転職エージェント経由で落ちた企業に直接応募する方法と注意点

転職エージェント経由で応募して落ちた企業に直接応募することはできます。

しかし、注意するべきことがいくつかあります。

今回は、現役のエージェントが応募可能な理由と注意点をお伝えします。

転職エージェント経由で落ちた求人に直接応募はできる

転職エージェント経由で落ちた求人に直接応募できるかですが、結論から言えば可能です。

しかし、場合によっては直接応募したところで、再度お見送りになってしまうこともあります。

気になる転職エージェント経由で志望企業に通らない2つのケースをご紹介しますね。

企業で書類選考または面接後、お見送りのケース

1つ目は企業の人事が直接選考をおこなっているため、転職サイトやコーポレートサイトから直接応募しても内定を獲得できる可能性は低いです。

なぜなら、企業には応募者のリストがあって、1度何らかの理由で不採用になっていると他の手段を使っても結果は覆りません。

転職エージェント内の書類選考でお見送りのケース

直接応募で可能性があるのは2つ目です。大手転職エージェントに多いのですが、企業から人事権を委任されている企業担当者(RA)が事前に書類選考をおこない、企業の採用基準に満たない転職者をふるいにかけています。

この場合は「そもそも企業へ求人の応募をしていない」状態なので、企業の応募者リストには名前が入っていません。そのため、他の手段で直接応募をすることで、内定を獲得できる可能性はあります。

つまり、社内選考で不採用になっている場合のみ、直接応募でも可能性があると認識しておくようにしましょう。

︎[完全無料]経歴や人柄、希望を考慮して、あなたに本当に合った企業を提案いたします!ぜひ弊社の転職のプロたちにご相談ください!

転職エージェントで社内選考をする理由

企業が書類選考をおこなう前に、なんで転職エージェントが社内選考をやるの!?と思う人も多いと思いますが、ぶっちゃけると「業務の効率化」です。

例えば、100人の求職者が必要書類を送付してきたとしてます。その中から人事は実際に会っても良い人の選別を転職エージェントの企業担当(RA)に委任します。

転職者担当(CA)は転職者に寄り添っているので、希望に合わせた求人を紹介するのですが、RAは企業の門番になっているため、そこで企業の顔色をうかがいながら一定のふるいをかけています

もし、ふるいにかけなければ、企業の基準に満たない転職者も人事が選考しなければならず、そのRAの評価が下がってしまうのです。

RAは自分の評価を下げないためにも、社内選考で基準に満たない転職者を落としています。

このことは転職者には知らされないので、自分がどちらで不採用になったのかは基本的に知ることができません。

書類選考の結果に納得できない場合は、担当キャリアアドバイザーに「社内選考で落ちたのか、企業の書類選考で落ちたのか」について訊いてみてください。

社内選考であれば、企業の応募者リストに載っていないため、他の手段で内定を獲得できるチャンスがあります。

[完全無料]弊社独自の想定質問集・選考対策により、転職決定率が大手転職エージェントの5倍!弊社への相談はこちらから

希望する企業の内定を獲得する方法

人事の選考で落とされていないのであれば、応募者リストに入っていないので、他の手段から内定を獲得できる可能性があります。

その中でまずおすすめしたいのが、両面型の転職エージェントへの相談です。

転職者担当(CA)と企業担当(RA)が同じであれば、社内選考はおこなわれません。また両面型は転職者の良さを企業に対してプッシュすることも可能です。

実際にあと一歩!というときに、プッシュしたおかげで内定を獲得できたという例を筆者自身が起こしています。

弊社アクシスは両面型の転職エージェントです。

直接応募する前にまずは弊社にご相談いただければと思います。自分で直接応募するよりも内定を獲得しやすくなります

また、弊社では自己分析と面接対策について力を入れています。

あなたの転職軸が明確になるまで、徹底的に向き合い、納得のいく軸を一緒に見つけます。

転職軸が明確になれば、将来的に納得できるキャリアを進めていくことができます。

アクシスの転職エージェントの強みについては、以下をご覧ください!

人事の選考で不採用になったけど諦められない場合

企業の書類選考や面接でお見送りになったものの、どうしてもその企業で働きたい場合もあると思います。

その場合は遠回りになりますが、不採用となった理由を取り除き、希望企業が採用したい!と思えるような魅力的な人材に、自分からなれば良いということです。

しかし、これができていなければ、他の手段で応募したところで採用される可能性は極めて低いのが現実です。

なので、どうしてもその企業で働きたいのなら、他の企業で修行することです。自分の希望する職種と同じ職種であれば、企業は違えど必要なスキルや経験を身につけることができます。

今の自分の身の丈にあった企業で3年程度経験を積み実力をつける。そしてそのスキルセットや経験を持って希望の会社に転職やキャリアアップをする

実はこれが希望する特定の企業への転職を有利に進める近道なのです。

僕はよく1回しゃがんでからジャンプするキャリアと言っているのですが、そんな視点を持てると実はキャリアや求人を見る視点や幅は広がっていくと思うので参考までに頭に入れておいていただきたいです。

関連記事年間の転職相談実績2000人!私達が選ばれる理由はここにある。
関連記事【自立型人材】時代や社会に流されない強い自分になるために
関連記事月間20万PV、転職のプロが伝えたいキャリアリテラシー

お見送りになった企業への再応募に悩む人へ

「あの会社で働きたい」のような特定の企業で働くことを目的にして、転職活動をしていませんか?

希望の企業で働くことを目的にするのではなく、その会社に入って何を実現したいのかまで明確にした上で転職をしなければ、数年後に思い描くような自己実現ができず、こんなはずじゃなかったとなってしまう可能性が高いです。

納得のいかない転職を未然に防ぐためにも、転職軸の明確化をすることが大切になります。

転職軸の明確化には、転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントを利用するメリット

  • より良い転職を実現するための客観的な評価を受けられる
  • エージェントがメンターとなり、粒度の高い深堀によって効果的な自己分析ができる

弊社アクシスは、求職者様に良い転職をしていただきたいと思っており、その秘訣は、転職軸の明確化にあると考えています。

そのため我々は転職軸が明確になるまで、あなたと徹底的に向き合い、納得のいく軸を一緒に見つけます

そして、あなたが良い転職ができるよう一緒に最後まで伴走します。

弊社アクシスの強みについてさらに詳しく知りたい人は、以下の記事をご覧ください。

本気で転職を成功したいと思っている人は、アクシスにご相談ください。

営業職のキャリアアップを支援する転職エージェント

ポイント

  1. 会社に依存せず市場価値を高めたい営業マンに向けた転職支援!
  2. 営業職のキャリアアップを考えた無形商材法人営業の求人を多数保有
  3. あなたのキャリアに有利な企業・求人のみご紹介!

【無料】転職サポート申し込み

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

  • すべらないエージェントとは
  • すべらないエージェントの強みとは
  • 弊社のイチオシ自律型人材とは
  • すべらない転職Q&A