21歳ニートから正社員へ!オススメの業界&職種を大公開

この記事では、21歳ニートの人へ向けて、正社員の目指し方や、オススメの業界・職種、就職を成功させるためのポイントなどについて紹介しています。

21歳ニートが働くなら正社員を目指そう

21歳でニートの人は、今のうちから就活をして正社員を目指すことをオススメします。なぜなら、年齢が高くなるにつれて正社員を目指すのが難しくなるからなんです。

27歳くらいまでなら、十分に就職できる可能性があります。それは、経験・スキルがない人をイチから育てる企業や、ポテンシャル採用をおこなっている企業があるからです。

正社員と比較をして、アルバイトや派遣のほうが仕事を見つけやすいとは思いますが、就職に役立つスキル・経験といった点では、あまり身につかず有利にもなりにくいんですよね。

だからこそ、ハードルは少し高いかもしれませんが、少しでも若いうちに正社員を目指すことをオススメします。

正社員を目指すに向けて役立つ記事を載せておきますので、是非参考にしてください。

関連記事ニートからいきなり正社員になれる?おすすめの就職支援サービスも紹介!

高卒でも十分に正社員になれる可能性はある

高卒の人でも、十分に正社員になれる可能性はあります。なぜなら、「若くてやる気があるならぜひ採用したい!」と考えている企業が多くあるからです。

確かに、大手企業や人気企業のようなキラキラ系の仕事に就職するのは難しいです。それでも、中にはポテンシャル採用を積極的におこなっている企業もあるので、選択肢の幅は広いと言えます。

まずは、自分を受け入れてくれる企業へ入社して、しっかりと実績を作り上げていきましょう。そこで経験やスキルを身につけてから、大手企業・人気企業に挑戦することも十分に可能ですよ。

21歳ニートからの就職で資格が有利になるかは場合による

21歳ニートの人に限らず、資格はそこまで有利になりません。とくに30代の転職の場合は、経験・スキルが重視される傾向が強いため。資格を持っていても評価されないケースがあります。

そのため、資格を取るために1度アルバイトをしようと考えているのであれば、就職活動を始めたほうが良いです。若いうちはポテンシャル採用ややる気を重視してもらえるので、資格取得よりも就職活動を優先するのが望ましいと言えます。

ただ、介護士や簿記、医療事務といった業務に直結した資格などを持っている場合は、未経験からの採用率もアップさせられます。

以下の記事で転職する際に資格が有利になるのかについて詳しく解説しています。こちらも合わせてご覧になってみてくださいね!

関連記事ニートの就職におすすめの資格はない?ビジネススキルが重要です

21歳ニートにオススメの業界・職種

21歳ニートからの就職でオススメの業界・職種は以下にまとめた6つです。

  • 不動産業界
  • 飲食業界
  • IT業界
  • 介護業界
  • 配送業界
  • 警備業界

上記の業界をオススメする理由は、人手不足でニーズの高い業界なため、採用してもらえる可能性自体が高くなるからなんです。

とくにオススメなのは営業職

職種でいうと、「営業職」がいオススメですね。それは、営業職は未経験からでもチャレンジできる求人が多くあるからです。

それだけではなく、「コミュニケーション能力」「交渉力」「仕事のスケジューリング」「売上管理」など、様々な仕事に活かせる仕事力の基礎が身につく職種です。

そのため、その後のキャリアアップやキャリアチェンジで有利になるというメリットがあります。

この先、中長期的に働く必要があるので、キャリアに困りにくい営業職がとくにオススメだと言えますね。

とは言え、人と話すことやコミュニケーションを取るのが苦手という人や、できればそういう仕事は避けたいという人もいると思うんですよね。

そこで人と関わらない仕事があるのかどうかについて、以下の記事で紹介しています。興味がある人や人との関わりに不安がある人は、ぜひ読んでみてください。

関連記事ニートは営業に就職すべき!おすすめの営業の種類・業界を紹介

21歳のニートが就職を成功させるなら就職エージェントがオススメ

21歳ニートの人で希望の業界・職種に就職したい場合は、就職エージェントを利用するのが良いでしょう。

就職エージェントには専門的な知識を持つキャリアアドバイザーが在籍しており、手厚いサポートが受けられます。就業経験がなくても、「やる気がある人なら採用したい」という企業の求人も多く保有していますよ。

もちろん、ブラック企業や離職率の高い求人は排除されているので安心感があります。

「就職活動が怖い」「面接でニートの理由について聞かれたらどうしよう」という不安を抱えている人でも、キャリアアドバイザーが一緒になって考えてくれますよ。

履歴書・職務経歴書の書き方や添削はもちろん、面接対策も徹底的にしてくれるため、内定率もアップさせられます。まずは、相談だけしてみるのもOKです。

ニート・正社員経験が少ない人向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない人向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録することをオススメします。

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒヤリングさせて頂きます

ウズキャリに
相談する

18〜20代前半未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け就活支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代前半未経験の方向けの求人2300件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

21歳ニートが面接で聞かれること

21歳ニートの人が面接で聞かれるのは「なぜ、これまで仕事をしていなかったのか」という質問です。

この質問にきちんと答えるためには、ニートでいた理由を明確にして反省することなんです。嘘をつくのではなく、正直に伝えてそのことについて反省し、しっかりと心を入れ替えて働きたいという強い意思を伝えるほうがベストです。

なぜなら、企業側は「採用してもすぐに辞めてしまわないか」「頑張ってくれそうなのか」という点が知りたいからです。

だからこそ、これまでの自分を反省して、覚悟と熱意を示すほうが良いんです。

以下にニートの人にも役立つ関連記事をまとめてみました。面接に不安を抱えている人もいると思うので、ご覧になってみてくださいね。

関連記事ニートが面接で気をつけること|就職するためのコツを徹底解説!

ニートの就活に役立つ関連記事

ニートの就活で役立つ関連記事を載せておきますので、合わせて是非参考にしてください。

関連記事ニートから正社員に就職する4つの方法!ベストな手段を紹介
関連記事ニートが使うべきおすすめ就職支援サービス9選
関連記事ニートはハローワークで転職できる?利用したほうが良い人の特徴と注意点
関連記事ニートにおすすめの就職サイト8選!内定率が上がる活用方法も解説!
関連記事ニートは何歳までなら就職できる?おすすめの就職方法・職種を大公開!
  

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント