集英社に転職したい人向け!評判や成功するコツを徹底解説!

    学生の頃は、私もマンガや雑誌を毎週楽しみにしておりました。

    いくらペーパーレスな時代だからといってもまだまだ紙の媒体を通じ、多くの人に様々な情報を提供していきたいと考えている人も多いのではないでしょうか?

    今回は総合出版社大手の「集英社」への転職を検討している人向けに、「集英社」への転職ノウハウをレクチャーします。

この記事を書いた人
末永 雄大
アクシス代表取締役社長。リクルートキャリアで様々な企業の採用支援を経験、MVP6回受賞。転職エージェントや有料転職相談サービス「マジキャリ」など複数サービスを展開。Youtubeの総再生数は200万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」

集英社の事業内容・ビジネスモデル

集英社は総合出版社です。『週刊少年ジャンプ』『週刊プレイボーイ』『non-no』『すばる』 『Myojo』などの雑誌を発行しています。

ユーザーにとって有益となる社会価値のあるコンテンツを継続性をもって作っていくこと、また好奇心を持って挑戦していく姿勢が出版社として大事にしている心構えであるというようなことを現在の集英社の社長である堀内丸恵氏がインタビューで過去に答えておりました。

この堀内氏は「こち亀」の初代編集者も務めており、長年少年ジャンプで掲載をしていたことからも、出版社のあるべき姿を大事にしているのではないでしょうか。

集英社の直近の業績や今後の事業課題

苦戦が続いていると言えるでしょう。直近の業績では主軸である雑誌、書籍の収益が前年度を下回っています。

しかし、この流れは直近の業績に限ったことではなく集英社が昨今直面している課題です。

ペーパレス化が進み、雑誌や書籍が売れない状況が業界全体を包んでいます。紙媒体の限界をいかにゆるやかなものに着地させるか。

そして、ペーパレス化や電子化に注力し、業績回復させることが課題でしょう。

集英社の仕事内容・職種

職種は、ひとつに集約して募集しています。まずは「紙面の企画立案」が仕事内容です。

企画が通ると、編集者は誰を著者にするかを決めて内容に応じてライターやイラストレーターに仕事の依頼をします。

そして原稿をどのような形にするかを決めます。その後、完成した原稿をまとめて、印刷会社に引き渡して誌面にします。

誌面として出来上がったものを著者や編集者が編集します。それが通れば、印刷して誌面の完成です。

集英社の仕事のやりがい

様々な業界の人に会えることがやりがいになっているようです。社会の広さを感じることができるのは、出版社の特権です。

そうしてでき上がった完成品が店頭にならんでいる時にこの仕事をしていてよかったと感じるようです。

出版社は全国紙を手がけていることが多いので、自分の担当した企画が日本中で読まれる機会があるということはとても大きなインパクトがあります。

集英社の評判・社風・カルチャー・口コミ

評判は悪くないと言えるでしょう。大手企業でクリエイティブな環境なので自由闊達に意見を言えることができます。

若手にもチャンスがありやりたい企画にチャレンジ出来る社内文化があります。

自由に部署を変えることができるので、自分の興味がある分野で活躍することができます。

「英知が集まる」という出版社らしく、頭の切れる人が多いという口コミを目にすることができました。

集英社の面接・SPIなど選考難易度

出版業界は苦戦が続いているので「これからの出版業界に必要なものはなんだと思いますか?」という質問があったようです。

人事部も出版業界の低迷を自覚しており、おもしろい企画を出してくれる人材を求めています。

また「あなたは当社にどのように貢献できますか?」といったより実務的な質問も見受けられました。

他には一般的な「なぜこの業界を選んだのですか?」という質問が基礎になっているようです。

集英社の年収・給与相場

32歳編集の仕事をしていて「年収1000万円」という水準です。

年功序列の評価体系になっているので、自動的に年収があがるシステムになっています。記者やライターとして働くと、25歳で「年収800万円」という水準です。

営業職は平均して「700万円台」です。

部署によって残業が多い部署とそうでない部署とに分かれるので一概に言うことは難しいです。

部署交代がよくある業種なので、常に忙しい部署にいる人は、残業時間で年収が決まります。

集英社へ転職をするには?

出版業界のなかでも総合系の出版社で人気な集英社。配属先や希望の職種によってもその後が変わってくるため自ら直接申し込むより、転職エージェントなどの第三者のサポートを受けて転職活動をしたほうが満足度が高まります。

また集英社以外でも転職対策希望企業への紹介などもしてもらえるので、1度登録をしておいてもいいでしょう。以下でおすすめの転職エージェントを紹介します。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント