講談社へ転職(中途採用・求人)するには?

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

今回は三大総合出版社の一つ、講談社について企業研究に役立つ情報をまとめました。

講談社って何をしている会社?(事業内容・ビジネスモデル・サービス内容)

皆さんがよく知っている、
・日本語大辞典
・少年誌「週刊マガジン」
・女性誌「ViVi」
・男性誌「週刊現代」

などを展開する、日本の総合出版会社です。
設立は1909(明治42)年で、創業者の野間清治の一族が経営する同族企業です。
従業員数は約900人ほどの規模感です。

講談社の直近の業績は?

第79期(H28.12.1〜同29.11.30)決算によると、
・売上高:約1,180億円
・営業利益:約19億円
・当期純利益:約17億円
という業績でした。

巷でよく言われる「出版不況」をどうやって乗り越えて行くか、現在講談社では様々な施策を展開しています。
数年前から力を入れてきた(投資をしてきた)電子書籍を中心としたデジタル分野と、版権ビジネスが売上高の30%を超えてきたそうです。

講談社への転職をお考えの方へ

前提として、出版業界は新卒・中途ともに採用人数が多くありません。

採用枠が少ない割に応募者の数は非常に多いです。

実際に、講談社の新卒採用の倍率は約100倍と言われています。
(倍率は?学歴は?出版業界に就職するために知っておきたいこと

講談社の中途採用も同様に枠が少なく募集があるとすぐに求人が埋まる可能性が高いです。

なので、常に求人をチェックする必要があります。

講談社への転職をお考えの方へ

末永

さて、結論から申しますと講談社へ転職するためには圧倒的求人数を誇るリクルートエージェントマイナビエージェントdodaへの相談をおすすめします。

なぜかと言うと、講談社の求人を最も多く持っているのがリクルートエージェントマイナビエージェントdodaだからです。

もう少し詳しく説明しますね。

講談社のような有名企業になると、非公開求人というものが存在します。つまり、講談社の企業ページでは公開していない求人が沢山あるのです。

そのような非公開求人も含めて、最も多くの求人を持っているのがリクルートエージェントマイナビエージェントdodaなのです。

10個の求人の中から、あなたに合った求人を選ぶのと、100個の求人の中から、あなたに合った求人を選ぶのとでは、どちらの方があなたに合った求人を見つけられるかは明白ですよね。

さらに、もしあなたが女性だった場合には@type女性の転職エージェントにも相談すると良いでしょう。

@type女性の転職エージェントは、女性に特化した転職エージェントです。なので、構造上女性の求人が集まりやすい傾向があり、求人の中にUSJの求人がある可能性が高いです。

35歳以上のハイクラス・ミドル層の方の場合にはビズリーチJACへの相談もおすすめです。

なぜかと言うと、リクルートエージェントマイナビエージェントdodaには少ない年収600万円以上の求人を数多く揃えているのがビズリーチJACだからです。

たくさんある講談社のグループ会社

講談社には多くのグループ会社があります。
主なグループ企業(関連企業)について簡単に事業内容を説明します。

(株)日刊現代

「日刊ゲンダイ」を発行しています。「大きなメディアが忖度して書かないようなことにズバズバ斬り込む」、「読者目線で大衆の本音、怒り、疑問を紙面にぶつける」という編集観点で情報を提供しています。

(株)光文社

雑誌・書籍の出版などを行っている会社です。「女性自身」、「Flash」、「JJ」、「STORY」など、伝統的に女性誌に強い出版会社です。

キングレコード(株)

1931年に講談社の音楽部門として発足したのが始まりです。演歌に強いレコード会社として知られていますが、AKB48やモモイロクローバーZなど、皆さんご存知のグループなども展開しています。

講談社の仕事内容・職種

講談社で中途採用される職種や仕事内容についてですが、現在の募集(2018年3月初旬)はないようです。
現在募集はありませんが、いくつか代表的な職種を記載してみたいと思います。

事務職

講談社は出版社ということもあり、定期的に事務系職種をで中途採用を実施しているようです。
国内・海外でのライセンス管理や、財務・経理、総務等の職種になります。

専門職

現在紙での出版物というよりは電子媒体や、ライセンス事業、海外展開に力を入れています。
このため、専門的な知識を要する場面で定期採用が行われているようです。システムエンジニア職や、記事編集職種、プロデュース職などになります。

企画・マーケティング職

いわゆるメディア事業領域がますます広がる中で新規ビジネスにチャレンジする職種です。
広告宣伝職種、イベントの企画など、業務が多岐に渡ります。

求人は募集が発生し次第、随時採用HPに掲載されます。
人気の出版業界大手企業ですから、求人が公開されると応募が殺到し、すぐに締め切ってしまうため、採用HPはこまめに確認するようにしましょう。

講談社の将来性は?

戦前からある出版社であること、同族経営の会社であることを考えると、
「伝統を重んじながら、新しい事業領域にチャレンジし、継続的に存在できるか」
という点がポイントになるかと思います。

減少する売上に対し、紙の出版物ではない、他の収益モデルを早期に作り上げることが急務となっています。
しかし、前述したように、電子書籍を中心としたデジタル分野と、版権ビジネスが、売上高の30%を超えてきたとのことですので、この数年間が踏ん張り時だと思われます。

講談社の仕事のやりがい

基本的には出版業ですので、各コンテンツを自分が発信できるという、責任感と達成感がやりがいという声が多くあります。
製造業でいうところの、製造業務と販売業務がきっちり分かれていますので、うまく連携を取りつつ、目標を達成できるようにチームで競い合うといった文化もあるようです。

講談社の評判・社風・カルチャー・クチコミ

比較的古い業態の出版事業なのと、歴史も長い会社です。
自ずと上下関係が厳しかったり、労働時間も長くなりがちなようでしたが、労働環境の変化や、電子媒体やライセンス事業への移行などで、働き方も変化しているようです。
有給消化も積極的に取得が促され、社員食堂やオフィスが綺麗といった声も聞かれます。

講談社の面接・SPIなど選考難易度

「おもしろくて、ためになる」というのが社是です。
おそらく、
・なぜ他の出版社ではなく講談社なのか?
・社是に貢献できるよう入社して何がしたいのか?
こういった質問をされることが予想されます。
自分のスキルや経験を見つめ直し、しっかり対応できるようにしておきましょう。

選考は、書類選考→面接(複数回)→内定という、一般的な流れだと思わます。

講談社の年収相場(給与)は?

講談社の年収相場についてですが、

年収:500万〜650万円

このあたりがボリュームゾーンになるのではないかと思われます。
紙での出版事業から別の事業を模索中ですので、職種や仕事内容によっても大きく異なると考えられます。
収入面については選考の際に、しっかり確認してください。

講談社に転職をするには?

結論から言いますと、講談社に転職したい方はリクルートエージェントマイナビエージェントdodaには必ず登録するべきです。

なぜならば、冒頭でもお伝えした通り講談社への転職を成功させるためにはどれだけ多くの求人と出会い、自分に合った求人を見つけられるかが勝負だからです。

女性の場合にはリクルートエージェントマイナビエージェントdodaに加えて、@type女性の転職エージェントへの登録もするべきでしょう。

こちらも、冒頭でお伝えした通り、構造上女性の求人が集まりやすい傾向があり、求人の中に講談社の求人がある可能性が高いからです。

兎にも角にもどれだけ多くの求人と出会えるかが、勝負の鍵ですよ

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25