アウディジャパンに転職(中途採用・求人)するには?

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

「Four Silver Rings」 街中で車の高級ブランドであるアウディの4つのリングが連なるロゴマークに見覚えのある人は多いと思います。ドイツを代表する高級車ブランドを扱うアウディグループは、国内の新車販売台数が伸び悩む中でも一定の業績を確保しています。

今回は、アウディジャパンの転職するポイントについて、わかり易くご説明します。

アウディジャパンって何している会社?(事業内容・ビジネスモデル・サービス内容)

アウディジャパンはグループ企業として、ドイツにあるアウディ社の製品の輸入・販売を事業として行なっています。元々アウディ車の国内での販売は、1967年にヤナセが車両を輸入したことに始まります。

以来1992年まではヤナセが輸入と販売を行なってきました。その後設立された「フォルクスワーゲンアウディ日本」がアウディ部門として「アウディジャパン」として分離。

更に、2007年には、ヤナセとの共同出資で作ったデイーラー「ヤナセアウディ販売」を買収、「アウディジャパン販売」として輸入販売体制を確立しています。

アウディジャパンの直近の業績や事業課題は?

アウディジャパンの状況を把握する材料として、アウディ本体の業績と事業課題を見ていきましょう。

直近の数字として、2017年上期のグループ全体の売上高は約3兆9,190億円。前年同期の数字に対して横ばいとなりました。

一方、営業利益は約3,485億円で前年同期比11.6%増となっています。利益を押し上げた要因自体は、前年の排ガス案件に付随して発生した特別費用がなくなったことですが、新車販売台数自体はアウディに限らず、世界規模で減少傾向にあります。

そのような課題に対して、今後は新世代モデルの投入やAIを活用した自動運転技術の開発が求められています。

アウディジャパンの仕事内容・職種

アウディジャパンの仕事内容としては、営業系と技術系に大きく分かれます。

営業系

ディーラーの営業担当として、ショウルームの売上を作っていきます。ショウルームに来店する顧客はエグゼクティブ層であることが多く、そのような顧客に車を販売するにあたって、一挙一動、身だしなみや言葉使いなど顧客に相応しい人間性を身に付けることが要求されます。

ディーラーの店長になれば、売上に対する責任を負い、スタッフと全ての顧客管理について状況を把握しておく必要があるため、高い管理スキルの他、人間性においても秀でたものが要求されます。

技術系

顧客が購入した車のメンテナンスを中心に行ないます。アウディには「テクニカルマイスター」と呼ばれるメカニックの公認資格があり、その資格保有者は日頃業務を行なう服装から差別化されます。

アウディジャパンの仕事のやりがい

車は人生の中で家に次いで高い買い物です。中でもアウディは高級車の部類に入り、その顧客も富裕層が中心。営業系であれば、そのような顧客に対してアプローチしておこなうロイヤリティ活動に結果が出た時は特に強いやりがいに繋がるようです。

また、技術系であれば、アウディはモデルチェンジのサイクルが早いことから、新しい知識や技術を覚えること自体にやりがいを感じる社員が多いようです。また、在籍する技術系メカニックには女性社員も存在して、企業サイトの中で、アウディを職場に選んだ一番の理由を「カッコイイから」としています。自分が高い価値観を感じる商品に関わること自体にやりがいを感じる社員がアウディには多いのかもしれませんね。

アウディジャパンの評判・社風・カルチャー・口コミ(転職会議)

それでは、ここからは社員の会社に対する評価をクチコミ掲示板から見ていきましょう。

給与・社員の雰囲気

  • 「営業であればインセンティブは対象車種で異なる金額が月と年に分けて支給され、やる気になる。」
  • 「売れば売るほどダイレクトに給与に反映されるので、高収入が可能。」
  • 「実力主義・個人主義の企業。」

社員教育

  • 「毎週の全社ミーティングで経営陣から社員に対するコミュニケーション機会がある。会社の方針や目標が分かり、士気の向上に繋がる。」
  • 「社員のための無料飲料機器の設置や、車貸与制度、有志による部活動もあり、制度も充実していると感じる。」
  • 「メカニックのトレーニングは充実しているが、それ以外の職種の研修制度はない。」

モチベーション・評価制度

  • 「お互いを尊重し、尊厳と品位を持って働いているので、どんなささいな仕事でもやりがいを感じる。」
  • 「評価は全世界共通のフォーマットで行なわれているため公平。」

身近なところで、グループ企業の営業担当社員の意見から見ていきましたが、アウディジャパン本体を含めた研修体制に課題はあるものの、全体的に風通しもよく、顧客がハイクラスであるが故にそれぞれの社員がプライドを持って仕事を行なう社風を持つ企業と言えます。

アウディジャパンの面接・SPIなど選考難易度

外資系企業であるが故に、選考プロセスも独特なものがあり、専門職の選考難易度は同業他社と比較して高いと言えます。勤務は基本的には国内ですが、採用にはアジア各国やドイツ本社の勤務も視野に入れて行なわれます。

日頃業務においても海外とのやり取りが多いと考えて間違いありません。何より、社内の共通語は英語。国内勤務においても英語力は必須です。

選考においても、語学力の評価に占める割合は高く、TOEICなどの資格というよりは、仕事に必要なコミュニケーションが英語でとれるかが確認されます。

また、子会社であるアウディジャパン販売の場合は、そこまで高いスキルは要求されません。但し、営業系であれば高い人間性を含めた企画力、表現力といった一般的なビジネススキルが必要。

技術系であれば、基本的なメンテナンス技術の他、強い好奇心や情報収集力、後進を指導する指導力が期待されます

アウディジャパンの年収相場(給与)は?

社員の平均年収は約750万円。メルセデスベンツなどの外資系自動車メーカーと比較すると、100万円程低いと言われています。但し、平均年齢が37歳と若いことを考えると、国内自動車メーカーとの比較で平均レベルか、若干高いと言えます。

アウディジャパンへの転職をお考えの方へ

アウディジャパンへの転職は、大手の転職エージェントか、中小エージェントに非公開求人として、依頼する事もあります。

コーポレートサイトから直接申し込むことも可能ですが、その後のキャリアプランを一人で考えるのはミスマッチが起こる原因でもあります。
仮に転職に自信があったとしても、転職エージェントは無料でサポートをしてくれるので、受けた方がいいでしょう。
また自分一人では面倒な面接の日程調整や対策をしなければならず、そのような手続きを代わりにしてくれるなどマイナスにはなりません。

※転職エージェントは、平均して2〜3社登録することをオススメします。

おすすめの転職エージェントをいくつかご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04