ITエンジニアを辞めて異業種への転職ってできるの?

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

「もうITエンジニア辞めたい・・・」多忙になりがちなITエンジニアの仕事。転職を考えたことのある方はとても多いことと思います。

とはいえ、いきなり異業種に転職するのは勇気のいること。躊躇している方も少なくないでしょう。

そこで今回は、ITエンジニアの異業種への転職理由や転職活動時に気になる年齢、年収への注意点などについてご紹介していきます。

ITエンジニアから異業種へ転職するには?

専門的な知識や技術が必要となるITエンジニアの仕事。

続けていけばスキルアップもはかれて、長期的に働ける・・・と思いきや、転職を考える人が比較的多い職種です。

ではなぜ、多くの人が転職を考えるのでしょうか?

理由は大きく分けて3つあります。

(1)時間に余裕がない

まず挙げられるのが「時間に余裕がない」という理由です。

日常的な残業の多さ、時には休日返上で働くという人もいることでしょう。

納期に追われる日々に職場の雰囲気もピリピリとし、心身ともに疲れが蓄積してしまうため、環境を変えたいという理由は非常に多いと言えます。

(2)待遇の悪さ

次に挙げられるのが「待遇の悪さ」です。

働き詰めにもかかわらず、給与がなかなか上がらないという点は、多くの方が悩んでいる点。

社内で昇進・昇級の見込みがないともなると、転職を考えるのは止むを得ないでしょう。

(3)新しい技術が身につかず、将来に不安

最後に挙げられるのは「新しい技術が身につかず、将来に不安」という点。

日々同じような業務ばかりを裁き続けるだけで、新しい仕事に挑戦できないという環境の人は少なくありません。

しかし、経験がものを言う業界ですから、そのままでは将来困るという悩みから転職を考えるケースも多い傾向にあります。

ITエンジニアの場合、以上のような不安・不満を払拭するために転職を決意する人が多いと言えます。

→【無料】エンジニアからの転職を検討しているなら、ITやWEB業界への転職を得意としている転職エージェントのレバテックキャリアにまずは登録をしてみましょう。

ITエンジニアから転職する際の理由って何を答えるべき?

では実際に転職活動を行う決意をした場合、どのように転職理由を伝えるべきなのでしょうか?

ネガティブな内容は、そのまま伝えるのは危険!

まず、前述したような「残業が多い」、「給与が増えない」など、待遇や労働環境に関する理由は後ろ向きな印象を与えます。

事実ではありますが、ストレートにこれらを転職理由として伝えるのはあまりオススメできません。

これからのキャリアに対して、前向きに感じられる理由を答える

その代わりに伝えると好印象になるのが「今後のキャリアパスを考えての転職」というポイントでしょう。

この場合には、現在は継続してキャリアを積むのが難しい状況にあるという点を付け加えても問題ありません。

具体的に「なぜその業種・職種に転職したいのか」、「今後環境を変えてどのようにキャリアを積んでいきたいか」、「そうすることで社内外に対して、どのような成果を出していきたいか」などについて言及しましょう。

あくまで主軸は「今後のキャリアで挑戦したいこと」。きっかけが今の状況という程度に収めて、ポジティブに受け取られるように心がけてください。

→【無料】エンジニアからの転職を検討しているなら、ITやWEB業界への転職を得意としている転職エージェントのレバテックキャリアにまずは登録をしてみましょう。

ITエンジニアからの転職の年齢や、その後の年収は?

いざ、異業種へ転職!となって気になるのは年齢や年収のことでしょう。

ITエンジニアから異業種へ転職する場合の状況について、具体的にご紹介していきます。

まず、異業種へ未経験で転職する場合、20代のうちは比較的多くの求人があります。

特に営業系は仕事への熱心さがあれば未経験でも積極的に採用しているケースも少なくありません。

中にはIT業界を顧客とする営業職などもありますから、元々の強みを活かした仕事をできるポジションも見るけられる可能性があります。

また、全くの異業種というわけではありませんが、WEB業界へ転身する方は比較的多いと言えます。

これまで培った知識を活かして、営業や企画などへの職種転換のチャンスがあり得る業種です。

加えて、異業種の中でIT関連の職種(社内SEやヘルプデスク)などのポジションに出会えれば非常にラッキーです。

人気のある職種のため競争率は高いですが、経験が活かせる異業種の仕事の1つでしょう。

こうしたケースでは、30代前半くらいまでであれば採用感度は高いと言えます。

一方で、未経験での転職となると給与が下がることも想定しておかなければなりません。

特に残業が多くてという悩みで転職を決めた場合、残業が減ると同時に給与が減るという可能性もあります。

転職してから「こんなはずじゃなかった・・・」とならないよう、転職時に何を重要視したいのか具体的に優先順位をつけて、納得のいく転職活動にするようにしましょう。

ITエンジニアから転職をするには?

現在の職場環境、待遇面などに満足出来ず転職を考えているというエンジニアの人が多いのではないでしょうか?実際に弊社でもそのようなご相談を受け転職サポートをすることが多々あります。またエンジニアの方のように専門性の高い仕事をされていると、会社に依存せずに働いていくことも可能なため、環境面の改善に転職を選択するのは充分転職理由として前向きにとらえて良いでしょう。

また一点頭に入れておいて欲しいのは、エンジニアのような専門性の有する職業の場合他社の企業から、引き抜きやヘッドハンティングなどでお声が掛かることもあると思いますが、転職をする際は自分自身の判断だけではなく、一旦は第三者の目線で今度のキャリア形成を踏まえてアドバイスをしてくれる転職エージェントの利用をオススメしております。

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう!

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント
  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアの評判が悪いって噂は本当?IT業界に強い理由を大公開
レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント
  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

20代の登録者数No.1!
20代向けの非公開求人を多数保有し、サポートの丁寧さに定評あり!

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

また、IT業界に強い転職エージェントは、こちらの記事(IT業界に強いおすすめの転職エージェント7選)でも詳しく解説しています。