テレビ東京への転職方法!中途採用の難易度や求人情報も解説!

テレビ東京への転職方法!中途採用の難易度や求人情報も解説!

    株式会社テレビ東京へ転職するコツを就職・転職支援のプロである現役転職エージェントが徹底解説します。

    また、中途採用の転職難易度や求人情報、採用倍率の高い企業から内定獲得するためのポイントも紹介します。

    あわせて企業文化や採用大学、面接で聞かれる質問や社員からの口コミも分かりやすくまとめました。

この記事を書いた人
末永雄大

末永雄大

新卒でリクルートエージェント(現リクルート)に入社。数百を超える企業の中途採用を支援。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして人材紹介サービスを展開しながら、年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeチャンネル「末永雄大 / すべらない転職エージェント」の総再生回数は2,000万回以上。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック
詳細プロフィールはこちら

テレビ東京の転職難易度

テレビ東京への転職難易度は非常に高いです。

そもそもテレビ局の従業員はほとんどが中途採用で構成されているほど、テレビ局は中途採用率が高いです。実際、テレビ東京の2021年の中途採用比率は33%でした。

中途採用比率が高いテレビ東京ですが、基本的に経験者採用です。

4大卒以上、希望する職種に直結する実務経験は3年以上必要です。職種によってはビジネスレベルの英語力も必要というケースがほとんどなので、そもそも応募ができない可能性が高いという点でテレビ東京への転職は難しいと言えます。

ですが現在はテレビ東京に転職することが難しくても、経験を積めば将来的に転職することは可能です。

その方法も解説していくので、ぜひこのまま読み続けて見てください。

テレビ東京へ転職しやすい人の特徴

テレビ東京に転職しやすい人の特徴は、やはり何よりも映像が好きで、映像で人の心を動かしたいという気持ちが強い人です。

テレビ東京は「真似ない、テレ東」を掲げており、常にオリジナリティのある魅力的な番組作りを意識しています。

「独自の発想」を大切にするテレビ東京のDNAに共感できて、世の中にない新しいモノを生み出したい、自分のアイデアを活かしたいという人はぴったりだといえます。

そんなテレビ東京へ転職する方法

上記で述べた通り、テレビ東京は経験者採用なので業界経験のない場合は転職することが非常に難しいのが現実です。

転職エージェント末永 末永

ただ、テレビ東京本社が募集している求人はディレクターやプロデューサーといったプロジェクトを管理するリーダー、マネジメントポジションが多く撮影などの実際に手を動かして映像制作をおこなうポジションではありません。


なので、もしテレビ東京に転職したい理由がテレビ東京の映像制作に直接的に関わりたいのであればテレビ東京のグループ会社に転職することをおすすめします。


テレビ東京のグループ会社や番組制作を委託される制作会社で、本社が求める実務経験を数年積めば、将来的にテレビ東京本社にチャレンジできる可能性もあります。

たとえばテレビ東京の100%子会社である株式会社テレビ東京ダイレクトではテレビショッピングで紹介する商品の企画から番組の制作までに携わることができます。

応募要件もテレビショッピングに興味のある人、ネット通販に興味のある人なのでスキルや実績は必要ありません。

業界未経験で映像制作、テレビ番組に関わる仕事に転職したい場合はこちらも検討してみましょう。

転職エージェント末永 末永

とはいえ、どの企業に挑戦するとしても業界経験者がライバルになる可能性は高いです。


そんな強力なライバルに面接で負けないためにも転職エージェントを利用した転職活動をおすすめします。


業界未経験でも自分を魅力的に見せるための面接対策なども行ってくれるので登録してエージェントと一緒に挑戦しましょう。

ただ、キャリアアドバイザーのスキルには差があるので、まずは以下で紹介する転職エージェントの中から2〜3社に複数登録をして、実際にキャリアアドバイザーに会ってみた上で、サポートを任せるエージェントを絞り込むと良いです。

おすすめの大手総合型転職エージェント

テレビ東京の面接傾向・選考対策

テレビ東京の選考フローや面接で聞かれた内容について、ここでは説明します。

口コミサイトによるリアルな内容も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

選考フローはコーポレートサイトに詳しくは記載されていませんでしたが、募集要項を見る限り以下のような流れであることが予測できます。

  • 書類選考
  • 面接(複数回の可能性あり)
  • オファー面談
  • 内定

テレビ東京の面接でよく聞かれる質問

テレビ東京の面接では以下の質問をよくされる傾向にあります。

  • この会社であなたはなにができるか
  • 自身の強みを活かせる部分はどこか
  • どうしてうちの局なのか
  • 志望動機
  • これからやってみたいこと
  • 会社に対するイメージ
  • 休日の過ごし方
  • お酒が飲めるかどうか
  • 20歳〜34歳の男女を対象とした一時間のレギュラー番組の企画をしてください

経験者採用だけあって、質問内容はやはりその人の強みやいきなり番組の企画を考えさせるなどポテンシャルを見られる内容になっています。

日ごろからニュースや情報に積極的に触れておくことと、幅広い好奇心をもつことを心がけておくといいです。そうすることで番組の企画となるアイデアが蓄積されていきます。

転職難易度が高いテレビ東京は自分を適切にアピールできるように徹底した準備が必要になってきます。

転職エージェント末永 末永

テレビ東京の面接対策ではよく聞かれる質問を意識する必要があります。そのためには自己分析企業研究をしっかりとおこなうことが大切です。


自己分析と企業研究をしっかりおこなえば、テレビ東京にマッチする志望動機自己PRが考えられるようになります。

転職エージェント末永 末永

自分で面接対策ができるか不安な場合は転職エージェントを積極的に利用してみましょう。


転職エージェントは企業の詳細な情報を持っているだけでなく、人事に刺さるポイントも把握しています。利用すれば選考通過率を高められますよ。

おすすめの大手総合型転職エージェント

適性検査

テレビ東京の選考プロセスでは1次面接後のタイミングで適性検査の受験が必要ですが、検査の内容までは記載されていませんでした。

転職エージェント末永 末永

適性検査はあくまでも選考フローにおける補助ツールの位置付けであり、面接の中でアピールした経験やスキル・人柄が重視されています。そのため、適性検査を念入りに対策するよりも、自己分析や面接対策に十分に時間をかけるのが良いでしょう。

とはいえ、適性検査の対策をしたい人も中にはいると思います。下記の記事では適性検査の1つでもあるSPIの対策について解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

テレビ東京の企業情報・事業内容

テレビ東京の企業情報を以下で詳しく紹介していきます。

会社名 株式会社テレビ東京(TV TOKYO Corporation)
本社所在地 東京都港区六本木3-2-1
六本木グランドタワー
開局 1964年4月12日
資本金 89億1,095万7,000円
代表者 代表取締役社長 石川一郎
従業員数 768名[2022年3月31日時点]
※テレビ東京グループ内の出向者を含む
上場証券取引所 東証プライム
2022年3月時点

テレビ東京は関東広域圏を放送対象地域としてテレビジョン放送事業をおこなうテレビ局です。

全国民放ではないため事業規模はテレビ局では小さいほうですが、低予算・少数精鋭でアイデアを出し合い良い番組を作り上げる姿勢はテレビ東京にしかない強みです。

ちなみにテレビ東京の競合他社にはNHKテレビ朝日フジテレビが挙げられます。

売上業績・事業展望

日本経済新聞が公表したデータによると2023年の連結売上高は史上初の1500億円を記録しており配信事業、放送事業ともに好調だったことがわかります。

しかし、今後は若者のテレビ離れが加速していくのは容易に予想できます。

NHKが2020年におこなった国民生活時間調査ではすでに10代のテレビ利用率が50%を切っており、インターネットの利用率は80%です。

今後は10代のテレビ利用率を増やすため、若者の興味があるアニメや子供向けの番組の放映媒体の選定や、インターネットを活用した配信事業に力を入れて売上の維持・向上を目指していく必要があります。

グループ会社一覧

テレビ東京のグループ会社について説明します。

テレビ東京自体も株式会社テレビ東京ホールディングスのグループ会社という位置づけになっています。

認定基幹放送事業 ●BSテレビ東京
広告・EC事業 ●株式会社テレビ東京コミュニケーションズ
音楽番組制作 ●株式会社テレビ東京ミュージック
アニメ番組企画制作 ●株式会社テレビ東京メディアネット
CM進行・映像編集 ●株式会社テレビ東京メディアワークス
美術・照明・CG制作 ●株式会社テレビ東京アート
システム開発・ネットワークインフラ構築 ●株式会社テレビ東京システム
放送番組企画制作 ●株式会社テレビ東京制作
テレビ・インターネット通信販売・広告代理店業務 ●株式会社テレビ東京ダイレクト
番組制作技術業務 ●株式会社テクノマックス
施設管理 ●株式会社テレビ東京ビジネスサービス
アニメーション番組の企画・制作 ●株式会社エー・ティ・エックス
2023年7月時点

テレビ東京の中途採用・求人情報

テレビ東京の中途採用において募集をおこなっている求人情報を以下でまとめて紹介します。

ディレクターの中途採用・求人情報

テレビ東京で2023年7月時点で募集されているディレクター職はドラマプロデューサーも兼任しておこないます。

募集要項
職種 制作ディレクター/ドラマプロデューサー
仕事内容 制作局にて、バラエティなどのエンタテイメント系のディレクター、ドラマプロデューサーとして仕事する
必須スキル

※下記いずれかの経験が3年以上ある⽅


●テレビ番組の制作ディレクター


●配信コンテンツの制作ディレクター


●ドラマのプロデューサー(アシスタントプロデューサー)※番組ジャンルは不問(情報・バラエティ・エンタテイメント・ドラマなど)


※番組内の1コーナーのディレクターを担当していたという人でも構わない。
歓迎スキル 特に記載なし
勤務地 テレビ東京本社(東京都港区六本木3-2-1六本木グランドタワー)
勤務時間 基本的な勤務時間は11時00分~19時00分(実労働7時間)
※業務により勤務時間は異なる
※別途時間外労働・休日出勤有り
給与 経験・能力により会社規定で優遇

アニメ局の中途採用・求人情報

テレビ東京のアニメ局の職種には以下の3つの職種が募集されています。

  • アニメ事業担当(アソシエートプロデューサー)
  • 海外アニメビジネス担当
  • アニメ制作担当

どの職種も応募条件は同じなので、上記の3職種の詳細な求人情報を紹介していきます。

募集要項
職種 アニメ事業担当(アソシエートプロデューサー)
海外アニメビジネス担当
アニメ制作担当
仕事内容 アニメ番組の企画・制作、放送、映画化、商品化、国内外の配信、海外への番組販売等の二次利用展開まで、テレビ東京のアニメビジネス全般に関ります。
必須スキル ●4⼤卒以上
●番組制作等の経験
●コンテンツビジネスやプロデュース業務等の経験
●海外企業とのビジネス経験(英語で交渉契約が可能)
歓迎スキル

●テレビ局や制作会社等での番組制作・管理、アニメ制作・管理の経験者


●映像系コンテンツビジネスの経験やプロデュース、宣伝プロモーション業務の経験、商品化ライセンスの経験


●英語で交渉・契約業務ができる方(中国語・その他外国語での業務経験者優遇)

勤務地 テレビ東京本社(東京都港区六本木3-2-1六本木グランドタワー)
勤務時間 基本的な勤務時間は10:00~18:00(実労働7時間)
※業務により勤務時間は異なります
※別途時間外労働・休日出勤有り
給与 経験・能力により会社規定で優遇

配信ビジネス局の中途採用・求人情報

配信ビジネス局では以下の2つの職種を募集しています。

  • テレ東BIZコンテンツマーケター
  • 映画・海外ドラマコンテンツプロデューサー

ここでは、これから新しいビジネスサービスを拡大していく職種であるテレ東BIZコンテンツマーケターの詳細な求人情報を紹介します。

募集要項
職種 テレ東BIZコンテンツマーケター
仕事内容 配信ビジネス局にて、経済動画配信サービス「テレ東BIZ」のコンテンツマーケターとして、有料会員を伸ばす戦略立案及び実行を担います。
必須スキル 下記いずれかの経験が3年以上ある人
●無料&有料配信事業の業務経験
●ニュース配信事業の業務経験
●SVODサービスのコンテンツマーケティング
歓迎スキル 特に記載なし
勤務地 テレビ東京本社(東京都港区六本木3-2-1六本木グランドタワー)
勤務時間 基本的な勤務時間は09:30~17:30(実労働7時間)
※業務により勤務時間は異なります
※別途時間外労働・休日出勤有り
給与 経験・能力により会社規定で優遇

バックオフィス職の中途採用・求人情報

テレビ東京のバックオフィス職は以下の2職種で募集があります。

  • 著作権業務担当者
  • 人事担当者

ここではテレビ施策に欠かせない法務担当である著作権業務担当者について詳しく紹介していきます。

募集要項
職種 在京キーテレビ局の契約・著作権業務担当者
仕事内容 放送番組や配信コンテンツ等の著作権管理と契約書の審査・作成、権利者との交渉、制作現場への権利処理等の働きかけを含めた契約・著作権業務全般を担当します。
必須スキル

●放送以外にも、映像、音楽、配信プラットフォーム、出版、ゲーム、広告などのエンターテインメント業界において法務実務経験があり、制作現場に対して、著作権の観点から的確なアドバイスができる人


●契約書面の審査・作成が出来て、細かい作業を苦にしない人

歓迎スキル

●上記のエンターテインメントやコンテンツ関連業務の法務実務経験がなくても、必要なスキルを持ち、放送局の事業に興味のある人。


コンテンツを製作する現場との折衝が多くなります。柔軟な発想とコミュニケーションに長けた人を歓迎します。

勤務地 テレビ東京本社(東京都港区六本木3-2-1六本木グランドタワー)
勤務時間 基本的な勤務時間は09:30~17:30(実労働7時間)
※業務により勤務時間は異なります
※別途時間外労働・休日出勤有り
給与 経験・能力により会社規定で優遇

上記の求人はテレビ東京の中途採用ページからでも応募はできますが、転職エージェントを利用したほうが内定獲得率を高められます。応募書類の書き方や企業に合わせた面接対策などのアドバイスを徹底的にしてもらえるからです。

また、紹介していない職種も転職エージェント内で非公開求人として扱われている可能性があるため、チャンスを逃したくない人は尚更利用しておきましょう。

過去に大手転職エージェントであるリクルートエージェントはテレビ東京の上記以外の求人を取り扱っていたので、利用しておけば次回掲載が合った際に誰よりも早くエントリーすることができます。

転職エージェント末永 末永

テレビ東京のようなマスコミ業界が気になった人は、マスコミ業界の求人を2023年7月時点で1,800件以上扱っているリクルートエージェントを利用するのがおすすめです。


テレビ東京だけでなくテレビ朝日やフジテレビの求人も網羅しているので、マスコミ業界に転職できる可能性が高まりますよ。

転職エージェントに登録する際には2〜3社へ複数登録すると、サポートの質や求人を比較しながら自分にとって1番良いエージェントに絞り込めます。

おすすめの大手総合型転職エージェント

テレビ東京の平均年収・福利厚生

2023年6月に公開された有価証券報告書によると、テレビ東京の平均年収は約1522万円です。

dodaの平均年収ランキング(業種別の平均年収/生涯賃金)によると、テレビ東京が属するインターネット/広告/メディア業界の平均年収は412万円なので、テレビ東京の平均年収は1000万円以上高いということになります。

テレビ東京では多くの職種で年4回の賞与が与えられるので、この点が年収を引き上げている理由だと考えられます。

口コミでも賞与が年4回という内容は多く見られているので、事実であることは間違いなさそうです。

評判・口コミ

40代・男性<br>情報収集

40代・男性
情報収集

給与は2020年からの同一労働同一賃金制度と役割等級制度導入で今後、正社員の給料は上がらないが、派遣労働者は上げ圧力。


ただし、2020年で会社は、正社員及び非正規社員、両方の賃上げに応じていない。

ライトハウス
40代・女性<br>編成

40代・女性
編成

昇給はランク制になっている。賞与は年4回、夏冬がメインで、春秋は10万円程度。

ライトハウス
女性<br>営業系

女性
営業系

「振り向けばテレ東」なんて当時は揶揄されたりしたものの、腐っても(?)テレビ局。


今思えば給与水準はかなり良かったと思います。


会社の外に出て、出産などで待遇が下がったせいもあり、実は今の年収が、二年目のときの年収とほぼ同じなのです・・・。

ライトハウス

福利厚生

テレビ東京の福利厚生は在宅勤務制度、住宅資金融資制度、入学資金融資制度、財形貯蓄、クラブ活動、社員食堂、厚生施設(保養所、スポーツクラブ等)と健康、金銭面での補助が手厚いです。

口コミでも福利厚生については良い口コミがほとんどでした。

評判・口コミ

20代・女性<br>広報

20代・女性
広報

社食をとても活用しました。通勤についても交通費はでるので心配ありません。

ライトハウス
女性<br>代理店営業・海外営業

女性
代理店営業・海外営業

コンビニが多くて助かる。社内に自販機があり飲み物、食べ物に困らない。


社食もイベントなどがあり、たまにただで食べられることもあるので助かる。


周辺のランチもたくさんレストランなどあるので食べることには困らない。


ただ、事務用品を売る店がほぼないので、どこで調達するか困る。


芸能人がウロウロしているが、テレビで見るのとは違うので一見誰だかわからない。


大物芸能人だとみなさんソワソワしていてわざわざ見に行く人も。

ライトハウス
40代・男性<br>内部監査室次長

40代・男性
内部監査室次長

退職金はあります。財形貯蓄制度はありますが、一定の割合で補助が付きます。ストックオプションは社風にそぐわないのでありません。

ライトハウス

テレビ東京の企業文化・働きがい

テレビ東京の社風・企業文化・働きがいに対する評価をライトハウスから集めてみました。

現役社員・元社員が社風・企業文化・働きがいに対して、どのように思っているのか、参考にしたい人はぜひ目を通してみてください!

社風・企業文化

テレビ東京は歴史の長い企業ではあるものの特に縦社会というような口コミはなく、比較的良い雰囲気であるという口コミが多く見受けられました。

少数精鋭のため自分の企画を試しやすい企業文化がテレビ東京に根付いています。

評判・口コミ

40代・女性<br>編成

40代・女性
編成

少人数のため、業務量が多い反面、色々なことをスピーディに試せるため、他局にない企画が多い。

ライトハウス
女性<br>企画・事務・管理系

女性
企画・事務・管理系

特にありませんが、雰囲気も部署によるものかもしれません。どちらかと言えば体育会系の職場なのかなと言う感じです。

ライトハウス
女性<br>企画・事務・管理系

女性
企画・事務・管理系

人間関係はとても良好だと思います。皆話しやすく、とても明るい雰囲気なので、楽しく仕事が出来たと思います。

ライトハウス

成長・働きがい

テレビ東京の働きがいに関しては良い口コミが多く見られました。

やりがいを感じる瞬間は部署によってそれぞれ違いますが、自分が関わった番組を多くの視聴者が見てくれ、ツイッターなどのSNSで「よかった」という感想をみたときなど、どの職種もそれぞれの働きがいを感じて仕事をしている印象があります。

評判・口コミ

男性<br>情報収集

男性
情報収集

やりがいがある給与も申し分ない。ただテレビ東京ではなく、日経新聞の意思に従わなければならないのが、最大の弱み。


報道の記者を目指す人はNG。

ライトハウス
40代・女性<br>編成

40代・女性
編成

いきなり大きな仕事を任されるので、成長スピードは早い。場数もどんどん踏める。成長より安定が欲しい人はきついかもしれない。

ライトハウス
男性<br>製造

男性
製造

テレビ番組の制作に従事していたので、やはりテレビ番組好きにはやりがいのある仕事でした。


実際に、自分の企画したものを多くのスタッフとともに作り上げていく過程は困難なことが多いですが、番組がマスタアップし、放送され、クレジットに自分の名前が表された時は、感動しました。

ライトハウス

テレビ東京への転職を成功させるコツ

テレビ東京への転職を考えるなら、転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職エージェントを利用することで、希望する職種の求人紹介や志望企業の選考に合わせた書類添削、面接対策などのサポートを受けることができます。

サービスは無料で利用できるので、業界事情・仕事内容についてもアドバイスしてもらえます。

ただ、キャリアアドバイザーのスキルには差があるので、まずは以下で紹介する転職エージェントの中から2〜3社に複数登録をして、実際にキャリアアドバイザーに会ってみた上で、サポートを任せるエージェントを絞り込むと良いです。

また、転職するべきか迷っている人は、テレビ東京のような企業からスカウトされる可能性があるビズリーチに登録するのがおすすめです。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

リクルートエージェント

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

doda

CMでおなじみ!顧客満足度トップクラス!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

doda

おすすめポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 20万件以上(2023年3月時点、非公開求人を含む)の求人から、厳選して紹介をしてくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

マイナビエージェント

20代の登録者数No.1!
20〜30代前半・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

マイナビエージェント

おすすめポイント

  1. 新卒サイトNo.1のマイナビが運営。若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 営業、メーカー、金融、ITなどの転職支援に強み
  3. 20〜30代など若手層の転職サポート・アドバイスの手厚さに定評あり

マイナビエージェントに
相談する

年収500万円以上の転職を目指す人向け転職サービス

年収700万円以上はハードルが高すぎる…そんな人におすすめの転職サービス!

ビズリーチ(転職サイト)

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ビズリーチ(転職サイト)

おすすめポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

JACリクルートメント

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

JACリクルートメント

おすすめポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

line

line

人気の転職エージェント