大卒ニートのままはNG?就職するときに大事な3つのポイント

犬 いぬ 可愛い 動物 応援

    この記事では、大卒後そのままニートになってしまった人に向けて、今すぐ就活したほうが良い理由についてお伝えします。

    また、正社員を目指すときに考えたい3つのこともお伝えします。

この記事を書いた人
末永 雄大
アクシス代表取締役社長。リクルートキャリアで様々な企業の採用支援を経験、MVP6回受賞。転職エージェントや有料転職相談サービス「マジキャリ」など複数サービスを展開。Youtubeの総再生数は200万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」

大卒でニートなら今すぐ就活しよう

ニートでいる期間が長ければ長いほど、就職できる可能性は低くなります。それは「働く意欲がないのではないか?」と思われてしまうからなんです。

実際に厚生労働省が公表している「若年者雇用を取り巻く現状」によれば、フリーター期間が長いほど就職率が下がるというデータが出ています。

下記のデータはフリーターに限ったことではなく、ニートの人にも当てはまります。そのため「ニート期間が長いと就職しにくくなる」と言い換えることができます。

フリーター期間 就職率
6ヶ月以内 64.0%
7ヶ月〜1年 58.3%
1年〜2年 52.2%
2年〜3年 58.9%
3年超 48.9%

上記のデータからも期間が長いほど就職しにくくなってしまうのがわかりますよね。だからこそ、できるだけ早い段階で就職活動を始めるのがおすすめです。

ちなみに、文部科学省が公表している「令和元年度学校基本調査(確定値)の公表について」によると、大学卒業後の進路として就職者は78%、進学者は11.4%、「一時的な仕事に就いた者」は1.4%、その他が6.7%であるというデータが出ています。

「その他」の項目はニートだけでなく、資格試験などの受験準備をしている最中だったり、就職活動中や卒業後の進路について大学に届出をしていなかったりする人も含まれています。

年齢が上がるほど就職は厳しくなる

経験やスキルがない人をイチから育てる、またはポテンシャル採用をおこなうのは、一般的に20代前後までです。

30代になると即戦力採用になる傾向が強まります。これまでの経験・スキルを活かして活躍してくれる人やマネジメント能力があって、リーダーシップを発揮してくれる人を採用したいというニーズが高まるんです。

ニートの人は正社員経験がないため、30代になってしまうと就職が非常に厳しくなります。だからこそ、できるだけ早い段階で就職活動をしたほうが良いと言えますね。

以下の記事で、ニートの人は何歳までなら就職できるのか、おすすめの就活方法などについて解説しています。こちらも合わせて読んでみてくださいね。

関連記事ニートは何歳までなら就職できる?おすすめの就職方法・職種を大公開!

ニートから就職するには就職エージェントがおすすめ

大学卒業後にニートをしているけど、将来の不安から正社員として就職したいと思っている人もいるのではないでしょうか。

前提として、ニートから正社員に就職はできます。就活方法としておすすめなのが、就職エージェントを利用することです。

就職エージェントはあなたのやりたいことや希望を踏まえて、正社員として活躍できる求人を選んでくれるだけでなく、履歴書の作成や面接対策など、内定獲得まで一気通貫でサポートしてくれるんです。

UZUZハタラクティブといったニートの就職に強いエージェントもあるので、1度相談してみてはいかがでしょうか。

ニートの就職支援に強いエージェント

  • UZUZ
    20時間以上に及ぶ手厚いサポート体制で安心!IT業界やベンチャー企業の求人も有り
  • ハタラクティブ
    大手企業が運営している老舗の転職エージェント。未経験から挑戦できる求人多数

大卒ニートから就職するときに考えたいこと3つ

大卒ニートから正社員を目指したいと考えている人は、3つ考えて欲しいことがあります。その3つとは下記のボックスにまとめた通りです。

上記3つの考えて欲しいことを、次でさらに詳しくお話していきたいと思います。

「やりたいことがない」=「就職しない」はありか?

やりたいことがないから就職しないという選択肢はナシです。中には自分の好きなことを仕事にしている人もいますが、やりたい仕事をやっている人なんてほとんどいません。

だからと言ってすべての正社員がやりがいを感じず、嫌々やっているというわけではないんです。やりたい仕事に就けなくても目の前の仕事に懸命に打ち込むことで、やりがいや楽しみを感じている人もいます。

始めこそ「やりたいことじゃない…」と思っていても、目の前の仕事に対して一生懸命に取り組むことでできることが増えて、成長が実感できるようになるはずです。

こなせる業務が増えて成長できたと感じたとき「この仕事も良いかもしれない」と思えて、好きな仕事になる可能性も大いにあります。

ですので「やりたいことがない」=「就職しない」のではなく「嫌ではない仕事」からスタートすることをおすすめします。そういう仕事を見つけたら、2年〜3年は腰を据えて頑張ってみましょう!

就職で資格が有利になるとは限らない

就職するときに資格があるからといって有利になるとは限りません。なぜなら、経験やスキルなどが重視されるからなんです。

20代であれば、まだ若いためポテンシャル採用されたり、やる気を評価してもらえたりします。30代になると、経験・スキル・実績が求められる傾向にあります。

例えば、事務職や営業職などの仕事で習得したパソコンの資格は、ほとんど評価してもらえないんです。そのため「資格を取得してから就職しよう」「資格取得のためにアルバイトをしよう」と考えるのは得策とは言えないんです。

今後のキャリアを考えると、できるだけ早く就職活動をおこなって正社員になり、経験を積むほうが良いでしょう。

ただ、介護職や医療事務・簿記など業務に直結する資格の場合は、未経験からでも評価されて就職できる可能性があります。

以下の記事で、資格が有利に働くのかについて詳しくお伝えしています。気になる人はこちらも合わせてご覧になってみてくださいね!

関連記事ニートの就職におすすめの資格はない?ビジネススキルが重要です

中長期的なキャリア・収入アップを目指すなら営業職が良い

中長期的なキャリア・収入アップを目指すなら営業職がおすすめです。なぜなら、営業職は未経験からでもチャレンジできる求人が多いからなんです。

それに加えて「コミュニケーション能力」「交渉力」「スケジュール管理能力」などの様々な仕事に活かせる基礎力が身につきます。その後のキャリアアップ・キャリアチェンジが有利になるというメリットもあります。

とはいえ、人と話したりコミュニケーションをとったりするのは苦手な人や、そういう仕事は避けたいと思う人もいると思います。そこで、人と関わらない仕事について解説している関連記事をご紹介しておきます。

関連記事人と関わらない仕事ってある?探し方やデメリットを転職のプロが解説!

大卒ニートが正社員の仕事を探すときにおすすめの方法

大卒ニートの人が正社員の仕事を探すときにおすすめの方法があるなら、事前に知っておきたい部分ですよね。

そこでおすすめの方法を以下に3つ挙げてみました。

上記3つの方法について、次でさらに詳しく解説していきたいと思います。

就職エージェント

筆者が最もおすすめしている方法が、就職エージェントを利用することです。

転職エージェントは目利きのプロであるアドバイザーが客観的な視点で、あなたの志向性に合った企業を紹介してくれます。それだけでなく、履歴書の作成や面接対策など、内定獲得に向けて二人三脚でサポートしてくれるんです。

就活自体が初めてだったり、やりたい仕事がわからないという人は自分1人で悩むのではなく、プロに相談するのが良いでしょう。

もちろん就職エージェントは無料で利用できますし、大卒でそのままニートになってしまった人でもしっかりサポートが受けられます。内定の獲得率を高めるために、ぜひ活用してくださいね。

ニート・正社員経験が少ない方向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない人向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 既卒・早期離職経験のあるカウンセラーが同じ目線でアドバイス
  2. 平均20時間の丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は96.8%!
  3. IT業界・Web業界の求人を数多く保有
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒヤリングさせて頂きます

UZUZに
相談する

18〜20代未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け就活支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代未経験の方向けの求人2300件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

求人サイト

リクナビNEXTなどの求人サイトは、自分でサイトに登録をして掲載されている求人を閲覧し、応募することができます。空いている時間を活用して、好きな時に求人検索・閲覧できますよ。

メリットは求人検索や応募が手軽にできること、求人数が多いことです。他にも誰にも会わずに面接まで進められるのが魅力ですね。

デメリットは誰かにサポートしてもらえるわけではないため、自分1人で就活をしなければならない点です。また、ブラック企業の求人も混ざっているので、きちんと見極める必要があります。

ハローワーク

ハローワークでは相談員があなたの就職相談や求人希望をヒアリングした上で、あなたにぴったりの求人を紹介してもらえます。インターネットサービスも提供していますし、自分のスマートフォン・パソコンでも求人検索が可能です。

メリットは掲載されている求人数が多いこと、年齢に制限なくサポートが受けられるので、30代以上の人にもおすすめという2点ですね。

一方、デメリットはブラック企業の求人が含まれていること、担当者によっては就職サポートの質が低いという部分です。

以下の記事でハローワークを利用するときの流れ、特徴などについて解説しています。こちらもぜひ目を通してみてください。

関連記事ハローワークで良い転職はできる?流れや特徴なども紹介!

ニートの就職に役立つ関連記事

大卒でニートになってしまった人に限らず、就職を目指すニートの人にも役立つ関連記事を以下にまとめてみました。ぜひ、こちらの記事も合わせて参考にしてくださいね。

関連記事ニートから正社員に就職する4つの方法!ベストな手段を紹介
関連記事ニートが使うべき就職支援サービス8選!おすすめをプロが紹介
関連記事ニートの将来はどうなるの?絶望する前に働くべき理由
関連記事高学歴ニートになる原因は?再就職の難しさを転職のプロが徹底解説!

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント