生産技術者って転職しやすい!?有利になる資格もご紹介!

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。
弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

今回はメーカー技術職の中でも、キャリアの選択肢を広げられる職種として人気の生産技術職の転職事情について書いていきます。

生産技術職の仕事内容


生産技術は、いわゆる製品開発職・設計職と同じように「技術職」なのですが、開発・設計職と大きく違う点があります。
それは、生産技術職は、製品そのものではなく、製品を製造するための生産設備・生産ラインを整備するお仕事です

もう少し具体的にいえば、生産技術職は高品質な製品を低コスト・短期間で作れるような生産体制を整えることが仕事で、時に新設・改善の企画をし、プロジェクトコントロールを行い、時に生産設備を調整するための「治具」等を作るといった設計・企画、プロジェクトコントロールを行うお仕事です。

そのため、非常に幅広い知識が要求されます。

生産管理と生産技術の違い

生産管理は、商品をどれくらい作る、そのためにどれだけ材料を仕入れるといった生産計画の立案・実施等が業務の中心になります。

対して、生産技術は上述の通り、生産ラインや生産設備の企画立案・実施等が業務です。

また、生産設備・ラインの調整に必要な「治具」等も作成が必要となるため、生産管理は文系出身者でもなれるのに対し、生産技術は工学系出身の方にしか原則なれない仕事なのです

生産技術職は転職しやすい?

結論から言えば生産技術職の方は、転職しやすい状況にあると言えます。

なぜなら、ユーザーニーズの多様化により、多種少量生産や低コスト・製品サイクルの短縮化といった対応が求められており、メーカーは業界を問わず、生産技術力の強化に力を入れています。

そのため、生産技術職に対するニーズは自動車業界を中心に各製造業で高まっています

生産技術職への転職は将来のキャリアを広げる事にも繋がる

なぜなら、生産技術職は、総合力が問われる仕事だからです。

生産設備・ラインの設備設計に携わることで最新技術を学ぶことができますし、納品や物流段階に携われば、製品に対するフィードバックを直接受け取ることができ、マーケティング戦略を直に知ることができます。

また、生産工程全体を統括する経験を積んでおけば、海外拠点で活躍できるチャンスもあります。
生産技術の経験をすることで、あらゆる知識経験が習得できるのです。

異業種や異職種からの転職も可能

生産技術に関する専門知識や技術力を持っていれば、製品知識は問わないという企業も多く、異業界の生産技術職として転職することは可能です。

また、設計・開発や生産など他部門からの「同業種異職種」、すなわち同業他社の設計・開発から生産技術職へのも可能です。製品開発と設備開発を同時に進める企業が増えており、設計開発者でありながら生産ラインも管理できる人材が求められています。

そのため、同業の設計開発経験者は、設計開発職はもちろん、生産技術職としてのニーズも高いのです。

末永

生産技術職の転職では即戦力となるような知識や技術を持っていることが重要とされます。

売り上げを大きく左右する職種のため、求められる知識・スキルもハイレベルになりがちで、優秀な人だけを選考にかけられるよう、求人を一般公開せず、非公開求人として転職エージェントに依頼するケースも多いです

ですから、生産技術の転職活動では転職エージェントを活用することが非常に有効です。

【他メーカーの生産技術職を目指したい方向け オススメ3社】
(※クリックすると、エージェント詳細に飛びます。)

生産技術経験者の方が、別のメーカーの生産技術職を目指す場合には、
マイナビメーカーエンジニアビズリーチJACへの相談をおすすめします。

マイナビメーカーエンジニア

メーカー・ものづくり業界の技術職に特化した転職エージェント

新卒サイトなどを通して、全国の大手上場企業からベンチャー企業・隠れた優良企業まで、幅広い企業とのコネクションを持っています。

リクルートやdodaが保有していない、大手企業の2次受け3次受けの中小有料企業の求人といったレアな求人に出会える可能性も高いので、ものづくりの業界で転職を検討している方は必ず登録しておくべきエージェントです。

→マイナビメーカーエンジニアへの相談はコチラ

ビズリーチ

生産技術の経験が3年以上など、一定のキャリアのある方は、年収500〜600万円以上のハイクラス求人多数の転職サイトであるビズリーチもオススメです。

年収レンジが高い質の求人が揃う他、企業の採用担当者やヘッドハンターから直接スカウトをもらうことができます。

→ビズリーチへの登録はコチラ

JACリクルートメント

生産技術の経験が3年以上など、一定のキャリアのある方は、年収500〜600万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェントであるJACリクルートメントの利用も合わせてオススメします。
製造メーカーへの転職成功実績も多数。

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくと求人の見逃しがなくなります!

→JACリクルートメントへの相談はコチラ

【生産技術からキャリアチェンジを目指す方向け オススメ2社
(※クリックすると、エージェント詳細に飛びます。)

生産技術から別職種へキャリアチェンジを目指す場合には、
リクルートエージェントdodaへの相談をおすすめします。

リクルートエージェント

紹介実績、求人数共に業界No1。
生産技術の求人だけでなく、全業界・全職種の求人を網羅しているので、キャリアチェンジも視野に入れて検討されたい方にオススメのエージェントです。

特に大手メーカーの場合、特定の大手エージェントのみに求人を依頼しているケースも多いです

業界No1であるリクルートエージェントのみに求人を依頼しているケースも多いので、特に大手メーカーへの転職を検討されている方は、必ず登録しておいた方が良いでしょう。

→リクルートエージェントへの相談はコチラ

doda

リクルートエージェントと並ぶ、業界最大手のエージェント。

上記で述べた通り、大手メーカーは特定の大手エージェントのみに求人を依頼しているケースがあります。

リクルートと並ぶ大手エージェントのdodaには、リクルートで扱っていない大手企業の求人がある可能性が高く、マイナビやリクルートと平行して登録しておく価値があります

→dodaへの相談はコチラ

担当エージェントによっては希望する会社の求人を紹介してくれない可能性や担当エージェントと馬が合わないことがあります。
そういったリスクを想定すると、上記2社〜3社にまず登録してみて、担当者や紹介された求人を元に、どのエージェントを継続して利用するか比較検討してみるのがオススメです。



40・50・60歳でも転職できる!海外求人がアツい!

生産技術職は企業がモノを生産する際に必ず必要となる仕事であり、近年の生産ニーズの高まりも背景に、企業側の需要は高いです。

しかし、生産技術職としての転職希望者が少ないため(生産技術職が自分のキャリアの選択肢となることを知っているエンジニアが多い)、需要と供給が釣り合っていないというのが現状です。

そのため、転職市場で一般的には転職が難しいと言われる40代以降でも転職が可能です。
また、近年はアジア企業の日本人技術者に対するニーズがかなり高いため、破格の海外求人もあり、給与アップも可能です。

生産技術の転職に資格は有利?

生産技術の転職に資格は必ずしも必要ではありません。

なぜなら、生産技術職の転職では即戦力となるような知識や技術を持っているか、つまりこれまでの経験が重視される職種だからです。

異職種からの転職の場合は、生産技術に関する専門知識がない場合は3D-CADやNCプロラグミング&シーケンス制御とに関連する資格を持っていると、自分の技術力の証拠にできることもあります

また生産技術職の中でも、技術開発に携わる場合は高度な専門知識や技術が必要となるため、博士・修士といった学位や技術士の資格を持っていると評価されるケースもあります

経験値がない場合は、技術系のバックグラウンドがどれだけあるかにかかってくると思っていただければと思います。

生産技術の転職には転職エージェントを利用しよう!

多種少量生産や低コスト生産の実現のため、メーカーの生産技術職のニーズは非常に高まっており、現在、生産技術職の転職はしやすい状態です。

しかし、生産技術の転職を成功させるには企業がどのような能力・経験を求めているかを詳しく知らなければなりません。
異業種からの転職も増えていてはいますが、企業が欲している人材像と自分のスキル・経験が一致していなければ、企業は異業種出身の人材を採用しないからです。

そのような情報は自力の転職活動ではなかなか知ることができないので、生産技術の転職を成功させるには転職エージェントが非常に有効です。
転職エージェントは企業の内情を熟知していますから、今どのようなスキル・経験を持つ人材を欲しているのかを教えてくれます

以下オススメの転職エージェントを紹介しています!
無料で利用できるので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

機械設計や半導体製造、生産管理、機械エンジニアの方は、業界特化のマイナビメーカーエンジニアへの相談がオススメです。

特徴
【メリット】
  1. メーカー、ものづくり業界に特化したエージェント
  2. ものづくり業界出身のキャリアアドバイザーがニーズにマッチした求人を紹介
  3. 大手だけではなく、中小の優良企業やベンチャー企業の求人も保有
【デメリット】
  1. 関東エリアの求人が中心となっているので、他エリアの求人は少なめです

こんな人がおすすめ!
  1. メーカーエンジニアの経験を生かして、ものづくりの業界での転職を検討している方

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05