エンジニアの転職には欠かせなくなってきたGitHubとは

GitHubとは

Git(ギット)は、プログラムソースなどの変更履歴を管理するバージョン管理システムのことです。他にもsubversionやvisual source safeといった同類のバージョン管理ツールがあり、こちらの方なら知っているという方もいるのではないでしょうか。チームでソフトウェアを開発する現場では一般的なツールで、主に組織内で情報共有をすることを目的に使用します。

GitHub(ギットハブ)は、Git(分散型バージョン管理)の仕組みをインターネット上にまで広範囲に共有することができるクラウドサービスです。GitHubを使えば自分で書いたソースコードを公開することもできますし、世界中の優れたプログラマが公開しているソースコードを見ることも可能です。SNSの機能も備えていて、しかも、このサービスは無料で利用可能です。こういった背景もあり、エンジニアの繋がりで一気に知名度が上がりました。

GitHubの機能でFolk(フォーク)とPull Request(プルリクエスト)があります。Folkは公開されているプログラムソースを自身で改良できるようにローカルにコピーする行為です。Pull Requestはプログラムのソースの公開元に、自身が改良したもので上書き更新を依頼する行為です。GitHub上では多くのオープンソースやライブラリが公開されており、世界中のプログラマの研鑽によって日々改良が行われています。

GitHub採用とは

転職に関して、即戦力を期待するエンジニアの採用をしたい時に採用担当が気にするのは、「スキルレベルがどの程度なのか」を見極める事です。経歴などである程度の推測はできたとしても、実際の成果物をみて確認できれば確実です。

そんな中、エンジニアの効率的な採用手段の一つとして「GitHub採用」という手段を取る企業がでてきました。先進的な事業や成果を重視するベンチャー企業やIT企業がこの採用方法をとっているケースが増えています。

企業側からすると、「GitHub採用をしている」=「技術志向」というアピールやブランド構築ができるという面があります。また、GitHub採用を活用してくる応募者は、なんらかの技術アピールポイントを持っていることが多く、優秀なエンジニアを引き当てられる可能性が高まります。

そのかわりに、応募者の評価を行うのにプログラムソースを評価する必要があるため、内部のエンジニアの協力を要請する必要があるなど負荷もかかります。応募者全員の評価をまともにやっていては負荷が高いため、一定の水準を見極める術を持っています。応募者はこのことを念頭にGitHub採用のメリット・デメリットを理解してGitHubの運用と整備をしておく必要があります。

GitHubを転職で使うメリット・デメリット

メリット

実際の成果物をもとに評価されることになるため、実績がある方にとっては大変有利です。転職を考える際、これまでの実績をもとにキャリアアップや年収アップを考えている方にとっては、自分の実力を示す最良の方法といるかもしれません。事実、GitHubを公開して転職活動を行ったほうが年収がアップするという統計もあります。

デメリット

実力がまる見えになるため、採用選考の際にマイナスになるケースがあります。GitHubアカウントを公開をする以上、採用担当は内容を確認することになります。その際、最新のコミット(Gitへのファイル更新)が1年以上前というだけでも心象としてマイナスに働くことがあります。プログラムソースに対する他者の評価や内容も確認対象となるため、特筆して出来が良いもの以外はマイナスの心象につながることが多いのです。

前述した応募者が一定の水準に達しているかどうかの判断が入った際、マイナス心象の場合はそこで選考が終わってしまうのです。GitHubを公開していない人が加点0だとして、加点がつく想定でGitHubを公開したことで減点されてしまっては大変です。GitHub公開が採用の必須条件ということでない場合、次に記載するような加点ポイントがない場合は公開をしないという選択も1つの対策ということになります。

「1ヵ月以上の工数をかけたボリュームや作り込みがわかるものになっている」

「多くのスターが付くようなライブラリやオープンソースを公開している」

「直近のコミットがあり、継続的にコーディングを行っていることがわかる」

GitHub採用を行なっている企業一例

有名なところでは、株式会社メルカリ、Qiitaで有名なIncrements、ゲームアプリで有名なアカツキ、株式会社サイバーエージェントなどが取り入れています。GitHub採用の草分け的存在の株式会社メルカリでは、履歴書やエントリーシートなどは不要で、GitHubのアカウントとメールアドレスのみで書類選考を行うなどの大胆な方法もとっています。

ソフトウェア開発を行っている企業に開発エンジニアとして採用され、評価されることを望む場合、GitHub採用を活用することは非常に有効です。エンジニアとして転職やキャリアアップを考えているのであれば、日頃からGitHubの活用を意識しておくことをおすすめします。

転職エージェントを活用しましょう

時間を作りながら一人で転職活動を行うのは、とても大変なことだと思います。
忙しい方、なかなか活動できない方は、転職エージェントを利用するのが良いでしょう。

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08