29歳はニートから就職するラストチャンス!成功のポイントを解説

29歳のニートが正社員への就職を成功させる方法について解説!

おすすめの業界・職種や選考対策についてもご紹介します。

29歳は未経験ニートがギリギリ就職できる年齢

多くの企業は若手の人材を求めており、未経験で採用する年齢を29歳で区切っている企業が多いです。

29歳でニートの人は、20代である今のチャンスを逃さないことが重要です。

20代の場合、未経験でもポテンシャルに期待して採用してくれますが、30代になるとマネジメント経験が求められるようになり、企業の採用目線が一気に厳しくなります。

正社員として就職したい人は、29歳のラストチャンスをぜひ活かして下さい。

正社員を目指すうえで参考になる記事を以下に載せておくので、是非参考にしてください。

関連記事ニートからいきなり正社員になれる?おすすめの就職支援サービスも紹介!

29歳ニートが正社員へ就職するおすすめの方法

29歳のニートの人が正社員就職を目指す場合、就職支援をサポートしてくれる転職エージェントを利用するのがおすすめです。

20代は正社員で就職できるチャンスがあるとはいえ、29歳はギリギリの年齢ですので、転職エージェントに企業選びや面接対策をサポートしてもらうほうが良いです。

転職エージェントにも様々ありますが、ニートの就職支援に強いエージェントであるUZUZハタラクティブに相談するのがベストです。

どちらも内定率が80%以上と高く、入社後の定着率も高いので、ブラック企業を紹介される心配もありません。

それぞれの特徴を下記にまとめましたので、ぜひ気軽に相談してみて下さい。

ニートから正社員を目指す人向けのエージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない人向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒヤリングさせて頂きます

ウズキャリに
相談する

18〜20代前半未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代前半未経験の方向けの求人2300件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

地元で就職したい人はハローワークがおすすめ

上記で紹介した転職エージェントは、サポートしてくれる地域が首都圏や関西に限定されています。

ですので、地方にお住まいの人はハローワークを利用しましょう

ハローワークは企業が無料で求人掲載をできるので、数多くの求人が掲載されています。

地方の企業はハローワークに求人を出す傾向がとくに強いので、希望条件に合う地元の企業に出会える可能性が高まるでしょう。

一方で、ブラック企業の求人も多く掲載されているというデメリットもあります。

求人を無料掲載できるハローワークの性質上、転職サイトでは応募が集まらないような企業の求人も混ざっているのです。

企業を選ぶ際は、求人情報や口コミサイト、四季報を使って情報収集を入念にやるようにしましょう。

ハローワークを利用して転職する場合のポイントは以下の記事でより詳しく解説しています。

関連記事ハローワークで良い転職はできる?流れや特徴なども紹介!

29歳ニートが採用されやすい業界・職種

未経験の人が採用されやすい分野には、「人材不足の業界・職種である」という特徴があります。

今回ご紹介する業界・職種から求人を選べば、29歳ニートでも採用してくれる可能性が高いです。

未経験の人が採用されやすい業界

  1. 人材業界
  2. 不動産業界
  3. IT業界
  4. 配送業界
  5. 介護業界
  6. 飲食業界

未経験の人が採用されやすい職種

  1. 営業職
  2. 介護職
  3. エンジニア

この中でも、人材業界の無形商材の営業がとくにおすすめです。

仕事としては難易度は高いですが、29歳ニートでも未経験から採用してくれる可能性が高い業界です。

また、おすすめの理由は、

  • ビジネスで必要なスキル・経験が身につく
  • 3年取り組むことで自分の市場価値を高められる
  • 今後のキャリアアップの選択肢が増える

という3つです。

人材業界の営業職は、他の業界よりもビジネススキル・経験が身につきやすいです。

今は限られた求人しか選べませんが、3年しっかり取り組むことでその後のキャリアの選択肢が増えます。

少し厳しいことを言いますが、29歳は未経験から採用される最後の年ですので、仕事を選り好みしている場合ではありません

まずは採用してくれる企業で一生懸命働くことが大切です。そうすれば道は開けます。

無形商材の法人営業ってなに?といった疑問やメリットについて以下の記事でも詳しく解説しています。

関連記事ニートは営業に就職すべき!おすすめの営業の種類・業界を紹介

正社員として働くのが怖い場合

29歳で就業経験が少ない人の場合、正社員として働くことに不安が大きい人も多いでしょう。

人と関わるのが怖い場合は、無理に正社員として働く必要はありませんので、他の選択をしても良いと思います。

契約社員・派遣社員・アルバイトなどの非正規雇用からスタートし、正社員を目指すのも良いです。

非正規雇用であっても職歴として記載できますので、まずは行動することが大切です

29歳ニートが就職する際に気をつけること

求人票などで29歳までと制限されていることが多く、時間的な余裕が無いことで焦ってしまい、ブラック企業に引っかからないように注意が必要です。

就職してから後悔しない為にも、応募前にブラック企業かどうか見分けることを意識しましょう。

求人を見る際に、以下の3点を注意して見ることが重要です。

ブラック企業の求人の特徴

  1. 給与が相場より異常に高い
  2. 募集期間が長く、ずっと求人が出ている
  3. 職歴不問・学歴不問・年齢不問など応募条件が緩すぎる

上記のうち、2つ以上当てはまればブラック企業の求人だと疑うべきです。

「給与が高い」という理由だけで応募するのはブラック企業に捕まりやすいパターンですので、注意が必要です。

また、ブラック企業は求人を出しても応募が集まらないため、長い期間ずっと求人を掲載している企業がほとんどです

そして、応募が集まらないと応募条件を緩くします。

ニートで自分のスキルや経験に自信がないと、「自分でも応募できる」と期待を抱いてしまいがちです。

このような求人はブラック企業の求人の可能性が高いため、求人をチェックする際は上記の3つポイントを注意しましょう。

ブラック企業の見極め方のコツについて以下の記事でより詳しく解説しています。

関連記事ブラック企業の見分け方!16つの業界を転職のプロが暴露

29歳女性ニートが就職する際に気をつけること

女性の場合も同様に、29歳までであれば正社員として就職できますが、結婚や出産、子育てとライフイベントを意識することが多いです。

その際に最も重要なのは、面接官に対して長く働き続ける意思を見せることです。

なぜなら、求人企業は20代後半・30代前半の女性に対して以下のような懸念を抱いているからです。

企業が女性に対して抱いている不安

  1. 結婚によって転勤ができないのではないか
  2. 育休・産休などで入社後すぐに休む可能性があるのではないか
  3. 子どものことで早退や欠勤が多くなるのではないか

20代を採用する企業側のメリットは、長期的に働くことで社員が成長し、自社に貢献できる人材に育成できる点です。

女性の場合、成長段階でライフイベントが重なり、短期離職されてしまうことが懸念されるのです。

この懸念を面接で払拭するために、「将来的にどうなりたいか」を明確にして、「長期的に働いていく中で自分の目標を達成したい」という自分の考え方をアピールすることが重要です。

また、女性のライフイベントに理解がない企業もあるため、産休・育休復帰率や女性管理職率をチェックして、女性が働きやすい企業かどうか確認しておきましょう。

女性が未経験から転職する場合のポイントについて以下の記事でも詳しく解説しています。

関連記事【女性必読】未経験でも正社員に転職できる!?成功のコツを伝授!

29歳ニートの選考対策

勤続期間が少ない人の場合、面接で聞かれる3つの質問があります。

ニートが面接で聞かれる質問

  1. ニートになった理由・背景はなんですか?
  2. ニート期間は何をしていましたか?
  3. 今回、なぜ就職しようと考えたのですか?

これらの質問に対しては、明確な答えを事前に用意しておくことが大切です。

面接官が納得できるように伝えるには、繰り返し練習するしかありません。

その際、自分1人でも練習できますが、転職エージェントなど面接対策のノウハウを持ったプロのサポートを受けたほうが、就職が成功する可能性が高くなります

ニートの就職支援に強いエージェントであるUZUZハタラクティブに気軽に相談してみることをおすすめします。

ニートの就職支援に強いエージェント

  • UZUZ
    10時間以上に及ぶ手厚いサポート体制で安心!IT業界やベンチャー企業の求人も有り
  • ハタラクティブ
    大手企業が運営している老舗の転職エージェント。未経験から挑戦できる求人多数

ニート向け志望動機の作り方

就業経験の少ない人が選考に臨む場合、"面接官に納得してもらえる志望動機を伝える"ことが大切です。

志望動機では、以下の3つのことが面接官に十分伝わっている状態が理想です。

志望動機のポイント

  1. その仕事(職種)を選んだ理由
  2. 成長したいという熱意が伝わる
  3. その企業を選んだ理由が分かる

ニートで就業経験が少ない中でも、その仕事を選んだことへの納得感、「成長したい」という高い熱量をアピールできることが非常に大切です。

また、面接官は「多くの企業の中で、なぜうちの会社を選んだのか」という点も気にしています。

その際は、「その企業で魅力に感じること」を企業理念や社風、仕事内容に触れながら説明しましょう。

上記の3つのポイントを押さえた志望動機の例文は以下になりますので、ぜひ参考にしてください。

志望動機の例文

私は多くの人と関わり、直接お客様に喜んでいただける仕事がしたいと思っており、営業職を志望しております。


御社のサービスはお客様の満足度も非常に高いことをHPで拝見し、魅力に感じましたので、御社で働きたいと考え、志望いたしました。

志望動機を考えるポイントやコツについて気になる人は以下の記事も合わせてご覧ください。

関連記事【完全保存版】志望動機が書けない転職者必見!考え方を徹底解説!

ニートの就活に役立つ関連記事

ニートの就活で役立つ関連記事を載せておきますので、合わせて是非参考にしてください。

関連記事ニートから正社員に就職する4つの方法!ベストな手段を紹介
関連記事ニートが使うべきおすすめ就職支援サービス9選
関連記事ニートはハローワークで転職できる?利用したほうが良い人の特徴と注意点
関連記事ニートにおすすめの就職サイト8選!内定率が上がる活用方法も解説!
関連記事ニートは何歳までなら就職できる?おすすめの就職方法・職種を大公開!
関連記事ニートの就職におすすめの資格はない?ビジネススキルが重要です
  

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント