看護師の人間関係はなぜ悪い?きつい?良い職場を選ぶコツとは

職場の人間関係に悩む看護師必見!改善法や転職のコツを伝授!

    職場の人間関係に悩んでいて辛いと感じている看護師も多いと思います。この記事では、職場の人間関係に悩む看護師に試してほしい対処法や、人間関係の良い職場に転職を成功させる方法を紹介します。

この記事を書いた人
末永雄大

末永雄大

新卒でリクルートエージェント(現リクルート)に入社。数百を超える企業の中途採用を支援。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして人材紹介サービスを展開しながら、年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeチャンネル「末永雄大 / すべらない転職エージェント」の総再生回数は2,000万回以上。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック
詳細プロフィールはこちら

多くの看護師が人間関係に悩んでいる

看護師が抱える強いストレスの原因として「職場の人間関係」は、「仕事の量の問題」と「仕事の質の問題」という仕事そのものに対する不満に次いで3番目に多いものとして報告されています。

日本医療労働組合連合会が発行した、2022年看護職員の労働実態調査より

日本医療労働組合連合会

看護師が抱えがちな人間関係の悩みには、「仕事ができない後輩にストレスを感じる」や「気難しくて苦手な先輩の顔色をうかがいながら仕事をするのが大変」などの同僚に対するものや、「看護師長が高圧的で働きにくい」や「独身が理由で時間外業務を多くさせられる」などのハラスメントまがいな内容など人によって様々です。

中には「小さな病棟ゆえに看護師長と主任が親子で気を遣って勤務しなくてはならない」という悩みを抱える人もいます。

転職エージェント末永 末永

職場の人間関係に悩みながら働き続けるのは心身の健康にとって悪影響です。


人間関係が改善する方法を模索して、それでも難しい場合は異動や転職も視野に入れましょう。

看護師の人間関係が悪化する原因

看護師の人間関係が悪化する原因は、「業務量が多い」「女性割合が圧倒的に多い」「責任が重い」の主にこの3つが挙げられます。

これらの3つの原因についてそれぞれ詳しくみていきましょう。

業務量が多い

看護師は人手不足になることが多く、1人で複数の患者を見なければならないので1人あたりの業務量が多くなってしまいます。

看護師は患者のケアはもちろん、受付スタッフ業務、書類作成や医師との連携など複数のタスクを滞りなく進める必要があります。

業務量が多いと、体力的にも精神的にも余裕が持てなくなり、様々なトラブルに繋がり、結果的に人間関係が悪化してしまいます。

女性割合が圧倒的に多い

内閣府男女共同参画局の「独立行政法人等女性参画状況調査の結果」によると、看護師に占める女性の割合は92.2%と男性に比べて圧倒的に高いです。

女性が多い職場だと、結婚による退職や妊娠による休暇などの状況の変化が激しいため、業務の変更や人手不足が頻繁に起きます。それにより不満を抱く人が多くなり、人間関係の悪化に繋がります。

また、女性社会特有のいじめなどのトラブルも人間関係の悪化の原因の一つだと考えられます。

責任が重い

看護師には、患者の命を預かっていることへの責任の重さが常に存在するので、どうしても気持ちにゆとりが持てないという状況に陥ってしまいがちです。

職場の雰囲気が張り詰めているということも少なくなく、精神的な余裕も持ちにくいので、結果的に人間関係が悪くなってしまうことに繋がります。

看護師の人間関係が悪い場合の対処法

職場の人間関係がきつい時の対処法として、「信頼できる周囲の同僚や上司に相談する」「職場内で異動できないか検討してみる」「転職する」の主に3つの方法が挙げられます。

ここでは、以下の3つの方法について詳しく説明していきます。

信頼できる周囲の同僚や上司に相談する

職場の人間関係に悩まされたら、まずは信頼できる周囲の同僚や上司に相談してみましょう。

悩みというのは往々にして誰かに打ち明けることで気持ちがスッキリしたり、考えが整理されて解決方法が浮かんだりするものです。

同じ職場で働く同僚や先輩なら、あなたの悩みの背景をよく理解してくれているはずなので、一緒に解決法を探ったりアドバイスを求めたりするにはうってつけの相談相手です。

職場内で異動できないか検討してみる

人間関係に悩まされている場合の対処法として、職場内で異動することも効果的な方法です。

周囲の同僚や上司に相談しても解決しないからといって、いきなり転職を考えるのは勇気のいる決断ですし、人によってはさらにストレスを抱える原因になります。

同じ職場内の異動であれば、病院自体は変わらずに環境を変えることができるので心理的安全性を担保しつつ、人間関係への悩みも解消できる可能性が高いです。

同じ病院内でも働く部署によって職場環境は変わるので、異動が可能な職場であれば異動を検討してみましょう。

転職する

周囲の同僚や上司に相談しても解決しない、職場内の異動も難しいという状況であれば思い切って転職することをおすすめします。

人間関係が粗悪な場所で働き続けると、精神的に病んでしまったり、仕事に集中できず成長できなかったりと、どんどん自分にとってマイナスな方向に進むことになります。

辛い状況を我慢しすぎずに、転職することを視野に入れましょう。

転職エージェント末永 末永

転職をする際はキャリアアドバイザーに相談してみてください。看護師の転職事情に詳しいアドバイザーは職場の人間関係についても詳しく、あなたの経験や希望に合った転職先を紹介してくれます。


また、面接対策はもちろん、転職先との条件交渉などもサポートしてくれるので、安心して転職することができますよ。

看護師の転職に特化したサービス

看護師の転職ノウハウについては、以下の記事でも詳しく紹介しています。あわせてチェックしてみてくださいね。

看護師の人間関係が良い職場の特徴

まずは、いま人間関係できつい思いをしている看護師に向けて、人間関係の良い職場を見分ける特徴を3つ紹介します。

現場の上長に指導力がある

人間関係が良好な職場の特徴として、看護主任などの現場の上長に指導力があることが挙げられます。

上長に指導力があると、人間関係悪化につながるちょっとしたトラブルも事が大きくなる前に解決してくれたり、新人からの相談に対しても的確なアドバイスをしてくれるので、他の看護師は安心して働く事ができます。

急な状況の変化にも臨機応変に対応して判断・行動できる上長の存在は、良好な職場環境を作る上で不可欠な要素です。

新人への教育制度が手厚い

新人への教育制度が手厚いということも人間関係が良好な職場の特徴として挙げられます。

新人への教育制度が充実していると、新人看護師も不明点や不安な部分を質問しやすい環境になリ、知識や経験をしっかりと積み上げられてスムーズに一人前の看護師になることができます。

そうすることで職場全体の看護師のレベルも上がり、心の余裕が生まれて良好な人間関係が築かれやすくなります。

また、新人教育に力を入れることができるということはそれだけ職場として余裕があるということにもなるので、人間関係は良好であることが多いです。

職場の雰囲気が明るい

職場の雰囲気の明るさも人間関係に大きく関係します。

職場の雰囲気が暗いのは看護師間で何かしらトラブルを抱えているという証拠であり、逆に職場の雰囲気が明るいのは看護師達が気持ち良く働けていることの表れです。

職場の雰囲気が明るく、笑顔やコミュニケーションの多い職場では良好な人間関係が築けていると言えるでしょう。

看護師が人間関係を良くするコツ

看護師が良好な人間関係を築くには、「自己開示をする」「相手を否定しない」の2つのコツがあります。

2つのコツについてそれぞれ詳しく説明していきます。

自己開示をする

自己開示とは、自分自身の情報を積極的に相手に伝えていくコミュニケーション方法です。

自分の趣味の話や過去の失敗談など、相手に開示する情報はプライベートなことであればなんでも構いません。自分自身の情報だけでなく、思ったことを素直に伝えることも感情の自己開示に含まれます。

自己開示は人と人との距離を縮めるのに役立つといわれており、また人は相手に自己開示をされると「お返ししなくては」という気持ちになるため、相手も自然に自己開示してくれるようになるのです。

これにより相手との人間関係が深まっていくと考えられています。

転職エージェント末永 末永

この自己開示を職場で活用すれば、現在抱えている悩みを素早く解決に導いたり、人間関係を良好にして悩み自体を少なくしたりすることが期待できます。


相手からアクションを起こしてもらうのを受け身で待つのではなく、良好な人間関係を構築するために自分からアクションを起こしましょう。

相手を否定しない

相手を否定しないということも良好な人間関係を築く上では大切です。

理不尽なことを言われたり納得がいかないことをされたりすると、どうしても相手を否定したり反論したりしたくなるものです。

しかし、相手に理不尽な行動を取られた時に相手を否定するような言動をしてしまうと、火に油を注ぐ形となりより関係を悪化させてしまう可能性があります。

相手を否定することは良好な人間関係を築く上で逆効果になってしまうので避けましょう。

転職エージェント末永 末永

相手の理不尽な行動のなかにも、相手なりの考えや根拠があるので、頭ごなしに否定せず、相手のことを理解するつもりで受け入れていく姿勢が必要です。

看護師の人間関係が良い職場に転職するコツ

人間関係が良い職場を見つけて転職しようにも、職場の中の人間関係まではなかなか見えないため判断するのが難しいですよね。

転職エージェント末永 末永

そのため、人間関係が良く安心して長く働ける職場を探している看護師には、看護師専門の転職エージェントを利用することをおすすめします。


転職エージェントは採用側と密に連絡を取り合って内情も知っているため、外からでは分からない人間関係なども教えてくれるからです。

また、看護師専門の転職エージェントは多くの看護師の転職を成功させてきた実績があり、転職を成功させるためのノウハウを惜しみなくレクチャーしてくれます。

良い職場の特徴はなんとなく分かる人もいるかも知れませんが、そんな職場を探して転職を成功させるのは一筋縄ではいきません。

人間関係を転職によって解決したい人は、以下のようなプロのエージェントのサポートを得るのがおすすめですよ。

看護師の転職に特化したサービス

人間関係に悩む看護師が現状を変えるコツ

人間関係に悩む看護師が転職を成功させるためには、プロのキャリアアドバイザーに無料で相談できる転職エージェントを使うことをおすすめします。

人間関係を理由に転職を考えている看護師さんは「もう同じ失敗はしたくない」と強く思う人が多いと思います。

このような気持ちが強いと、新しい職場を選ぶ際に自信を持てなかったり、そもそも転職活動を踏み出すことが難しかったりします。

キャリアアドバイザーは看護師の転職事情に精通しており、求人先の職場事情についても詳しいので、あなたが気になる求人先の人間関係についても教えてくれるので安心です。

転職エージェント末永 末永

以下で、これまで数百人の転職者をサポートしてきた私がおすすめする看護師専門の転職エージェント・サイトを紹介します。


サービスによってアドバイザーの質や保有求人数に違いがあるので、2~3社ほど複数登録して面談した後に、最も相性の良いサービスを利用するのがおすすめです。

看護師の転職に特化したサービス

看護roo!転職

累計利用者数50万人以上!
迷ったら登録すべき転職サイト。

看護roo!転職

おすすめポイント

  1. 東証プライム市場上場会社が運営の安心感
  2. 2009年から運営!サービス開始から10年以上の実績
  3. 高年収、年間休日130日以上、日勤のみなど、様々な求人を保有

看護roo!転職に
相談する

レバウェル看護(旧:看護のお仕事)

6万件以上の求人数を保有!医療機関やクリニックなど全国の求人を取り扱い。

レバウェル看護(旧:看護のお仕事)

おすすめポイント

  1. LINEで気軽に相談可能
  2. 職場環境の情報収集に強みあり。長く働ける職場を探したい人におすすめ
  3. 情報収集だけでも利用可能

レバウェル看護(旧:看護のお仕事)に
相談する

看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)

年間転職実績1万人以上!
あなたの希望にあった求人の紹介が可能

看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)

おすすめポイント

  1. 住まいの地域に関係なく全国の看護師をサポート
  2. 応援看護師、訪問看護師、イベントナースなど、幅広い求人を保有
  3. webカウンセリングを利用可能、コロナ禍でも安心

看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)に
相談する

看護師におすすめの転職エージェント・サイトについては、以下の記事もあわせてチェックしてみてください。

line

line

人気の転職エージェント