転職エージェントがしつこい理由は?強引な場合の対処法&体験談を紹介

転職エージェント しつこい 強引

    転職エージェントがしつこい5つの理由をはじめ、対処法や注意すべき言葉について解説します。

    また合わせてしつこくされた体験談や、しつこい転職エージェントとの上手な付き合い方もご紹介します。

この記事を書いた人
末永雄大

末永雄大

新卒でリクルートエージェント(現リクルート)に入社。数百を超える企業の中途採用を支援。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして人材紹介サービスを展開しながら、年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeチャンネル「末永雄大 / すべらない転職エージェント」の総再生回数は2,000万回以上。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック
詳細プロフィールはこちら

転職エージェントがしつこい理由

転職エージェントがしつこい理由ですが、まず前提としてエージェントも目標数字を追っているからという理由が挙げられます。

エージェントは求職者が転職を決めたら売上に計上されるビジネスモデルであるため、転職の可能性がある求職者をサポートしたり、フォローしたりするのは当然のことです。

ただし、数字に固執してしまった結果、サポートやフォローではなくしつこく強引に追いかけるという行動に出てしまっている可能性が想定されますね。

もう1つ強いて挙げるなら、企業側へ連絡をしなければならない場面で求職者の状況を共有するために、エージェントから求職者に連絡が取れるまでコンタクトを取り続けるケースもあります。

転職エージェント末永 末永

転職エージェントがしつこくなってしまうのには、前提としてこれらの理由があります。


転職エージェントはボランティアではなくビジネスの1つとして転職支援のサービスを提供しています。ビジネスである以上、一定の利益を出し続けないと会社を存続させることができません。

転職エージェントの前提を説明した上で、しつこい理由を5つに分けてさらに詳しく解説していきます。

転職エージェントの仕組みなどについて、さらに詳しく知りたい人は以下の記事もおすすめです。

連絡を適当にしているから

転職エージェントがしつこい理由の1つ目は「連絡を適当にしているから」です。これは転職エージェントからメールや電話での連絡がきているにもかかわらず、無視して折り返していないというのがこれに該当します。

実はこのケースがもっとも多いのですが、冒頭でもお話した通り無視するのは基本的にNGです。連絡を折り返さなければ、あなたが今どんな状況に置かれているのか転職エージェントが把握できないため、それだけしつこく連絡してくることになります。

確かに勤務中に連絡がきて嫌な思いをすることもあるとは思いますが、決して無視せずにメールや電話で折り返すようにしましょう。

転職エージェントからの連絡を無視し続けるとブラックリスト入りしてしまう可能性があります。ブラックリストについて詳しく知りたい人は以下の記事も読んでみてください。

応募先企業から連絡がきているから

転職エージェントがしつこい理由の2つ目は「応募先企業から連絡がきているから」です。

例えば、応募先企業から内定が出ていて、その返事を保留にしたままにしていると、企業側から転職エージェントに返事を早く聞かせて欲しいと頼むケースがあります。

その中でもとくに応募先企業が求める条件にマッチしている求職者の場合は、企業側から転職エージェントに早く確認してもらいたい、という催促するような連絡がいきがちですね。

企業との関係が悪化するから

転職エージェントがしつこい理由の3つ目は「企業との関係が悪化するから」です。これは、応募先の企業側との面接が確定、または内定獲得したにもかかわらず面接辞退や内定辞退してしまう、というケースが該当します。

面接辞退もしくは内定辞退してしまうと、あなたを紹介した転職エージェントと企業側の関係が悪化してしまう恐れがあるんです。企業からの信頼を失ってしまうことにも繋がるため、結果的に強引でしつこいと思われる対応に出てしまうケースもありますね。

だからこそ転職エージェントは企業との関係を悪化させないために、面接辞退や内定辞退を申し出た求職者に対して、強引にしつこくしてしまうことがあるんです。

エージェント側に利益が生じないから

転職エージェントがしつこい理由の4つ目は「エージェント側に利益が生じないから」です。というのも、転職エージェントは紹介した求職者が紹介企業に入社した場合に、企業側から成功報酬が支払われる仕組みだからなんですね。

そのため、転職エージェントによっては多少強引に求人をゴリ押ししたり、面接を受けるように強い言い方をしたりする場合があります。また、内定辞退を避けるために強引に内定承諾を迫る、もしくは急かすケースもありますね。

求職者に内定辞退されてしまうと転職エージェントも儲からず損をしてしまうので、その結果として強引にゴリ押しする、しつこくしてしまうということに繋がってしまいます。

以下の記事では転職エージェントの裏事情について詳細に解説しています。こちらも合わせてご覧ください!

自分の評判やノルマに影響するから

転職エージェントがしつこい理由の5つ目は「自分の評判やノルマに影響するから」です。キャリアアドバイザーにはそれぞれノルマが課せられているケースがあります。

その目標数字を達成させるため、求職者に応募を急かすとか強引に求人を勧めてしまうことも実際にあるんですね。それだけではなく、契約獲得数がキャリアアドバイザー自身のノルマや評判、評価などに影響するからという理由も挙げられます。

その結果、求職者に的外れな求人をゴリ押ししたり転職を急かしたりして、求職者がしつこいと感じることに繋がってしまうんですよね。

転職エージェントにしつこくされた体験談

実際に転職エージェントが「しつこいと感じた」「強引だった」「しつこくされた」という体験談をTwitterから集め、まとめてみました。

ただし、すべての転職エージェントがしつこいというわけではないので、あくまでも参考程度に見て頂けますと幸いです。

評判・口コミ

アラサー子育て奮闘記<br>@tokyo___mama

アラサー子育て奮闘記
@tokyo___mama

1ヶ月前にdodaの人と
転職相談する予約してたのを
キャンセルしたんだけど、
未だに電話と留守電が入ってくる、、

しつこい、、
ここまでされると迷惑だわ、、

Twitter

評判・口コミ

カスネル<br>@N5sERwVcj4CPyOB

カスネル
@N5sERwVcj4CPyOB

転職エージェントしつこいな。
人材営業の求人しか送ってこうへんし。人材は興味ないて言うたやん!

Twitter

評判・口コミ

Loca Hermana??♥<br>@TusHerman

Loca Hermana??♥
@TusHerman

転職エージェントからの電話がしつこい、束縛彼氏かよって思いながら検索してたら同じようにメンヘラ彼女かよって愚痴ってる人いて笑ったwww

Twitter

評判・口コミ

龍クロー@プール始めた<br>@Ryukurokuro

龍クロー@プール始めた
@Ryukurokuro

転職エージェント1度電話かかってきて、一度出たきり全く電話もしてないのに、しつこいくらい電話くるから嫌い

Twitter

転職エージェントがしつこいときの対処法

転職エージェントがしつこい・強引なときの対処法ですが、まず前提として無視するのはNGです。

なぜなら、無視してしまうと自分の印象を悪くしてしまうからなんですね。さらに、求人を紹介して欲しくなった際に優先度が下がったり、再登録するとなった場合にも断られてしまう恐れがあります。

だからこそ、まずは自分がしつこく感じていること・思っていることを伝えた上で対処していく必要があります。

以下に転職エージェントが強引でしつこいと感じたときの対処法を4つまとめましたので、それぞれ参考にしてみてください!

それでは次でそれぞれ詳しくお伝えしていきますね。

連絡をきちんと返す

転職エージェントがしつこいときの対処法の1つ目は「連絡をきちんと返す」ことです。というのも、メールなり電話なりきちんと連絡を返さなければ、その分しつこく連絡がきてしまうからです。

勤務中にまでメールや電話での連絡がきてしつこい場合は「どのような連絡手段をとるのか」「連絡がつきやすい曜日・時間帯」をしっかり伝えるのがベストですよ。そうすることで急いで返信することなく、スムーズに自分のペースで連絡を取ることができます。

また、メールや電話でしつこく連絡されないための対処法として「◯◯目的の電話面談はぜひお願いしたいのですが、◯◯目的の電話は私も忙しいので控えて頂けるとありがたいです」と、必要最低限のコンタクト条件を自ら提示することもおすすめですね。

面接や内定辞退した場合はきちんと謝罪する

転職エージェントがしつこいときの対処法の2つ目は「面接や内定辞退した場合はきちんと謝罪する」ことです。面接辞退・内定辞退する際に一方的に断りを入れてしまうと、なぜ辞退に至ったのかという明確な理由を把握するために、しつこく聞かれる場合があります。

転職エージェントはあなたがなぜ面接辞退・内定辞退するのかという理由を企業側へ説明し、謝罪しなければならないんです。つまり、面接辞退や内定辞退をすることで転職エージェントだけではなく、応募先企業にも迷惑をかけてしまうというわけなんですね。

だからこそ、メールではなく電話をかけて面接辞退もしくは内定辞退する理由や背景について、詳細を説明する必要があります。今後の転職活動のサポートにも影響してくる部分なので、断る際には必ず早い段階かつ、しっかりと謝罪するようにしましょう。

面接辞退・内定辞退する際の注意点などについては、こちらの記事で詳しく解説しています。ぜひ合わせてご覧ください!

担当変更を申し出る

転職エージェントがしつこいときの対処法の3つ目は「担当変更を申し出る」ことです。面談でヒアリングをきちんとしてもらえない、的外れな求人ばかり紹介されるといった場合は担当変更することをおすすめします。

というのも、相性が合わないまま転職活動を続けてしまうとストレスが溜まり、納得がいく転職ができなくなってしまうからです。変更を申し出る際には、明確な理由と要望をしっかり伝えるのがポイントですね。

ただし、自ら対処することで改善されるケースも多いにあるため、まずはより具体的な希望条件を伝える、どのように対応してもらいたいのか伝えるなど、行動を起こしてみましょう。

担当変更の判断基準をはじめ、対処法や注意点などについて詳しく以下の記事でご紹介しています。合わせて参考にしてみてください!

別の転職エージェントを利用する

転職エージェントがしつこいときの対処法の4つ目は「別の転職エージェントを利用する」ことです。自分と相性が合わないと感じたときには、別の転職エージェントを複数登録して利用するのが良いでしょう。

なぜなら、転職エージェントによって得意としている分野・領域が異なりますし、キャリアアドバイザーのサポート力も違ってくるからなんです。複数利用することで、それぞれ相性や得意分野などの比較ができるので、自分に合ったところを見つけられますよ。

また、転職エージェントによって保有している非公開求人も異なるため、複数利用すれば求人選びの幅や選択肢も広げることができるのでおすすめですね。

おすすめの大手総合型転職エージェント

しつこいエージェントの注意すべき言葉一覧

しつこい転職エージェントの中には、求職者に転職をしてもらおうと営業トークをしてくる場合もあります。

とはいえ、すべての転職エージェントが該当するというわけではありませんし、中には事実だからこそ伝えているという場合もあります。

具体的には、以下に挙げたような言葉を言われるケースが多く見られますね。

  • 期限が明日までになっています
  • 今後内定がもらえない可能性があります
  • この内定は◯◯さんだからですよ
  • 私から見てもおすすめですよ

実際には期限が設けられていないのに内定を承諾させるために「期限が明日までです」と言ってきたり、不安感を強めるように「内定がもらえない可能性」をチラつかせてきたりするケースがよくあります。

また、実際に多いのが「◯◯さんだからですよ」「◯◯さんは特別です」という決まり文句のようなフレーズですね。場合によっては事実である可能性もありますが、納得できる転職をするためにも冷静に考えることが大切です。

本当にその言葉が事実なのか見分けるのは難しいと思いますが、あまりにもしつこいようであれば担当変更、もしくは別の転職エージェントの利用を検討するのが良いでしょう。

しつこいエージェントと上手に付き合う方法

しつこい転職エージェントと上手に付き合っていく方法でもっとも大事なのは、他社の選考状況などの「現状共有」と、どのような転職をしたいのかという「転職意向」をきちんと伝えることですね。

なぜなら、転職エージェントに「この候補者をフォローしても合理的にメリットがないな」と思われたらフォローしてもらえなくなってしまうからです。

とはいえ、中には「転職エージェントがしつこいけど求人は魅力的だから利用を続けたい」と考えている人もいると思います。

そこで、しつこい転職エージェントと上手に付き合っていくためのポイントを、以下に2つ挙げてみました。

こまめに連絡する

まず1つ目は「こまめに連絡する」ことですね。勤務の間や帰宅後に連絡することを面倒に感じて何も折り返ししない人が多く見られます。しかし、連絡が取れないと転職エージェントも現状把握できず、しつこく連絡してしまうことになります。

そんなことにならないように、普段からメールや電話でこまめに連絡を入れるようにしておくと、しつこく連絡を寄越されることはありません。

例えば、求人紹介のメールの場合、興味があるなら検討して興味がないものに関しては、はっきりと「こういう求人は興味がないので別の求人をお願いします」など、簡易的でも良いので返信することをおすすめします。

今すぐ連絡が折り返せない際には「明日の夕方までに折り返しますのでお待ち頂けますと幸いです」など、いつ連絡を折り返せるのか伝えると良いでしょう。

転職エージェントを複数利用する

2つ目は「転職エージェントを複数利用する」ことです。これは先ほどもお話しましたが、転職エージェントを複数利用すれば、自分の転職の幅を広げることができます。

1社しか利用していないと他の転職エージェントと比較することができないため、相性の確認だけではなく希望する求人を紹介してもらえないなど、様々な不満を抱えやすくなります。

だからこそ、複数利用して自分が希望する業界に関する専門性が高い転職エージェントや、面接対策が手厚い転職エージェントなど、自分が納得できるところを見つける必要があります。

転職エージェントがしつこいのなら

転職エージェントがしつこい理由や対処法などについて解説してきましたが、中には勇気がなくて紹介された対処法を実践できない人もいると思います。

他にもしつこいから転職エージェントは利用したくないと考えている人も多いと思いますが、利用することで応募書類作成のアドバイスや面接対策などをしてもらえるという大きなメリットがあります。

しっかりと転職エージェントに対策をしてもらえることで、転職できる確率を高められる可能性があります。だからこそ、まずは転職エージェント2〜3社に複数登録をして自分と相性が良く、しつこいと感じないエージェントを探してみることをおすすめします。

また、転職エージェントの得意分野やサポート力にも違いがあるため、それぞれ比較した上で利用する1社を選ぶと効率よく転職活動が進められますよ。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

リクルートエージェント

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

doda

CMでおなじみ!顧客満足度トップクラス!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

doda

おすすめポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 20万件以上(2023年3月時点、非公開求人を含む)の求人から、厳選して紹介をしてくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

マイナビエージェント

20代の登録者数No.1!
20〜30代前半・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

マイナビエージェント

おすすめポイント

  1. 新卒サイトNo.1のマイナビが運営。若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 営業、メーカー、金融、ITなどの転職支援に強み
  3. 20〜30代など若手層の転職サポート・アドバイスの手厚さに定評あり

マイナビエージェントに
相談する

年収500万円以上の転職を目指す人向け転職サービス

年収700万円以上はハードルが高すぎる…そんな人におすすめの転職サービス!

ビズリーチ(転職サイト)

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ビズリーチ(転職サイト)

おすすめポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

JACリクルートメント

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

JACリクルートメント

おすすめポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

既卒・正社員経験が少ない人向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

UZUZ

多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

UZUZ

おすすめポイント

  1. 既卒・早期離職経験のあるカウンセラーが同じ目線でアドバイス
  2. 平均20時間の丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は96.8%!
  3. IT業界・Web業界の求人を数多く保有
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒアリングさせて頂きます

UZUZに
相談する

ハタラクティブ

18〜20代未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ハタラクティブ

おすすめポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代未経験の方向けの求人3000件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

マイナビジョブ20's

20代・第二新卒・既卒の支援実績26万人以上!
新卒支援実績No.1のマイナビによる若手向け転職エージェント!

マイナビジョブ20's

おすすめポイント

  1. 全求人が20代対象で未経験OKの求人が70%以上!
  2. 転職後の定着率93.6%!
  3. 新卒支援実績No.1のマイナビのノウハウを活用!

マイナビジョブ20'sに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

マイナビIT AGENT

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

マイナビIT AGENT

おすすめポイント

  1. エンジニアがスキルアップできる求人多数
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビIT AGENTに
相談する

リクルートエージェント(IT)

エンジニアの求人も豊富に保有している
国内最大級の定番エージェント

リクルートエージェント(IT)

おすすめポイント

  1. エンジニア求人は業界最大の10万件以上!
  2. プログラマーや品質管理、社内SE、テクニカルサポートなど人気の職種を網羅
  3. 専門のアドバイザーチームがあり、IT・Web業界ならではのサポートが充実

リクルートエージェント(IT)に
相談する

レバテックキャリア

ITエンジニア経験者支援に特化した専門エージェント

※登録完了後、お電話にて転職活動のご状況をヒアリングさせて頂きます。
※エンジニア未経験者向けの求人は保有しておりません。

レバテックキャリア

おすすめポイント

  1. 保有求人7000件以上の約8割が年収600万円以上のハイクラスIT求人
  2. 大手IT系・Web系企業からスタートアップまで幅広く網羅
  3. WEB・アプリエンジニア、インフラエンジニア、PM、ITコン、SEなど多様な職種に対応

レバテックキャリアに
相談する

line

line

人気の転職エージェント