【看護師向け】退職願の書き方完全マニュアル!提出の流れまで解説!

  • !

【看護師向け】退職願の書き方完全マニュアル!提出の流れまで解説!

    退職願や退職届の書き方が分からない看護師の方向けに、退職願や退職届の作成方法を1から解説します!また、提出するタイミングや確認事項といったマナーから、おススメの例文テンプレート・フォーマットもご紹介します!

この記事を書いた人
末永

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の中途採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

退職願・退職届の基本の書き方

退職願・退職届の書き方は基本的にルールはありません。とはいえ、一般的に使われている例文テンプレートやフォーマットで書いたほうが、貰い手側が分かりやすくなるので、合わせたほうが良いです。

パソコンで作成してはいけないといった決まりもありませんが、手書きで書いたほうが印象が良くなるのでおすすめです。

退職願・退職届を書くのに必要なものは、以下の通りです。

  • 白い二重封筒で郵便番号枠のないもの
    改まった用件には白無地で二重封筒のものがふさわしいです。退職願・退職届は手渡しするものなので、郵便番号枠があるものは避けましょう。

  • 封筒の大きさはA4便箋(長形3号)
    手書きの場合はA4便箋(長形3号)が相応しいです。またはB5便箋(長形4号)でも良いです。

  • 黒いボールペン・万年筆
    書くときは黒いボールペンか万年筆が良いです。筆ペンやマジック、サインペンは文字が目立ちすぎるため避けましょう。

  • 透明なクリアファイル
    提出するまでは汚れなどを防ぐためにクリアファイルに保管しておきましょう。ただ提出するときはクリアファイルごと渡すのはNGです。

また退職願・退職届を書く前に入れておいたほうが良い知識として、退職願は「退職意志を伝えるもので、提出した段階では退職が決定しない」ものです。一方、退職届は「受理された時点で退職が決定し、退職願よりも厳格な書類」です。

上記の知識を踏まえた上で、退職願と退職届の書き方を紹介していきましょう。

退職願の書き方

退職願の書き方について、縦書きと横書きの2パターンで解説していきます。

ちなみに、退職願を提出するのは自己都合で退職するときのみです。会社都合で退職する場合は、退職届になります。

退職願(縦書きの書き方)

縦書きの退職願の書き方から解説します。まず以下の画像をご確認ください。

縦書きの退職願

※画像が小さい場合は拡大してください。

上記の画像を元に、詳しい書き方を紹介します。

①冒頭行 「退職願」と書きましょう。
②文の冒頭 「私儀」と書いてください。「私事」でも良いですが、この場合謙譲語である「私儀」が適切となります。
③退職理由 ③では退職理由を書きます。一般的には「一身上の都合」で良いです。また、希望する退職日もここに書きます。縦書きの場合、日付は漢数字で書きましょう。
④届出年月日 退職願を実際に提出する日付を書きます。ここでも縦書きの場合は漢数字で日付を書きましょう。
⑤所属・氏名 所属は正式名で書きましょう。役職もきちんと書き、フルネームを記入し捺印を押します。
⑥宛先 最高執行責任者の役職とフルネームを、自分の名前より上に書きましょう。「様」よりも「殿」を使うのがポイントです。

退職願(横書きの書き方)

次に横書きの場合の例文テンプレート、雛形、フォーマット、サンプルも紹介します。

退職願(横書き)

同じように、詳しい書き方を解説します。

①冒頭行 「退職願」と書きましょう。
②届出年月日 実際に退職願を提出する日付を書きます。横書きの場合は算用数字で記入します。
③宛先 最高執行責任者の役職とフルネームを、正確に書きましょう。「様」よりも「殿」を使いましょう。
④所属・氏名 所属は正式名で書きましょう。役職もきちんと書き、フルネームを記入し捺印を押します。
⑤文の冒頭 謙譲語である「私儀」を使用しましょう。
⑥退職理由 ⑥退職理由を書きます。一般的には「一身上の都合」で良いです。また、希望する退職日もここに書きます。横書きの場合、日付は算用数字で書きましょう。

退職届の書き方

次に退職届の書き方を紹介していきます。同じように縦書きと横書きの2パターンに分けて、解説していきます。

退職届(縦書きの書き方)

退職届の書き方の例文テンプレート、雛形、フォーマット、サンプルを紹介します。

退職届(縦書き)

基本的には退職願と変わりありません。ただ少し違うところがあるので、以下から詳しく解説していきます。

①冒頭行 「退職届」と書きましょう。
②文の冒頭 「私儀」と書いてください。
③退職理由 同じように退職理由は「一身上の都合」で良いです。ただ会社都合で退職する場合は「このたび、貴社、退職勧奨に伴い、来たる令和●●年×月×日を持ちまして、退職致します。」と記入しましょう。また退職届よりも厳格なものになるので、「退職致します」と退職することを決めで書いて良いです。
④届出年月日 退職願を実際に提出する日付を漢数字で書きます。
⑤所属・氏名 所属は正式名で書きましょう。役職もきちんと書き、フルネームを記入し捺印を押します。
⑥宛先 最高執行責任者の役職とフルネームを、自分の名前より上に書きましょう。「様」よりも「殿」を使うのがポイントです。

退職届(横書きの書き方)

横書きの退職届について解説します。同じく以下の画像からご確認ください。

退職届(横書き)

※画像が小さい場合は拡大してください。

横書きになっても、同じく基本的には退職届と変わりません。ただ多少の違いはあるので、詳しく解説していきます。

①冒頭行 「退職届」と書きましょう。
②届出年月日 実際に退職願を提出する日付を算用数字で書きます。
③宛先 最高執行責任者の役職とフルネームを、正確に書きましょう。「様」よりも「殿」を使いましょう。
④所属・氏名 所属は正式名で書きましょう。役職もきちんと書き、フルネームを記入し捺印を押します。
⑤文の冒頭 謙譲語である「私儀」を使用しましょう。
⑥退職理由 同じように退職理由は「一身上の都合」で良いです。ただ会社都合で退職する場合は「このたび、貴社、退職勧奨に伴い、来たる令和●●年×月×日を持ちまして、退職致します。」と記入しましょう。また退職届よりも厳格なものになるので、「退職致します」と退職することを決めで書いて良いです。

転職エージェント末永 転職エージェント 末永

ここまで、退職願の書き方を説明してきましたが、正直自分1人で書こうと思うとかなり大変な作業ですよね。この先転職を考えていて、書類作成や条件交渉に不安を感じているなら、転職エージェントがおすすめです。


転職エージェントを利用すれば、書類作成や条件交渉だけではなく、医療施設の働きやすさや年収などの独自の情報をもとに、あなたの希望にあった職場を紹介してもらうことも可能です。


ただ、転職エージェントといっても保有している求人やサポートに違いがあるので、2〜3社に複数登録し、最終的に1番良いと思った1社に絞り込むと効率よく転職活動を進めることができます。

看護師の転職に特化したサービス

  • 看護roo!
    人気No.1サイトの定評アリ!面接対策を強化したい人におすすめ
  • 看護のお仕事
    LINEで気軽に相談可能、求人数は6万件以上!
  • 医療ワーカー
    日本全国の看護師に対応!3万件以上の転職サポート実績アリ◎

封筒の書き方・入れ方

退職願・退職届の封筒への入れ方と封筒の書き方について紹介します。ちょっとしたルールがあるので、参考にしてください。

封筒の書き方

封筒の表には「退職願」か「退職届」と記入します。これは自分が退職願と退職届のどっちを出すのかで変わってきます。

裏側には所属部署と自分の氏名をフルネームで左下に記入します。書き方としては所属部署を先に書き、行頭をずらして氏名を書きます。

封筒への入れ方

退職願・退職届を封筒に入れるときは、三つ折りにするのが一般的です。下から上に向かって三分の一を折っていき、最後に上から下へ折り曲げます。

そうすることで、受け取る側が便箋の書き出しを見られるようにするためです。

また、封筒に入れるときは便箋の右上が封筒の裏の上部に来るよう入れるのが良いです。これについては、受けて側が取り出した時、スムーズに内容を確認できるからです。封を閉じてのり付けが終わったら、最後に「〆」と書いて終わりです。

退職願・退職届を出す流れ

退職願・退職届を出す流れは以下の通りです。

  • 退職の意思決定をする。
  • 退職願を作成する。
  • 上司へ「退職願」を提出する。
  • 退職が承認されたら「退職届」を作成。
  • 病院の決まりに沿って「退職届」を提出。
  • 退職。

退職願や退職届の提出は、上司に手渡しするのが一般的です。病院勤務の看護師なら、基本的には師長に渡せば良いです。ただ個人院など小規模な病院で勤務している場合は、直接院長に渡す場合もあるので、病院ごとの決まりを前もって確認しておきましょう。

退職願などを提出するときに大事なのは「退職したい」というのではなく「退職する」ことを前提に話すことです。

退職願・退職届を提出するタイミング

退職願・退職届を提出するタイミングは、実際に退職する月の2ヶ月前が望ましいです。退職するにあたり、他の職員に自分の業務の引き継ぎなどをおこなうためです。

とはいえ、病院によっては厳密な規定が決まってる場合もあるので、そのときは病院の規定に従いましょう。

基本的に退職届を提出するときは、まず師長に個別でアポイントをとり、退職届を提出する時間を設けてもらいます。退職届を提出し、無事に承認されたら次に退職届を提出するという流れになります。

退職理由を師長に伝える際、退職理由の内容を悩んでしまう人が多いかと思いますで、以下の例を参考してみてください。

ポジティブな退職理由

  • 医療の知識を活かせる別の職種に興味をもったため。
  • 自分の看護に対する考えが他施設とあっていると思い挑戦したいため。
  • 資格習得などのために進学したいため。

個人的な退職理由

  • 親の介護に専念しないといけなくなったため。
  • 健康状態が悪化してしまい、療養するため。
  • 結婚が決まり、相手の転勤に伴い転居することになったため。

退職願・退職届を出す前に確認するべきこと

まず確認しておくべき事は、就業規則です。なぜなら、病院ごとに退職を申し出る時期が異なるからです。円満退職するなら、遅くても退職希望日の1.5ヶ月前には意思表示するのがベストですね。

他にも、雇用保険・失業保険についても確認しておきましょう。雇用保険は、会社都合のみならず、自己都合で退職した場合でも、未就労期間の生活で頼りになるものです。

加入者は退職後も引き続き働く意思があって、転職活動おこなう場合に失業保険を受給できます。

ただし、この失業保険は全員がもらえるわけではありません。自己都合退職の場合と会社都合退職の場合で変わってきます。

また、自己都合退職の場合でも、正当な理由なのか正当な理由ではないのか、それによっても大きく変わってきます。

円満退職について、さらに詳しく知りたい人は下記の記事も参考にしてみてください!

転職先に失敗したくないならプロの力を頼ってみよう

退職届の準備をして、いざ転職活動!という時に、真っ先に思い浮かぶのが転職サイトの利用だと思います。

転職サイトの中には、自身で気になる求人に応募をするタイプのものと、専任のキャリアアドバイザーがついて、無料で転職サポートもしてくれるタイプのものがあります。

後者のタイプの転職サイトを利用すれば、医療施設の詳細な内部情報や一緒に働く人たちの人柄や働きやすさなどの情報が手に入るので、自分だけで探すよりも自分の希望にあった転職先が見つかる可能性が高まります。

電話面談が中心なので忙しい皆さんでも気軽に面談を受ける事ができますし、コロナ禍でも安心です。

とはいえ、転職サイトによって保有している求人やサポートに違いがあるので、2〜3社同時登録するのがおすすめです。

何社か同時に登録することにより、自分に合うキャリアアドバイザーを効率良く探せますよ。

看護師さんにおすすめの転職サイト

多数のサイトで人気No1を獲得!
迷ったら登録すべき転職サイト。

※対応エリアが関東・関西・東海に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能な 看護のお仕事医療ワーカー への登録がおすすめです。

看護roo!

ポイント

  1. 東証一部上場企業の実績に自信あり
  2. 面接対策を強化したい人におすすめ
  3. 高年収、年間休日130日以上、日勤のみなど、様々な求人を保有

看護roo!
に相談する

6万件以上の求人数を保有!
全国の求人を取り扱い。

看護のお仕事

ポイント

  1. LINEで気軽に相談可能
  2. 職場環境の情報収集に強みあり。長く働ける職場を探したい人におすすめ
  3. 情報収集だけでも利用可能

看護のお仕事
に相談する

年間転職実績1万人以上!
あなたの希望にあった求人の紹介が可能

医療ワーカー

ポイント

  1. 住まいの地域に関係なく全国の看護師をサポート
  2. 応援看護師、訪問看護師、イベントナースなど、幅広い求人を保有
  3. webカウンセリングを利用可能、コロナ禍でも安心

医療ワーカー
に相談する

看護師の転職に役立つ関連記事

転職を目指す看護師におすすめの関連記事を載せておきますので、こちらも合わせて参考にしてください。

  • ツイッター
  • フェイスブック
  • はてなブックマーク

line

line

人気の転職エージェント