これでバッチリ!品質管理の転職事情

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

品質管理という職種をご存知でしょうか。品質管理とは、一定の品質の製品をいかに効率的に生産するかを考え、製造のプロセスに反映するお仕事で、製品を流通させて良いのかどうかをジャッジする大事な業務を行う職種です。

今回は品質管理について、「転職市場の動向」や「未経験での転職は可能なのか」「品質管理の転職を成功させる秘訣」について書いていきます。

品質管理の転職市場(求人の増減・需要のある業界)

今、品質管理職の求人は、転職市場において確実に増加しています

その理由として、品質の問題というのが社会的に大きな問題になるからです。
事実、日産自動車、神戸製鋼所、SUBARU大手メーカーの品質問題が発生した時は大々的に報道されることになり、企業に対する信用が失われたことは記憶に新しいでしょう。
円安、景気上昇から各社の製品のニーズも
増え、新たな製品のリリースなどもありますので品質チェックというのはこれまで以上に行われるのです。

このように各種メーカーにとって製品の信用というのは会社の信用に非常に重要です。
今後も自動車メーカーを中心に製品がリリースされることが行われてくるため、製品の信用を担保するために製品の管理・保証は重要となります。
そのため様々な企業が品質管理体制の強化を図るために品質管理人材の採用をしようとしているのです。

また、異業界転職もしやすくなりました

以前は扱う製品ごとに規格や品質基準が異なるため、従来は同じ品質管理職でも異業界への転職は難しいと言われていました。
しかし、品質管理職に対する企業のニーズの高まりがあり、かつ品質保証の経験者というのは転職市場に少ないです。
よって、他業界の品質管理経験者の採用を、以前に比べて積極的に行う傾向となっているのです。

品質管理ってどんな仕事?

品質管理の仕事内容は、システムが仕様通りに開発されて挙動や作動にバグがないかや、製品に不良品が無いかを検証することです。

IT業界ではQA(Quality Assurance)とも呼ばれ、品質管理を行うエンジニアをQAエンジニアと呼びます。

海外では割とメジャーな仕事ですが、日本ではどちらかというと人気が少ない職種です。
仕事に地味なイメージを持つ方が多いからだそうですが、品質管理の仕事は製造業には重要な工程で、開発が成功するかどうかの鍵を握っていると言ってもよい職種です。

製造現場では裏方的な存在ですが、責任感の重いポジションとも言えますから、そういった部分にやりがいや魅力を感じることもできます。

品質管理と品質保障の違いは?

品質管理の他に品質保証という仕事もあります。
言葉は似ていますが、両者の仕事には違いがあります。

品質管理は、製品に不良品があるかないかを確認したり、不良品が出ないための改善策を考えることが仕事になります。
製品、素材のチェック、業務改善や製造工程の改善などが仕事です。

品質保証は、製品や部品が基準の品質であるかどうかを確かめることが仕事です。
品質管理と似ているところはありますが、業務範囲が品質管理より広く、製品の企画段階から、出荷され顧客まで届くまで含まれています。製品企画の段階から不良を出さない仕組みを構築し、万が一、クレームが出た場合は顧客対応も行います

品質管理はきつい?その労働環境の実態は?

品質管理は工場など製造現場での勤務がほとんどで、工場の稼動にあわせて業務を行います。
納期繁忙期やトラブル発生時など緊急対応を行うこともありますが、それ以外は過度な業務は無いため、ワークライフバランスは取りやすい職種と言えます。

また、製品の不具合1つ見落とすことの無い正確な仕事が求められますので、細かな作業が得意な人や繊細な人は品質管理に向いていると言えます。
テストケースすべてをテストするほか、何かおかしな事があればチェックする必要あるため、疑り深い人、注意深い人も向いています。

逆にいい加減な人や横着な人はこの仕事には向いていないでしょう。

品質管理の年収

品質管理の平均年収は400万円~700万円と言われており、
業界別で見ると以下のようになります。

医薬 447万円
IT 400万円
半導体 425万円
電気 476万円
食品 399万円
素材 395万円

中でも鉄金属メーカーや半導体メーカー、電気メーカーは給与水準が比較的高いと言われています。メーカーなどは品質管理を製造の重要部分と捉えている所が多いので、その分給与水準も他の業界より高いようです。

また、年齢が上がると年収も増えていく傾向にあり、役職が付いていくとその分収入も上がっていきます。
仕事柄、他部門の人間との関わりが多くなるため、マネジメントスキルやコミュニケーション力も付けると、収入アップにつながると言えます。

未経験で品質管理に転職できる?

では、品質管理職は未経験で挑戦できるお仕事なのでしょうか。

結論から言えば、品質管理は理系の方のお仕事です。
そのため、業務経験がなくとも、大卒で理系の学部出身であれば、品質管理職に転職することは可能です。実際そのような求人も増えています。

なぜ理系の方でないと原則できない仕事なのかというと、品質管理は企業や製品に対する評判を左右し、企業の業績に直結する重要なポジションだからです。
そのため、製品に関する根本的な知識が必要となり、理工系のバックグラウンドが求められるのです。

ただし、中には文系であっても採用されるケースもわずかながら出てきており、業務に興味があり、英語力を有す方だとアシスタントレベルから経験させて品質管理のキャリアを積ませるケースもあります。

事実、外資系の医療機器メーカーの品質管理の場合だと、本国との対応などが発生することから、アシスタントとして経験を積ませ、最終的に品質管理のマネジャー・主任クラスで活躍している方もいます。
中には派遣から、最終的には転籍しマネジャーになったという方も存在しています。

上記から、品質管理職として転職するためには理系のバックグラウンドが必要です。
また、理系の知識がない場合だったとしても、英語といった特殊な能力が必要であり、ただ漠然とやりたいと思ってできる仕事ではないと認識してもらえたらと思います

末永

品質管理のポジションは未経験でも、理系のバックグラウンドをお持ちの方や英語を話せる方にはチャンスがあるとお伝えしましたが、多くの企業では即戦力としての採用の傾向が強いため、品質管理としての経験がないという理由で、書類選考の段階でお見送りになってしまうケースも非常に多いのが現状です。

転職エージェントを利用すると、品質管理に活かせるスキルや経験をピックアップして、企業側にあなたを紹介してくれたり、未経験でも挑戦できる品質管理の求人を探してくれます。
そのため、転職成功の確率をあげるためには、まず転職エージェントに相談するのがオススメです。

【未経験から品質管理に転職したい方向け オススメ2社】
(※クリックすると、エージェント詳細に飛びます。)

未経験から品質管理職を目指す場合には、
マイナビメーカーエンジニアリクルートへの相談をおすすめします。

マイナビメーカーエンジニア

大手エージェントの中でも、特に20代に強みをもつエージェント
新卒サイトの掲載社数、業界No1!
20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅しています。

大手企業だけではなく、中小企業の求人も幅広く持っているので、リクルートやdodaが持っていないような未経験OK、第2新卒OKといった求人に出会える可能性もあります。

→マイナビメーカーエンジニアへの相談はコチラ

リクルートエージェント

紹介実績、求人数共に業界No1!転職者の8割が利用している転職エージェント。

特に大手メーカーの場合、特定の大手エージェントのみに求人を依頼しているケースも多いです

業界No1であるリクルートエージェントのみに求人を依頼しているケースも多く、そういった大手企業の大量採用案件や、第二新卒・未経験OKの案件を紹介してもらえる可能性があります

→リクルートエージェントへの相談はコチラ

 

【品質管理から他メーカーの品質管理に転職したい方向け オススメ3社】
(※クリックすると、エージェント詳細に飛びます。)

品質管理経験者の方が、別のメーカーの品質管理職を目指す場合には、
マイナビメーカーエンジニアビズリーチJACへの相談をおすすめします。

マイナビメーカーエンジニア

メーカー・ものづくり業界の技術職に特化した転職エージェント

新卒サイトなどを通して、全国の大手上場企業からベンチャー企業・隠れた優良企業まで、幅広い企業とのコネクションを持っています。

リクルートやdodaが保有していない、大手企業の2次受け3次受けの中小有料企業の求人といったレアな求人に出会える可能性も高いので、ものづくりの業界で転職を検討している方は必ず登録しておくべきエージェントです。

→マイナビメーカーエンジニアへの相談はコチラ

ビズリーチ

品質管理の経験が3年以上など、一定のキャリアのある方は、年収500〜600万円以上のハイクラス求人多数の転職サイトであるビズリーチもオススメです。

年収レンジが高い質の求人が揃う他、企業の採用担当者やヘッドハンターから直接スカウトをもらうことができます。

→ビズリーチへの登録はコチラ

JACリクルートメント

品質管理の経験が3年以上など、一定のキャリアのある方は、年収500〜600万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェントであるJACリクルートメントの利用も合わせてオススメします。
製造メーカーへの転職成功実績も多数。

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくと求人の見逃しがなくなります!

→JACリクルートメントへの相談はコチラ

担当エージェントによっては希望する会社の求人を紹介してくれない可能性や担当エージェントと馬が合わないことがあります。

そういったリスクを想定すると、上記2社〜3社にまず登録してみて、担当者や紹介された求人を元に、どのエージェントを継続して利用するか比較検討してみるのがオススメです。

405060歳でも転職できる!海外求人がアツい!

上記の通り、品質管理というポジションは原則理系出身者が行う業務です。

そのため、品質管理職は理系人材が必要となるのですが、そのようなニーズに対して、人材(理系人材や業務経験者)というのが不足しています。大学の理系離れが進んでいるため、今後もその傾向は変わらないでしょう。

転職市場で一般的には転職が難しいと言われる40代以降でも、各企業は積極的に採用しています。
なかには50代の方でも転職が可能というケースもあります。また、近年はアジア企業の日本人技術者に対するニーズがかなり高いため、破格の海外求人もあり、給与アップも可能となります。

品質管理の転職を成功させるコツは?

では、どうすれば品質管理での転職を成功させることができるのでしょうか。ポイントは以下4点です。

① 同業界の企業は必ず受けよう

品質管理職は、企業で採用ニーズは高まっていますが、企業の評判を左右するポジションのため、大企業では特にそうですが採用ハードルが下がっているわけではありません。

中には、即戦力を求めていて「扱っていた製品が自社製品と近いかどうか」を重視している場合もあるため、業界によっては品質管理経験者であっても転職が難しいこともあります。

そのため、今在籍している業界の求人は必ず押さえておくということが必要です。

② 製品名だけでなく、得意分野も伝えよう

職務経歴書には製品名や担当した業務を記入することが必須となります。

しかし、ただそれだけでなく、例えばJIS規格に関する知識などといった自身の得意分野も伝えられると良いです。
特に、異業界からの転職の場合は、基本的な知識(機械・電気・化学や統計学)は前提となることが多いため、プラス
αで自分の強みがアピールできると更に良いです。

③ 実績は数値でアピールしよう

これは品質管理職に限った話ではありませんが、職務経歴書や面接で自身の成果や実績を数値で表現できていると、採用側に対しインバクトのあるアピールとなります。

例えば、業務効率化をアピールする場合は、工程や時間、具体的に削減できたコストなどといった形で成果を表現しましょう。

このように、ただ定性的な仕事の成果を書くだけではなく、定量的なアピールというのも重要となるのです。

④ マネジメント経験や交渉力、新規提案力もアピールできると良い

基本的な知識に加えて、「部下とコミュニケーションを密にとり、問題に早急に対応できるようにした」、「他部門や行政との折衝を担当した」などといったマネジメント力や交渉力をプラスαとして示せると更に良いです。

新たな工程や管理手法の立案や新規企画立案など、提案力もアピールできるとほかの求職者と比較し、差別化が図ることができ、相対的な評価が高くなる傾向にあります。

品質管理の転職には転職エージェントを利用しよう!

品質管理の仕事は、製品の安全性、適正に使えることで会社の信用を担保するためのお仕事です。

品質管理の業務が機能していることで、会社の信用を担保することができることができますし、これが担保されていないことが分かると、途端に会社の経済活動に支障が発生するという失敗のできない非常に重要なお仕事です。

そのため、基本的には理系の方の仕事ではあります。
ただし、英語力があればチャレンジできるという例外もあるため、この仕事に興味をお持ちで何かアピールできるものがあれば、一度転職エージェントに相談してみるのも良いでしょう。

転職エージェントは企業側の目線を持っているため、企業に刺さりやすいアピールの仕方を考えてくれます。

品質管理の経験というのは、非常に重宝され、40代以降でも転職が可能となり、ほかの職種では考えられないキャリアを描くことができます。
専門性を上げたい、専門性で自身の市場価値を上げたいという方にチャレンジしていただきたいお仕事です。

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

ものづくり業界での転職をするなら必ず登録すべき!

機械設計や半導体製造、生産管理、機械エンジニアの方は、業界特化のマイナビメーカーエンジニアへの相談がオススメです。

特徴
【メリット】
  1. メーカー、ものづくり業界に特化したエージェント
  2. ものづくり業界出身のキャリアアドバイザーがニーズにマッチした求人を紹介
  3. 大手だけではなく、中小の優良企業やベンチャー企業の求人も保有
【デメリット】
  1. 関東エリアの求人が中心となっているので、他エリアの求人は少なめです

こんな人がおすすめ!
  1. メーカーエンジニアの経験を生かして、ものづくりの業界での転職を検討している方

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08