ブラックな転職エージェントやブラック求人を見極めるコツ

転職 ブラック企業 見抜き方

    この記事を読んでいる人は、「転職エージェントに登録して面談して希望の条件を伝えたものの、その後に送られてくる求人が希望等を無視したブラック企業の求人ばかり…!転職エージェントってどこもブラック企業を紹介してくるような業者なの…?」と困られている人が多いのではないでしょうか。

    今回は、現役・転職エージェントのプロの視点で、実際に転職エージェントはどこもブラック企業の求人ばかりを紹介してくるのか?ブラック企業を紹介してくるエージェントの見極め方、ブラック企業を紹介されないための対処方法についてお伝えします。

この記事を書いた人
末永雄大

末永雄大

新卒でリクルートエージェント(現リクルート)に入社。数百を超える企業の中途採用を支援。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして人材紹介サービスを展開しながら、年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeチャンネル「末永雄大 / すべらない転職エージェント」の総再生回数は2,000万回以上。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック
詳細プロフィールはこちら

転職エージェントはブラック企業ばかり紹介してくるものなの?

結論、転職エージェントや担当になるキャリアアドバイザーによって差があるというのが実情です。

本当に酷い会社は経営者やマネジメント層が人材=お金としか考えておらず、紹介フィーが高かったり、決まりやすい(すぐ内定を出す)会社ばかり紹介して、入社の定着・活躍を考えていない紹介会社・エージェントも存在はすると思います。

ただ、どちらかというとこのような悪質な会社は少ないかなとは思います。

転職エージェントを選別して、悪質な人材紹介会社ではない会社を選んで登録したとしても、担当コンサルタントによってもサービスの質はどうしてもピンキリになってしまう事は多いです。

特に大手転職エージェントなどはキャリアアドバイザーが数百人〜千人単位で在籍しているので、その差分が激しくなりがちです。

ブラック企業ばかり紹介してくるダメな転職エージェントの見極め方

ブラック企業ばかり紹介してくるダメな転職エージェントを見極める方法は4つあります。

  1. 各転職エージェントの会社HPをチェックする
  2. 転職エージェントに勤める友人・知人に聞いてみる
  3. 転職決定先の業界や求人の実績を聞いてみる
  4. 求人の紹介件数で見極める

以下で詳細を説明していきますね。

1. 各転職エージェントの会社HPをチェックする

各転職エージェント会社のコーポレートサイト・HPをチェックして理念やビジョン、サービス方針、社長のメッセージなどの文面を探してみると良いでしょう。

これらの文面中に代表・社長の想いが書いてあると思うので、その内容から転職者のミスマッチを減らしたり、幸せを願うような文面があるか、それがリアルな言葉に感じられるかという視点で見てみると良いでしょう。

そのような言葉をHPに記載している会社や社長は一定サービスレベルや姿勢も信頼できる可能性が高いと思います。

2. 転職エージェントに勤めている友人・知人に聞いてみる

セカンドオピニオンのように、業界の人にとって評判が良いエージェントはどこなのか?を聞いてみるのも1つです。

周りの友人・知人で人材紹介会社、転職エージェントに勤めている人がいないか調べてみて「信頼できるエージェントってどこ?評判の悪いエージェントってどこ?」と話を聞いてみると良いでしょう。

3. 転職決定先の業界や求人の実績を聞いてみる

実際にエージェントに登録して、担当キャリアアドバイザーとの初回面談時に、過去に転職サポートした転職者の決定実績を聞いてみるのも1つです。

業界・職種・企業などを数件聞いてみて、その内容によってブラック中心に紹介しているのかどうかをチェックしてみても良いでしょう。

個人名さえ出さなければ個人情報には当たらないので、回答できない事はないはずです。

4. 求人の紹介件数で見極める

担当キャリアアドバイザーの紹介求人数があまりに多い場合、疑ってみても良いかもしれません。

※もちろん事前に転職者側で大量の求人を紹介してほしいと希望を出している場合は問題ありません。

求人紹介数が多いというのは、業界・職種にもよりますが、大体15〜20件以上を1度に求人紹介してきた場合は、要注意かなと感じます。

紹介会社として求人の取扱数が多いのは悪いことではありませんが、面談によって転職者の志向やキャリアをしっかりと理解、分析した上でマッチする求人を絞り込んで、提案するのが良いキャリアアドバイザーの仕事の仕方だと思います。

絞り込んだ結果が、20件以上というのはちょっと微妙というか、実際に絞り込んでくれているのかが心配になりますね。

もしかすると単純に誰でも内定を出してくれる決まりやすい求人を送りつけているだけかもしれません。

そういった企業の中にブラック企業が混ざってしまっている可能性があります。

転職エージェントの上手な活用法について知りたい方は以下の記事をご覧ください。

大手の転職エージェントはブラック企業を紹介してくるってほんと?

ここで、転職者であれば恐らく誰でも最初に登録するであろう大手有名転職エージェントってどうなの?ブラック企業を紹介されてしまうものなの?といった疑問にお答えしていきたいと思います。

大量に紹介した求人の中にブラック企業が混じっていることも

大手転職エージェントの場合、企業担当と個人担当で分業制を敷いている場合、個人担当であるキャリアアドバイザーが取り扱っている大量の求人の詳細を把握しておらず、とにかく求人の数を提案することで内定や入社意志決定がでる確率を上げるような業務オペレーションになりがちです。

また、キャリアアドバイザーの社員数も多いために、人件費・固定費が大きく、それを上回るだけの売上や決定数を出すプレッシャーも強いために、広く求人を網羅的に紹介・エントリーさせることで決定する可能性を高めたいということも一定あると思います。

その大量の求人の中にはキャリアアドバイザーが意図せずに、ブラック企業が含まれてしまっている可能性はあるので注意が必要です。

エージェントにブラックの定義を具体的な項目として基準を提示して紹介時に排除してもらう

シンプルに、転職エージェントに明確にブラック企業を排除してほしいと希望を伝えられていないことが原因の場合もあります。

ただこの時に「ブラック企業は排除してくださいと伝えるのはなんかバカぽいっし恥ずかしい…」という気持ちもあると思いますし、転職エージェント側も「あなたの言うブラック企業って何?」となり具体的に要件定義できずに困ってしまう可能性があります。

そもそもブラック企業って人によっても一定解釈が分かれますし主観的な部分も多分にあります。

ですので、あなたにとってのブラック企業の定義をまず明確にしてもらい、その構成要素・項目を提示して求人紹介の際に省いてもらうように依頼すると良いでしょう。

例えば以下のようなイメージです。

  • 残業時間が毎月60時間を超える会社は避けたいです
  • 固定給与が月20万以下の会社は避けたいです
  • 体育会系・怒鳴り声が飛び交ったり、ギラギラした雰囲気の会社は避けたいです

このように事前にエージェントに希望を明確に伝えておけば、100%ではないにしても一定レベルでブラック企業の求人を排除できるはずです。

大手エージェントのサービスの質は担当アドバイザーに大きく左右される

大前提として、大手転職エージェントは大手だけあり、社員数も多く、キャリアアドバイザーも数百〜1,000人単位で在籍しているために、正直自分の担当キャリアアドバイザーが誰になるか次第であるために、会社ごとの違いはそこまでありません。

通常、担当者を自分で指名することはできないため、誰が担当になるかは運だったりします。

もしも相性が悪かったり、ブラック企業の求人ばかり紹介してくるコンサルタントが担当になったら会社宛てに担当変更の依頼や相談をしてみても良いでしょう。

また、友人・知人で転職エージェントを活用して満足度が高かった人がいれば、その友人に担当コンサルタントを紹介してもらうのもアリです。

友人が相性が良かったからといって自分にもマッチする保証はないものの一定良い可能性が高いでしょう。

大手エージェントである、リクルートエージェント、doda、マイナビエージェントの特徴の違いを以下にまとめているので、エージェント選びの参考にしてみてください。

→オススメの転職エージェントをみる

転職サイトのほうがブラック企業の割合が高い可能性も

結論から言うと、あくまで相対比較した場合ですが、転職エージェントと比較した場合は、転職サイト・求人サイトに掲載されてる求人のほうがブラック企業の占有率は高い可能性があります。

なぜならば、採用企業側の視点から見ると、求人広告・求人サイトは転職エージェントと比較して大量採用に向いているためです。

採用企業からすると、転職エージェントの採用課金モデルは、1人採用決定にあたり年収の35%程度を支払うことになり、何名採用してもコストは1人あたりにコストが比例していく形になります。

一方で転職サイト・求人サイトは、掲載時に掲載費用が発生するモデルであるため、1度の掲載で複数名採用が成功できれば1人採用あたりのコストは下げることができます。

つまり、1度に大量に採用する会社にとっては、安く大量採用が可能となるのです。

求人サイトに掲載する企業は、1人1人を厳選して採用するよりも、一度に大量に採用したい、そして1人あたりのコストは安く済ませたいという企業の割合が比較的に多くなりがちであるという事です。

実際に、転職サイトに掲載している会社の業態を見てみると、飲食チェーンのホールスタッフ(店長候補)、投資用マンションの営業、生命保険の営業、賃貸不動産のカウンターセールス、MR、派遣会社の常駐エンジニアなどの求人が多いのではないでしょうか。

これらはすべてとは言いませんが、他の業界などの求人と比較すると、一定離職率が高めな求人が多く、常に大量に採用を継続している会社や求人が多いと思います。

1点だけ注意してもらいたいのが、転職サイトには、掲載課金モデルと成果報酬型課金モデルの2つに分かれます。

前述した内容は、前者の掲載課金モデルを前提としており、成果報酬型課金のモデルは転職エージェントと実質同じ課金モデルのため、このケースには当てはまりにくいかもしれませんので、ご注意ください。

成果報酬型課金モデルは、リブセンスが運営する「転職ナビ」、アトラエが運営する「Green」などが代表的なサイトです。

紹介された求人がブラック企業かどうかを見極めるコツ

求人を紹介された際に、その求人がブラック企業かどうかを見極めるコツをご紹介しておきたいと思います。

転職口コミサイトを参考にする

世の中の会社ごとの社員の口コミ・評判が掲載されている転職口コミサイトに会員登録して紹介された求人で気になる会社を調べてみるという方法があります。

具体的には以下のようなサイトがありますね。

  • OpenWork(OpenWork運営)
  • 転職会議(リブセンス運営)
  • キャリコネ(グローバルウェイ運営)
  • Lighthouse(エン・ジャパン運営)

しかし、ここで1点注意が必要です。

それは、これらの口コミサイトをすべて信用し過ぎない事です。

なぜならこういったサイトに掲載されている口コミは、転職でその会社を退職する時に退職者(または退職予定者)が書いていることが多いため、過度にナイーブであったり、ネガティブに偏った意見や情報になりがちという傾向があるためです。

そういった前提を差し引いたくらいで情報を解釈しておくと、変にその会社の印象を偏って受け止めることがなくなるでしょう。

どんな会社であっても、完璧というわけではなく課題は尽きないものですし、人によって合う合わないはあります。

そんな視点で会社の口コミサイトを活用されることをオススメします。

その会社に所属する友人や知人にOB訪問してみる

前述した理由もありネット上の情報だけでは限界もあるので、可能であれば求人企業に在籍している友人や知人を探してOB訪問をして実際の話を聞いてみるという方法もあるでしょう。

これは誰でもできる事ではないと思いますが、SNSも普及してきた中で、最悪知人でなくてもFacebook・ツイッター・LinkedInなどでDMを送ってお願いしてみるというのもありです。

若干勇気はいりますし、断れてしまう可能性もありますが、頭に入れておいても良いでしょう。

セカンドオピニオンとして他社エージェントのコンサルタントにコメントをもらう

他には1社だけのエージェントを利用するのでなく、2〜3社のエージェントに登録をして、他エージェントから紹介された求人リストを共有してブラック企業がないかチェック・ジャッジしてもらうという方法も1つです。

あまり、これを過度にやっていると、それぞれのエージェントから自己中心的で都合よく自分たちを使い倒すだけの人という印象を持たれてしまうリスクもあるので、やりすぎは注意ですが、一定謙虚に理由を伝えてチェックしてもらうのは良いでしょう。

やはり転職エージェントは転職のプロ。彼らの目線で求人をチェックしてもらうとまた異なる視点で求人を見ることができるようになるかと思います。

※転職エージェントを複数登録するときの使い方やポイントについてはこちらの記事で詳しくご紹介しています!

ブラックになりがちな業界・職種

紹介された企業がブラックであるかどうかを見極めるコツをご紹介してきましたが、一方で、構造的にブラックになりがちな業界や職種というのも存在します。

ここではビジネスモデルや業界としてブラック企業になってしまっている傾向がある業界・業態・ビジネスモデルについてピックアップしてみましたので、求人を選ぶ際の参考にしてみてください。

※あくまで業界やビジネスモデルとしての傾向であり、以下の業界に含まれていても優良な会社もあるため、予めご了解ください。

激務・薄給になりやすい業界・職種

  • 賃貸不動産業界
  • 飲食業界
  • アパレル業界
  • 塾・教育業界
  • 旅行代理店
  • ウェディングプランナー

営業ノルマが厳しい、体育会系になりがちな業界

  • 生命保険業界
  • 投資用マンション販売業界
  • ノンバンク、先物取引業界
  • 通信機器、インターネット電話回線販売業界
  • オフィス什器、備品販売業界
  • 証券業界

マネジメントが厳しめになりがちな業界

  • 芸能事務所
  • 販売促進、イベント業界
  • 古くからある中小オーナー企業
  • 大手財閥系のグループ子会社

どうしてこの業界・職種はブラックになりがちなの?もっと詳しく知りたい人はこちらの記事もご覧ください!

戦略的なブラック企業への転職もあり

これはストイックな道なので、誰にでもオススメするわけではないのですが、自立したビジネスパーソンとして20代・若手の内は実力を高めていきたい!という成長意欲が高い人であれば、あえて前述したブラック企業を選ぶという戦略的選択もあり得ます。

もちろん犯罪や公序良俗違反の会社は誰であってもオススメしないのですが、激務であったり、一定給与が低く、上司からのプレッシャーが激しい会社を若い内は選んでも、そこでビジネススキルやサバイバル力、専門性や実力が3年程度で手に入る見込みや見立てがあるのであれば、戦略的にブラック企業に飛び込むという方法もあり得ます。

もちろんこのリターンを見込めなければ意味がなく、ただつらくて損するだけなのでしっかりと経験価値というリターンを明確にした上でジョインすべきですが、一生勤め上げるわけでなく、3年ほどで実力がついたらそのスキルセットや経験を持って、次の会社に転職やキャリアアップする前提で割り切れると、それはそれでありな選択だったりするのです。

僕はよく「1回しゃがんでからジャンプするキャリア」と言っているのですが、そんな視点を持てると実はキャリアや求人を見る視点や幅は広がっていくと思うので参考までに頭に入れておいてみてはいかがでしょうか。

転職エージェントはあなたの使い方次第

「本来であれば、ブラック企業を見極めて選別してくれるのが転職エージェントやキャリアアドバイザーの役割や価値じゃないの?」と思われるかもしれませんが、大手転職エージェントはその分求人の数や網羅性が圧倒的であるため、一概にそれが悪かったり、価値がないとも言えません。

要は、どんなサービスも使いようだと思うのです。

転職エージェントは、やはり転職のプロです。
わからないことや不安の多い転職活動において、プロのサポートを受けるほうが成功率が上がる可能性があります。

ただし、上述したように、担当コンサルタントによってもサービスの質はどうしてもピンキリであったり、紹介された求人がいまいち自分の希望に合わない…ということがあるのも事実です。

上手く使うために、まずは2〜3社のエージェントに登録をして、他エージェントから紹介された求人リストを共有してブラック企業がないかチェック・ジャッジしてもらったり、担当コンサルタントと馬が合うかどうかを比較してみて、最終的にサポートを依頼する転職エージェントを見極めしていくのも手です。

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

リクルートエージェント

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

doda

CMでおなじみ!顧客満足度トップクラス!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

doda

おすすめポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 20万件以上(2023年3月時点、非公開求人を含む)の求人から、厳選して紹介をしてくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

マイナビエージェント

20代の登録者数No.1!
20〜30代前半・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

マイナビエージェント

おすすめポイント

  1. 新卒サイトNo.1のマイナビが運営。若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 営業、メーカー、金融、ITなどの転職支援に強み
  3. 20〜30代など若手層の転職サポート・アドバイスの手厚さに定評あり

マイナビエージェントに
相談する

年収500万円以上の転職を目指す人向け転職サービス

年収700万円以上はハードルが高すぎる…そんな人におすすめの転職サービス!

ビズリーチ(転職サイト)

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ビズリーチ(転職サイト)

おすすめポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

JACリクルートメント

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

JACリクルートメント

おすすめポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

既卒・正社員経験が少ない人向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

UZUZ

多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

UZUZ

おすすめポイント

  1. 既卒・早期離職経験のあるカウンセラーが同じ目線でアドバイス
  2. 平均20時間の丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は96.8%!
  3. IT業界・Web業界の求人を数多く保有
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒアリングさせて頂きます

UZUZに
相談する

ハタラクティブ

18〜20代未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ハタラクティブ

おすすめポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代未経験の方向けの求人3000件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

line

line

人気の転職エージェント