テレビ朝日への転職方法!中途採用の求人情報や面接傾向を徹底解説!

テレビ朝日への転職方法!中途採用の求人情報や面接傾向を徹底解説!

    株式会社テレビ朝日へ転職するコツを就職・転職支援のプロである現役転職エージェントが徹底解説します。

    また、中途採用の転職難易度や求人情報、採用倍率の高い企業から内定獲得するためのポイントも紹介します。

    あわせて企業文化や採用大学、面接で聞かれる質問や社員からの口コミも分かりやすくまとめました。

この記事を書いた人
末永雄大

末永雄大

新卒でリクルートエージェント(現リクルート)に入社。数百を超える企業の中途採用を支援。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして人材紹介サービスを展開しながら、年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeチャンネル「末永雄大 / すべらない転職エージェント」の総再生回数は2,000万回以上。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック
詳細プロフィールはこちら

テレビ朝日の転職難易度

テレビ朝日の転職難易度は求人職種により異なります。

テレビ朝日の中途採用は基本的に契約社員での募集になります。

そもそもテレビ朝日は新卒を一括で採用し、そこからアナウンサー部門、制作部門などの各部門に配属された新卒をプロフェッショナルへ育てるという文化が色濃く残っています。

そのため、中途採用では正社員ではなく、契約社員での募集のみとなっているわけです。

契約社員の応募資格は、短大・専門卒以上となっています。職種によっては未経験でも採用してくれるため、契約社員であれば比較的転職難易度は低いです。

一方で、正社員を募集する求人はほとんど出回ることがないため、求人を見つける意味でも転職難易度は高いと考えて良いでしょう。

テレビ朝日の正社員へ転職するには?

テレビ朝日は、テレビ業界でも最大手の1つになるため転職市場でもかなり人気の企業です。

人気企業であるテレビ朝日に転職するには、公式採用ページから自分で直接応募するよりも転職エージェントの利用をおすすめします

なぜなら、自分で直接応募すると実務経験と実績のある優秀な人材がライバルになってしまうからです。

そこで、転職エージェントを利用すれば企業に合わせたアピール方法を伝授してもらえるので、優秀なライバルに差をつけることが可能です。

転職エージェント末永 末永

中途採用市場のルールなのですが、自分で直接応募してしまうと転職エージェントから応募できなくなります。


あとになってプロにサポートしてもらいたくなったとしても断られてしまうので、直接応募する前に転職エージェントに相談してみましょう。

おすすめの大手総合型転職エージェント

テレビ朝日の中途採用・求人情報

テレビ朝日の中途採用は正社員ではなく、契約社員の募集のみとなっています。

契約社員は原則1年契約、最大で2年契約となっていますが、とても優秀で実績を残している人であれば、期間満了後に正社員として登用されることがあります。

番組の制作に関わりたい場合なら、テレビ朝日のグルーブ会社へ転職するのも1つの方法です。グループ会社であれば、正社員の求人があります。

以下で、テレビ朝日の契約社員の中途採用情報と、グループ会社の中途採用情報について詳しく紹介します。合わせて、新卒で採用している職種についても軽く紹介しますね。

契約社員の中途採用情報

テレビ朝日の中途採用は、募集職種に制限はありません。持っている経験・スキルに合った求人で選考が進んでいくからです。

そのため、コンテンツ制作、権利処理、デジタル、営業、不動産企画など、幅広い職種が対象となります。と言われても分かりにくいと思うので、転職サイト「求人ボックス」で掲載されている求人を紹介します。

求人ボックスに掲載されているテレビ朝日の求人を見ると分かるのですが、番組ごとにディレクターやプロデューサーを募集しています。

例として2020年3月時点で掲載されている「アシスタントプロデューサー」の求人を以下で詳しく紹介します。

仕事内容

番組で進行している企画の作業を既存のアシスタントプロデューサーと分ける形で担当。仕事内容は多岐にわたる。


  • 企画班の進捗確認
  • 予算組の整理
  • 編集スケジュールの確認
  • 会議資料の確認
  • 海外の許可取り業務……など

必須条件

  • テレビ番組制作経験
  • プロデューサー志望の人
  • コミュニケーションが円滑に取れる人

歓迎条件

  • バラエティ番組経験
  • アシスタントディレクター2年以上
  • アシスタントプロデューサーもしくは制作進行経験

勤務地・勤務時間

  • 勤務地
    東京都港区六本木6-9-1

  • 勤務時間
    11:00~21:00
    特記事項: 就業時間は業務などにより変更有

想定給与

  • 23万円~

職種によって条件などは変わってくるので、しっかりと確認するようにしましょう。

グループ会社の中途採用情報

テレビ朝日の中途採用は契約社員のみですが、範囲をグループ会社に広げれば正社員の募集はあります。

実際にテレビ朝日メディアプレックスとトラストネットワークは、中途採用の正社員募集が複数あります。

ちなみにテレビ朝日メディアプレックスはテレビやインターネット向けのコンテンツ制作・開発、トラストネットワークは放送局やCATV局などの業務受託・スタッフの派遣などをおこなっています。

ここではテレビ朝日メディアプレックスのWebディレクターの求人について紹介します。

仕事内容

テレビ朝日の動画コンテンツ配信に関わるWebディレクション業務全般を担当。


  • 動画配信サービス「テレ朝動画」の運営業務及び進捗管理
  • PC/SPサイト・アプリ改修ディレクション業務…など

募集条件

  • テレビ業界経験不問
  • 学歴不問
  • 第二新卒歓迎
  • IT業界でのWebディレクション実務経験のある人

勤務地・勤務時間

  • 勤務地
    東京都港区西麻布1-2-9 EXタワー6階、7階

  • 勤務時間
    11:00〜19:00

給与

  • 20万円〜30万円
    想定年収380万円〜600万円

上記の求人はテレビ朝日の中途採用ページからでも応募はできますが、転職エージェントを利用したほうが内定獲得率を高められます。応募書類の書き方や企業別の面接対策などのアドバイスを徹底的にしてもらえるからです。

また、紹介していない職種も転職エージェント内で非公開求人として扱われている可能性があるため、チャンスを逃したくない人は尚更利用しておきましょう。

転職エージェント末永 末永

テレビ朝日のようなテレビ業界が気になった人は、テレビ業界のディレクター求人を200件以上扱っているリクルートエージェントを利用するのがおすすめです。


テレビ朝日だけでなくテレビ東京やチバテレの求人も網羅しているので、テレビ業界に転職できる可能性が高まりますよ。

おすすめの大手総合型転職エージェント

新卒の採用職種

新卒で採用している職種についても紹介します。

これらの職種は中途採用の求人として出回ることはほとんどありませんが、転職エージェントで非公開求人として依頼されている可能性があるので、参考程度に見てください。

アナウンサー部門

  • 地上波テレビ放送、AbemaTV、BS・CS放送のニュース番組におけるキャスターなど

会社の顔として、番組やニュースを引き立てる

番組制作・ビジネス部門

  • 番組制作
  • コンテンツビジネス
  • デジタル事業
  • イベント事
  • 映画
  • 編成
  • 営業
  • 宣伝
  • 国際ビジネス開発
  • 広報
  • 総務
  • 法務
  • ライツ
  • 人事
  • 経理
  • 経営戦略

番組制作・ビジネス部門では、番組制作と会社の根幹に関する業務を担当

映像・インターネット技術部門

  • 放送技術、映像技術
  • IT・インターネット技術
  • 先進技術

映像・インターネット技術部門は、上記の企画開発・運用を担当

テレビ朝日の面接傾向・選考対策

テレビ朝日の中途採用面接では、テレビ業界に関する質問をされる傾向にあります。

実際にされた質問をいくつか紹介します。

  • よく見るテレビ番組は何か
  • テレビ業界に興味はあるのか
  • テレビ業界とその他の広告業界の違い

テレビ業界に関する質問には何でも答えられるように準備をしておくと良いでしょう。

また、想定していない質問をされることもあるので、どのようなことでも論理的に答えられるように練習をしておくのも良いです。

テレビ朝日の面接対策

テレビ朝日の中途採用面接の対策ですが、自己分析が何よりも大切です。

なぜ、テレビ業界なのか、たくさんある企業の中でなぜテレビ朝日なのか、1つずつ紐解いていきましょう。また、自分にはどのようなスキルや経験があり、テレビ朝日でどのように活かせるのかも一緒に考えてみてください。

そうすることで「この人を採用するとこんなメリットがあるのか」と面接官に思ってもらいやすく、採用に一歩近づけます。

さらに他の転職者と被らないように、実体験を織り交ぜながら話せるようにすると、どこにでもある回答ではないので面接官の印象も良くなります。

自己分析のやり方について、さらに詳しく知りたい人は以下の記事も参考にしてみてください。

テレビ朝日の企業情報・事業内容

テレビ朝日の企業情報について紹介します。

事業内容

テレビ朝日の事業は大きく「ソリューション事業局」と「メディアコンテンツ事業局」に分かれています。

それぞれの事業内容について、以下で簡単に説明しますね。

ソリューション事業局

ソリューション事業局では、TVカメラといった大規模放送機材、ニュース速報や安全な放送運行システムなどの開発・運用・管理をおこなう。

他にも番組や音楽イベントを彩るLEDディプレイのレンタル・オペレーション、保険代理業務などのサービスを提供。


  • セールス事業部
    放送機器を中心とした総合的な設備・映像機器などの販売

  • システム事業部
    テレビ朝日・グループ各社・系列局で使用するシステムの開発・運用・保守

  • レンタル事業部
    最新LEDディスプレイなどのデジタル映像機器のレンタル業務
    各種イベントに合った効果的な映像演出の提案、サポート

  • トータルサポート事業部
    テレビ朝日グループのリスクコンサルタントとしての保険業務
    記録メディア全般の販売

メディアコンテンツ事業局

テレビ朝日の番組をテレビ朝日系列局・BS・CS・系列局外への販売をおこなう。

他にも幅広い業種のクライアントニーズに対応する広告代理業むやCM放出業務もおこなっている。


  • 国内番組販売部
    地上波ローカル局への番組販売
    映画の非劇場配給

  • 国際ビジネス戦略部
    海外への番組販売
    コンテンツの二次利用の企画・制作

  • アドクリエイション部
    アドバタイザーへに広告ソリューションを提案
    テレビCM、グラフィックの企画制作

  • CM業務部
    CM素材内容のチェック
    放送順の決定・確認などCMに関わる業務を担当

テレビ朝日の平均年収・福利厚生

2019年6月に提出された有価証券報告書によると、テレビ朝日ホールディングスの平均年収は1387万円でした。

テレビ業界は新規参入の障壁が高く、他の業界よりも競合他社が少ないので利益があげやすい構造になっています。また、社員1人あたりの売上高が多いのも、年収が高くなる理由です。

テレビ朝日と競合他社の平均年収についても以下で比較してみました。それぞれ最新の有価証券報告書の年収を元に比較をしています。

会社名 平均年収
テレビ東京 1411万円
テレビ朝日 1387万円
日本テレビ 1372万円
フジテレビ 1167万円

各社ともに平均年収は1000万円を超えています。

年収が1番高いのはテレビ東京ですが、それぞれ得意としている領域が異なります。

転職では年収も1つの指標になりますが、自分がテレビ業界でどのような仕事をしたいのか、どの会社なら目標を叶えられるのかといった視点で応募先を決めたほうが納得のいく転職ができると思います。

福利厚生

テレビ朝日では、多様な働きに合わせた様々な福利厚生を用意しています。

実際にどのような福利厚生があるのか、以下でいくつか紹介します。

  • 連続休暇取得奨励金
  • 診療所
  • ラッキー!フライデー
  • 資格取得奨励金
  • 厚生マイチョイス(こまち)
  • 新人融資制度
  • 旅行補助・懇親会補助
  • 保養所
  • 食堂・クラウドカフェ
  • 仮眠室・浴室

各種保険制度はもちろんのこと、テレビ朝日ならではの福利厚生が豊富にあります。

「連続休暇取得奨励金」は、土日とは別に5日間連続で休暇を取得すると年に1度5万円が支給される制度のことです。お金が支給されるのもあり、95%以上の社員が制度を利用しています。

テレビ朝日の社風

テレビ朝日は上下関係が厳しいというわけではなく、かなりゆるい社風だと評判です。

そのため、競合他社よりも飲み会が少ないという声が多いです。

また、テレビ局で働くのが好きな人が集まっているのもあり、仕事に妥協せず、より良い番組を作ろうという風土が根付いています。

テレビ業界なのでどうしても残業は多くなりがちですが、テレビ朝日独自の制度が用意されているので、プライベートと仕事を両立している社員が多いのも特徴です。

テレビ朝日の評判・口コミ

テレビ朝日で実際に働いていた・働いている社員の評判・口コミをいくつか紹介します。テレビ朝日へ転職しようか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

テレビ朝日の良い評判・口コミ

テレビ朝日の良い評判・口コミを紹介します。

人物 30代・制作系

福利厚生が充実していますね。利用できる施設や保障が多かったです。会社が六本木にあるので、周辺のジムをお得に利用できるのは良いです。あとはフロアが綺麗です。定期的にメンテナンスを入れており、常に良い状態を保っていて働きやすい環境だと思います。

人物 30代・制作

給料は良いです。部署によって違いますが、制作部門の現場担当は深夜手当や早朝手当とかつくので、年収は高いです。でも、手当のつかない事務系の部署だと、基本給は高くてもそれ以上は上がらないから不満に思う人も多いみたいです。

人物 20代・事務系

産休・育休はちゃんと整備されています。利用している人も多いと思いますね。実際に同期は取得後、復帰して今もバリバリ働いています。

テレビ朝日の悪い評判・口コミ

テレビ朝日の悪い評判・口コミを紹介します。

人物 20代・クリエイティブ系

教えたらすぐに成果を求める人が多いように感じます。制作現場ほど丁寧に教えるって文化はないと思います。先輩のスキルを盗んで、自分でステップアップしないと置いて行かれます。

人物 30代・総務

年収も良いし、会社もキレイなので、大きな不満はないです。強いて言えば、色々とイベントを会社主催でやっていますが、参加者が集まりにくいです。多忙な部署とそうでない部署と分かれているので、しかたないところだと思いますが。

人物 20代・企画系

中途採用は基本的に契約社員スタート。期間が満了しても必ず正社員になれるわけではない。正社員になるためには、頑張り続けるしかない。頑張って、成果を出し続けるしかない環境についていけなくなるとツラくなる。

テレビ朝日への転職を成功させる方法

テレビ朝日の正社員の求人は、先ほども述べたとおり、一般にはほとんど出回らず、転職エージェントの非公開求人がほとんどです。

なので転職エージェントに登録し、まずは求人をしっかりキャッチできるようにしましょう。

中途採用向けの求人は、契約社員での募集となっており、正社員での雇用を希望する人ほど転職エージェントを利用して欲しいと思っています。

転職エージェントでは、テレビ朝日といったテレビ業界の求人を非公開で依頼されている可能性があります。この非公開求人は転職エージェントに登録しないと閲覧することすらできません。

また、転職エージェントでは求人の紹介だけでなく、履歴書・職務経歴書の添削や面接対策などの転職に関わるあらゆることを無料でサポートしてくれます。利用するメリットばかりなので、転職を成功させたい人はぜひ登録してみてください。

登録する際には1社だけではなく、大手転職エージェントの中から2〜3社、特化型転職エージェントの中から1社程度複数登録することをおすすめします。そして、それぞれのサポートの質を比較しながら、最終的に1社へ絞り込むと効率よく転職活動ができます。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

リクルートエージェント

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

doda

CMでおなじみ!顧客満足度トップクラス!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

doda

おすすめポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 20万件以上(2023年3月時点、非公開求人を含む)の求人から、厳選して紹介をしてくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

マイナビエージェント

20代の登録者数No.1!
20〜30代前半・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

マイナビエージェント

おすすめポイント

  1. 新卒サイトNo.1のマイナビが運営。若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 営業、メーカー、金融、ITなどの転職支援に強み
  3. 20〜30代など若手層の転職サポート・アドバイスの手厚さに定評あり

マイナビエージェントに
相談する

年収500万円以上の転職を目指す人向け転職サービス

年収700万円以上はハードルが高すぎる…そんな人におすすめの転職サービス!

ビズリーチ(転職サイト)

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ビズリーチ(転職サイト)

おすすめポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

JACリクルートメント

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

JACリクルートメント

おすすめポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

line

line

人気の転職エージェント