2019.08.14

インテリアコーディネーターに転職!押されておくべき3ポイント!

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

今回は、インテリアや家具を適切なように配置をする空間演出などを職業としている、インテリアコーディネーターへの転職情報について書かせていただきました。

インテリアコーディネーターに転職をするには?

インテリアコーディネーターへの転職をするには大きく2つの方法があります。

まず1つ目は、第2新卒のうちに転職をしてしまうということです。今は有効求人倍率が高い状況で、中小企業を中心に若い人材を採用したい会社も数多く存在しています。

そのため、そういう会社をターゲットに転職活動を行うというのが良いです。さらに転職を有利に進めるためにはインテリアコーディネーターや建築士の資格などを持っておくとよいです。

そして、もう1つは、インテリアコーディネーターに関連する経験を積むことです。

具体的に言えば、住宅メーカー、インテリアエレメント、すなわち家具やカーテンの業界、もしくはデザイン会社で営業職の仕事に従事し、かつ資格取得を行いながら20代のうちに転職を実現させることが重要です。

ではそもそもインテリアコーディネーターとはどんなお仕事なのか以下で確認を含め説明をさせていただきます。

インテリアコーディネーターとは住宅、オフィス、商業施設等のインテリアに関するソリューションを行うお仕事です。

ここであげられたあらゆる空間に対し、適したインテリアを適した場所に配置するお仕事で、住宅、オフィス、商業空間における「雰囲気」や「ブランド」を作ることがインテリアコーディネーターのミッションということになります。

このお仕事をするためには住宅メーカー、インテリアエレメント、すなわち家具メーカー、

およびデザイン会社での就労経験というのが転職において有利になってきます。

ただし、住宅メーカーの経験者であれば住宅寄り、インテリアエレメント業界の経験者であれば住宅、もしくは商業施設がメイン、デザイン会社であれば商業施設、オフィス寄りインテリアコーディネーターのキャリアが形成されてくるものとお考えください。

インテリアコーディネーターへ転職の際の志望動機は?

では、面接の際、インテリアコーディネーターを志している旨を伝えるための志望動機をどのように伝えたら良いのでしょうか。

結論としては、「なぜ」インテリアや住まいというところに関与したいという気持ちを持ったのかを自分の言葉で伝えるということが重要です。

前提として、志望動機というのは、面接官に自信をインテリアコーディネーターとして頑張るので雇って欲しいと考えてもらう場です。

面接官に納得感をもってもらえるような内容にするためにはまずは自分の言葉で伝えることが大前提として必要です。

一例として、インテリアエレメント、つまり家具メーカーで就労された方の転職理由をご紹介したいと思います。

  • 志望理由:家具を取り扱っているうちに、実際の家具の配置、コーディネートに興味を持った
  • 私は家具メーカーに扱い、家具量販店を相手に営業をしていましたが、実際家具を置く現場で実際にお客さんの満足に導きたいという思いとなり、インテリアコーディネーターを志望しました

このように、自身の経験と、その経験に基づく思いを志望理由としてお話し頂くのが良いのです。

インテリアコーディネーターへの転職する際に年齢はいくつまで?

インテリアコーディネーターへ転職をする際の転職年齢の上限については経験や採用企業の状況に応じて異なりますので一概に言えません。

ただし、一般的には、未経験からのチャレンジであれば20代のうちに転職するのが大事です。

また、経験者においても、30代~40代前半のうちに転職をすることが望ましいです。なぜなら、未経験の人材を採用をする背景として、組織バランスを良くすることを主眼としています。

もっと具体的に言えば、今戦力ではなくても、数年後にビジネスの核となる主力になる人材を育成することを目的としています。

加えて、年齢が一定以上いっている、具体的に言えば30代になってしまうと、素直さがない、実際の行動が遅れるという特性があるためその点においても採用する側からすれば採用が難しくなってしまいます。

そのため、採用企業は志望理由の中で、自分の言葉で高いモチベーションを示すことができてかつ若い人材の採用を積極的に行います。

インテリアコーディネーターを目指すのであれば早い段階での転職をおススメいたします。

まとめ

インテリアコーディネーターのお仕事は未経験の方でも採用が行われており、全国の主要都市を中心に採用活動が活発に行われています。

また、2級建築士、インテリアコーディネーターの有資格者においては、何も資格を保有していない方に比べかなり転職を優位に進めることができます。

また、住宅メーカー、家具・インテリアメーカー、デザイン事務所などに勤務されている方はさらに転職活動を優位に進めることができます。

また、企業側のニーズや年齢を重ねることによる吸収力・行動力の低下もありますので20代のうちの転職が有効です。

是非インテリアコーディネーターへの転職を目指すのであれば一定の経験を経て早期に転職をされるのがおすすめです。

もし、今インテリアコーディネータを目指されたいのであればまずは転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は必ず登録しておきましょう。

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 10万件を超える求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントに
相談する

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

女性におすすめの転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

Type女性の転職エージェントに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。