みずほ銀行へ転職(中途採用・求人)するには?

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

今回は、日本の金融業界大手である「みずほ銀行」へ転職を検討している人向けに、「みずほ銀行」への転職ノウハウをレクチャーしていきます。

みずほ銀行って何をしている会社?(事業内容・ビジネスモデル・サービス内容)

みずほ銀行は日本三大銀行の内の一行です。主な事業は預金業務と貸付業務です。預金業務は銀行の窓口で銀行口座を通じてお金を引き出したり預けたりする業務です。

銀行に欠かせない業務として、貸付業務があります。貸付業務とは、企業が事業拡大のために運転資金を確保する時や、個人が住宅を買う際に大金が必要となるときにそのお金を貸し付ける業務のことです。そしてその貸し付けるお金に利率をつけてその利息で利益を得ています。

→【PR】みずほ銀行への転職を希望しているなら、国内外問わず大手企業の求人を豊富に取り扱っている転職業界で数少ないエージェントの両面制を敷いているJACリクルートメントに登録をしましょう。

みずほ銀行の直近の業績や今後の事業課題

業績は横ばいが続いています。しかし純利益は6000億前後で推移しているので、安泰であると言えるでしょう。預金は増加傾向にあります。営業活動による利益は大きく変動しています。銀行は政府の政策や日銀の方針、国際情勢に影響を受けるので、営業活動の利益はとても不安定です。

しかしお金を預かっており、それを運用して利益を出すことも出来るので、安定した純利益を出す事ができます。

また低金利が続いていることもあり、ITを用いて人員の削減をし、より効率的にしていこうという兆しがあります。なので高い金融知識と営業やコンサルティングの側面にチカラを入れていこうという狙いもあるのではないでしょうか。

→【PR】現在管理職やマネージャークラスでみずほ銀行への転職を検討しているなら、ハイレイヤー層向けの転職サイトであるビズリーチに登録をしましょう!

みずほ銀行の仕事内容・職種

預金業務と貸付業務とで仕事内容は大きく変わってきます。

預金業務

預金業務は店舗で顧客の銀行口座から現金を引き出したり預けたりする業務を行います。接客が主な仕事内容です。転職を考える方の多くは、貸付業務をイメージされているのではないでしょうか。

貸付業務

貸付業務は企業や個人にお金を貸し付けるかどうかを判断することが仕事内容です。企業であれば、健全な業績を残せているかどうかや、経営方針が間違っていないかどうかなど、様々な要因を鑑みて、いくらの融資をするか判断します。企業の中には、資金繰りに困っている企業もあります。その際には融資を断ることもありますが、貸し付けた資金を回収出来なくなってしまっては意味がないので、企業の立て直しも仕事内容に含まれます。

→【PR】みずほ銀行への転職を希望しているなら、国内外問わず大手企業の求人を豊富に取り扱っている転職業界で数少ないエージェントの両面制を敷いているJACリクルートメントに登録をしましょう。

みずほ銀行の仕事のやりがい

貸し付け業務で、融資先の企業が経営不振から回復した時に大きなやりがいにつながっています。銀行は、景気の良い企業には多額の融資を簡単にしますが、業績不振の企業にはいわゆる「貸し渋り」をします。これ以上資金を融資してしまうと回収の見込みがなくなるからです。

しかし、本来銀行はそういった業績不振にあえいでいる企業を救済する社会的責任があります。それを実行出来る銀行員は少ないです。なので、いかに自分の担当している企業が回復する見込みがあるかを上長に承認してもらうかが仕事のカギです。そういった企業を救うことが出来た時にやりがいを感じます。

→【PR】現在管理職やマネージャークラスでみずほ銀行への転職を検討しているなら、ハイレイヤー層向けの転職サイトであるビズリーチに登録をしましょう!

みずほ銀行の評判・社風・カルチャー・クチコミ(転職会議)

評判は悪くないと言えるでしょう。みずほ銀行だけではありませんが、縦社会です。上司の指示は絶対です。そんな中でも他行と違うとされているのは穏やかな人が多いという点です。

年功序列のシステムなので、年次によって評価が変わってきます。学閥も残っており、ポストは出身大学によって決まります。

みずほ銀行の面接・SPIなど選考難易度

「なぜみずほ銀行を選んだのですか?」という質問がされるので、きちんと対策しておく必要があるでしょう。他行との違いを明らかにしてから面接に臨みましょう。

また高いコンサルティング力が求められるので「リーマンショック以降の経済の立て直しに必要なものは?」という経営に必要な知識が問われます。中途面接の場合「得意分野は何ですか?」という質問が問われます。

→【PR】みずほ銀行への転職を希望しているなら、国内外問わず大手企業の求人を豊富に取り扱っている転職業界で数少ないエージェントの両面制を敷いているJACリクルートメントに登録をしましょう。

みずほ銀行の年収相場(給与)は?

29才で年収700万円という水準です。残業代はすればするほど出ます。年功序列なので、社歴が長くなればなるほど年収が上がっていきます。10年目になると1000万円の大台に乗ります。

みずほ銀行に転職するには?

入社が難しいといわれているみずほ銀行に転職を希望している方、また他に「絶対に入りたい」と思っている企業がある方は、転職エージェントを有効活用してはいかがでしょうか。

転職エージェントを使うメリットは、コンサルタントがつくことです。コンサルタントは毎日労働市場をウォッチして、求人を出している企業から話を聞いているので、企業の採用動向を熟知しています。

またコンサルタントは担当させていただく転職希望者に、採用面接でどの点を自己アピールしたらいいかといったこともアドバイスします。

転職エージェントを使うことで自分の労働市場での価値がわかり、さらに自分が向いている転職先を知ることができると思います。長く務めることができる会社を、転職エージェントと一緒に探しませんか?

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08