ITストラテジストって何?転職するにはどうしたらいい?

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

ITストラテジストとは

ITストラテジストとは、ITによる戦略(ストラテジー)の方向を決める戦略家(ストラテジスト)です。

ITストラテジストに期待される役割とは、会社経営により近いポジションで、あるいは経営陣としてITを活用して事業計画をしたり、どのようにシステム化を進めるのかを主導する立場にあります。

言うまでもなく、IT化が事業の成功を左右しますから、現在の会社経営において欠かすことのできない重要なポジションと言えるでしょう。

さらに、このITストラテジストとしての能力を証明するための試験がITストラテジスト試験です。

「ITストラテジスト試験」とは、「超上流工程において、企業のトップマネジメントと共に、企業戦略・事業計画から、システム化計画の立案と実行を主導する戦略家(ストラテジスト)としての能力を認定する」試験です。

この試験は、厚生労働大臣によって「専門的知識等を有する労働者」に指定されており、この位置付けは、弁護士、公認会計士、医師、技術士等と並ぶもので、ITストラテジスト試験ではIT系では唯一の資格であり、労働基準法においても特例の扱いの対象となります。

試験形式

試験の形式としては、

1:午前Ⅰ(四肢択一式、マークシート、30問、基準60%、高度情報処理技

術者試験と共通のスキルレベル3相当問題、50分)、

2:午前Ⅱ(四肢択一式、マークシート、25問、基準60%、システム戦

略や経営戦略マネジメント等のストラテジ系、40分)、

3:午後Ⅰ(記述式、4題中2問選択し回答、90分)、

4:午後Ⅱ(論文課題形式、3題中1問、ABCD評価されA評価で合格、

120分)

となっています。

難易度

試験の合格率は、例年14%で推移しています。

平成29年度には、6,974名が受験し、合格者は700名、合格率は14.7%となっています。

合格者の平均年齢も39と高めです。

他のIPAの試験より難しい理由として、実務経験を元に論述する午後Ⅱの試験の存在があります。

ITストラテジストの仕事内容

ITストラテジストの仕事はどのようなモノでしょうか?

それは、ITを駆使して企業戦略のかじ取りをすることにあります。

経営的視点と技術的知見で、業務の効率化や最適化をもたらすことです。

業務内容は多岐にわたりますが、大まかな流れを見てみましょう。

1:課題点の洗い出し

まず企業の業務内容を把握します。企業に足を運び、業務の現状を観察し現場で働く社員からの聞き取りなどを行うことで、課題点や問題点などを浮き彫りにします。

2:戦略の策定

企業の現状を把握した後は、システム導入の必要性、ITの活用方法を検討します。業務効率の向上やコスト削減など、企業側のメリットを目的とする戦略を策定し、経営者へ提案します。

このように、業務コンサルタントという顔もありますが、ITに精通した技術者としての力量も問われます。

加えて、ITの導入と活用をスピーディーに進めることも重要な業務となります。

このように幅広く活躍するITストラテジストは何にやりがいを感じるのでしょうか?

IT業界が直面している様々な問題を解決に導くことが、最大のミッションです。

また、企業の経営戦略を実現することで、利益の創出に寄与することは、大きなやりがいとなります。

ITストラテジストの年収は?

ITストラテジストの年収はどれくらいになるのでしょうか?

国家資格平均年収ランキングによると、ITストラテジストの平均年収は670万円です。

これは、システムエンジニアの533万円やプログラマの410万円と比較すると高額です。

さらにITストラテジストの年収を理解するために、他の資格取得者と比較してみましょう。
以下に、情報処理技術者試験の12の試験の合格率、難易度目安、合格平均年齢、平均年収を列挙します。

1、ITパスポート試験(IP)

合格率 50.4%
難易度目安 初級シスアド試験と比べ難易度はやや低い
合格平均年齢 28歳
平均年収 380万~500万円

ITパスポート試験自体の難易度は他の試験と比べ比較的簡単で、この資格自体に付加価値がないため年収もさほど高くありません。

2、情報セキュリティマネジメント試験(SG)

合格率 58.4%
難易度目安 ITパスポート試験より高、基本情報技術者試験より低
合格平均年齢 37歳
平均年収 510~600万円

この資格を取得しシステムエンジニアとして働くケースが多いためこのような平均年収になっています。ちなみに、30代前半の社内SEの場合は510万円が平均年収です。

3、基本情報技術者試験(FE)

合格率 22%
難易度目安 情報処理技術者試験制度 スキルレベル2
(プログラミング未経験の文系学生や社会人でもしっかり勉強すれば合格可能)
合格平均年齢 25歳
平均年収 350~600万円

他の試験と比べ比較的簡単で、この資格自体に付加価値がないため、平均年収もさほど高くなく、年収は所属する企業の給与条件によって変化します。

4、応用情報技術者試験(AP)

合格率 21%
難易度目安 数ある国家資格・試験のなかでも難関の部類に入る
合格平均年齢 29歳
平均年収 450万円~650万円

この資格を取得することで年収が大幅に上がるということはないようです。応用情報技術者試験の平均年収はエンジニアの平均年収とほぼ同等のようです。

5、ITストラテジスト試験(ST)

合格率 14%
難易度目安 数多くある試験の中でもトップクラスの難易度
合格平均年齢 40歳
平均年収 670万円

かなり難関な資格の一つのため、平均年収はIT業界内でもトップクラスです。

6、システムアーキテクト試験(SA)

合格率 12%
難易度目安 レベル4高度区分 難関の部類に入ります
合格平均年齢 38歳
平均年収 480万円~701万円

システムアーキテクトは、多くの企業から高い評価を受けている資格のため、同年代比としても100万~200万円近く高い収入が見込めます。

7、プロジェクトマネージャ試験(PM)

合格率 13%
難易度目安 レベル4高度区分 難関の部類に入ります
合格平均年齢 40歳
平均年収 500~1000万円

プロジェクトマネージャ、プログラマーやSEのさらに上位のポジションになるため、年収も全体に高くなります。

8、ネットワークスペシャリスト試験(NW)

合格率 13%
難易度目安 レベル4高度区分 難関の部類に入ります
合格平均年齢 36歳
平均年収 400~800万円

難関な部類の資格になるため平均年収も全体的に高くなっています。

9、データベーススペシャリスト試験(DB)

合格率 14%
難易度目安 レベル4高度区分 難関の部類に入ります
合格平均年齢 34歳
平均年収 400~600万円

難関な部類の資格になるため平均年収も全体的に高くなっていますが、所有する他の資格の有無や経験年数によっては年収400万円を下回ることもあります。

10、 エンベデッドシステムスペシャリスト試験(ES)

合格率 14%
難易度目安 レベル4高度区分 難関の部類に入ります
合格平均年齢 37歳
平均年収 400~600万円

難易度の高い資格で、また高度IT人材としての専門分野の資格を持つためプログラマーやSEに比べ高い水準になります。

11、 ITサービスマネージャ試験(SM)

合格率 13%
難易度目安 レベル4高度区分 難関の部類に入ります
合格平均年齢 34歳
平均年収 500~600万円

難易度の高い試験で豊富な実務経験も問われるため平均年収も高い水準になります。

12、システム監査技術者試験(AU)

合格率 15%
難易度目安 レベル4高度区分 難関の部類に入ります
合格平均年齢 43歳
平均年収 500~700万円

難易度の高い試験で豊富な実務経験も問われるため平均年収も高い水準になります。

ITストラテジストは転職に有利?

ITストラテジストの求人は多く存在し、今後も需要が高まることが想定されます。

経済産業省によると、ITコンサルタント等のIT人材が不足していると考えている企業は84%にのぼります。
この事実から、IT戦略の策定を主導するITストラテジストは必要とされ、転職にも非常に有利な資格の一つです。

とはいえ、ITコンサルタント資格を持っているだけで転職に有利ということではなく、実務経験や他の資格の有無も関係しています。
実際、ITコンサルタントの資格を持つ人たちでも普段はSEやプログラマとして働いている方も多くいます。

転職での面接の際にも、ITコンサルタントの資格がある場合、その資格についても聞かれる場合が多いため、その資格を取ろうと思った理由や目的などについても整理してしっかり説明できるようにしておく必要があるでしょう。

ITコンサルタントに期待されているのは、企業の経営戦略を視野に入れつつIT化に関係する様々な基本戦略を策定、提案できる人材ですから、面接の際にも広い視野で会社の業務に携わる人材として成長していきたいとアピールしていくことが求められます。

ITストラテジスト取得後のキャリアパス

では実際にITストラテジスト取得後にどのようなキャリアパスが考えられるのか、ITストラテジスト所得後の3人の転職経験者の典型的な経歴をご紹介します。

以下の例はいくつかの転職例を参考に仮想の自分物を考えてみた事例です。
実在の人物ではありませんが、ITストラテジスト取得後にはおおむね以下のようなキャリアパスが想像できます。

Aさん(35歳)

転職前の役職 システムエンジニア
転職前の年収 530万
転職先 IT/Web系企業
転職後の役職 PM
転職後の年収 600万円
ITストラテジストの取得理由 SEとしてより業務に精通し、問題解決能力を高めたかったから

Bさん(40歳)

転職前の役職 PM
転職前の年収 580万
転職先 自動車部品関連
転職後の役職 社内システム開発/リーダー
転職後の年収 650万円
ITストラテジストの取得理由 これまでの経験を活かしより会社経営に近い場所で仕事に携わりたかったから

Cさん(43歳)

転職前の役職 PM
転職前の年収 670万
転職先 アプリ開発
転職後の役職 ITコンサル
転職後の年収 750万円
ITストラテジストの取得理由 現場での開発業務からさらにITコンサルとして経営戦力を考え、提案できる立場で働きたかったから

このように、ITストラテジストは資格取得後に業務の下流工程からさらに上流工程を目指すことができ、能力によっては会社経営に近い場所で働けることから、現状に満足せずさらに上を目指したいエンジニアにとって考えてみたい資格の一つです。

転職エージェントのご紹介

転職の際にどんなふうに活動して良いのか、悩んでしまう方も多いと思います。
そんな時にこそ転職エージェントを利用すれば、入社までしっかりと導いてくれますので、非常に心強い存在となります。

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04