退職時に確実に有給を消化するために必要なこと

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

今回は「有給」について考察していきます。

退職に際して、「有給を取得したいがどうすればいいか」、だったり、会社から「有給を取得できない」と言われてしまうなど、意外と悩んでいる方が多いのが、退職時の有給取得なのです。

有給取得は労働者の権利です

有給休暇申請書のイラスト

有給とは正式には「年次有給休暇」のことであり、労働基準法の第39条で認められた労働者の権利です。
賃金が支払われる休暇を取得することができます。

法律上は、雇入れの日から6ヶ月時点で10日間付与され、その後は1年ごとに付与されます。
例えば4/1入社の方だと、半年後の10/1に10日間付与され、翌年の10月に11日、更に次の年に12日付与されます。
また逆に、付与後2年経過して未取得の有給休暇は消滅することもあります。
この限りではないケースもあるので、自社の有給休暇に関する取り決めは就業規則等に記載があるはずなので確認をしてみましょう。

退職時にも有給は取得できます!

「退職時に有給を消化します」と上司に伝えるも「有給取得を認めない」といった旨の回答がありトラブルになるケースがあります。
中には会社からの圧力が強く、有給を取得できないまま最終出勤日を迎えてしまう方もいます。

結論から言うと会社側は原則的に、有給休暇の取得を拒否することはできません。

有給取得に関して、会社側には時季変更権という権利を持っています。
これは繁忙期等、有給を取得する時期を変更してくれませんか?と労働者に相談することができる権利です。
ただし、退職日が決まっていれば、物理的に変更が困難ですので会社側はこの権利を行使することができません。

有給休暇買い取りとは?

有給取得は労働者の権利であり、会社は拒否することができないと説明してきましたが、引継ぎのスケジュールや内容によって、どうしても有給休暇の取得が難しいケースもあるでしょう。
そんな時、有給休暇の買い取りという選択肢が出てきます。

労働基準法によると原則的には有給休暇の買い取りは禁止されています。

しかし、退職前の有給消化の場合だけは例外的に買い取りが認められています。

ただし労働者側から有給休暇を買い取りを要求することはできません。

そして会社に余っている有給休暇を買い取る義務はありません。

有給休暇の買い取り有無や金額の計算方法は、会社の就業規則を確認してみましょう。

これで確実!退職時の有給取得方法

まずは会社で定められている退職までの告知期間を確認しましょう。
法的には辞意を表明してから14日後には退職できることになっていますが、多くの会社は退職前の1~2カ月前に意思を表明する必要があると就業規則に明示しています。

法律の方が強いので強行することはできますが、引継ぎ時のトラブルを防ぐためにも会社の就業規則に則ることをお勧めします。
確認ができたら、有給の残日数から逆算し退職日を決めたうえで、退職の意思と有給を取得する旨を上司に相談をしましょう。

これでうまくいかない場合は弁護士から内容証明を送付し、有給取得することもできます。
企業側も、法的には労働者に有給を取得させなければならないことはわかっているので、ここまでやって払わない企業はほぼないでしょう。

まとめ

労働基準法により労働者は守られています。
話し合いで平和的に解決できればそれにこしたことはありませんが、聞き分けのない企業もゼロではありません。

ですが退職時に有給を取得するにあたり、労働者が泣き寝入りする理由はどこにもありません。
もし、取得を拒否されたら毅然と対応をして権利を真っ当に行使しましょう。

次の転職先は決まっていますか?

最後まで記事をご覧になっていただきありがとうございます。

結論から申し上げますと、現在退職を検討されている方は、次の転職先を決めてからの退職をオススメします。

何故ならば、現在の職場を辞めてから、転職活動をすると「そんなに行きたい企業ではないけど仕事がないから」と言って、焦って目先の意思決定を行ってしまう傾向があるからです。

とは言え、「自分の進みたい業界や職種が明確でない」という方や、「そもそも現職を辞めるかどうかを迷っている」という方もいるのではないでしょうか?

末永

転職エージェントを活用する事で、自分の市場価値やキャリアプランを「客観的に」判断してもらうことが可能です。

また自分に合っている業界や企業を「転職のプロ」の目線からアドバイスしてもらえます。

サービス自体は無料で利用できますし、登録したからといって、必ずそのエージェントで転職先を決めなくてはいけないということはないので、安心してください。

「自分のキャリアやどんな会社が合っているのか相談したい・・・」「転職の不安や悩みを相談したい・・・」という気持ちでも大丈夫ですので、積極的に利用してみることをオススメします。

 

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  2. 若手層の転職サポートやアドバイスに強み。

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の求人が豊富な転職サイト
年収・求人の質ともに高い優良求人を多数掲載

ポイント
  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(BIZREACH)の評判は?利用者の口コミを公開!

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強み

ポイント
  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント
  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ

ポイント
  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 業界に精通した専任のアドバイザーが転職サポート

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。
豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

ポイント
  1. IT・Web業界トップクラスの求人数とサポート実績!
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス両方のキャリア相談が可能。フリーランスも検討したい人にオススメ

レバテックキャリアの評判が悪いって噂は本当?IT業界に強い理由を大公開
レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!