IT業界に転職した銀行員のお話

  • !

IT業界に転職した銀行員のお話

    こんにちは!すべらない転職の末永です。

    みずほ銀行や三井住友銀行など大学生から人気のメガバンクですが、今回は銀行員からIT業界への転職を実際に成功させた人の体験談を語ってもらいました。

この記事を書いた人
末永

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の中途採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

はじめに

初めまして、元銀行員の石垣と申します。今回は「すべらない転職」に記事を寄稿させて頂くことになりました。

私は大学卒業から3年半、都内の銀行の法人営業部に所属し、中堅どころから上場企業まで業種も幅広い方とお付き合いをさせて頂きました。

現在、私はVC(ベンチャーキャピタル)から億円単位の資金調達が完了したスタートアップ(ベンチャー企業)に勤めています。

銀行員時代の経験を活かしながら、日々奮闘しています。私の経験が皆様の転職のお役にたてればと思い、この度記事を寄稿させて頂くことになりました。

結論から言うと、銀行時代に培ったスキルやマインドセットはIT業界でも通用します 。余裕です。同じことを考えている人はぜひ自信を持ってください。

この記事では、私がなぜ銀行業界に見切りをつけ、全く異業種の業界でやっていけているのかをまとめてみました。

現在銀行業界にいるが、今後異業種に転職したいという人には参考になるかと思いますので、お付き合い宜しくお願い致します。

銀行業は規制産業だった

学生のときはまったく意識していなかったのですが、銀行業って金融庁が管轄している免許制なんですよね。

また金融商品取引法などの法律もあり、入行してみると色々な規制や制約のオンパレードでまったく自由度がない職業だと初めて気づかされました。

こんなに行内ルールがあるのかと思うと、ゾッとしたことを思い出します。行内ルールを覚えるだけでも大変でした。ルールが多すぎると自由な発想でビジネスや商品づくりをしたい人には苦痛な業界です。

日々のストレスや幸福度を考えたら年収1,000万は安いと感じた

銀行員って世間では高年収のイメージがあると思いますし、実際他の業界と比べると高年収です。

私の新卒時の年収は確か500万円は超えていたと思います。

周りの上司や先輩を見渡しても年収1,000万円を超えている人は結構いました。

けれどただ日々のノルマに対するストレスを10年耐え抜いても、新卒の2倍程度しかもらえないのかと思うと、高年収も対した魅力にはならなくなりました。

40代・50代まで銀行員をやるのかと考えたら、自分には無理だと悟った

銀行員の人ならご理解いただけるかと思いますが、営業部ですと朝、晩毎日営業成績の会議や打ち合わせがあり、毎月、毎期ノルマ管理をされます。まさにラットレースなわけです。

若いうちならまだ良いのですが、これを30代、40代、50代も続けるのかと思うと気が遠くなりました。あと銀行には定年がないことも、入行して初めて知りました。

こういった年齢の人たちは、今では取引先や関連企業にも転籍できずに年収を下げて窓際族の様な仕事をさせられていることが多くなっている様です。

また私だけが感じたことではないとは思うのですが、日々のストレス&制約やルールの為か働いている人の個性がどんどん均一化されているようにも感じました。

しかし私は自分の個性をドンドン伸ばしたい と考えていたので、「ここに居たら自分の個性が殺されてしまう」と危機感を覚え、転職を決意しました。

異業界へ転職するにあたって

さて、ここまで読んでくださった人の多くは以前の私と同じモヤモヤを抱えている銀行員でしょう。

こういった方には転職エージェント(すべらないキャリアエージェント)の利用をおすすめしています。

というのも、ただがむしゃらにこれらの不満を解消してくれる企業を探すよりも効率が良いからです。

転職エージェントは目当ての企業の非公開求人を保有していることもあるうえ、内部情報にも精通しているので企業同士の比較が容易になるのです。

すべらない転職エージェントなら、IT業界への転職実績が豊富で、優良な非公開求人を紹介してくれます。

よかったら相談がてら、一度問い合わせてみてください。

今の業務に疑問を感じている銀行員へ

  • すべらないキャリアエージェント
    弊社エージェントは企業の採用担当と繋がりがあるので、ネットには出ていない独自の求人を多数保有しています。ぜひご相談ください!

次に銀行員時代の「よかったな」と感じた利点と、私が今異業界でやっていけている理由をお話ししています。

逆に言えば、異業界に転職するときにどのような点がアピールポイントになるのかをご紹介しています。

ぜひ最後まで見ていってくださいね。

経営者とお金の話や経営の話が沢山できた

銀行の法人営業では、社長、財務経理役員、経営企画室長など経営メンバーとお会いする機会がほとんどで下(経営メンバーじゃないことのほうが稀ですよね)。

経営に対する考え方や、今後の景気の流れなど一般社員とは違った考え方をされる人と多く話をできたのは、銀行員ならではではないかと感じています。

大学を卒業したての社会人が、企業の経営メンバーにお会いして時間を作ってもらえる職業はそんなに多くはなく、経営者のように物事を考えられるようになれたのは、この時の経験が大きいように感じます。

これは私が銀行員時代の経験がIT業界でも生きている、と思う大きな要素の一つです。

リスク管理能力が備わった

銀行の法人営業をする最大の目的は、企業に対して融資をすることだと思います。

銀行側からお願いして「お金を借りてください」と営業しても、審査部で否決された時はお客さんに何て言えば良いのか頭を悩ませたことがありました。

新人のときは、決算書上の数字や、オフィスビル、社長の人柄など表面上の情報だけで融資をしたい、融資できそうだと考えてしまいました。

ですが段々慣れてくると、その企業の将来的なリスクや現在抱えているリスクが見えてきたり考えられる様になってきます。

この能力は銀行員が融資審査をする際ではなく、その他の一般事業法人の企業経営する上でも役に立ちます

企業経営をするにあたっては将来に渡るリスクや課題を事前に想定し、先手先手で対策を取っていかなければなりません。

この能力はどの業界、どの職種に転職したとしても応用が効きます。

ロジックや根拠を持って説明できるようになった

銀行では融資を通すときには、上司、支店長、審査部、役員に対してなぜこの企業に融資をすべきなのかを説明します。

その際に「なんとなく融資をしたい」という理由では、まったく融資ができません。

なぜこの企業に融資をしたいのか、そしてしっかり返済してもらえるのかを、資料に落としこんだ上で、根拠を示しながら説明し、想定される質問にも対策する必要があります。

毎度こんなことをやっているので、嫌でも理屈を考える習慣が身につきました。

これで相当ロジカルシンキングは鍛えられたはずです。

どんな業界でもこの能力は求められると思いますが、銀行とIT業界は特に必要不可欠と言えるでしょう。

その他能力も備わります

銀行ではバランスよく総合的な能力が備わった感じがします。

  • とりあえず営業ができ、ノルマを達成できるようになる
  • 決算書が読める様になり、財務に強くなる
  • ビジネスマナーが備わる
  • ストレス耐久性が上がる
  • 徹底的にコンプライアンス等モラルが高くなるよう教育される(低い人もいますが)
  • 人脈が広がる(営業マンなら経営者の1人や2人とは親密になれるはず)
  • 資料の作成が割と得意になる(エクセル、パワーポイント等)

ざっとここまで銀行員生活で身についた能力を記載しましたが、私が1番銀行に勤めてよかったなぁと思う点は、幅広く多くの仕事を見れたこと です。

この業界は大変そうだなとか、この業界は意外と倒産しにくいなぁなど、企業から決算書を預かって丸裸にする仕事だったので、ずいぶん勉強になりました。

その上で、自分の頭で物事を考えられる能力も備わったので、どの業界、どの様な仕事に転職したとしても比較的容易に順応できるのではないかと思います。

銀行員はIT業界でも通用するのか?

実際IT業界でも通用するのかという話ですが、結論を言うと、通用します。余裕です。自信を持ってください。

年齢にもよりますが、20代中盤から30代前半位の人であれば1年程度業界にいれば、IT業界に関する知識や経験はキャッチアップできると思います。

転職当初は多少年収は下がりますが、中長期的に見てあなた次第では年収額は挽回できます。目先の年収だけで転職するかどうかは決めるのは、愚の骨頂だと思います。

私は1年程度IT(インターネット)業界で仕事しただけですぐにトレンドや経験はキャッチアップできました。

そもそもIT業界はトレンドが早すぎるので、長く業界にいるからといって、皆さんが考えている程そんなに先行者メリットはありません。

むしろ最近では他業種から参入しているスタートアップの経営者が増えています。

また法律によって業務のルールが決まっている訳でもありませんので、自分の頭で考えられる人にはチャンスだと思います。

銀行員は入行してからも相当勉強させられますので、学習できる下地があれば問題ありません

最近ではセミナーや交流会も頻繁に開催されていますので、業界の知識や人脈を容易に構築できます。

もちろん、すべらないキャリアエージェントでも転職後のサポートもしているので、IT業界のトレンド等はお伝えしているみたいです。

またIT業界に強い転職エージェントについて、こちらの記事で詳しく解説していますので、転職を検討される人はぜひ参考にして頂ければと思います。

銀行からIT業界への転職をお考えの人へ

ですがいくら元銀行員が豊富な汎用スキルを持ち合わせていても、転職して後悔のない企業を見つけられなければ意味がありません。

私が銀行員時代に感じた不満分子が転職を検討している企業にないとは限りませんから。

ですので私は転職エージェントの活用をおすすめしています。

転職エージェントは非公開求人を保有しており、紹介してもらうことで、自分に合った企業へ出会える確率が高まるためです。

銀行員からIT業界への転職なら
すべらないキャリアエージェント

とくに、すべらないキャリアエージェントは、IT業界への転職支援を得意とする転職エージェントです。

IT業界に精通していて、企業風土や入社後のイメージを教えてくれます。

またすべらないキャリアエージェントは、転職者の内定・入社がゴールとは考えておらず、入社後に充実した人生を送ってもらうことをゴールと認識しています。

そのため、非公開求人の中でも、転職者のキャリアにプラスになる優良求人のみを保有しています。

他にも、以下のような他の転職エージェントに負けない強みがあります。

  • 志望する企業向けにカスタマイズされた面接練習の実施
  • 転職支援のプロによる転職者様の長期的なキャリア設計のコンサルティング

すべらないキャリアエージェントは、無料で利用で来ます。キャリアに悩んでいたら、まずは問い合わせてみたらいかがでしょうか?。

キャリアを高めたい20~30代前半に向けた転職エージェント

ポイント

  1. 希望や適職にあった厳選した求人のみを紹介するので利用者満足度91%!
  2. 一人一人に向き合った丁寧なサポートにより内定決定率30%以上!(業界平均6%)
  3. 弊社の戦略的キャリアプランにより年収360万の人が年収700万のオファーで転職成功!

【無料】転職サポート申し込み

  • ツイッター
  • フェイスブック
  • はてなブックマーク

line

line

  • すべらないエージェントとは
  • すべらないエージェントの強みとは
  • 弊社のイチオシ自律型人材とは
  • すべらない転職Q&A