オリックスへ転職するには?中途採用情報や選考難易度なども紹介!

今回は「オリックス」への転職を検討している人向けに「オリックス」への転職ノウハウをレクチャーします。

オリックスの事業内容・ビジネスモデル

オリックスの事業は多岐に渡りますが、大きく分けて4つあります。

金融サービス

まずは金融サービスです。法人向け、個人向け、海外向けの金融サービスを提供してます。投資信託、ローン、保険、ファイナンスのコンサルティングをおこなっています。

自動車関連サービス

次に自動車関連サービスです。カーシェア、中古車販売、リースを事業としておこなっています。

不動産事業

そして不動産事業です。ここでは、住宅開発や不動産投資、施設運営をおこなっています。

環境エネルギーサービス事業

最後に環境エネルギーサービス事業です。再生可能エネルギー、電力供給、省エネルギー化、資源・廃棄物ビジネスを事業としておこなっています。

オリックスの直近の業績や今後の事業課題

業績は好調です。2017年の業績が発表されましたが、純利益は前年同期比17%増の1660億円で過去最高額となりました。そのなかでも大きな利益の柱となったのが、海外向け金融サービスです。アメリカでの資産運用業績が好調に推移し、収益につながったとしています。

また生命保険・銀行・カードローン事業も毎年利益を伸ばしていて好調です。課題となる事業は見当たらず、どの事業も業績を伸ばし続けています。

オリックスの仕事内容・職種

代表的な仕事内容の例と言えるのが銀行の法人営業でしょう。顧客の元へ向かい、問題解決をするのが仕事内容です。解決のために幅広い提案ができるのがオリックスの強みでしょう。

福利厚生を充実させたい顧客には、資産運用を勧められますし、コストカットを考えている顧客には、新しい電力供給のシステムを提案できます。

オリックスの仕事のやりがい

やはり、関われる分野の広さがやりがいとなっているのではないでしょうか。大きなやりがいと感じられる1つの例として、プロジェクト・ファイナンスです。

水族館のリニューアルプロジェクトが、公式ホームページに記載されていました。業績不振に陥った水族館に融資をし、リニューアルすることで、業績回復をするのが命題になっている仕事です。

プロジェクト・ファイナンスでは、様々な業種の事情に精通してなくてはいけません。

また成功が義務付けられているので、あらゆる知識を総動員してプロジェクトを完遂させます。その時にやりがいを感じるようです。

オリックスの評判・社風・カルチャー・口コミ

評判は良好です。営業が主体の会社で、積極的な人材が評価される社風です。風通しが良く、若くてもチャンスを与えてくれる会社です。

自主性が重んじられるので目標意識を常に高く持っている人が昇進していきます。新しいことにチャレンジすることが求められます。

オリックスの中途採用の面接・SPIなど選考難易度

志望動機を深掘りされます。一般的な質問である「なぜオリックスを選んだのですか?」という質問の他に自己PRについて深掘りをされる傾向にあるという口コミがありました。

また「営業中心の会社であり、自主性が必要な仕事ですがその点についてはどうお考えですか?」といった社内文化との適応性を問う内容の質問も見受けられました。

「不動産戦略を今後どうするべきか」というかなり仕事内容について具体的な突っ込んだ質問もされるようです。

オリックスの年収・給与相場

33才主任で800万円の水準です、課長代理、課長になると1200万円を超える年収になりますが、ポストが少ないので、狭き門のようです。

30才役職なしで700万円、成果給がいいと1000万円という情報も目にしました。固定給、賞与ともに高い水準です。

オリックスに転職するには?

転職エージェントの利用をおすすめします。

もちろんコーポレートサイトから申し込むことは可能です。しかし、普段の仕事をこなしながら、転職活動をおこなうのはかなりエネルギーを使います。

転職エージェントは、日程調整、自己分析、履歴書の作成、面接対策等々、転職に関する様々なお手伝いをします。

またエージェントに相談することで入社後に「こんなはずじゃなかった…」などといったミスマッチがおこる可能性を低くする事ができます。

オリックスのように知名度が高い企業は、応募が殺到することが見込まれるために、転職エージェントに対して非公開求人を出すことがあります。非公開求人とは、転職サイトや求人情報誌などに掲載されておらず、一般に見ることのできない求人です。転職エージェントが保有する8割の求人が非公開求人と言われています。

転職エージェントは、オリックスに転職をするための情報を多く揃えているため、まずは、相談をしてみてはいかがですか?

定番の大手エージェントの中から2〜3社、特化型のエージェントを1社程度、まずは登録して実際にキャリアアドバイザーに直接会ってみた上で、実際にサポートを進めてもらうエージェントを比較検討してみることをおすすめします。

また転職するべきか迷っている人は、オリックスのような大手企業から直接スカウトされる可能性があるビズリーチに登録するのがオススメです。

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

女性におすすめの転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

Type女性の転職エージェントに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、お電話にて転職活動のご状況をヒアリングさせて頂きます

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数(未経験の人は対応不可)
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント