作業療法士(OT)の給料は安い?その理由と給料をアップさせる方法を徹底解説!

作業療法士(OT)の給料は安い?その理由と給料をアップさせる方法を徹底解説!

    作業療法士(OT)の給料は安いのかどうかをその理由と共に解説します。


    また、作業療法士が給料をアップさせる方法や今すぐできる行動、給料の高い職場も合わせてご紹介します。

この記事を書いた人
末永雄大

末永雄大

新卒でリクルートエージェント(現リクルート)に入社。数百を超える企業の中途採用を支援。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして人材紹介サービスを展開しながら、年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeチャンネル「末永雄大 / すべらない転職エージェント」の総再生回数は2,000万回以上。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック
詳細プロフィールはこちら

作業療法士(OT)の給料は安いの?

作業療法士(OT)の給料は比較的安い傾向にあります。

というのも、令和5年の賃金構造基本統計調査によると、作業療法士・理学療法士・言語聴覚士の平均年収は約431万円なのに対し、令和4年の民間給与実態統計調査によると、給与所得者全体の平均年収が458万円だからです。

あくまで平均年収での比較ですが、作業療法士を含む3職種の平均年収は全体の平均より20万円ほど下回っています。

国家資格であるにもかかわらず、全体の平均年収よりも低くなっているので、作業療法士の給料は低いと言えます。

他の職種との比較

国家資格が必要な他職種の平均年収が以下の通りです。(令和5年賃金構造基本統計調査から引用)

職種 平均年収
薬剤師 約576万円
助産師 約565万円
診療放射線技師 約537万円
看護師 約508万円
歯科衛生士 約404万円
栄養士 約390万円

栄養士や歯科衛生士と比べると作業療法士の平均年収の方が若干高いですが、他の医療系職種と比べるとやはり低いのが現状です。

作業療法士の給料が低い理由や給料を上げる方法についてはこの後紹介していくので、参考にしてみてください。

転職エージェント末永 末永

給料が安いことに悩んでいる作業療法士の人は転職エージェントを使ってみることをおすすめします。


転職エージェントを使うと、現場の不満・不安を相談できて、また今よりも給料が高い求人を紹介してもらうことができますよ。

リハビリ職におすすめの転職サイト

  • PTOTSTワーカー
    リハビリ職の求人多数!PT・OT・STの各職種専門のアドバイザーが転職をサポート
  • PTOT人材バンク
    サポートの質に定評あり!医療・介護業界に特化した人材紹介サービス
  • マイナビコメディカル
    マイナビが運営するリハビリ職や医療技術職の転職支援に特化した転職エージェント

作業療法士(OT)の給料が安い理由

ここでは、作業療法士(OT)の給料が安い理由を大きく3つに分けて解説していきます。

作業療法士の資格を持つ人が増えてきた

作業療法士(OT)の給料が安い理由の1つに、作業療法士の資格を持つ人が増えてきたことが挙げられます。

厚生労働省が発表している国家試験合格発表によると、毎年約4000〜5000人が作業療法士の資格を取得しています。

確かに少子高齢化で作業療法士の需要も伸びてきてはいますが、それ以上に供給が多くなっています。

作業療法士の数が増えると、その分作業療法士自体の市場価値が下がってしまいます。

転職エージェント末永 末永

役職に就くことができる作業療法士の数も限られているので、作業療法士の人数が増えるとその分昇給がしづらくなります。


高齢化が進んでいる中でリハビリ職に就く人が増えているのは非常に良いことですが、作業療法士からすると給料が上がりづらい要因となってしまいます。

診療報酬に限界がある

診療報酬に限界があることも作業療法士(OT)の給料が安い理由の1つです。

診療報酬とは

医療機関がおこなった医療行為に対して支払われる対価のこと

作業療法士は理学療法士などと同様に、1単位20分で診療報酬を得ており、1日24単位、1週間で108単位と単位数に限界があります。

基本的には限度を超えることはできないので、給料が固定化されてしまっています。

また時間に対して報酬が支払われるので、経験や技術で差が出づらいことも作業療法士の給料が低くなっている要因として考えられます。

日勤でしか働くことができない

日勤でしか働くことができないことも作業療法士(OT)の給料が安い理由の1つに挙げられます。

作業療法士は基本的には日中に作業療法を提供するので、看護師などのように夜勤がなく給料が伸びづらいです。

診療報酬に限界があることに加えて、夜間勤務もできないとなると手当等もつかないので結果的に給料が低くなってしまいます。

安定した生活リズムで過ごしたい人にとっては良いですが、しっかりと稼ぎたいという人は作業療法士には向いていません。

作業療法士(OT)の給料に関する口コミ

作業療法士の給料に対して、ポジティブな意見とネガティブな意見のどちらも同じ程度散見されました。

今回は多くあった口コミの中で3つ取り上げてご紹介するので、作業療法士の給料の実態を知るための参考にしてみてください。

評判・口コミ

30代女性

30代女性

新卒時の手取り収入は21万円くらいで、家賃は6万2000円ほどの家賃だったと記憶しています。私は物欲が少なくて、あまりお金を使うこともなかったので、当時は5万から7万は毎月貯金出来ていました。

Yahoo!知恵袋

評判・口コミ

20代男性

20代男性

現役の作業療法士です。就職場所(田舎・都会など)・分野(身障・精神など)で変わると思いますが、作業療法士の給料は基本的に高い方ではないでしょうか。


というよりも変な話し、病人はいなくならない訳で、常に医療・リハビリを必要としている方がいる限り作業療法士の知識・技術は使え続けます。病院であればなかなか倒産も無いでしょうし、給料の高い・安いよりは”安定”が魅力ではないでしょうか。


私は毎日楽しく仕事をさせていただいています。定時に帰れるし。

Yahoo!知恵袋

評判・口コミ

30代男性

30代男性

初年度は施設によりますが300〜400万の所が多いです。以前より安くなってきていますが、それでも普通に就職したサラリーマンくらいはもらえます。


ただ、その後の昇給が少ないです。昇給が3000円とか500円とかザラなので…リハは役職がなかなかないので、30年働いても500万くらいといったとこでしょうか。昇給がいいとこならもっといくかもしれませんが。一般的に見たら、常勤の割に生涯年収は低い気がします。

Yahoo!知恵袋

作業療法士(OT)が給料を上げる方法

ここでは、作業療法士(OT)が給料を上げる方法を5つご紹介していきます。

給料が低いことに悩んでいる作業療法士の人は参考にしてみてください。

資格を取得する

作業療法士(OT)が給料を上げる方法の1つとして、資格を取得することが挙げられます。

以下が作業療法士のスキルアップやキャリアアップに繋がる資格です。

  • 認定・専門作業療法士
  • 呼吸療法認定士
  • 福祉住環境コーディネーター
  • 心臓リハビリテーション指導士
  • 認知症ケア専門士

作業療法士の業務に関する資格を取得すると、資格手当がもらえることがあり、給料アップに繋がります。

また、資格を取得し、専門性を高めたり仕事の幅を広げることで昇級に繋がり、結果的に年収が上がります。

資格を取得することは職場を変えずに挑戦でき、また努力次第で必ず達成できるのでおすすめの方法です。

管理職に昇進する

管理職に昇進することも作業療法士(OT)が給料を上げる方法の1つです。

管理職に昇進すれば、責任が伴う分、役職手当が付くので給料を上げることができます。

役職手当の額は事業所の規模にもよりますが、月に数万円支給されることもあるようです。

管理職になるには、作業療法士としての経験や実力ももちろんですが、人や仕事のマネジメントスキルも必要になります。

そのため、作業療法士で管理職を目指す人はマネジメントに関する本を読んだり、実際に管理職の方のお話を聞くなど普段から管理職になるための努力を惜しまないようにしましょう。

給料の高い職場に転職する

給料の高い職場に転職することも、作業療法士(OT)が給料を上げるには有効な方法です。

同じスキルや経験を持った作業療法士の間でも働く場所によって給料は異なります。

基本給が少ない職場や昇給がしづらい職場で働き続けていると、給料が安いことに悩み続けることになります。

現時点で給料の低さに不満がある人は、給料が高いあるいは昇給がしやすい職場に転職することも視野に入れておきましょう。

[安い給料に悩んでいる作業療法士(OT)におすすめの転職先]で医療機関以外で作業療法士が働くことができる比較的給料の高い職場を紹介しているので、転職を考えている人は参考にしてみてください。

転職エージェント末永 末永

今よりも給料が高い職場に転職したい人は転職エージェントに相談してみることをおすすめします。


転職エージェントを使えば、給料の高い求人の紹介や選考対策のサポートをおこなってくれますよ。

リハビリ職におすすめの転職サイト

  • PTOTSTワーカー
    リハビリ職の求人多数!PT・OT・STの各職種専門のアドバイザーが転職をサポート
  • PTOT人材バンク
    サポートの質に定評あり!医療・介護業界に特化した人材紹介サービス
  • マイナビコメディカル
    マイナビが運営するリハビリ職や医療技術職の転職支援に特化した転職エージェント

副業をする

作業療法士(OT)が給料を上げる方法として、副業をすることが挙げられます。

前提として、副業を許可している職場でないといけないので、職場側に確認をする必要があります。

作業療法士の副業としては以下のものが考えられます。

  • 訪問リハビリステーション
  • 非常勤アルバイト
  • 通信講座の講師
  • Webライター

副業を始めることも職場を変えることなく挑戦できますが、作業療法士として業務を全うしながら休日や休息の時間を削って行う必要があるので、心身ともに疲労が溜まりやすく注意が必要です。

ですが、副業で安定した収益を得ることができるようになれば、安い給料に悩まされることもなくなります。

独立開業をする

作業療法士(OT)が給料を上げるために、独立開業をすることも手段の1つです。

作業療法士の資格があれば、高齢者や障がい者、子どもに向けたデイサービスを立ち上げることができます。

自分がそのサービスのオーナーなので、頑張り次第で高年収を実現できます。

しかし、独立開業するにはそれなりのスキルや経験が必要で、開業した後もその事業を持続させる経営スキルも必要なので、かなり難易度が高く、リスクも高いです。

そのため、しっかりと検討を重ねたうえでの挑戦をおすすめします。

作業療法士(OT)が給料を上げるために今すぐできる行動

先ほど、作業療法士(OT)が給料を上げる方法について紹介しましたが、ここでは今すぐにでもできる行動を紹介していきます。

給料を上げる方法は分かったけど、実際にどのように行動を起こしたらよいか分からないという人は参考にしてみてください。

資格の勉強を始める

資格の勉強を始めることは作業療法士(OT)が給料を上げるために今すぐできる行動の1つです。

取りたい資格さえ決めてしまえば、参考書の購入して勉強を始めたり、講習会に参加することはすぐに始めることができます。

早く始めれば早く始めるほど、早期に給料アップを実現できるので思い立ったらすぐに行動をしましょう。

転職活動を始める

転職活動は今すぐにでも始めることができます。

今の職場の給与に不満があったり、この先昇給する未来が見えづらい場合はすぐに転職を始めることが最善です。

また、転職活動をする際はリハビリ職の転職支援に特化した転職エージェントを活用することがおすすめです。

転職エージェントを利用すれば、今より給料が高い求人の紹介や選考対策などを転職のプロの視点からサポートしてくれて、最後まで一緒に伴走してくれます。

今すぐにでも転職エージェントに登録して、今より給料が高い職場に転職できるように行動しましょう。

転職エージェント末永 末永

まずは以下のリハビリ職の転職支援に特化した転職エージェントに2~3社登録してみましょう。


複数登録することで、比較検討しながら自分に合ったエージェントを見つけることができますよ。

リハビリ職におすすめの転職サイト

  • PTOTSTワーカー
    リハビリ職の求人多数!PT・OT・STの各職種専門のアドバイザーが転職をサポート
  • PTOT人材バンク
    サポートの質に定評あり!医療・介護業界に特化した人材紹介サービス
  • マイナビコメディカル
    マイナビが運営するリハビリ職や医療技術職の転職支援に特化した転職エージェント

作業療法士におすすめの転職サイトについては以下の記事で詳しく解説しているので、気になる人は見てみてくださいね。

副業を始める

作業療法士(OT)が給料を上げるために今すぐできる行動に、副業を始めることが挙げられます。

副業の内容にもよりますが、介護施設や発達障害施設の非常勤アルバイトは応募すれば今すぐ始めることができます。

早く行動をするに越したことはないので、職場は変えたくないけど給料に不満があるという人は副業を始めることをおすすめします。

安い給料に悩んでいる作業療法士(OT)におすすめの転職先

作業療法士が働くことができる職場は医療機関以外にも複数存在します。

ここでは、その中でも高年収を実現できる可能性が高い職場を2つ紹介していきます。

一般企業

安い給料に悩んでいる作業療法士(OT)におすすめの転職先として一般企業が挙げられます。

リハビリ機器や福祉用品を扱う企業に転職することができれば、作業療法士の経験や知識を活かして働くことができます。

また、実績を積み上げていけば昇給をしていき、診療報酬による限度もないので高年収を実現できる可能性があります。

他の職種に転職してみたいけど、作業療法士の経験を活かしたい人はリハビリ機器や福祉用品関連の企業に転職することをおすすめします。

訪問リハビリステーション

訪問リハビリステーションは作業療法士(OT)が高い給料を実現できる職場の1つです。

作業療法士の訪問リハビリステーションは患者さんの自宅に訪問して作業療法を提供するサービスのことを指します。

訪問リハビリは一件あたりの単価が高く、また一定の件数を超えるとインセンティブが発生するので一般的な医療機関で働くよりも高年収を実現できる可能性が高いです。

職場の人間関係が面倒くさい、より個別の患者さんに向き合いたい作業療法士の人にはおすすめの働き方です。

作業療法士(OT)が理想の働き方を実現するためには

作業療法士(OT)が理想の働き方を実現するためには、リハビリ職の転職支援に特化した転職エージェントを利用することをおすすめします。

理想の働き方を実現するためには、以下のステップが必要です。

  1. 「給料が高く、また高齢者に対して作業療法を提供したい」などのように自分の理想の働き方の定義を明確にする
  2. 理想状態の実現のために必要なステップを洗い出す
  3. 実際に必要なステップを行動に移す

転職エージェントを利用すればこれらの流れを一貫してサポートしてくれます。

実際に必要なステップに関しては、今の職場で働き続けることが良い人もいれば、転職するべきだという人もいると思います。

転職はしないという人でも、転職エージェントを使うことで自己理解が深まったり、自分がこれからするべきことを理解できます。

まずは、2~3社登録してみて自分と相性の良いエージェントを絞り込みましょう。

転職エージェント末永 末永

転職したい人、または現状に不安・不満がある人は転職エージェントを活用してみてください。


転職が優位に進んだり、悩みが解決することで物事が良い方向に向かいますよ。

リハビリ職におすすめの転職サイト

PTOTSTワーカー

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の各職種専門のアドバイザーが転職をサポート!

PTOTSTワーカー

おすすめポイント

  1. PT・OT・ST専門のアドバイザーが転職をサポート!
  2. 10年以上の実績をもつ看護師ワーカーグループが運営
  3. 求人票にはない職場の雰囲気や人間関係などの情報が満載!

PTOTSTワーカーに
相談する

PTOT人材バンク

サポートの質に定評あり!リハビリ専門のキャリアパートナーがPT・OT・STの転職をサポート

PTOT人材バンク

おすすめポイント

  1. 東証プライム上場会社が運営の安心感
  2. 47都道府県全てのエリアに対応!
  3. 入職後のアフターフォローも充実!

PTOT人材バンクに
相談する

マイナビコメディカル

人材業界大手のマイナビが運営!リハビリ職や医療技術職の転職支援に特化した転職エージェント

マイナビコメディカル

おすすめポイント

  1. 独占求人を含む数万件から選定!ぴったりの求人を紹介
  2. 企業担当者が直接ヒアリング!定着率の高い職場を厳選紹介
  3. 徹底された面接対策・書類選考サービス

マイナビコメディカルに
相談する

line

line

人気の転職エージェント