生産管理の転職事情ってどうなの?転職のプロが徹底解説!

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

皆さんは「生産管理」という職業のお仕事内容を知っていますか?(現在すでに働いている方は周知のことだとは思うのですが・・・)

メーカー系の技術職の中でも、成果を定量的に評価するのが難しい仕事のため、文系の方はもちろん、理系出身で技術職として働いている方でも仕事内容をご存知ではないかもしれません。
しかし、実はこの「生産管理」という仕事、大変魅力的な仕事なのです。

一方そんな魅力的な仕事ではある生産管理の仕事ですが、長年働いているとストレスや、細かいことが気になり転職を意識している人もいるのではないでしょうか?生産管理の人たちは工場の全責任を負い、ときに企業の生産部門の「命運」を握りながら、「うまくいって当たり前」「支障が出たら責められる」存在だからです。

ならば転職をして活路を見出せばいいはずなのですが、生産管理の人たちは「つぶしがきかない仕事だから」と転職をあきらめてしまいがちです。

しかし本当に生産管理は「つぶしがきかない」仕事なのでしょうか?もちろんそんなことはありません。高いスキルがないと務まらない生産管理の仕事を経験した方は、転職市場で独特のポジションを築いています。

今回は「生産管理」の仕事内容やその魅力、転職事情について書いていきます。

生産管理とは?

生産管理職とは、生産体制を管理し、常に製品が期日までに決められた数出荷できるよう、整える仕事です。
そのため、製造部門と販売部門の双方と関わることとなります。
生産計画の立案から原材料の調達、製造ラインの調整、出荷管理、メンテナンス体制の調整
と、生産システムの上流~下流の全てに関わる広い視野をもって進めなければならないお仕事です。

例えばアイスクリームを販売しているお菓子メーカーであれば、季節や天候に応じて生産量やラインナップを調整しないと無駄な在庫を抱えてしまうことになります。
そうならないようにするためには生産ラインのコントロールをし、かつ販売側へのコントロールを行い、適正量を製造し、出荷するための指示出しを行う役割を担います。

メーカーにおける生産の「指揮・監督」を行う仕事といえばわかりやすいかも知れません。

上述のように、生産管理は、あらゆる工程に関わるため、求められるスキルも幅広くなります。では具体的にはどのようなスキルが求められるのかというと、大きく下記の5点です。

  • ものづくりのプロセス・技術に対する理解
  • 生産システム全体を俯瞰し、設備・工程を設計する力
  • 計画に遅れが生じた場合や在庫状況・優先順位の変動に臨機応変に対応できる力
  • 新たな生産技術への柔軟性
  • サプライヤーや海外の生産拠点とやりとりをするための語学力

つまり、技術的な知識、物流に関する知識や経験、国内外における調整力、語学力という総合力の必要な仕事であるということができます。

生産管理職の魅力とは

では生産管理職の魅力とはいったいどのような点があげられるのでしょうか。具体的には以下の2点です。

①キャリアアップしやすい

生産管理のお仕事は、開発~流通までものづくりのプロセスの全工程に関わるため、そのスキルの幅広さ・高さから市場価値の高い人材になれます。
また、生産管理経験者であれば、将来の工場長や役員といったポストを見込んでの採用も少なくありません。

②一生働ける

製品や生産技術に関する知識や関心、コミュニケーション能力、情報を適切に分析し、予測する力など、幅広い知識とスキルが求められます。
また、物流にも長けているなど総合力の高さが求められるため人材としての希少価値が高く、一旦仕事を覚えれば年齢に関係なく活躍することが可能です。

このように、生産管理という仕事は、モノを生産する際に必ず必要となる仕事のため、需要は常に存在すると考えてもらえたら良いでしょう。

生産管理職に未経験で転職するのは可能?

上述のように、生産管理職は「総合力」が求められる仕事であるため、「このスキルがなければ絶対になれない」という職業ではありません。
理系出身者が生産管理の仕事を担っていると思っている方も多いかもしれませんが、文系出身で活躍されている方も非常に多いです。

とはいえ、即戦力としての採用の傾向が強いため、全くの未経験からの転職の場合はハードルが高くなります。未経験でも、原材料の購買、商品の開発や製造の経験がある方であれば、可能性はあるといえます。

末永

上述の通り、生産管理のポジションは即戦力としての採用の傾向が強いため、生産管理としての経験がないという理由で、書類選考の段階でお見送りになってしまうケースも非常に多いのが現状です。

転職エージェントを利用すると、生産管理に活かせるスキルや経験をピックアップして、企業側にあなたを紹介してくれたり、未経験でも挑戦できる生産管理の求人を探してくれます。
そのため、転職成功の確率をあげるためには、まず転職エージェントに相談するのがオススメです。

【未経験から生産管理を目指したい方向け オススメ3社】
(※クリックすると、エージェント詳細に飛びます。)

未経験から生産管理を目指す場合には、
マイナビメーカーエンジニアリクルートdodaへの相談をおすすめします。

マイナビメーカーエンジニア

大手エージェントの中でも、特に20代に強みをもつエージェント
新卒サイトの掲載社数、業界No1!
20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅しています。

大手企業だけではなく、中小企業の求人も幅広く持っているので、リクルートやdodaが持っていないような未経験OK、第2新卒OKといった求人に出会える可能性もあります。

→マイナビメーカーエンジニアへの相談はコチラ

リクルートエージェント

紹介実績、求人数共に業界No1!転職者の8割が利用している転職エージェント。

特に大手メーカーの場合、特定の大手エージェントのみに求人を依頼しているケースも多いです

業界No1であるリクルートエージェントのみに求人を依頼しているケースも多く、そういった大手企業の大量採用案件や、第2新卒・未経験OKの案件を紹介してもらえる可能性があります

→リクルートエージェントへの相談はコチラ

doda

リクルートエージェントと並ぶ、業界最大手のエージェント。リクルートと比べると、多くの求人の中から、コンサルタントが厳選して求人を紹介してくれるスタイルです。

大手メーカーは特定の大手エージェントのみに求人を依頼しているケースがあります。

リクルートと並ぶ大手エージェントのdodaには、リクルートで扱っていない大手企業の求人がある可能性が高く、マイナビやリクルートと平行して登録しておく価値があります

→dodaへの相談はコチラ

担当エージェントによっては希望する会社の求人を紹介してくれない可能性や担当エージェントと馬が合わないことがあります。
そういったリスクを想定すると、上記3社全てにまず登録してみて、担当者や紹介された求人を元に、どのエージェントを継続して利用するか比較検討してみるのがオススメです。

生産管理職の転職事情!求人は少なめ?

では生産管理求人の募集についてですが、表題の通り少ないのでしょうか。

結論からすれば生産管理職の求人は少ないというのが現状です。
実際、業界最大手の転職サイトリクナビネクストにおいても、公開求人約9000件のうち、生産管理の案件はわずか50件にも届かないというのが現状です。(201712月現在)

その理由としては以下の2点です。

①職務内容自体の知名度が低く、求職者からの人気が比較的低い

オペレーションを担う現場の作業員の動きや海外の取引先の異文化も考慮して生産体制を整える必要があり、業務内容が必ずしも定量化できるわけでないため、イメージがつきにくいこと、また職場環境(制服、勤務地が郊外の工場、男社会)という背景から、特に女性の希望者が少ないのが現状です。

分かりにくいので求人を出しても効果がでないと採用側が考え、転職サイトに求人を出さないという背景があるのです。

②生産管理経験を出世の要件としている企業も多く、社内転職で人材を調達してしまうことも多い。

生産管理という職種は、人気の低さから応募数が少ないです。

また、事業内容について深い理解がないといけないため、社外から人材を採用するというのは非常にリスクを伴います。
それより、社内の製造ラインを知っている、購買・物流を知っているといった人材をあてがった方が効率的であると考え、欠員の際も社内異動で対応する企業も多く存在しています。

ただ、生産管理の業務は、企業が出世の要件とするほど重要な業務であり、幅広い知識・スキルが求められるため、企業のニーズ自体は非常に高い職業ということは間違いなく言えます。

生産管理職として転職をお考えの場合は、リクナビNEXTなどの転職サイトを常にチェックすると同時に、転職エージェントに相談し、時間をかけながらでも確実に求人を紹介してもらえる体制を作っておくということが大事です。

405060歳でも転職できる!海外求人がアツい!

生産管理職は企業がモノを生産する際に必ず必要となる仕事のため、数は少ないながらも常に求人は存在します。幅広い知識・スキルが要求されるため、転職市場で一般的には転職が難しいと言われる40代以降でも転職が可能となっています。

また、近年はアジア企業の日本人技術者に対するニーズがかなり高いため、機械エンジニア同様、生産管理においても同様に破格の海外求人もあります。給与アップも可能となっています。

生産管理からの転職は有利なの?

生産管理経験者が「転職は不利」と考えるのは、これまでオーダーメードの仕事をしてきたからではないでしょうか。メーカーが工場を立ち上げるとき、多少は同業他社の工場を真似ることはあっても、大部分は完全オリジナルです。

そのため生産管理経験者は「いまの会社で獲得したスキルは特殊すぎて他社で通用するはずがない」と考えてしまうのです。

そんなことはありません。生産管理からの転職は、むしろ有利です。

経営、開発、量産、販売すべてを知っているから有利

生産管理の仕事を一言で表すと「工場を立ち上げて生産を軌道に乗せる」ことです。

しかしメーカーにとって工場づくりほど大きな投資はないので、生産管理は会社の命運を託されたも同然です。

よって生産管理に携わる人たちは、経営者たちの経営戦略を知らなければなりません。予算や生産規模、将来の成長予測も把握しなければなりません。

さらに工場は、開発部門が要求する製品をつくらなければならないので、生産管理は開発者と連携する必要があります。

そして量産体制に移ったときに、作業員が効率よく快適に安全に働けるように工場を設計しなければなりません。

製品が完成しても出荷して販売できないことには売上にならないので、生産管理は販売まで見据えたビジョンを持っておく必要があるのです。

企業の従業員の中でこれだけ広い視野で仕事をしている人は、そう多くはいません。

そのような仕事をしてきた生産管理経験者は、転職してもどのメーカーでも通用するでしょう。

生産管理から他社の生産管理への転職

生産管理は特殊技能なので、あるメーカーの生産管理から別のメーカーの生産管理に転職すれば失敗することはないでしょう。

給与アップを含む処遇改善が期待できます。

開発への転職

「生産管理から離れたい」という方は、開発部門の求人を出している企業に挑戦してみてはいかがでしょうか。

生産管理経験者が「いちから開発の業務を覚えるのは難しい」と感じる必要はありません。なぜなら、開発部門には「工場での生産を考える仕事」があるからです。

開発一筋の人は、試作品をつくるまでは得意でも、「それをどのようにして量産するか」を考えることは苦手です。
よって、開発部門に工場を熟知した生産管理経験者がいると「試作→量産」の時間が短縮されスピーディーな商品化が可能になります。

生産管理の経験者は、開発部門で重宝されます。

販売への転職も可能

工場づくりでは、在庫管理や出荷調整といった「販売部門のことを考えたオペレーション」も重要になります。

よって、販売のことまで考えた工場づくりをしてきた生産管理経験者は、販売部門への転職が可能です。

販売担当者が販売量の「目測」を誤ると、突如工場がフル稼働になったり、逆に工場の稼働率が落ちるうえに在庫が積み上がったりすることもあります。

そこで、工場を知り尽くした生産管理経験者が販売に転身すると、工場に負荷がかからない販売管理ができます。

生産管理の経験者は、販売でも重宝されるでしょう。

末永

生産管理職は社内のシステムを熟知していないと難しいという性質もあり、社内人員で賄うことも多いため、企業からのニーズは高いにもかかわらず、転職市場における求人数というのは圧倒的に少ないという現状があります。

売り上げを大きく左右する職種のため、求められる知識・スキルもハイレベルになりがちで、優秀な人だけを選考にかけられるよう、求人を一般公開せず、非公開求人として転職エージェントに依頼するケースも多いです。

ですから、生産管理の転職活動では転職エージェントを活用することが非常に有効です。

【生産管理から他メーカーの生産管理に転職したい方向け オススメ3社】
(※クリックすると、エージェント詳細に飛びます。)

生産管理経験者の方が、別のメーカーの生産管理職を目指す場合には、
マイナビメーカーエンジニアビズリーチJACへの相談をおすすめします。

マイナビメーカーエンジニア

メーカー・ものづくり業界の技術職に特化した転職エージェント

新卒サイトなどを通して、全国の大手上場企業からベンチャー企業・隠れた優良企業まで、幅広い企業とのコネクションを持っています。

リクルートやdodaが保有していない、大手企業の2次受け3次受けの中小有料企業の求人といったレアな求人に出会える可能性も高いので、ものづくりの業界で転職を検討している方は必ず登録しておくべきエージェントです。

→マイナビメーカーエンジニアへの相談はコチラ

ビズリーチ

生産管理の経験が3年以上など、一定のキャリアのある方は、年収500〜600万円以上のハイクラス求人多数の転職サイトであるビズリーチもオススメです。

年収レンジが高い質の求人が揃う他、企業の採用担当者やヘッドハンターから直接スカウトをもらうことができます。

→ビズリーチへの登録はコチラ

JACリクルートメント

生産管理の経験が3年以上など、一定のキャリアのある方は、年収500〜600万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェントであるJACリクルートメントの利用も合わせてオススメします。
製造メーカーへの転職成功実績も多数。

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくと求人の見逃しがなくなります!

→JACリクルートメントへの相談はコチラ

【生産管理からキャリアチェンジを目指す方向け オススメ2社
(※クリックすると、エージェント詳細に飛びます。)

生産管理から別職種へキャリアチェンジを目指す場合には、
リクルートエージェントdodaへの相談をおすすめします。

リクルートエージェント

紹介実績、求人数共に業界No1。
生産管理の求人だけでなく、全業界・全職種の求人を網羅しているので、キャリアチェンジも視野に入れて検討されたい方にオススメのエージェントです。

特に大手メーカーの場合、特定の大手エージェントのみに求人を依頼しているケースも多いです

業界No1であるリクルートエージェントのみに求人を依頼しているケースも多いので、特に大手メーカーへの転職を検討されている方は、必ず登録しておいた方が良いでしょう。

→リクルートエージェントへの相談はコチラ

doda

リクルートエージェントと並ぶ、業界最大手のエージェント。

上記で述べた通り、大手メーカーは特定の大手エージェントのみに求人を依頼しているケースがあります。

リクルートと並ぶ大手エージェントのdodaには、リクルートで扱っていない大手企業の求人がある可能性が高く、マイナビやリクルートと平行して登録しておく価値があります

→dodaへの相談はコチラ

担当エージェントによっては希望する会社の求人を紹介してくれない可能性や担当エージェントと馬が合わないことがあります。
そういったリスクを想定すると、上記2社〜3社にまず登録してみて、担当者や紹介された求人を元に、どのエージェントを継続して利用するか比較検討してみるのがオススメです。

生産管理からの転職理由は?

生産管理の経験者が、

  • 他社の生産管理への転職
  • 他社の開発部門への転職
  • 他社の販売部門への転職

に臨む場合、転職希望先の採用担当者から転職理由を尋ねられるでしょう。

どのような「転職理由」を述べれば、採用担当者は納得してくれるでしょうか。

他社の生産管理に転職するときの転職理由

生産管理の経験者が他社の生産管理に転職しようと思った場合、「年収アップ」を転職理由に挙げても問題ないでしょう。

履歴書の志望動機に、

  • 御社の給与に魅力を感じました

と書いても大丈夫です。

ただ「年収アップ」だけでは少し露骨すぎるので、

  • 御社は常に最新設備の導入に意欲的なので、生産管理の仕事にやりがいがあると感じました
  • 御社が工場のオートメーション化に積極的であると聞き、御社で働きたいと思いました

などと加えるとよいでしょう。

他社の開発部門に転職するときの転職理由

生産管理から他社の開発部門に転職しようと考えたときの転職理由としては、次のようなものが考えられます。

  • 生産管理に長年携わって、自分でもいちから製品をつくってみたいと感じるようになりました
  • 開発部門と工場がより密接になっている御社の開発・生産体制に魅力を感じました

もしこの内容が自身の気持ちと相違なければ、このまま履歴書に書いても大丈夫です。

他社の販売部門に転職するときの転職理由

生産管理から他社の販売部門に転職する場合は、「顧客により近い部署で働きたいと思ったから」という理由はいかがでしょうか。

生産管理の仕事はどうしても社内の人たちの要望に応えなければならないので、内向きな仕事になりがちです。

しかり生産管理の人であっても「ものづくり」をしている以上は、顧客や消費者が喜ぶ顔を見たいと思うのは当然です。

  • 顧客のために「つくる」仕事ではなく、顧客に「届ける」仕事に興味を持つようになりました

といったような内容を履歴書に記載してみてはいかがでしょうか。

生産管理の転職には転職エージェントを使おう!

いかがでしょうか。生産管理というお仕事については、生産ライン、購買・物流、販売という幅広い分野において知見の求められるお仕事です。

いわば生産活動を取り仕切る「司令塔」であり、出世の要件に設定されるほど、企業からは重要視されている職業です。
その技能というのは非常に希少価値が高く、生産管理の経験をお持ちの方というのは転職市場においても売れっ子となります。

ただし、上述のように生産管理職は社内のシステムを熟知していないと難しいという性質もあり、社内人員で賄うことも多いため、企業からのニーズは高いにもかかわらず、転職市場における求人数というのは圧倒的に少ないという現状があります。
売り上げを大きく左右する職種のため、求められる知識・スキルもハイレベルになりがちで、優秀な人だけを選考にかけられるよう、求人を一般公開せず、非公開求人として転職エージェントに依頼するケースも多いです。

ですから、生産管理の転職活動では転職エージェントを活用することが非常に有効です。

生産管理の転職に特化した転職エージェント

機械設計や半導体製造、生産管理、機械エンジニアの方は、業界特化のマイナビメーカーエンジニアへの相談がオススメです。

特徴
【メリット】
  1. メーカー、ものづくり業界に特化したエージェント
  2. ものづくり業界出身のキャリアアドバイザーがニーズにマッチした求人を紹介
  3. 大手だけではなく、中小の優良企業やベンチャー企業の求人も保有
【デメリット】
  1. 関東エリアの求人が中心となっているので、他エリアの求人は少なめです

こんな人がおすすめ!
  1. メーカーエンジニアの経験を生かして、ものづくりの業界での転職を検討している方

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08

まとめ~「なんでもできる人」と思われています

生産管理経験者の転職では、採用担当者から「なんでもできる人」と思われています。
日本のメーカーはまだまだ海外生産に意欲的ですし、一方で国内工場の再編にも取り組まなければなりません。

よって生産管理経験者の転職先は「たくさんある」と考えていただいて間違いないでしょう。