20代で転職を検討されている方へ


SEやプログラマーに最も人気の職種、ITアーキテクトって何?

最近あちらこちらで耳にするITアーキテクトですが、その意味、またどうすればなれるのかについてはご存じですか?

ITアーキテクトはSEやプログラマーが今後目指す職種の中でもITコンサルに並び最も人気がある職種のようです。

この記事ではまずITアーキテクトの概要について考え、さらに今後ITアーキテクトになっていくためにはどうすればいいかを考えていきたいと思います。

ITアーキテクトとは?

では、ITアーキテクトとはなんでしょうか?

顧客のビジネス戦略に対して最適なシステムをデザインする人と言えます。

つまり、会社経営者(業務)とシステム実装(開発)を「橋渡しする」役割とも言えます。

ITアーキテクトはソリューションを構成し、あるいは組み込み製品開発に必要となる要件を定義し、さらにはそれらを実現するためのアーキテクチャを設計していきます。

つまりプログラマーやシステムエンジニアの上級職のような役割として、システムの設計や構築をデザインしていきます。

ITアーキテクトの仕事内容

ではITアーキテクトとは具体的にどのような業務を行うのでしょうか。

業務は通常ITコンサルタントと連携して行っていきます。

ITコンサルが顧客側との直接のコミュニケーションや説明能力を求められ、最適なシステム企画を提案する一方で、ITアーキテクトそれを具体的にどう実現するかを考え、開発現場に説明し運用していくことが期待されています。

ITアーキテクトの仕事を家の建築に例えると

ITアーキテクトの仕事を家の建築に例えると以下のように説明できるでしょう。

顧客は工務店に家の設計と建築施工を依頼してきます。

営業マンが顧客とデザインや内装などを詰めていきますが、建築士はその描かれた全体像を設計図に落とし込んでいきます。

施工の段階になると、建築士から現場監督に具体的な説明がなされ、施工が行われます。

ITアーキテクトとはまさにこの建築士のような役割です。

ITコンサル(営業マン)から顧客のニーズの説明を受けるとそのニーズをITアーキテクト(建築士)はSE(設計士)に伝えて工程表や設計図に落とし込むのを監督します。

業務側から伝えられたイメージを具体的な作業に切り分け現場監督であるシステムエンジニアに伝達する仕事とも言い換えられます。

それで、ITアーキテクトとはプログラムの知識だけでなくコミュニケーションスキルも求められる、難易度の高い仕事とも言えます。

ITアーキテクトの需要と年収

ITアーキテクトにはそれ相応の能力も求められ、それに見合った報酬も期待できます。

ただしITアーキテクトにまでなれる人材は実際には多くなく現場でまだまだ必要とされており、さらに今後もかなりの需要が見込まれます

また、年収も平均して600万円~700万円とプログラマーやSEよりも高給です。

しかも、プロジェクトの中心的な役割として開発業務に携わっていくため、スキルやレベルによっては年収900万円から1000万円ほどという人も珍しくありません。

 

ITアーキテクトのキャリアパス

では、ITアーキテクトにはどうすればなれるのでしょうか。

まずは開発現場でプログラマーから始めて経験を積みながらITアーキテクトを目指していくことになります。

ITアーキテクトに求められる知識は多岐に渡るため、そうした現場での経験の中で開発言語やネットワーク、データベース、セキュリティ関連の知識を取り入れていくことでITアーキテクトとしてのキャリアを歩んでいくことができます。

未経験からITアーキテクトになるには

それで、ITアーキテクトのような仕事を考えており、また開発現場での経験がないようなら、まずはプログラマーからキャリアを始め、上級システムエンジニアを目指していくことになるでしょう。

こうした現場での経験を通して徐々にスキルを身に着けていくことでITアーキテクトに近づいていきます。

ではITアーキテクトに関する資格はどのようなものがあるのでしょうか。

日本国内では、IPA(情報処理推進機構)のシステムアーキテクト試験(SA)のみです。

IPA(情報処理推進機構)のシステムアーキテクト試験(SA)

こちらは上級システムエンジニア向けの国家資格で、合格率も約8%という難易度の高い試験です。

こうした資格で知識や技術を証明し、さらに別の分野の能力も現場で発揮していく必要があります。

ただ、この資格があるからといってITアーキテクトになれるかと言えばそうではなく、ITアーキテクトには様々な能力やスキルが求められます。

例えば、プロジェクト全体を見渡す能力、リスクを予測する能力やリーダーシップ、コミュニケーションスキルなど、求められる能力は多岐に渡っています。

それで、ITアーキテクトを目指す皆さんはシステムアーキテクト試験を目指しつつ、さらに開発現場でITアーキテクトたちと実際に接し、その人物像や交渉術を見て学ぶことで多くのことを学べるのではないでしょうか。

プログラマーの業務のいろいろな場面で幅広い経験や知識を意識的に取り入れていくことがITアーキテクトへの近道と言えます。

 

まとめ

現在のIT業界において、変化を予測しフレキシブルに対応できるITアーキテクトこそ今最も求められる人材と言えるでしょう。

幅広い知識が要求される仕事とはいえ、自分がイメージしたように仕事が進んでいくので面白く達成感のある仕事とも言えます。

このように、仕事の面白さや充実感、経験が報酬に反映される仕事と考えると、たしかに目指す価値のある仕事ですね!