介護のキャリアアップ方法とは?|介護福祉士の資格・年収や他職種へのキャリアパスについても解説!

介護 キャリアアップ

    専門職である介護士はどうやってキャリアアップしていくのか気になりますよね。

    そこで介護士のキャリアアップ方法や介護福祉士をはじめとした資格・年収について解説します!

    他職種へのキャリアアップについても紹介!

この記事を書いた人
末永雄大

末永雄大

新卒でリクルートエージェント(現リクルート)に入社。数百を超える企業の中途採用を支援。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして人材紹介サービスを展開しながら、年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeチャンネル「末永雄大 / すべらない転職エージェント」の総再生回数は2,000万回以上。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック
詳細プロフィールはこちら

介護におけるキャリアアップとは

介護職で働いている人も、働いてみたいという人も介護職ではどのようにキャリアアップしていくのか気になりますよね。

まずはそもそも介護職のキャリアアップとはどのようなものかを解説します。

介護職におけるキャリアアップの方法としては以下のようなものがあります。

  • 資格を取得する
  • 管理職になる
  • 他の施設へ転職する
  • 他の職種へ転職する

資格を取得によるキャリアアップはイメージしやすいですが、他にも経験を積んで管理職に就いたり転職することでもキャリアアップをすることができます。

自分がどこを目指すかによってキャリアパスが変わってくるので、将来何がしたいかから考えてみましょう。

自分がどのようにキャリアアップしていきたいか上手くイメージできないという方は、レバウェル介護に登録してみると良いかもしれません。

転職エージェント末永 末永

レバウェル介護は介護施設の人から直接ヒアリングをしており、質の高い情報を持っています。


そのため先輩介護士たちの具体的なキャリアパスを聞くことで自身のキャリアも想像しやすくなります。


またあなたが将来やりたい仕事やプライベートでどうなりたいか等あなたの将来像についても一緒に考えてくれるので、将来から逆算してよりキャリアプランを具体的にすることができますよ。

介護職の安心転職に!おすすめ転職サイト

介護士未経験からのキャリアアップ

介護士になってどのようにキャリアアップしていくのか気になる人のために、まずは未経験から介護福祉士という資格の取得までのキャリアアップについて解説していきます。

なぜ介護福祉士が一つの指標となっているかというと、介護福祉士は介護における唯一の国家資格となっているからです。

そのため介護福祉士を取得することで給与が上がるだけでなく、専門的な知識を持っていることの証明になるため転職でも有利になるのです。

介護士未経験からのキャリアパスは以下のようのものになります

認知症介護基礎研修

介護職で働く上で一番最初に修了するのは認知症介護基礎研修です。

認知症介護基礎研修は2024年4月から介護職で働く上で修了することが義務付けられた資格です。

修了していないと介護職で働くことができません。ですが一日で修了することができ、自治体によっても異なりますが費用も5000円程度で受けることができます。

介護職で働くつもりの人は転職前か後に受けることになります。

転職エージェント末永 末永

ただ事前に修了していた方が意欲も伝わるし介護の知識も増えるので、介護職への転職で有利になやすいです。


そのためこれから転職活動を始める予定の人は事前の受講をおすすめします。

介護職への転職をしたいという人にはレバウェル介護がおすすめです。

レバウェル介護は派遣事業も行っており、派遣した介護士からのリアルな声を聞くことができます。

そのため介護職に対する不安や疑問について答えてくれます。また介護職に詳しいので現職で身につけた介護で役立つスキルを見つける手伝いもしてくれますよ。

介護職の安心転職に!おすすめ転職サイト

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修は介護の基礎を学ぶことのできる資格で、介護職でのキャリアアップの第一歩になります。

介護職員初任者研修を開講しているスクールで130時間の講義を受け試験に合格することで修了することができます。

試験の難易度も高くなく、しっかりと講義の内容を抑えていれば問題なく合格することができます。

通信学習で最大40.5時間を受講することができ、働きながらでも取得しやすい資格です。

転職エージェント末永 末永

介護職員初任者研修は介護の基礎が身につくだけでなく、キャリアアップの第一歩なので年収もしっかりと上がります。


実際に公共社団法人介護労働センターの令和4年度介護労働実態調査 事業所における介護労働実態調査によると、介護職員初任者研修を修了している人は資格を持っていない人に比べて年収が20万円ほど高くなっています。

介護福祉士実務者研修

介護福祉士実務者研修は介護職員初任者研修の上位資格に当たり、より専門的内容になります。

所定のスクールにて450時間のカリキュラムを終えることで取得することができます。

受験資格はありませんが、介護職員初任者研修を修了していれば320時間で修了することができます。

そして介護福祉士実務者研修を修了することが、無資格・未経験から介護福祉を受験する際の必須条件の一つになっています。

転職エージェント末永 末永

介護職員実務者研修は介護福祉士の必須条件なだけでなく、介護職員初任者研修と同様に給与も上がります。


公共社団法人介護労働センターの令和4年度介護労働実態調査 事業所における介護労働実態調査によると、無資格の人よりも40万円ほど年収が高くなっています。

また要介護者に直接触れる身体介助を行うことができるようになるため、できる仕事が増え転職でも有利になります。

介護福祉士

介護福祉士は介護職のエキスパートである証であり、介護で唯一の国家資格となっています。

取得することで年収が上がるのはもちろん、転職でも有利になります。

介護福祉士には受験資格があり、受験資格を得るためのルートも複数あります。

  • 養成施設ルート
  • 実務経験ルート
  • 福祉系高校ルート
  • 経済連携協定(EPA)ルート

具体的には上記の4つのルートがあります。ですが未経験・無資格からの場合は基本的には実務経験ルートになります。

実務経験ルートの場合は以下の条件を全て満たすことで受験することができます。

  • 介護職員実務者研修を修了している
  • 3年(1095日)以上の従業期間と540日以上の従事日数

実務者研修の代わりに介護職員基礎研修+喀痰吸引等研修の両方を修了することでも受験することができます。

実務経験ルートの場合は実技試験を免除で筆記試験のみで受験することができます。

ここ5年の平均合格率は74%となっており、比較的合格率は高いです。

転職エージェント末永 末永

介護福祉士の取得するともちろん年収も上がり、公共社団法人介護労働センターの令和4年度介護労働実態調査 事業所における介護労働実態調査によると、無資格の人よりも約70万円も高くなっています。


また介護福祉は介護職唯一の国家資格であり介護職の専門家であることを示せるので、所有していると転職市場でも価値が高まります。

介護福祉士からのキャリアアップ

介護福祉士を取得しても介護士のキャリアアップは終わりというわけではありません。

介護福祉士を取得して介護士として一人前になったので、様々な方法でキャリアアップをすることができます。

具体的には以下のようなキャリアアップの方法があります。

更なる上位資格を受験する

介護福祉士を取得した後のキャリアアップの方法の1つ目はより上位の資格を取得することです。

主な上位資格としては以下の資格があります。

  • 認定介護福祉士
  • 社会福祉士

認定介護福祉士は民間資格ですが介護福祉士の上位資格として浸透しています。

仕事内容も違い、介護福祉士が現場での仕事が主なのに対し、認定介護福祉士はそれに加えてスタッフの育成や施設のマネジメントも行います

また社会福祉士は介護だけでなく福祉全体にまつわる国家資格です。現場で働くというよりも福祉を必要としている人の相談に乗ってアドバイスをする仕事です。

支援する人も高齢者に限らず、低所得者や子ど等も支援します。

転職エージェント末永 末永

どちらも取得することで賃金アップが見込めるのはもちろん、特に社会福祉士は福祉全体に関わるので、出来る仕事の幅も広がりますよ。


働きながら学校に通ったりと勉強は大変ですが、取得する価値は十分にあります。

ケアマネジャーになる

介護福祉士からのキャリアアップ方法の2つ目はケアマネジャーになることです。

ケアマネジャーは直接介護をする仕事ではなく、介護のケアプランを決めたりとマネジメント業務を行います。

ケアマネジャーになるには介護支援専門員実務研修受講試験に合格して介護支援専門員実務者研修を修了する必要があります。

試験は以下の条件を満たすことで受験することができます。

  • 規定の国家資格に基づく業務に5年以上勤め900日以上従事していること
  • 相談援助業務に5年以上勤め900日以上従事していること

規定の国会資格には介護福祉士も含まれます。そのため介護福祉士として5年以上勤続して、900日以上仕事をすることで受験資格を得ることができます。

転職エージェント末永 末永

直接現場で働くのではなく、管理的な業務がしたいという人におすすめのキャリアアップ方法です。


ただケアマネジャーになるには相談援助業務の経験が欠かせず、通常の介護業務は相談援助業務には含まれないので注意しましょう。

相談援助業務の経験のために転職を考えている人はカイゴジョブエージェントがおすすめです。

カイゴジョブエージェントはカイゴジョブアカデミーという介護資格取得のためのサービスも行っているため、介護の資格について詳しいです。

そのためケアマネジャーを目指す上でおすすめの施設や、業務中にどういったことに気をつければいいかを教えてくれますよ。

介護職の安心転職に!おすすめ転職サイト

管理職になる

介護福祉士からのキャリアモデルの3つ目は管理職になることです。

ケアマネジャーと同じを思われるかもしれませんが、管理職の場合は介護の計画ではなく事業所の経営や人事といった運営に関わる仕事です。

介護の知識はもちろん、リーダーシップや運営に必要な知識も必要になります。

転職エージェント末永 末永

介護の現場ではなく経営に携わってみたいという人におすすめのキャリアアップ方法です。

転職する

介護福祉士からのキャリアアップ方法の4つ目は転職することです。

ただの転職ではキャリアアップではないのではと思われる方もいるかもしれません。

転職エージェント末永 末永

ですが介護福祉士という転職市場でも有利になる資格を使って転職をすることで、今よりもより給与面等でより労働条件の良い職場に転職できる可能性があるのです。

介護福祉士の資格を取ったからより良い職場で働きたいという人はレバウェル介護を使ってみると良いかもしれません。

レバウェル介護は20万件を超える求人を所有しており、条件の多い求人も見つけやすいです。

また人間関係が良いのかといったどんな事もぶっちゃけで答えてくれるので、労働条件だけでなく労働環境についても詳しく知ることができますよ。

介護職の安心転職に!おすすめ転職サイト

介護士から他職種へのキャリアアップ

介護士での経験は他の職種に活かすことができるので、他職種へキャリアアップすることもできます。

そこで介護士から他の職種へのキャリアアップについて解説します。

リハビリ職

他職種へのキャリアアップとして、リハビリに関する仕事である作業療法士や理学療法士があります。

転職エージェント末永 末永

介護施設ではリハビリが業務に入っている場合もあり、その経験を活かしやすいです。

作業療法士・理学療法士はどちらも国家資格で、所定の教育機関を卒業して国家試験に合格する必要があります。

そのためかなり難易度が高いものになりますが、その分年収も高いです。

厚生労働省のjobtagの作業療法士理学療法士によると平均年収は430.7万円となっており、これは介護福祉士の平均年収よりも60万円ほど高くなっています。

作業療法士や理学療法士については下の記事で詳しく解説しているので興味のある方はぜひ読んでみてください。

看護師

介護士から他職種へのキャリアアップとして看護師もあります。

介護と似た業務もあるため、介護での経験を直接的に活かすことができます。

ただ看護師になるには所定の教育機関を卒業して国家資格を取得する必要があります。

そのためかなり難易度が高いですが、厚生労働省のjobtagの看護師によると平均年収が508.1万円となっており、介護士と比べてもかなり高いものになってます。

看護師については下の記事で詳しく解説しているので、興味があれば一度読んでみてください。

営業職

介護職から他職種へのキャリアアップに営業職もあります。

営業職では介護士の仕事で身につけたコミュニケーション能力を活かすことができます。

特に介護に関係する商材であれば専門知識や、実務の経験も役立ってきます。

転職エージェント末永 末永

また営業職は難易度の高い職種なので転職市場での価値を高めやすく、そこからさらにキャリアアップをしやすくなります。

営業職に転職してみたいという方はリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは転職実績No.1の最大手で、圧倒的な求人数とノウハウを持っています。

そのため介護職での経験を活かしやすい求人や、介護職で身につけたスキルのアピールの仕方を教えてくれますよ。

おすすめの大手総合型転職エージェント

営業職についてもっと詳しく知りたいという方は下の記事に詳しく書いているので読んでみてください。

資格でのキャリアアップによる年収の差

介護職でのキャリアアップを考える上で資格は重要なものですが、資格によって年収がどう変わるか気になりますよね。

そこで公共社団法人介護労働センターの令和4年度介護労働実態調査 事業所における介護労働実態調査をもとに介護職の資格別の年収をまとめてみました。

資格 平均年収
無資格 2,973,231円
介護職員初任者研修 3,168,827円
実務者研修 3,309,450円
介護福祉士 3,640,000円
社会福祉士 3,937,855円

資格によってかなり年収が異なることがわかります。

無資格と社会福祉士では年収が100万円近くも差があります。

もちろんお金が全てではありませんが、介護職でのキャリアアップとして資格があり、具体的に資格によってどう変わるのかという指針の一つになります。

資格による仕事内容の違いや待遇の違いについてもっと知りたい、介護職でキャリアアップしてみたいという方はカイゴジョブエージェントを使ってみると良いかもしれません。

転職エージェント末永 末永

カイゴジョブエージェントはカイゴジョブアカデミーという介護資格取得の事業も行っており、他のサービスと比べても介護の資格に詳しいです。


そのため具体的にどの資格を取ればいいのか、どの業務をすればいいのか等、あなたがキャリアアップするための道筋を一緒に考えてくれますよ。


実務経験を積むための転職先や、資格取得後により条件の良い転職先も紹介してくれるのでおすすめですよ。

介護職の安心転職に!おすすめ転職サイト

介護職のキャリアアップを成功させるコツ

介護職でキャリアアップする際には、単に資格を取ったり専門スキルを身につければ良いというわけではありません。

そこで介護職のキャリアアップを成功させるためのコツについて解説します。

リーダーシップを磨く

介護職のキャリアアップのコツの1つ目はリーダーシップを磨くことです。

リーダーシップがある人は現場で重宝されます。というのもリーダーシップは短期間で身につくものではありませんし、マネージャー業務等では必須だからです。

人間関係が離職理由として多い介護職で、しっかりとメンバーをまとめて良好なチームを構成する力はとても強いアピールポイントになります。

転職エージェント末永 末永

リーダーシップをアピールするためには実際にそのポジションにつく必要があるので、まだリーダーのポジションにない人はまずリーダーになれるように目の前の仕事をしっかりとこなしましょう。


すでにリーダのポジションにいる人はリーダーシップを磨くために以下のことに気をつけてみてください。

  • 先輩マネージャーを観察したり、直接話を聞く
  • メンバーとのコミュニケーションを心がける
  • メンバーの能力を正確に把握して仕事を割り振る
  • 具体的に中長期の目標を決めて、その進捗を管理する

イメージしづらいとうい人は他にも講習やセミナーに参加したり、書籍を読むことでも学ぶことができますよ。

コミュニケーション能力を磨く

介護職のキャリアアップのコツの2つ目はコミュニケーション能力を磨くことです。

介護職は要介護者と密接に関わるのでコミュニーション能力があるのは当然だと思いますよね。

しかし先ほどの述べたとおり介護職の離職理由としては人間関係が多く、高いコミュニケーション能力がある人は意外と少ないです。

コミュニケーション能力がある人は円滑に仕事ができますし、一緒に働きたいと思ってもらいやすいので、どこでも求められる人材です。

転職エージェント末永 末永

介護職は要介護者・要介護者の家族・施設職員等コミュニケーションをとる人が多いです。


そのためコミュニケーション能力を磨く機会自体は多いので、能力を磨くために日々の業務の中で以下のようなことを気をつけてみてください。

  • 結論→理由→具体例→結論の順に話すように心がける
  • 5W1Hを意識する
  • 知識量を増やす
  • 相手の意見を否定しない

5W1Hというのは何を(what)、いつ(when)、どこで(where)、誰が(who)、何を(what)、なぜ(why)、どのように(how)のことで、人の話を聞く際に意識することで必要な情報を得やすくなります。

他にも知識量があれば会話の幅が広がりますし、相手の意見を肯定するというのも円滑なコミュニケーションにおいて大切です。

経歴の伝え方を工夫する

介護職のキャリアアップを成功させるためのコツの3つ目は経歴の伝え方を工夫することです。

いくら立派な経歴をもっていたとしても上手く相手に伝えることができなければ意味のないものとなってしまいます。

結果はもちろん大切ですが、ただ結果を出したという事実だけではあなたの魅力や能力は伝わりません。

どんな目的を持って行動し、どんな課題があって、どうやって課題を解決したのか、その結果どのような結果を得たのかをしっかりと伝える必要があるのです。

転職エージェント末永 末永

とはいえ一人で自分の経歴を上手く言語化するのは難しいですよね。


そんな人はレバウェル介護を使ってみるのも一つの方法ですよ。

レバウェル介護は施設の人から直接仕入れた情報や、派遣事業で派遣した介護士から得た情報があるので、介護に関する幅広い知見を持っています。

そのためキャリアアップ転職で有利になるあなたの経歴やその上手なアピールの仕方も教えてくれますよ。

介護職の安心転職に!おすすめ転職サイト

介護のキャリアアップのまとめ

介護士のキャリアアップについてお話ししてきましたが、介護士は様々な方法でキャリアアップすることができます。

資格をとってキャリアアップするのはもちろん、条件の良い施設や他の職種に転職するという方法もあります。

どのようなキャリアパスを歩むのか、自分が将来何の仕事をしたいのか、プライベートではどんな生活を送っていたいのかといったキャリアビジョンから逆算して考えてみましょう。

転職エージェント末永 末永

とはいえ、自分の最善のキャリアを一人で考えるのは難しいですよね。そんな人はレバウェル介護を使うのも一つの手です。


レバウェル介護は派遣事業や直接施設から仕入れた多くの情報があります。そのため現職の介護士のキャリアモデルを多く知っています。


それをもとに資格を取るのか、他の施設に転職するのか、管理職を目指すのか等、自分にあった選択肢を見つける手伝いをしてくれます。


これから介護士に転職してキャリアアップをしようと考えている人も、具体的なモデルがあると自分の将来を想像しやすくなるのでおすすめですよ。

介護職の安心転職に!おすすめ転職サイト

レバウェル介護(旧:きらケア)

介護職の転職サービス口コミ総合評価No.1!入職後も寄り添いサポートで安心

レバウェル介護(旧:きらケア)

おすすめポイント

  1. 総合評価だけでなく、求人数も圧倒的トップクラス!
  2. 給与や労働条件以外にも、職場の雰囲気や働きやすさも聞ける
  3. 面接同行や条件交渉、入職後フォローまで安心のトータルサポート

レバウェル介護(旧:きらケア)に
相談する

カイゴジョブエージェント

転職支援実績60,000人超え!非公開求人も多数の保有で求人確保に死角ナシ!

カイゴジョブエージェント

おすすめポイント

  1. 60,000人以上の転職実績!豊富な求人数!質の高い情報収集が可能!
  2. 所属アドバイザーは介護・障がい福祉業界のプロ!一人ひとりに専任で転職をサポート
  3. 厚生労働省認定!「医療・介護・保育分野における適正な有料職業紹介事業者の認定制度」で安心

カイゴジョブエージェントに
相談する

マイナビ介護職

人材大手のマイナビが運営する介護福祉士特化の転職支援サービス!介護士の悩みをマンツーマンで解消

マイナビ介護職

おすすめポイント

  1. 求人数は毎日更新!マイナビ40年の実績から求人を厳選!
  2. "おまかせ"ができるから転職の労力や時間を大幅カット
  3. 介護・福祉専門のアドバイザーに1対1で本音で相談

マイナビ介護職に
相談する

介護職のキャリアアップでよくある質問

介護職のキャリアアップに関する質問をまとめてみました。

介護士のキャリアモデルの具体例を教えてください

人物 転職者

介護職のキャリアアップについて上手くイメージができません。具体的なキャリアモデルを教えてください。

未経験からのキャリアアップモデル

介護福祉士からのキャリアアップモデル

転職エージェント末永 末永

介護職の具体的なキャリアモデルとしては上記のようなものがあります。


介護福祉士が唯一の介護資格になっているため、一つの目標になります。


介護福祉からは上記のように様々なキャリアアップ方法がありますし、他の職種へキャリアアップすることも可能ですよ。

介護職に転職してキャリアアップしていきたいと考える方はカイゴジョブエージェントに登録してみましょう。

カイゴジョブエージェントは資格取得の事業を行っているので、資格を絡めた話を具体的に聞くことができます。

また転職後の定着のためのアフターフォローも行っているので未経験でも安心して転職することができますよ。

介護職の安心転職に!おすすめ転職サイト

介護職のキャリアアップには資格が必要ですか?

人物 転職者

資格を取れる自信がないのですが、介護職でキャリアアップするには資格がないと無理ですか?

転職エージェント末永 末永

全く不可能ということはないと思いますが、資格一つもなしにキャリアアップするのは正直厳しいです。


資格がないとできない業務もありますし、特に介護福祉士の資格を取得することでキャリアアップの幅が広がります。


合格率の高い資格もあるので資格の勉強に自信がないという人でも可能性は十分にあるので、一度だけでも挑戦してみることをおすすめします。

介護職以外にもキャリアアップできますか?

人物 転職者

介護職で経験を積んだ後介護職を辞めて他の仕事で働いてみたいのですが可能ですか?

転職エージェント末永 末永

他の職種へのキャリアアップも可能ですよ!


難易度は高いですが専門職で言えば理学療法士や作業療法士、看護師等を目指すことができます。


他にも介護職の専門知識を活かして、介護に関連する一般企業で営業や企画等の仕事をすることもできますよ。

介護職から他の職種への転職を考えている人はリクルートエージェントに登録してみましょう。

転職者の約8割が使っている転職エージェントで、多くの転職を成功させてきたノウハウがあります。

どうやって経歴をアピールすれば良いのか、どの企業ならこれまでの経験を活かせそうか等教えてくれます。

未経験からの転職にも強く、介護職から他の職種へ挑戦するのにおすすめの転職エージェントですよ。

おすすめの大手総合型転職エージェント

line

line

人気の転職エージェント