があるので、一人あたりの裁量権が大きいです。

▶︎リクルート出身のアドバイザー在籍。カルチャーや社風についても詳しく教えます!相談申し込みはこちら

リクルート住まいカンパニーの面接・SPIなど選考難易度

「中小規模の不動産屋を相手にコンサルティングを行いますが適性はあると思いますか?」といった質問がされるようです。

また「苦手なクライアントに出会ったらどうしますか?」という質問もあります。クライアントファーストの会社らしい質問が多いです。

また、業界についての質問もあり、「今後5年間で不動産業界はどのようになると思いますか?」という質問もあります。業界にとって逆風が吹いているのでそれを理解しているかどうかが問われます。なので業界未経験の方は、不動産業界について学んでおく必要があるでしょう。

加えて、リクルート独自の以下のような質問をされることも多いです。

  • なぜそうなの?それを主張する背景や理由、動機付けは?
  • 他にはないの?本当にそうなの?それを主張する前に、他の選択肢と比較し吟味した上での結論なのか?
  • 具体的に言うと?それに対して自己なりの解釈や定義、言語化ができているのか?

上記3つの質問を繰り返すことで、その人の本気度や、本当の価値観をあぶり出そうとしてくるのです。

リクルートの面接はかなり独特なので、事前の面接対策が非常に大切になってきます。

弊社では、リクルートグループへの紹介決定実績が多数あり、秘伝のタレであるリクルート住まいカンパニーの中途面接の想定質問集をお渡ししています!
弊社の転職サポート(無料)を登録した方限定でサービス提供・お渡ししていますので、リクルート住まいカンパニーへの転職を検討している方は気軽にご相談ください。

▶︎面談決定率が他社の3倍!リクルートグループへの転職サポート実績豊富な弊社に転職相談してみませんか?

リクルート住まいカンパニーの年収相場(給与)は?

28才で700万円という水準です。成果を上げれば年収が上がるシステムなので、社歴や新卒、中途は関係ありません。

課長になると1000万円の大台に乗ります。これも年次に関係ないので、どの社員にも平等にチャンスがあります。

【元社員が暴露】リクルートホールディングスの年収を大公開!

2019.02.20

最後に。リクルート住まいカンパニーへの転職を希望している方へ

自身もリクルート出身で、リクルートへの転職支援に強い転職エージェント・アクシス代表の末永が親身になってサポートします。

自身もリクルート出身で、リクルートへの転職支援に強い転職エージェント・アクシス代表の末永が親身になってサポートします。

リクルート住まいカンパニーへご興味をお持ちの方、転職を希望している皆さん、リクルートは書類選考よりも面接を重視してくれる会社として有名です。

面接を重視しているが故に、面接の難易度が非常に高く、内定をもらうのは簡単ではありません。

前述したとおり、「なんでなんで?」と人生の価値観レベルに深掘りしてきたり、人物レベルに対して求めるレベルが非常に高いですし、他の会社の面接とは大きく異なる視点で評価をしているのです。

ですので、どんなに優秀な方であっても、面接対策を怠るとサクッとお見送りになってしまうこともしばしば。。

リクルートは、書類選考を含め、一度お見送りなると基本的には1年以内は再度応募・エントリーはできないので、事前にしっかりと面接対策をして万全を期す必要があるんです。

ただ、リクルート住まいカンパニーの面接対策をひとりでやるのは正直難しいと思います。

そこで、リクルート独自のマニアックな面接対策をしたい方は、リクルート出身の転職エージェントである弊社にご相談頂くことをオススメします。

弊社では、リクルートへの紹介決定実績が多数あり、秘伝のタレであるリクルートの中途面接の想定質問集をお渡ししております。

その結果、弊社のキャリアアドバイザーが転職サポートした候補者の内定率は、大手エージェントの3倍を超えており、リクルート住まいカンパニーの面接対策に関しては自信があります。

 

リクルートへの転職を検討している方は、気軽に弊社へご相談ください!

リクルートについてさらに詳しく知る

リクルートに転職を検討をしている人は下記の記事も是非参考にしてみてください。